NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベジタリアンPartII Aランチ(豚冷しゃぶ)

2008年07月15日 (火) 23:55 | 編集
 その店は妙に安い値段と店の名前で気になっていた。
神保町 ベジタリアンPartII 店構え
 その名も「ベジタリアンPartII」。
 店頭にあるその日のランチは、野菜の料理というわけでなく、
神保町のどこかにPartIがありそうなわけでもなく、、、。

 疑問解消のために、我々は潜入を開始した(笑)。
 まず、店先で中の様子を確認。
 むむっ、店の奥からめざといおやじからすかさず手裏剣、声がとんでくる。
 あぶない。こちらもすかさず身を翻してさけようとするが、敵もさるもの、
こちらが逃げようとするのを「鬼海、お二階どうぞ」の連打がとんでくる。
 もはや撤退はできない。おやじの攻撃を避け、我々は二階へと駆け上がった。

 二階の奥にはプチファットな軍団が、しかもテーブルの上にはまだ何もでていない。
 しまった!やられた!!これは時間がかかるぞ!!!
 そこに追い討ちをかけるように中国四千年の秘術、ぶっきらぼうが襲い掛かる。
 しまった!共産圏笑顔無し接客だ!神保町 ベジタリアンPartII Aランチ(豚冷しゃぶ)

 ランチメニューは二つ。豚冷しゃぶと特製カレーだ。
 ここは切り返すしかない。
 「豚しゃぶ」の連呼でぶっきらぼうに攻撃だ。
 しかし、通ったオーダーは「Aランチ3つ!」。
 反撃の豚しゃぶは通じなかったのだった。

 予想に反して、Aランチはすばやく出てきた。まあ、考えたらゆでてある豚肉をつけあわせを一緒に皿に盛り付けるだけだもんね。

 店名を裏切って、豚肉ボリュームいっぱいのAランチ 500円だったのだった。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。