NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

お茶の水大勝軒 あつもり

2009年03月10日 (火) 23:29 | 編集
 今日は免許の更新で神田の更新センターへ。
 とうとう僕も有料ドライバー、ならぬ、優良ドライバー。
 さんぜんと輝く金色の、、、、バカらしいからやめた(笑)。

 職場へ向かう途中に見つけた「大勝軒」の看板。
小川町 お茶の水大勝軒 店構え
 東池袋の大勝軒はすごい行列が名物だったけど、その行列って合法的に横入りができるお店だっていうのはあまり書かれていない。
 その昔、一度だけ並んでみたとき、1時間半かかってあと数人となってやっとだぁと盛り上がっていたら、そこらへんから歩いてきた人が厨房の中を覗いて「あつもりくれる~?」なんて軽く言っているのを聞いてびっくりしたことがあるのだ。
 店員さんも当たり前のように「はいよぉ」ってアルミのお盆にあつもりを載せて出している。

 なんで?
 なんで?なんで?

 なんでえ!?

 とそのときは思ったことを今でも覚えている。
 あと数人で案内されるまでの短い間に3,4組もそういう人たちが来ていたから普通に行列していた人たちの列がなかなか進まなかったのはそのせいもあったんじゃないかと今にして思う。
 一度、行列を前にして横入りしてみようと思っていたけど、その野望(笑)を試す機会もなくお店は閉店してしまった。

 さて、小川町の大勝軒。
 東池袋の大勝軒の「直系」だそう。まあ、あまりこだわりがないけど、あの甘いけど酸味の効いた汁を久しぶりに味わってみたかった。(甘酸っぱい、と書いてみてとても違和感があって表現を変えました(爆))
 11時開店で、11:10入店。
 なのに店内は6割がた埋まっている。
 うぎゃー。
 今日は最高気温16度の予報だよ。晴れだよ。こんな日にラーメン食べるかい?(そういうオマヘはどうなんだい!(笑))

 めげずに券売機で「あつもり」 750円を購入。
 カウンターに座る。厨房が見えるいい席だが店員の女性の定位置の正面というこれまたちょっと恥ずかしい位置でもあり、、茹で上げた麺を水にさらして器に盛り始めたのが見えた。
 4,5人待っている人がいるので次の茹で上げまで待つのかなと思ったら僕の分もあったらしい。
 ずいぶんいっぺんに茹でるんだな。
小川町 お茶の水大勝軒 あつもり
 最初は麺だけつるるんと。
 むむ、やわい。最近の麺の傾向からするとかなりやわい。
 こんなんだったっけ?本家も?   そうだったような気もする。
 こんな麺に行列するの?って思いながら食べていたのを思い出した。
 そういう意味ではやはり「直系」なんだろうなぁ。
 汁は甘くて塩辛くて酸っぱい味だった。酸っぱいは3番目でしたな。
 汁の中には、ぱさ系のチャーシューが2枚、ゆで卵が半分、海苔に細くて硬いメンマが沈んでいる。
 このつけ汁にやわい麺。これはこれで「大勝軒はラーメンにあらず、大勝軒という食べ物なり」(すみませんパクリです(^_^;))って感じだろうか。


 今度は復刻版のタンメンを食べてみたいけど、、並んでいるんだろうなぁ(-_-;)。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.