NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチン南海 カツカレー

2008年09月17日 (水) 23:51 | 編集
 今日は珍しくキッチン南海が並んでいなかった。
 これ幸いと入店。席も空いていた。今日はツいていた、かもしれない。

 しょうが焼きと悩んだが、今日はカツカレー 700円。
 それにキャベツのトッピング 50円。

 カウンターで待っているとまず、キャベツ。
 高い。
 たぶんほとんどの人が一番最初に思い浮かべるセリフだろう(笑)。
神保町 キッチン南海 カレーのトッピングキャベツ
 みずみずしいキャベツに空腹が満たされていく。

 そして、
神保町 キッチン南海 カツカレー
 カツカレー
 湯気が上がっているくらいアツアツで、しかもこっちも高い(笑)。
 キッチン南海のカレーは黒いルー。
 ちょっと驚くけれど、口にしてみればごく普通。
 後は、アツアツのバクバクのムシャムシャのモリモリで、汗だらだらの完食となった。
 うまかったのだった(*^_^*)。

 ところで今日は情けなかった。
 思い起こせば、20数年前、高円寺の松屋でやられたのと同じことをやられたのだった。

 お店の名前は伏せておこう。(悪口になるから)
 同じアルファベットが並んでいる店とだけ。

 カウンターに並んで注文。ランチはタコライスとロコモコとカツ丼、全て500円。
 5人で行って思い思いのものを注文。あまり待たずに注文の品が出てくるのだが、僕のだけ出てこない。
 カウンターの一番店員に近いところに陣取っているのだから見えないわけがない。
 残りの4人の最後に出てきた人が気遣って、店員に聞こえるように「まだ出てこないんですかね?」と。
 僕も聞こえるように心持大きな声で「うん、カツ丼、まだなんだよな」と。
 聞こえた店員、すかさず厨房に小さな声で「カツ丼の大盛り、至急できますか?」(小さな声だけど一番近くにいるので聞こえてくるのだ(笑))
 すると、厨房から、「至急なんてできないよ」の声。
 「至急お願いします。」
 すると、聞こえてきたのは「ちぇっ!」
 !!!!!
 お金とって食べ物を出しているくせに、作るのに「ちぇっ」とは。

 しかも、「3分かかるよ」
 挙句の果てに、「本当に作るのかよ」

 !!!!!

 3分以上待ったけど、出てこない。
 一緒に行った人は全員食べ終わった。
 それでも出てこない。

 じゃあ帰るか。腹立ちを通り過ぎてあきらめモード。
 どこで食べようかと考えながら「帰ります」と僕。
 すると店員の言うには「できちゃったんです」だと。

 「できちゃった」って??「ちゃった」って何だよ(笑)。
 その「できちゃった」をみんなが食べ終わるまで待ってても出せなかったんでしょ(-_-;)。
 待たせたあげく、そのセリフかぁ。

 もう絶対行かないだろうなぁ、きっと。

 あんなんじゃ、夜も押して知るべし、だ。

 何周年だか知らないけど、ちぇっとか言うなら昼の営業しなきゃいいのにね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。