NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

高円寺 かき小屋 かき食べ放題

2013年03月03日 (日) 01:31 | 編集
 2013/3/1に開店した高円寺の「かき小屋」に行ってきた。
高円寺 かき小屋 店構え(2013/3/2)

 狙いはもちろん、かき食べ放題!

 2980円で2時間焼きかきが食べ放題というお店だ。

 それにくわえて、飲み物持ち込み放題!!

 もちろん持ち込み料が1人600円かかるけど、それだけ払えば何をどれだけ持ち込んでもOK!
 ついでに最初に持ち込んだものがなくなっても途中で買出しに行ってもOKというなかなか太っ腹。
 それにかき小屋 高円寺店の2軒となりはオーケーストアというスーパーマーケットという好立地。

 12:10に予約を入れていざ!



高円寺 かき小屋 店内(2013/3/2) 店内はカジュアルな感じ。
 イメージ的には網で焼くもんだと思っていたら、鉄板。

 お好み焼きやみたいな感じだけど、もうちょっとしゃれてる感じかな。


高円寺 かき小屋 山盛りの牡蠣、さあ焼きますよ!(2013/3/2)
 最初に説明があり、鉄板の上に店員さんが牡蠣を並べて焼き方を教えてくれる。
 鉄板だけに網じゃできない蒸し焼きだ。
 網じゃ山積みにして焼くことは難しいけど、こうするとまさに山積みで焼くことができる。

 山積みの牡蠣にちょっと水をかけてふたを。

 待つこと、、、、、8分。



 さあ!


高円寺 かき小屋 8分待って蒸し焼き完成!(2013/3/2)


 いやあ!うまそう(*^_^*)!!

 さっそく皿にとって、かきナイフで口をぱかっと。


 うわぁ(*^_^*)!!!
高円寺 かき小屋 けっこう大ぶりの殻にびっしりつまった身のうまいこと(*^_^*)(2013/3/2)
 もう見てわかるでしょ。

 殻の中、目一杯びっしりと隙間なくつまった牡蠣。
 焼き加減は最高。
 ぷるぷるのアツアツで、牡蠣の味が口の中いっぱいに、、、ああ、今、思い出してもまたすぐ行きたい(笑)。

 中にもしっかり火が通って、生牡蠣がダメな人でも全然大丈夫。

 お代わりは自分で取りに行く。
高円寺 かき小屋 食べ放題はここから牡蠣を選んで持っていくのだ(2013/3/2) スチロールの箱に一杯の牡蠣。
 ここから自分で選んで牡蠣を持っていくことができる。

 身のつまり具合から甲高?の牡蠣を選んで。

 選んで。

 焼いて。

 食べて。



 選んで。

 ・・・・

 ・・・・


 何回繰り返したやら(笑)。



 2980円の食べ放題はカキフライと焼きおにぎりもついてくる。こちらも食べ放題。
 でもね、目の前で今まで生きていた牡蠣を焼いて食べるのと、たとえ揚げたてでも、、、やっぱり味は違うでしょ。

高円寺 かき小屋 店内(2013/3/2) もちろん単品もあり、生牡蠣の食べ比べやホタテ、エビも焼けるし、鉄板の上で鍋もできる。
 飲み物も持ち込まなくてもちゃんとビール、チューハイ、ワイン、日本酒と揃っている。
 僕らが行ったときには食べ放題以外の人が多かった。


 牡蠣の種類は2013/3/2に行ったときは3種類。ちょっと少なめに感じるけどどうだろう。

 食べ放題の牡蠣は兵庫県室津、それ以外は長崎県五島列島、ニュージーランドのパシフィックの2種。
 生でも食べてみたかったな(笑)。


 あっという間の2時間(L.O.は30分前)で、L.O.の声がかかったときはまだまだ食べれるんじゃない?って感じ(笑)。

 いやはや久しぶりに大満足の食べ放題だった。




     たぶん、期間限定のURL
     グループ:ジャックポットのURL

 さてさて、読んでくれた人にだけ(笑)ご提案。

 調味料の持ち込みもOKです!
 ぜひ持ち込みましょう!!

 お店の調味料は塩、醤油、だし醤油、ソースと少ないので、食べ放題では飽きてきます。

 今回持ち込んだのは、
  味ぽん
  ガーリックパウダー
  タバスコ
  ゆず(オーケーストアで買った)
  バター

 好評だったのは、ダントツで味ぽん、次がバター。
 不評だったのはタバスコ(笑)。

 レモンも考えたのですが、きっとお店にもあるだろうと思って取りやめ。
 やっぱりお店で1スライス10円(だったかな?)とかで売っていたので持ち込まないようにしましょう。

 次に行くときに持って行こうと思うのは、
  日本酒(酒蒸し用)
  オリーブオイル
  もみじおろし
  バジルバター
   ・・・・

 さて、いつ行きましょうか(笑)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.