NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

△の日

2005年10月03日 (月) 23:00 | 編集
十二代 がんこ 店構え十二代 がんこ しょうゆ

 仕事の帰り、本郷三丁目の「がんこ」。
 がんこらしく牛骨が店頭にぶら下がっている。よし。
 ん?しかし、「やってるよ」の看板が。???なんだこりゃ?他にも、店頭にメニューが貼ってあったり、がんこらしさがない。
 ???と思いながら、中に。月曜19時という時間とはいえ、他の客は1人だけ(最後まで1人だった)。うーん、もう「がんこ」の時代は終わったのか?と思いながら「しょうゆ中間味」(あっさりとこってりの中間(^_^;))を注文。
 出てきたラーメンは、普通のラーメン屋さんのラーメンだった。
 「がんこ」といえば、舌がびりびりするくらいのしょっぱさ、完食寸前まで熱すぎるくらいのスープ、スープに負けちゃう(笑)妙に黄色い細ちぢれ麺といったイメージだったが(高円寺のがんこは昔そうだった)
、ここのラーメンは普通。中間味だからか?普通のしょっぱさ、スープはぬるくはないが熱くもない、いや、ふーふーせずに最初からごくりと飲める。
 うーん、まずくはない。けど「がんこ」ではない。「がんこ」を期待して、覚悟して店に入ったからなぁ。
 スープ完食までせず、店を出た。

 こういう日もあるんだなととぼとぼ家に帰った。
 高円寺の「がんこ」も変わっっちゃったかなぁ(-_-;)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。