NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海は猫の目のように

2010年02月07日 (日) 23:42 | 編集
 1ヶ月半ぶりに上海に来ている。
 上海の街は5月の万博に向けてラストスパートといった感じだ。
 (一部では開幕に間に合わなくて、開催されても工事中のままおそれのあるパビリオンもあるとかないとか、視察に来た胡錦濤さんが間に合わせるように檄をとばしたとかとばさないとか)

 そんな理由でもないだろうけど、身近なところでもいくつか街が様変わり。

 2009/10/27に行った淮海中路の全聚徳。
上海 淮海中路 全聚徳 店構え
 あれっと思ったら、「鴨王」というやっぱり北京ダックのお店に。
淮海中路にあった全聚徳は別のチェーン店に(>_<)
 1階のエレベーターまでしか覗いていないけど、居抜きで買いとった感じがぷんぷん。
 これで全聚徳は浦東にあるだけ?

 同じ淮海中路にあって、よく夕ご飯でお世話になっていた沧浪亭。
 ここはビルごと建て替え?なのか、工事の囲いで囲われていた。
同じく淮海中路の沧浪亭も閉店(>_<)
 こんな時期に工事してて間に合うのか?万博に?

 そして、Radisson New Worldに泊まったら、毎日の朝ご飯でお世話になっている小杨生煎館(小楊生煎館)も看板が黄色からピンク色に。
上海 黄河路美食街 小杨生煎館 店構え
 ロゴも小粋な(笑)感じの書体を使って雰囲気を一新した。
黄河路の小杨生煎館(小楊生煎)も黄色からピンクに
 まあ、なんとなく安っぽいチェーン店みたいな感じになったというかならないというか(笑)。

 看板は変わってもいいからなくならないでほしいなぁ、ホントに本当。お願い!!
 (といいながら、黄河路のお店のメニューから小餛飩(餛飩)が消えているんだよな、既に(-_-;))

 以上、身近で感じた上海の様変わり。

 僕自身は住んでいる訳ではないので、『いい』様変わりなのか、そうでないのかは判らないけど、それが上海の人にとって『いい』様変わりであることを祈るのみ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。