NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北陸の風を感じよう(^_-)-☆(浜松町 日本酒 室)

2016年12月05日 (月) 23:59 | 編集
春きゃべつさんのお隣に気になるお店を見つけた。
「日本酒 室」さん。
12/5がグランドオープンで、それまではシークレットオープンしているのだそう。
北陸の日本酒に特化した品揃えだそうでこれは行ってみるしかない(笑)。
さすがに梵とかはないだろうなぁと思いながら暖簾をくぐる。
立ち飲みスタイルのカウンターが10人程度、2人テーブルが2つの小さなお店だった。
日本酒の品揃えはほぼ30種くらい。
女将さん(といったら失礼か(^_^;)まだ若いし)がちゃんと飲んで納得のいったものを揃えているのだそう。
お店の日本酒ケースにはメニューに載せていないものも隠して(笑)いるそうで、飲み切ったらメニューを日々変えていくと言っていた。
その中でお店の押しは竹葉さん。
浜松町 日本酒 室(2016/12/2,5)
元々は醤油を作っていたそうだが、日本酒も作り始め、今では日本酒の方に力を入れているとのこと。
思わず自動製麹機を使っているか聞いてみたくなった(笑)。
(すみません、このネタがわかるのは世界中で30人いるかいないかでしたね(^_^;))
いくつかある竹葉さんの中でのお勧めは生しぼり原酒。
華やかな軽さに甘みがあって美味しい。
つまみに選んだ枝豆の醤油漬け、醤油は竹葉さんの醤油を使っているというこだわりよう(*^_^*)。
ご夫婦でお店を開いたそうだけど、慣れてなくてと言いながらきちんとお客と会話しながらも手は動いている。
一番動いていないのはスマホで注文アプリを操作しているときか?(笑)
浜松町 日本酒 室(2016/12/2,5)
グランドオープンの日には竹葉の社長(これまた若い!イケメン!!ただし嫁あり(笑))も駆けつけて自ら振る舞い酒で盛り上げる。
社長が持ってきてくれたその日獲れたての寒ブリをつまみながらの竹葉、これまた美味しかった。
他にもメロンの風味、オレンジの風味と話だけ聞いているとまるで日本酒飲んでいるシーンじゃないようなものも飲ませてもらい、上機嫌でお店を後にしたのだった。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。