NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だんだん大社。李白酒造と宍道湖巡り

2009年02月22日 (日) 23:59 | 編集
 さて、今日は天気が悪くなるとのことでしたが、朝のうちはまだ曇り。
松江 李白酒造
 人身事故なんかあって(>_<)、電車で行く予定がタクシーで米子から松江まで(8800円でした)。
松江 李白酒造 NHK朝ドラ「だんだん」のモデルなんです
 着いた李白酒造さんはちょうど放送していたNHKの朝の連続ドラマ「だんだん」のモデルとなった酒屋さん。
 ちゃんとポスターなんかも貼ってありました。
 聞けば、先週クランクアップして打ち上げがあったとのこと。
 もうちょっと早ければ、撮影風景の見学もできたかも(笑)。

 ここ、李白酒造さんは松江の城下町の中にあるので、狭い敷地を縦に使うようにしているんだそう。
 精米した米を3階建てのビルの3階に持ち上げ、3階で浸漬、蒸し、冷却をして、2階のもろみタンクにぶっといパイプで送り込む。
松江 李白酒造 自動蒸し器がんがん動いてます
 同じく3階で育てた酒母をあわせて仕込み、もろみを作っていく。松江 李白酒造 杜氏さんからもろみを注いでもらう

 説明してくれた杜氏さん、自らもろみを振舞ってくれて(*^_^*)。


 蔵見学が終わって、試飲タイム\(^o^)/。
 数あるラインナップの中から何種類かだしてもらう。
 軽い華やいだ感じの日本酒。
 午前から軽く飲むにはちょうどいいかな。
 (後で高瀬先生は李伯さんは酒が若返ったと言われてましたね。軽くて華やいだ、が「=若い」かというと全てが当てはまるとは限らないけど、李白さんについては若いという言葉があうような気がする)
松江 李白酒造 蔵見学に行くとこれが飲めるんだよね「絞りたて」(*^_^*)



 さて、蔵見学が終わって帰りの飛行機までは自由行動。
 半日あるので、せっかくだから出雲大社へ。
 一畑電車に乗って、松江しんじ湖温泉駅から出雲大社前まで、の予定がこれまた人身事故で途中からタクシーで出雲大社前駅まで。
 なにかあるんだろうか(-_-;)。
出雲大社にきました
 竹内まりあさんの実家の旅館を横目に、出雲大社までてくてく歩いて行きます。
 雨はしとしと降っているけど、かえって樹木がいきいきとしてるようでいい感じ。

 ちょうど「平成の大遷宮」の真っ只中。
出雲大社 御本殿の前にある仮本殿が遷宮の時の仮住まい
 仮本殿が御本殿の前に作られ、大国主神は今はそちらにお住まいだとか。
 そうそう、出雲大社は(イズモタイシャ)と読むのではなく、(イズモオオヤシロ)と読むのだそうだ。
出雲大社は今、平成の大遷宮の最中。奥に御本殿が見えます
 奥の御本殿は、これから「御修造」とのことで平成25年までその姿は見れなくなってしまうのだと。
 まだぎりぎり間に合ったというところだろうか。
 しとしとと降る雨の中、社の裏手の山々に霧がかかり、なんともいい雰囲気で境内のそぞろ歩きを楽しんだ。
 帰り際、神楽殿の大注連縄にみんなが小銭を投げて突き刺していたけど、見ていたら、なんかやらなくてもいいやってんで突き刺さずじまい。
出雲大社の注連縄。でかいです。みんな小銭を突き刺してます

 その代わり、観光センターで出雲そばを手繰って出雲大社を後にしたのだった。
出雲そば 八雲 三色割子
 山陰地方はほとんど初めてだったけど、酒うまい、人はいい、海もよさそう、で今度は夏に来てみたいな(^_^;)。
 もちろん、夏といえばダイビング!なんだけど(^_^;)。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。