NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

サラファン 若鶏のソテー唐辛子トマトソース

2008年12月18日 (木) 23:30 | 編集
 神保町にはロシア料理のお店が2軒ばかしあるようで、ろしあ亭と今日行ったサラファンがそうだ。
 おいしいボルシチが食べたいと思ってサラファンに行ってみることにした。

 ろしあ亭では煮込みミートボールにびっくりしたが、今回のサラファンもハンバーグが「売り」。
神保町 サラファン 店構え

 どうしようかなと思いながら、お店に着いた。
 店先にある樽に本日のおすすめが書いてある。「ロシア風ハンバーグ」と「若鶏のソテー トマトソース」。
 さてどっちにしようか。
 12時前に入店、ていうか入り口の階段、狭っ!くねくねと曲がって地下に下りる階段はすれ違うのがやっとだ。
 ドアを開けるとウェイターのおじさんが人数を聞いて席を作ってくれる。
 狭い店内だが、うまくテーブルが配置されていてそれほど狭さは感じない。

 周りを見るとハンバーグを食べている人が少ない。
 よし、とばかりに若鶏のソテー 1000円にした。
神保町 サラファン ボルシチ

 最初にボルシチが出される。
 ろしあ亭のボルシチよりも赤味が少ない感じがする。「真ん中にのせられているサワークリームを溶いてお食べください」と言われたが、まずはそのままで一口。
 うーん、スパイシー。オープンキッチンなのでなんとなく調理しているのが見えるのだが、ボルシチはお客さんに出す直前に軽くコショウしてから出している。そのコショウの香りがまず広がり、それからちょっと辛めのスープが舌を潤す。サワークリームを溶いてみて一口含むと今度はまろやかな感じに変わる。
神保町 サラファン 黒パン白パン
 「パンを浸して食べるとおいしいですよ」といってパンを出されたが、5人でこれだけはちょっと少なすぎないか?
 お代わりができるか聞いてみればよかったが、もともと少なかったのを遠慮し合って残してしまった。もったいない。

 そして出てきたのが、これ。
 若鶏のソテー唐辛子トマトソースである。

 ・・・

神保町 サラファン 若鶏のソテー唐辛子トマトソース

 ・・・

 付け合せというか、ライスかパンのお代わりでも出てくるかとしばし待ってみたが、出てくる気配がない。
 むーん、びっくり(゜○゜)。
 ちょっと少ないかなぁ。
 付け合せの黄色いライスはちょっと水分の多いピラフか。
(サフランライスなのかもしれないけどこれだけべたっとしたサフランライスは初めて)
 鶏肉はカリッとパリっと焼けていて中はジューシー。
 かかっているトマトソースも唐辛子のアクセントがきいておいしかった。

 それにしてもサラファンのある、この三角地帯、本当にいろんなお店があって楽しい。
 次はどこのお店にしようかな、、、。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.