NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

神保町 ボーイズカレー カレー付きしょうが焼き

2016年05月12日 (木) 23:59 | 編集
さてさて今週は文明の利器(笑)を使った遠征週間。
というか定期が切れるから最後は昼も使い倒そう週間ともいう(笑)。
昨日の竹橋からの神保町は意外に距離があった。
まあ、PlanBとして餃子なんか食べちやおうかな~なんて考えてもいたので竹橋ルートの意味はあったのだが(^_^;)。
今日は九段下からの神保町アタック(笑)。
昔通っていた頃はあまり行かなかった九段下寄りのエリア。
攻めてみるのも面白い。
全冷中の自称会員の僕、実はしょうが焼きニストでもある。
しょうが焼きンでもしょうが焼きマニアでもしょうが焼きラブでもなんでもいいのだが(笑)。
お店の名前は「ボーイズカレー」。
神保町 ボーイズカレー 店構え(2016/5/12)
カレーと付きながら一番はハンバーグだそうで、なおかつ「達人ジンジャーさんとゆく日本一のしょうが焼き」で大関獲得したそう。
よくよく考えるとなんだかカオスな話なんだけど、飲食をやっているとそういうこともあるんじゃないかと思う(笑)。
お店到着は12:16。
中は∪字型のカウンターのみ。壁の奥に厨房があってカウンターの中のおじさんとおばさんが接客している。
もちろん頼むのはしょうが焼きなんだけど、+200円でカレーが付けられる。
昨日のルー大盛りをしなかったことを思い出して(笑)、+200円してみた。
カレーは小さめのグレービーポットに入って出される。
しゃばしゃば系のカレー。昨日と違ってまた面白い。
しょうが焼きはロース肉が3枚。
たれがたっぷりかかって出されて、、、、ライスがない。
神保町 ボーイズカレー カレー付きしょうが焼き(2016/5/12)
他のカウンターにはとっととライスが出ているのに、料理が出てきているにも関わらずライスがない。
思わずメニューを見直していると、おじさんがこちらも振り返りもせずバックハンドでライスを2つ隣のカウンター席に置いた。
ちなみに1つ隣も2つ隣も空席になったばかりだ。
?と思っておじさんの後姿を見ると、顔をちょっとこっちに傾けてじろっと見てきた。
これはこの飯を自分でとって食えということだな。と思ってライスの皿をとった。
さて、揃った今日のランチはこれだ。
神保町 ボーイズカレー カレー付きしょうが焼き(2016/5/12)
カレーをライスにかけると、あらあら、しゃばしゃばのルーがライスの下に染みていく(笑)。
神保町 ボーイズカレー カレー付きしょうが焼き(2016/5/12)
スプーンで下のルーもすくう勢いで食べると、お、なかなかやるじやないか(*^_^*)。
しょうが焼きは、、、ちゃんと粉をはたいて焼いてくれているんだな、肉にたれがきちんと絡んで美味しい。
うんうん、と食べていたら、隣に来た人たちの前にとんと音を立てて置かれたものが、、。
カレーの付け合わせの青しそと福神漬。
よく見るとカレーを頼んでいる人、みんなの前には青しそと福神漬が。
僕も欲しいなと、「おじさん、僕にも福神漬とかください」と言ったらなぜか無視。
もう一回、大きな声で言ったら、またじろっと(笑)。
なんだこりゃ。
とりあえず出してはくれたものの、気持ちいいものではない。
とはいえしょうが焼きとカレーは美味しいのでまたいい気持になっていたところで、いきなり目の前で食器を放り出してくれるおじさん。
目の前がシンクなのはわかる。
でも、でもねえ。カウンターで丸見えなのに、手が届くのに投げ入れるのは乱暴じゃない?
カウンターの中の床はそのままゴミ箱のようで、お客さんが使ったナプキンとかそのまま皿から床に振り落とすしまつ。
美味しくなくなっちゃったよ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.