NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイカラな人たちが集うお店の優しい冷やし中華(東銀座 萬福 冷やしそば(とりごま)+焼餃子4個)

2017年09月09日 (土) 23:59 | 編集
東銀座に気になる中華料理屋さんがある。
どちらも大衆中華の部類に入るお店だが、毛色が違うそれぞれのお店、今回は萬福さんに行くことにした。
冷やし中華2017第十九弾である。
かなり昔から東銀座の一角にお店を構えているらしく、店構えも、おっと思わせるレトロっぽくていい感じ。
東銀座 萬福 店構え(2017/9/9)
何よりでっかい看板がいい感じ。
中に入ると、これまたレトロっぽい、戦前にできたお店ってこんな感じかな?みたいな造りをしている。
他のお客さんがいたので店内の写真はないけど、これまた中華料理が粋な感じだった頃、着飾って銀座に遊びに来て、中華でも食べようかというのがおしゃれだった頃を想像できる感じの造り(笑)。
なんだかわからないね(笑)、自分でも何書いているのかわからなくなってきた(笑)。
一度、来てみるとああそうかとわかるかと(^_^;)。

頼んだのは夏季限定の冷やしそば(とりごま)。
なんと萬福さん、冷やしそばが通年で食べられるという貴重なお店だった。
ならばと夏季限定から攻めてみることにした(*^_^*)。
そして焼き餃子
6個が標準だけど、ちょっと減らして4個にしてみた。
待っている間もぽつぽつとお客さんが来る。
パリッと決めているご老人、近くの運送屋のお兄ちゃん、銀ブラしていたんだろう中年のご婦人連れ、ビールを飲んだり、定食を食べたり、静かだけど穏やかな活気のある雰囲気に浸っているとまず餃子、そして冷やしそば(とりごま)が出てきた。
餃子はよく焼きぷくぷく餃子
多めの油で仕上げたと思われる焼き上がりはいかにもかりっとしてそうで美味しそう。
口にしてみると、油切りがよくカリパリともちっとした皮のコントラストがいい。
東銀座 萬福 焼餃子4個(2017/9/9)東銀座 萬福 焼餃子4個(2017/9/9)








中の餡は肉と野菜のバランスもよく、皮の中にみっちり詰まっている。
頬張れるくらいのちょうどいいサイズが口に嬉しい。
 
餃子を楽しんだ後はいよいよ冷やしそば。
とりごまと言うだけあって、どーんと蒸し鶏が載っている。
もちろん、スープはごま味。
麺を引き出して一口。
美味い。
東銀座 萬福 冷やしそば(とりごま)(2017/9/9)東銀座 萬福 冷やしそば(とりごま)(2017/9/9)








ごまの風味がぴんとたって、酸味とか他の味はいい脇役として脇を固めている。
しっかり冷えたスープがしっかり冷やされた麺によく絡む。
鶏肉はしっとり美味しく、まさにとりとごまの2つが主役を張って皿を盛り上げている。
飲み切るのにちょうどいい濃さのスープとともにあっという間の完食(*^_^*)。
美味しかった~(*^_^*)。

一息ついて隣を見ると赤いチャーハンみたいなものを食べていた。
メニューを見るとどうやらポークライス。
チキンライスの豚肉版。
きっと豚の脂が染み出て美味しいんだろうな~。
中華にしては不思議な料理。
銀座だけに中華料理屋さんも時代の最先端を追っていたんだろうな~。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。