NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大井町 武蔵家 冷ニボ中華蕎麦、とラーメン(9周年イベント)

2016年09月15日 (木) 23:59 | 編集
大井町 武蔵家 店構え(2016/9/15)大井町にある家系のラーメン屋さん、武蔵屋さん。
9/15が9周年とのことで朝7時から1日限りのイベントを開催していた。
朝からラーメン、しかも家系ってすごいなと思いながら通勤前に店内を覗くと、なんと店内行列ができるくらいの盛況ぶり。
いや、すごい。
それに女性率が何気に高い(まあ、ざっと見、2割程度だけど(^_^;))。
一度、行ってみようと思っていたのでこのイベントをきっかけに行くことにした。
30分ほどずらしたお昼に行ってみたら、なんとタイミングよく待たずに着席。
大井町 武蔵家 ラーメン+ブタレアチャー(2016/9/15)
このときはいわゆる普通のラーメン、イベント価格で500円にブタレアチャーを載せて。
だったのだが、そのときに見たイベント告知の店内POP。
大井町 武蔵家 9周年イベント(2016/9/15)
なんと15時から冷やしがあるとな。しかも家系なのにニポ系とな。
これは食べてみたい(*^_^*)。
残業後、売り切れていないで欲しいと祈りながら(笑)、お店に直行。
いやあ、やっぱり店外、お店をぐるりと巡ってはみ出すくらいの行列が待っていた。
一瞬、蹟躇するも、その一瞬に先に並ばれてしまい、反射的に列最後尾に並んでしまった(笑)。
大井町 武蔵家 店内風景(2016/9/15)
鮪醤油とか食べてみたいのもあるんだけど、狙いはもちろん「冷ニボ中華蕎麦」700円。
なんだかんだで30分弱並んで(イベントわっしょい!(笑))無事売り切れていなかった「冷ニボ中華蕎麦」の食券購入。
さらに店内行列をこなして着席。
一部、仲間内でべらべらしやべって箸が進まない馬鹿どもがいるも、多くの人は出されたラーメンを一心に食べてすぐ帰るできた人たちだったので回転率は思っていたより高く、待ち時間は予想より短かった。
出てきた「冷ニボ中華蕎麦」がこれだ。
大井町 武蔵家 冷ニボ中華蕎麦(2016/9/15)
家系のどろどろスープからは想像もつかない澄んだスープ。
トリチャーとブタレアチャーのダブル肉がとてもいい色で丼を飾る。
鶏油の下に隠れたスープを含むといい感じの煮干し感が口内に広がる。
トリチャーのジューシーさも極上だが、ラーメンのトッピングより薄めに切ったブタレアチャーが完壁。
大井町 武蔵家 冷ニボ中華蕎麦(2016/9/15)
生肉よりも茄で肉よりも柔らかく、熱を加えたことで生肉にはない噛みごたえがたまらない。
麺は中太ストレート麺。
冷やして締めた分、ラーメンで食べるよりぷりぷり感が増して美味しくなっている。
あっという間に完食。
「夏の終わりに冷やしなどいかがですか~」の店員さんの掛け声がリフレインしながら行列の続くお店を後にしたのだった。


ちょっと違うかもしれないけれど、
冷やし中華2016第十二弾。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。