NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟カツ丼 タレカツ 二段もりカツ丼 ご飯大盛り

2009年02月03日 (火) 22:39 | 編集
 神保町でカツ丼を食べたいと思うと、とても大変だ。
 いわゆる普通のカツ丼は小諸そばとかにしかなくて、試しに「神保町 カツ丼」でググるとある1軒のお店しか出てこない。
神保町 新潟カツ丼 タレカツ 店構え その店が今日行った「新潟カツ丼 タレカツ」である。

 ここのカツ丼は卵とじでなく、醤油と砂糖ベースのタレにカツをつけて出してくるカツ丼なのだ。
 新潟ではカツ丼と言えば、こういうタイプらしい。ふむふむ。

 11:50前にお店に着いたけど、既に満席。店内には2名待っていた。(ちなみに11:30開店である。)
 今日は暖かかったし、回転もよさそうなので待つことに。
 待つことしばし。
 ようやく席に着くことができた。

 店内はちょっとしゃれた感じでさりげなく月の地図なんか貼ってあったりしてカツ丼屋!って感じではない。
 店の形状が普通に四角ではなく、でこぼこしているのでくの字型のカウンターが2つと変則的。

 オーダーは並んでいる間にいろいろ話してたりして、結局「二段もりカツ丼」 1000円、に「ご飯大盛り」 100円。
 隣の席で食べている丼の大きさからして大丈夫だと踏んだ。

 奥の厨房では次々とカツが揚がっているのが見える。ここのカツは一つ一つが小さめで揚げたままタレにつけて丼に盛られるようだ。

 そして、来ました来ました。
神保町 新潟カツ丼 タレカツ 二段もりカツ丼 ご飯大盛り
 あはは、丼からはみ出してます(*^_^*)。

神保町 新潟カツ丼 タレカツ 二段もりカツ丼 ご飯大盛り
 ふたを開けると(^○^)。

 どーんと4枚のカツが重なり合うようにご飯の上に。
 どうやって食べればいいんだ?
 最初のカツ1枚を食べ切って隙間を作らないとご飯にたどり着けない(^_^;)。
 甘辛のタレが全体に染みていてうまい。
 店頭のPOPでのカツは薄めに見えたけど、実際は厚みがあって肉を食べている感じたっぷり。

 ちょっとご飯を食べると、、、うひー(笑)。
神保町 新潟カツ丼 タレカツ 二段もりカツ丼 ご飯大盛り
 その名の通り、二段目がご飯の中から見えてくるーーーっ。

 合計6枚のカツにしてやられました(笑)。
 カウンターにおいてあるガリがいいアクセントになって食がすすむ。
 それにしても二段はやり過ぎた(^_^;)。丼というより、カツばっか食べている感じ(*^_^*)。

 とはいえ、一言でまとめるとしたらやっぱり、おいしかったぁ\(^○^)/
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。