NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

神田司町 八ツ手屋 天丼 上

2016年05月06日 (金) 23:59 | 編集

2016年は3部構成のGW。
2部と3部の狭間の平日、ちょっとのんびり遠出してみた。
本当は五指山を狙って行ったのだが、以前より長い行列(^_^;)、こりやだめだと河岸を変えたのだった。
行ったのは「八ッ手屋」さん。
先日、プティコックに行った際に見つけた「天丼一筋、云十年~♪」みたいな感じのお店。
神田司町 八ツ手屋 店構え(2016/5/6)
いい感じにひなびてていかにも美味しそうなものを出してくれそう(笑)。
外食で天丼を食べたのは出来始めたてんやが最初だから、こういうお店は昔は入れると思っていなかった。
古そうな感じの佇まいのお店は入口の右手が厨房。間仕切りで仕切られていて油の匂いが客席に来ないようになっている。
客席は1階がテーブル6つと小上がり。
2階もあるようだが、僕が行ったときは2階への案内はなかった。
入口すぐ横の食券売り場で食券を買って席に案内してもらうシステム。
天丼 中と天丼 上は300円違い。
違いは何ですか?と聞いたら海老の大きさとかかき揚げの中身の違いだとか。
せっかくなので上にした。
もしかしたら気づかなかっただけなのかもしれないが、飲み物のメニューが見当たらなかった。
ビール1本と天丼、抜きで、というのはできないのかな。ちょっと残念。
もちろん注文が入ってから揚げているのでちょっとばかし時間がかかる。
わくわくしながら丼が出てくるのを待つ。
出し方の上手いことに、席について少し経つとお茶とお新香が出される。
手を出そうかな、どうしようかな~なんて考えていると、
またしばらくしてお吸い物が出される。
お、これはもうすぐご本尊(笑)の登場かな~と思わせておいて、
一拍置いてどーんとご本尊が出される。
全然待ち時間が気にならない。しかも、どんどんご本尊に意識を集中させていくという上手いやり方だ。
出てきたご本尊(笑)。
神田司町 八ツ手屋 天丼 上(2016/5/6)
かき揚げに海老天2本、間にいんげんが筋を通してぴんと立っている。
神田司町 八ツ手屋 天丼 上(2016/5/6)
食べログあたりに書いてあったけど、てんやみたいに天ぶらを丼に載せてからたれをかけるのではなく、揚げたてをそのままたれにくぐらせて飯の上に置く。
天ぶら全体にたれが万遍なく回っていてどこから食べても物足りなさがない。

かき揚げはイカ。1cmx2cmくらいの大きさのイカがごろごろと(*^_^*)。
甘めのたれがご飯にも染みていて美味しい。
途中、七味をちょっとかけたくなったがテーブルの上には見事に何もない。
そういう性分のお店では出された味のまま、最後まで堪能することにしている。
ましてや最初の訪問のときはそうすべきだと思っている。

たれの染みた天ぶらとご飯を頬張って味わっているうちにいつの間にやら丼の底が見えていた。

何とも言えないほんわかした満足感とともにのんびりと丸の内に帰っていったのだった。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.