NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

上海から古代中国への旅

2009年11月08日 (日) 23:59 | 編集
 さて、水墨画の世界に浸りながら、今日の朝ご飯はフルーツ三昧(笑)。
 (たんにサービスのフルーツを食べて終わったという話でもあり、、)

 体の調子も少し良くなっていたので博物館に出かけることにした。
 まず、目指すは上海博物館。
 人民広場には上海博物館、上海城市規劃展示館、上海美術館などがあって広場のナントカ館めぐりをするだけで1日が終わる?足りない?くらいなのだ。
上海博物館、入館料無料なのに展示物はすごい!
 上海博物館は入館料無料のせいもあって、結構な賑わい。
 途中通った上海城市規劃展示館(入館料30元)はチケット売り場に列なんかなかったのに、上海博物館は入館待ちの列ができている。
 今日は夏みたいに暑かったので外で並んでいるだけで汗が噴出してくる。(最高気温27.5度だったらしい)
 セキュリティチェックを抜けて入館するのに15分程度かかった。

 中は4階建て。中央の吹き抜けの周りに展示室がある。
 昔の携帯電話みたいなでっかい音声ガイドもあり(日本語用40元、中文20元など。デポジットで200元が必要)、あらかじめ展示品につけられた番号を押すと解説の音声が流れてくる仕組み。
景徳鎮の陶磁器(上海博物館)
 展示物は古い貨幣やら玉(たまではない、ぎょく)やら陶磁器やら絵画、書物、家具、青銅器などいろいろ。

 館内は携帯電話は禁止だけど、写真撮影はOK。
 一部、NGマークがあった部屋もあったけど中国の人は気にしないねー(笑)。
 なので僕もデジカメでパシャパシャと(^_^;)。
神人(上海博物館)
 希望すればボランティアの人が直接説明してくれるようで中国語が話せたらなぁって思うことしばし。

 2時間くらいでさっと見てハシゴする予定だったのが、気づくと4時間以上も館内にいて、展示内容でお腹一杯(笑)。

 上海城市規劃展示館とかは無理せずまたの日に♪
 終始、泊まっているホテルが見える範囲でしか行動していないのにとっても充実した時間を過ごしたのだった。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.