NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津波警報発令! そのとき『一般』ダイバーはどう行動すべきか?

2012年05月19日 (土) 02:00 | 編集
 ちょっと真面目な話(笑)。

 最近、Facebookを始めたんだけど、そこからここのサイトを知った。

 ocean+α(オーシャナ) 海とダイビングの総合サイト
 このサイト、ダイビングに直接関係ない海のことなんかもあったり、硬軟ごちゃ混ぜにして扱っているのでかなり面白い。

 その中で、津波についての検証をやったという記事があった。
 少し、話は聞いていたのだけど、
津波警報発令! そのときダイバーはどう行動すべきか? ~ダイビング中の津波・公開検証会~
 かなり面白いことをやっていたみたい(内容はリンクを読んでね)。

 ガイド陣の中でも意見が割れていたり、
水深15mからの浮上が2,3分とかいろいろ興味深い点があった。

 水面で機材を捨てるにしろ、浮上後すぐがいいのか、エキジット間際がいいのか、
エキジット間際だったら後からエキジットしてくるダイバーの邪魔にならないか、
フィンは足が立ったら脱ぎ捨てた方がエキジットしやすいけど、絶対次のダイバーの邪魔になるんじゃないか

 エキジットのときに多くのダイバーが狭いエキジット口に殺到したらどうするのか、
水面で待つのか、無理やりエキジット口以外から這い出るのか、全然別のところに回るのか、
仕切りは現地ガイドに任せるにしても、一般ダイバーは自己責任でヘルプにまわるべきなのか、
現地ガイドはそれを受け入れるべきなのか、
ダイブマスターなら?レスキューダイバーなら?

 沖に逃げたらどうすべきなのか、浮力は?シュノーケルなのかレギュレーターなのか、
皆で固まっているべきなのか?




 ガイド陣が考える「その海で、最善と思われる方法を決め、忠実に迷いなく行動すること」には一般ダイバーがどうすべきかも含まれていると思う。
 というか一般ダイバーの方が人数が多いのだから一般ダイバーも同じような体験をするべきだと思う。

 ファンダイブ以外にもいくらかお金をとってこういう「体験」ダイビングをすべきではないかと思う。
 それはPADIなんかの指導団体が仕切るより現地のサービスが「その海で、最善と思われる方法を決め」て実施する方がいいのではないか。
 ダイバーズディのイベントでもいい。
 避難心得カードでも作ってイベントで体験ダイビングした人たちに配るといいのでは?
 (あ、でも実際の避難場所へは歩くだけにしたい(^_^;)走るのはちょっと(^_^;)、、実際に歩くのは必須だと思うけどね(笑))


 地震国の日本にいる以上、一般ダイバーも考える必要はあったと思うけど、一般ダイバーだけではどうにもならないので、伊豆だけでなく各地のガイドも協会の宴会の口実でもいいから実施してもらえると嬉しい。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 ちょっと真面目な話(笑)。 最近、Facebookを始めたんだけど、そこからここのサイトを知った。 ocean α(オーシャナ) 海とダイビングの総合サイト このサイト、ダイビングに直接関係ない海のことなんかもあったり、硬軟ごちゃ混ぜにして扱っているのでかなり面白い?...
2012/05/20(日) 15:25 | まとめwoネタ速neo
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。