NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

富戸のアオリイカ(産卵)

2006年07月13日 (木) 23:47 | 編集

7月といえば、富戸のアオリイカ、
ということで富戸を潜ってきました。

透明度悪いなぁー(6-8m)
水温低いなー(19度)
脇の浜の産卵床に食いつきがいいとの情報で脇*3でした。

朝一番でじっくり撮るぞって
8:48エントリーとか気張ったのに
なんとまあアオリイカは午後の満ち潮と共に訪れるとのこと。
富戸 脇の浜 サカタザメ、これも小さめ

やっぱりものの見事にはずして
ハナアナゴがうろうろしているのと
サカタザメ、、、。

朝一が早かったので、んじゃ2本目は
イカはずして流しますか、ってんで
脇の浜を左の方に。
富戸 脇の浜 ネコザメ、小さくてかわいいです

ネコザメ、サカタザメ、マダコにょろにょろ、イズヒメエイにメイタガレイ、砂地の生物たっくさんでした。



そして満を持しての3本目。
もう向かうは産卵床のみ。
透明度悪い中、エアが固まって
吹き上がっているところを発見。

やっぱり産卵床でした。
着底してにじり寄っていくと
頭上には何対ものペアが。
富戸 脇の浜 アオリイカの産卵
そーっと近寄って
じっと待つ。

アオリイカはペアで行動して
メスが卵を産み付けるときには
オスがその上空でメスを守るように
ホバリングしている。

それ以外にもオスはメスを
ぴったりエスコートして
離れることがない。

富戸 脇の浜 アオリイカ、メス 卵が見えます

メスが産卵床に近づくときに
人も一緒に近づくと
警戒して離れてしまうが
いったん、産卵し始めると
かなり近くまで寄っても平気だ。
(オスは威嚇するけど)

富戸 脇の浜 アオリイカの産卵、オス威嚇中

たっぷり40分くらい
産卵の現場に立ち会った僕らは
満足してその場を
離れたのだった。


次はハッチアウトの頃に来たいなぁ。
 翌日、金目鯛に惹かれた僕らは稲取に流れたものの、
台風3号の余波で稲取はクローズ。
 初めて潜った菖蒲沢はカジメ林で
ある意味非常に面白そうな海だった。

菖蒲沢 カジメ林

 施設もなんと無線LANが使えたりして
不思議な菖蒲沢であった。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
元気でしたよ!
いや、ほったらかしですみません。
8/2まで台風のボラカイに行ってまして、帰国してからは今度は仕事が嵐のように(笑)。
近々ハッチアウトを見に行きたいなぁなんて考え中です。
HIDEKi家は最近どうですか。
2006/08/07(月) 00:38 | URL | NAOK! #ZuDJPUac[編集]
すーさん元気でした?
2006/07/30(日) 11:30 | URL | HIDEKi #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.