NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

だんだん伊豆ダイバーに戻ってるような(笑) 小笠原2013-2014 (2014/1/3編)

2014年01月03日 (金) 22:04 | 編集


 2014/1/3、今日は風も昨日より弱くなってきている。
 波も収まってきている気がする。

 船は港を出て南に向かう。
 今までのようなうねりもほとんどない。

 のんびり1本目。
 なんとなんとの鯨崎。

 またまたモリシタダテハゼかぁ。
 昨日はとりあえず撮っただけだったので今度はばっちり撮るか!
 っと気合いを入れたところでブリーフィングは、、、、

 ハタタテハゼにレンテンヤッコ、ヒレナガヤッコにコガネヤッコと豆腐三昧(笑)。
 とかいいながら裏メニューはベニゴンベ(笑)。

 浅場を回るといいながら結局水深30mオーバー(笑)
 ぐるぐるっと回って、何撮っているかっていうと、ハタタテハゼだったりする(笑)。
 クビアカハゼも見てるだけ、だってなんか太いんですよ(笑)。

 んで最後にヒットしたのは、、安全停止中のハダカカメガイの仲間(笑)。
 南の島にもいるんだねぇ、なんで伊豆におらんの?
ハダカカメガイの仲間(2014/1/3 鯨崎)


 船は南下して南島近辺へ。
 さて、レーガンかなと思っていたらやっぱりレーガンだった(笑)。

 2本目。さくさくレーガン。
 エントリーしてツバメウオちらほら。
 深場に向かってウメイロモドキを狙うも、、、、、、、













 ぁぁ~~~、、、、、遠くに群れが行く。往く。消えていく。
 うねりのせいなのか、白濁りしてて透明度が悪くいるんだろうけど見えない。
 ま、つまり、見えない=いない、だから仕方がないよね。

 エキジットのため、だんだん深度をあげてきたところで、地元の定連さんがガイドのエビゾウさん(笑)を呼んで戻っていく。
 かなりのスピードだったので、何だ何だ?と付いていくも指差すのは岩場。
 ?と思っていたらデジカメのモニターを見せてくれた。

 おーーーーー、なんとなんと、ひっさしぶりに見た!
アサヒハナゴイ、ひっさしぶりに見ました(2014/1/3 レーガン)
 アサヒハナゴイ。

 新年からおめでたい色柄(^_-)-☆。

 おーーーと思って気合い一発。
 実際、撮ったのはワンショット。なのでちっちゃいちっちゃい(笑)。



 エキジットしてのランチはハートロックを眺めながらの優雅なランチ。
 (メニューはまたまたレタスハムチーズバゲットサンド。レタス山盛りでうまいんだぞ(笑))
 ランチ後は南下して南島近く。
 イルカがいたってことでデザート(笑)にドルフィンスイムと思いきや、フィンのストラップが破損。
 みんなが泳いでいるのを船上で指をくわえてみるばかり(^_^;)。


 デザート食べ損なった(笑)ところで3本目。
 最後はドブ磯。

 エントリーして、さすがに今回はイルカはおらず(笑)。
 岩の間にめぼしい魚はおらず。
 途中から外回りに。出たとたん、ウミガメが遠目を横切っていく。クマザサハナムロの群れが眼下を通り過ぎる。
 あら~ん。なんとも消化不良(笑)。
ヒラムシの仲間(2014/1/3 ドブ磯)
 そんなこんなでちょっと早めのエキジット。
 最後にカマスサワラが3本、ドブ磯に向かっていくのを見送ったのだった。


 船は昨日までのうねりを全く感じず、二見港に戻ってきた。
 と最後に船の向きが変わる。
 もしかして?と思ったら、もしかして(笑)。

 最後は大人の鯨2頭、でっかいブローに見送られ、お見送りしにきてくれた(だんじてそう思うことにした(笑))イルカたちに挨拶をして港にもどったのであった。
最後は大人のクジラが締めてくれました(2014/1/3 二見港)




  振り返るとなんだか伊豆での潜り方が戻ってきているような1日だった(笑)。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.