NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪の店の衛生観念って、、、。

2010年08月21日 (土) 13:06 | 編集
 仕事で大阪に出張。
 靱公園、、すみません、読めませんでした(笑)。
 うつぼと読むとは、、、そこの公園近くのホテルに逗留。
 近くにはほとんどお店がなく、夕食に困る。
 ホテルの推薦マップに載っていた本町通り沿いの焼き鳥や。とりあえず行ってみることにした。
 結構、サラリーマンとか入っていていい感じの店かも。

 一人なのでカウンターに通された。
 オープンキッチンを気取ったんだろう、厨房が丸見えだ。

 親鶏もも炭火焼きを頼んでみる。宮崎の地鶏焼きのように鉄かごで焼くスタイルだ。
 なかなかうまいので、鶏ちゃん焼きを追加で頼んで食べていた。
 もちろん、こっちも目の前で調理してくれている。

 と、そのとき、厨房の中で談笑しながら店員が自分のクロックスを脱いで洗い出した(゜o゜)。
 じゃばじゃば洗っている。水しぶきも飛ばして盛大に洗っている。
 ついでに紙タオルで自分の足もごしごし拭いている。

 そのシンクは、なんとついさっき鶏ちゃん焼きを作る鍋を洗ったシンクだ。
 しかも、鶏ちゃん焼きにはそのシンクの水道の蛇口から煮込む水を入れていた。
 あぜんとして注目していたら、その店員はクロックスを洗ったあと、シンクをきれいにもせず、手も洗いもせず、また調理を始めた(゜o゜)。

 すでに半分以上、鶏ちゃん焼きを食べていた僕は気持ち悪くなって、即座に席を立った。
 クレジットで払った会計は、クロックスを洗っていた店員が担当した。
 そういう処理まで任されているということはベテランなんだろう。

 とても気になったので、直球で聞いてみたが、その店員は自分が厨房で調理器具を洗い、調理に使う水でクロックスを洗っていたことを全く不思議に思っていなかった(-_-;)。

 その夜、とても気持ち悪くて仕方がなかったのは言うまでもない。

 店の名前は書かないが、見れば、、、、
オープンキッチンで客の目の前で調理器具とサンダルを同じところで洗う店

(とりあえず検索にはひっからないよ)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。