NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

JAL上海-羽田便(JL8877,JL8878)の機内食 (2010/1/27-2/9)

2010年02月10日 (水) 01:20 | 編集
 新年になってから初めての上海。
 といっても上海自体は春節前で来るべき新年に向かって盛り上がっている最中。
 なんか1月に入って「忘年会」で盛り上がっているって面白いよね。

 寒い寒いと聞いていたので思いっきり暖かい格好をしていったら、僕が上海にいた間はなんか暖かかったなぁ。
 逆に暖かすぎて汗かいたりして(^_^;)。

 春節もいい天気だといいね。

2010/1/27昼食 JL8877便(羽田-上海)にて
 さて、2010/1/27羽田発上海行きのフライトでの機内食は、やっぱり法的整理の影響がでているんだろうね。
 ホームページのメニュー(こんなもんが公開されているの、全然知らなかったよ(笑))には『ビーフハンバーグ 玉ねぎと大根卸しの和風ソース』とあったけど、正直つくねの出来損ないかと思った、厚さが、いや薄さがとてもとても。。。。
 これならマルシンハンバーグの方がボリュームがあっていいな。
「ビーフハンバーグ 玉ねぎと大根卸しの和風ソース
ハーブとレモン風味のシーフードマリネ
フレッシュサラダ
日本風味(厚揚げ寄せ地餡、里芋柔か煮、椎茸、隠元)
デザート
コーヒー、紅茶、緑茶」(JAL HPから抜粋)


2010/2/9昼食 JL8878便(上海-羽田)にて
 そして、帰り。
 2010/2/9上海発羽田行きのフライトでの機内食は、、、前にも食べたな。牛丼。(メニューでは牛肉丼)
「牛肉丼
スモークサーモンのタルタル風
スモークビーフ アップルコンポート添え
フレッシュサラダ
ブラウニーケーキ
コーヒー、緑茶」(JAL HPから抜粋)


 機内サービスは手際悪さのオンパレード。
 隣の列は3人がかりでサービスしているのに、こっちの列は1人だけ。なんでそんな配置?まあ、こっちの列はベテラン、隣の列は若いのばっか。
 まあ、経験の差はあると思うけど(-_-;)。
 ビールもエコノミー用のワゴンにはキリンとアサヒしか用意がなく、モルツを頼んだら(たぶんビジネスクラスに)取りに行ってくれたはいいんだけど、手に持って走ったか、プルトップを開けたとたんブシューっと(笑)。さすがにまずいと思ったかな、こちらがそれでいいですよと言う前に新しい缶を持ってきたけど、最初の缶はどうしたのかな?捨てちゃった?
 まあ、もったいないとかそういう意識がないから持ってくるときに振ってしまうんだろうけど。
 そして、いつも通り、味噌汁も頼んだら、これもエコノミーでは用意がないのか、「すぐ持ってきますから」という言葉を信じて食事に手をつけずにビールちびちびやっていたら、ビールが2本も空いちゃったよ。
 まあ、冷めても「おいしさ」は変わらないからいいけど。
 最後に下げ膳のときにコーヒーを頼み「ミルク砂糖はいかがしますか?」と聞かれたので「ミルクのみ」と答えたら、ミルクの他に砂糖もテーブルの上において肝心のコーヒーを注ぐのを忘れていったよ。
 まあ、そんなの中国で慣れているからいいけど。

*********

 機内サービスが低下するのはあきらめてしまえばいいのだけれど、同じように整備のレベルが下がると思うと、怖くて今のJALには乗れない。
 無理やり続けて飛ばすより安全を考えていったん運航をやめてつぶしてしまえばいいのに。
 もし、今回の機内サービスの状況が整備でもおきているとしたらヒヤリハットどころではない。
 何か起きてからでは遅い。
 乗客は定時運航の状況とか機内サービスとか見えるところでしか判断ができないけど、その判断基準では正直JALには乗りたくない。
 せめて何も起きないことを祈ろう。
 おまけ。
 帰りの便のチェックイン時にこんな紙が入っていた。
上海虹橋空港チェックイン時に配られたアンケート
 こんなアンケート書かせるくらい、今のJALは何も判っていないし、何も決められないんだろう。
 アンケートを企画している人たちは自分達が提供している機内食を食べていないんだということが、この紙切れでよく判る。
 おいしいものなら、和食でも洋食でも中華でもいいんだ。
 逆に今のレベルで何を出されても何の改善にもならないってことが、、判らないんだろうなぁ(-_-;)。

 これを「『改善』として行動してます!」というなら、やっぱり会社としての『普通の意識』がないんだろうね。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.