NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いるさ 本日の定食(焼魚+肉団子あんかけ)

2008年11月13日 (木) 23:42 | 編集
 落ち着いた雰囲気で和食なのだ。
 もともと目はつけていたお店だったんだけど、ランチの最低価格が1500円と冒険するにはちょっとお高いお店だった。
神保町 いるさ 店構え
 「いるさ」。
 コンクリート打ちっぱなしっぽい感じの外装で中が全く見えない店構え。
 1500円からの価格設定のときは入っていくお客もあまり見ず、余計に入りづらかったのだ。

 引き戸を開けると店の奥まで続くまっすぐな廊下。左手に4+8+4人の小上がり。席は掘りごたつとなっている。
 奥まで行くと階段があって右手に中2階のカウンターとテーブル席。
 僕らは小上がりに通された。中2階の天井と同じ高さまで吹き抜けているのと掘りごたつで下に下がっている分、天井が高くて気持ちいい。

 既にテーブルにはお膳と箸が置いてある。定食といいながらお膳に全部乗っけてどんと持ってくるのではないようだ。
 本日の焼魚はめだい、かます、かんぱち、さわらの一夜干しから選べる。僕はめだいを選択。
 注文すると、お茶とサラダ、おしんこが出される。おちゃはほうじ茶。久しぶりに飲んだな。
 あまり待たされずに料理が出された。
神保町 いるさ 本日の定食(焼魚+肉団子あんかけ) あれれ?めだいは?
 おー、これか(笑)。
 焼魚が上に書かれているのでこっちの方が大きいとばかり思っていた(^_^;)。

 肉団子のあんかけの方はしょうがの効いた肉団子が2つ、白菜と人参が入ったあんかけに大根の炊いたのが隠れていた。
 あんは和風出しをベースに粗挽きのコショウがアクセントの面白い味。
 ご飯の量も炊き方もちょうどよく、おいしく食べ切ってしまった。

 最後のデザートはりんごのコンポート。
神保町 いるさ 本日の定食(デザート)
 上品にまとめてもらって「ごちそうさま」。

 食べ終わっても特に急かされることもなく、廊下に並んでいる人もなく、のんびりほうじ茶のお代わりをもらってくつろいだお昼どきとなった。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。