NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

6月って何気に初めて!? 2016年の御蔵島

2016年06月13日 (月) 01:34 | 編集
北海道行きがなくなって推定15万円の旅行代金が浮いた(笑)。
Swimming with wild Indo-Pacific Bottlenose Dolphins at 御蔵島(2016/6/4)
さて、何に使おう、飲みに何回行けるかな?(笑)、それともなんか買おうかな?
なんて考えているうちに6月の御蔵島はいかがなものだろうか?という考えがむくむくと湧いてきて気づいたらダイブキッズさんにツアー申し込みのメールを投げていた(笑)。
思えば6月の御蔵島は初めて。
べた凪の海、なのに条件付きの御蔵島(笑)、もちろん何の不安もなく接岸して上陸。
到着日午前のイルカは総勢5人、うち御蔵島のドルフィンスイム初めての人が4人とビギナーズラック全開、ぐるんぐるん遊んでくれた。
Swimming with wild Indo-Pacific Bottlenose Dolphins at 御蔵島(2016/6/4)Swimming with wild Indo-Pacific Bottlenose Dolphins at 御蔵島(2016/6/4)







お昼は「いつもの(笑)」美美庵でカツ丼。
以前より盛りが少なくなったと思うのは僕だけ!?
そしてGWにはなかったところてん。小豆の煮具合に少々難があったけど、これまたいつもの美味しさ(*^_^*)。
さすが、御蔵島2大スゥィーツの片翼。
御蔵島 美美庵 カツ丼 がっつり(*^_^*)(2016/6/4)御蔵島 美美庵 ところてん小豆(2016/6/4)







海風に吹かれながら食べるとまた美味しい。
(残念ながら「やまや」さんが閉店しちゃったので3大スゥィーツの1つ、かき氷は食べられなくなってしまったのだ。)
到着日午後のイルカは、べた凪の中、東回りで元根を超えてもイルカが見つからず、あれれと思っていたら、やっと3群れくらいに遭遇。
しかし、どれも嫌気がさしている感じであまり遊んでくれない。
Swimming with wild Indo-Pacific Bottlenose Dolphins at 御蔵島(2016/6/4)Swimming with wild Indo-Pacific Bottlenose Dolphins at 御蔵島(2016/6/4)










というか赤ちゃんを連れている群れはするるっと行ってしまうのでおのずと遊ぶ機会が少なく、、
なっているのかな?(^_^;)
今回の宿泊は御蔵荘さん。
「いつもの(笑)」豪華な夕ご飯に、今回は居酒屋カンプリがお休みということで御蔵荘大しゃてき大会(笑)。
そしていつの間にやら時計の針はてっぺんを超えて、、、(笑)。
出発日の朝イルカは朝ご飯を食べてからの8時出港。
べたべたの海にテンションあがるもイルカさんはスルーだらけ(^_^;)。
自分たちだけで遊んでることが多くてなかなかこっちを振り向いてくれない。
Swimming with wild Indo-Pacific Bottlenose Dolphins at 御蔵島(2016/6/4)Swimming with wild Indo-Pacific Bottlenose Dolphins at 御蔵島(2016/6/4)







つれないね~(笑)。
それでもイシガキフグつついていたり、たまにはのんぴり泳いでくれたり、最後は30頭以上の群れでの壮大なエンドロール(笑)。
つまり粛々と流れていくわけなんだけど(笑)。
御蔵島 ふくまる商店 あしたばカレー(2016/6/5)御蔵島 ふくまる商店 ジェラート(塩ミルク+あしたば)(2016/6/5)











べた凪だけに帰りの漁船も気にせず、ふくまる商店さんのあしたばカレーとジェラートで締めた6月の御蔵島なのだった。
さて、今回はいろいろ込みで15万円のちょうど半分くらい。
残り半分は、、、、、、
何に使おうかな~(笑)。
また帰ってくるよ、御蔵島(2016/6/5)こんな光景見ると東京に帰ってきちゃったんだなと思う(2016/6/5)


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.