NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

猿之亟 チャーハン

2009年01月15日 (木) 23:21 | 編集
神保町 猿之亟 店構え
 小学館と並んでいない方の集英社のビルの横、細い路地に「猿之亟」はあった。
 以前から、店の看板は遠くからも見えていて「なんて読むんだ?」と気にはなっていたのだ。
 お店自体はごく普通の町の中華料理屋って感じで、特別惹かれるものはなかったんだけど、覗いてみるといつも混んでいる。
 なぜだ?って気にはなっていた。
 そこで今日、単独調査に潜入したのであった。

 ラーメン系いくつかと飯物はチャーハン、それに水餃子。
 ラーメンは見る限り、ごく普通のラーメンだったので、チャーハン 600円を頼んでみた。
 飯物、炒め物はチャーハンしかないので、出てくるのはあっという間。
神保町 猿之亟 チャーハン
 ごく普通のシンプルなチャーハン。
 おいしーっって感じではないけれど、味付けがシンプルなだけにダメって感じではない。
 これで600円なら、「あると思います♪」(笑)



 さて、問題の店の名前の読み方。

 「さるのはこ」













と思っていたら



 「えんのじょう」と読むそうです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.