NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鹿全席・角から内臓まで中華で鹿を食いつくす会」で秋を喰らう(^_-)-☆(南青山 虎萬元)

2016年10月07日 (金) 23:59 | 編集
南青山 虎萬元 「鹿全席・角から内臓まで中華で鹿を食いつくす会」(2016/10/7)「鹿全席・角から内臓まで中華で鹿を食いつくす会」で秋を喰らう(^_-)-☆

南青山の虎萬元さんで鹿全席!

鹿の角酒(トカゲやヒトデもご一緒(^_^;))から始まって
まさに秋の豊かさがあふれんばかりの鹿のいろんな部位による料理の盛合せに皆から喜びの声があがる。
南青山 虎萬元 「鹿全席・角から内臓まで中華で鹿を食いつくす会」(2016/10/7)
鹿のスペアリブのスープで舌をリセットしたら驚きの鹿のレバー!
南青山 虎萬元 「鹿全席・角から内臓まで中華で鹿を食いつくす会」(2016/10/7)
これをレバニラなんて言ってはいけません(笑)
ペーストになんかしていないのにまるでペーストのように蕩けていく鹿レバー。
これにはまったくヤラレました(*^_^*)。
白い一皿で興奮を穏やかに収めていった後は、どどーーーーんと鹿骨付き背肉の窯焼き!すんげー迫力!(*^_^*)!
南青山 虎萬元 「鹿全席・角から内臓まで中華で鹿を食いつくす会」(2016/10/7)
焼き加減も見事の一言。ちゃんと火が通っているレア。
鹿肉そのものが一番わかるんじゃないかな~
美味かったの一言!
鹿前足にアキレス腱の煮込み、食感が違いが楽しい。
ご飯で締めるのは日本だけじゃないんだね。
この締めがまた!
骨付き肉がどんと入っているかと思ったら真中にはにんにく玉ごと、銀杏に干葡萄に、、、

ああ、ちゃんと狙っておこげまで(*^_^*)
南青山 虎萬元 「鹿全席・角から内臓まで中華で鹿を食いつくす会」(2016/10/7)

もう満足(*^_^*)
鹿の美味さに支えられた中華の技に完敗な乾杯!

南青山 虎萬元 「鹿全席・角から内臓まで中華で鹿を食いつくす会」(2016/10/7)

山梨県北杜市には捕獲から2時間で処理できる食肉加工施設があって年200頭以上の加工ができるらしい。
年16000頭も捕獲する予定から見るとあまりにも少ないけど、こういう機会や鹿肉を常時扱うお店が増えるといいね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。