NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小笠原2013-2014 (2013/12/29編)

2013年12月30日 (月) 01:04 | 編集
 2013年小笠原に行っている。
 南国、東京都、楽しいぞ。
 さすがにTシャツだけじゃ寒いけど、ウェットスーツで潜れるんだい!(笑)

 といいながらもおが丸11:30定刻到着。
 ダイビング出発は12:30といいながら天候不良で外は薄暗い。

 行くぜ、1本目。釣浜だ!!
 ブイ下から雪崩落ちていくサンゴの坂にたまの砂地にハゼ系がいてワクワクドキドキ。
 でもこの1枚、はオニダルマオコゼ(笑)。
オニダルマオコゼ(2013/12/29 釣浜)
 もちろん、クビアカハゼとかハタタテハゼとか、いろいろいたんだけど、やっぱりこいつかな(笑)。


 今日は到着からだったのでランチなしの2本。

 2本目は兄島のほうに移って、バラ沈。

 雨なのと夕方なのと相まってかなり暗い水中。
 暗いと暗いなりに魚の遊び方は面白い。

 キンメモドキも向こうから照らしてもらっているライトが楽しい。
 こっちからも照らしたら逃げ場がなくなるのに、、、
キンメモドキ(2013/12/29 バラ沈)

 ここはせめてストロボでしょ。ライトはなしだと思うけど、、。

 まあ、人それぞれの楽しみ方があってのダイビングだからね。



 ガイドがすることが何のためか即座に理解するには、、、やっぱり経験、か、真摯な思いが、、、





 知っているものだけが、知ろうとするものだけが、その面白さを味わえる、、と思うのは僕だけじゃないはずだ。
 (あーーー、えらそう(笑))




 これ、今日(12/29)はこれから毎日書くつもりでいるけど、、さてどうなることやら(笑)。


 小笠原の年末って味わってみたいじゃん(笑)



 書いてるとこんな時間だし(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。