NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

マザーズ・オーガニックレストラン 富士山のやさい塾 ランチビュッフェ

2009年01月09日 (金) 23:39 | 編集
 野菜!なのだ!!
 ふだん肉ニクにくぅーっと言っているので(笑)、たまには野菜ぃーっ!なのだ。

 というか、外食すると野菜率はすんごく下がる(>_<)。
 わかっちゃいるけど、現実問題として野菜メインの副食(というかおかずね(^_^;))をリーズナブルな値段で出してくれるお店が少ないのも事実だ。
 肉じゃがじゃあ野菜を食べたとは言わないと思うのだよ、明智君。

 ということで、すずらん通りにある「マザーズ・オーガニックレストラン 富士山のやさい塾」にした。
 そうそう、お店の名前はググってみて初めてわかった。長い名前だ。
 まあ、通称「マザーズ」ということにしておこう(^_^;)。

神保町 マザーズ・オーガニックレストラン 富士山のやさい塾 店頭 以前から有機野菜のスーパーがビュッフェをやっているという認識はあったが、ガラス張りの中を覗くと女子率が異様に高いので何となく入りづらかったのだった。

(写真は反射して見づらいが、中は女性でいっぱいだ!)


神保町 マザーズ
 しかし、先遣隊(笑)が一度行ってきて「あれは失敗です。食べすぎました。」なんて言っていたので、女性向けの軽めのランチバイキングで帰りに南海に行かなきゃやってらんねえ!なんて感じではないということが判明。
 いざ、行ってみましょうということになったのだ。(前置き長いな(ワラ))

 12時前にすべりこみ入店。
 まず入り口のレジでお金を払う。ランチビュッフェは1260円だ。
 レシートと「食事中です」プレートをもらって席に着く。
 さあ、戦闘開始だ(笑)。

 入り口近くのでっかいテーブルに
  根菜(さつまいも、じゃがいも、れんこん、にんじん、ごぼう)の蒸し物、
  同じく根菜の揚げ物(素揚げ)、
  大根とにんじん、おあげに昆布の煮物(薄い塩味でちょっとおでん風)、
  トマトソースで味付けチーズをのせてオーブン焼きしたたまねぎじゃがいも、
  白菜の炒め物、
  さつまいものきんとん、
  ミックスサラダ、
  白菜の味噌汁に
  かぶ、きゅうり、長いも、にんじんの糠漬け、
  それに五穀米と玄米のご飯
なんかが並んでいる。(他にもあったけど忘れた(^_^;))
 そうそう、なぜかカレーもあってちょっと不思議(カレーだけ系統が違うような、、具が何もないソースだけだけど)。
 コーヒーもあるけれど、それは別料金(140円)。

 ビュッフェなので好きなものを好きなだけとってきて食べる!
 ちなみに僕の食べたものはこれ↓。
神保町 マザーズ・オーガニックレストラン 富士山のやさい塾 ランチビュッフェ
 寒いので煮物がおいしかったなぁ。
 煮物用の味噌が他の蒸し物、揚げ物にも使えておいしい。

 個人的には味噌汁と蒸し物、煮物、それとご飯があれば満足なので、価格を3桁にしてくれればいいんだけどなぁ。

 そうそう、ビュッフェといえばテーブルに大皿で出された料理を客が自分の皿に取り分けていくのは誰でも知っていることだろうが、ここのお店のテーブルには明示的な客の流れがなかった。
 テーブルに隙間なく客が張り付いているのだが、どっちに流れているのか、どこから始まっているのかがよくわからない状態なのだ。
 しかも、女性にありがちな「ねえどれにするぅ?」「あ、それ私もとってぇ」「あーでも、やっぱりこっちにするぅ」状態でなかなか料理から動いてくれない。
 ここは割り切って流れがないものとして、自分の取り分けたい皿の前からテーブルに張り付くのがいいのかもしれない。
 お店の人も特に誘導したりしていなかったしね。

 そうそう、僕らが1回目の料理を取り分けて食べ始めた頃には店内は女性で満席だった。
 早めの時間か、遅い時間をお勧めするよ、明智君。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.