NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

タワーオブテラー。(笑) (大井町 ブルドック ハンバーグ)

2016年06月13日 (月) 23:59 | 編集
タワーオブテラー。
なんでだかそんなフレーズが頭をよぎった。
きっとコックさんが「倒れると危ないよ~」なんて言いながらお皿を差し出すからだ。
カウンターに座っていたので目の前に出されたお皿を自分で受け取ろうかと思って一瞬躊躇したのをフロアのおばさんは見逃さなかった。
オムライスは嬉々として受け取ったのに(笑)。
そしてその日注文されたハンバーグはなぜか全て僕の座ったカウンターのところからお客さんに出され、その度に僕は目の前上空を通る不安定なタワーに恐怖するのであった(笑)。
大井町 ブルドック ハンバーグ(2016/6/13)
目の前に置かれたハンバーグ。
奥の飲み物を一緒に撮るとき以外は料理の写真は大体横向き。
でも、こいつに限っては縦向きの写真が似合うような気がする。
ブルドックさんの有名どころ(笑)第二弾。
ハンバーグ、だ。
前に来たときにメニューを読み違えてランチの2品は自分で決められるものだとばかり思っていた。
だけど、それは大間違い。
単に日替わりランチとしてお店が決めた2品がついてくるセットがありますよ~ということだった。。。。
大井町 ブルドック 日替わりランチ(サーモンフライ+ビーフハヤシ)(2016/6/10)
(サーモンフライとビーフハヤシだった。。。美味しかったからよかったけど。。。)
ちなみにメンチカツはピンでサービス定食になっていた。


さて、ハンバーグ。
この存在感はなんだ!?(笑)
大井町 ブルドック ハンバーグ(2016/6/13)
上に行くほど微妙に大きさが小さくなるけど一番上でもマルシンミニハンバーグくらいはあるか?
それも分厚さは普通のハンバーグと一緒なのだ。
お箸にしますか?それともナイフとフォーク?と聞かれたのですかさずお箸を選択。
ナイフとフォークでハンバーグタワーをうまく解体できるか不安だったのだ(笑)。
デミグラスソースを飛び散らせないようにお箸で最上階を持ち上げて隣の空き地(しゃきしゃきキャベツがぼうぼうで整地されていない(笑))に降ろす。
そこでやっと解体が始められる。
大井町 ブルドック ハンバーグ(2016/6/13)
緊張感とエンターテインメントが共存するまさに昭和の遊園地だ!(笑)
解体したハンバーグ、切り口からは肉汁があふれ、、、せっかくあふれているのにいっぱいにかかったデミグラスソースと混じってしまって目ではもうわからない。
ただただ、口の中で肉汁とデミグラスソースが混じりあい、その瞬間でしか味わえない味を作る。
それを迎えるのは外は少し焦げ目をつけて固めに、中はほのかにピンク色に柔らかく仕上げた挽き肉だ。
もうたまらん(*^_^*)。
一緒に頼んだライスに載せて一口で食べても、また美味い。
3階、2階と食べ進むうちにタワー周囲はデミグラスとしんなりキャベツの沼になっていく。
それこそ、タワー攻略者にとっては恐怖の、いや、狂気の、いやいや、驚喜の沼だ。
タワー解体にあふれる肉汁も混じり、どんどん奥深くなっていく。
そしてついに沼地もタワーも全部攻略して歓喜していた僕は、自分のお腹のふくれ具合に恐怖したのだった。(笑)
次回はぜひとも4階建てのまま、真中から真っ二つ!という写真を撮ってみよう(笑)。
大井町 ブルドック 店構え(2016/6/10)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.