NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

徳亭 二段重箱弁当

2009年03月06日 (金) 23:13 | 編集
 朝から降っている雨はまだ降り続いている。
 雨の日の機動力が俄然落ちる(笑)我々は、ついに昼の食事に予約という最終兵器を持ち出した。
 最終兵器の第一弾は、「徳亭」。
 先般、ふられたために「たかせ」に流れたが、その際に連絡先をゲット!
 朝から昼飯の予約電話なんつうものをしてしまったのだった。
神保町 徳亭 店構え

 予約時間の12時に店に入ると僕らが口開けのお客さん。
 店内は店構えからの印象とは違い、清潔だが内装にはあまり凝っていない感じ。
 お客さんが来る時間がわかっているのに、店内は暖房があまり入っておらず寒かった。

 テーブルに案内され、お茶をもらう。
 「お昼はお弁当だけになってますので、、、」そう言いながらフロアの女性はお茶を置いていった。
 二段段重箱弁当 1300円。
 ほかにお造りとデザートがつくものもあったが、前日予約が必要とのこと(ちなみに2500円!)。
神保町 徳亭 二段重箱弁当

 ほどなくしてだされたお重はちょうどいい感じの大きさ。
 上段がおかず、下段はおかかご飯であった。
 鶏の焼き締めたものを中心に煮物、焼き物が13品。
 それがお重一杯に詰まっている。

 お味噌汁は赤だしだ。
 ご飯はちょっと固めに炊いてあって、ご飯だけでも箸がすすむ。
神保町 徳亭 二段重箱弁当
 テーブルには調味料などなかったが、その分、濃い味付けで楽しませてもらった。

 デザートもちょっと気になったけど、500円以上。(まあ抹茶付きなので見かけほど高くはないとは思うけど)
 抹茶でまったりというわけでもなかったので頼まず席をたった。


 最終兵器、『予約』。
 使い方を誤らなければ最強なのだが、神保町エリアにはなかなか通用するお店が少ないのが残念(^_^;)。
 (んじゃ最強じゃないじゃん!!(笑))
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.