NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神田鍛冶町 味坊 ラム肉のクミン風炒め定食

2016年04月26日 (火) 23:59 | 編集
明日の天気は悪いらしい。
となると明日は近場!?ならばまたまた大遠征。
冷やし中華には負けたけど、このところブーム再燃というか置き火でずっと燃えていた羊肉。
行って帰ってこれるとあらば行くしかない(笑)。
 
滞在時間20分に賭けて、向かうはまたまた「味坊」さん。
前回はレジと厨房のある区画から隣の1階部分に案内されたが、今回はレジ横の階段から2階へ。
神田の町並みが見下ろせて気持いい(笑)。
 
 
頼んだのはラム肉のクミン風炒め定食1100円。
さて、どれくらいで出てくるだろうか?(^_^;)
 
隣の人のホイコーローが出てきた。
 
後から来た人の冷やし中華が出てきた。
 
奥にチャーハンが大量に運ばれていく。
 
むむぅ。食べ放題のもやしビーフンをお代わりしてしまった。
 
むむぅ。時間つぶしの文庫本を忘れたのが痛い。
ラムにクミン、想像がついてしまうだけにそれを思って時間を飛ばすこともできず(笑)滞在可能時間だけが減っていく。
 
 
 
そしてついに、きたきた、ラム肉!
ぶつぎりのラム肉にこれまた地味な色のクミンがどばっと(笑)。
付け合わせの麻婆豆腐の色も合わせて全部が茶色系だ~(笑)。
 
しかもラム肉の載ったメインのお皿はラム肉だけしか載っていない。
これが日本だと申し訳程度のレタスの切れ端とかが載ってくるんだけど、そんな体裁気にしない。
いかにも中国!しかも大衆食堂!って感じがしていい(笑)。
神田鍛冶町 味坊 ラム肉のクミン風炒め定食(2016/4/26)
 
上海に出張していたときに休みの日にスーツじやない恰好でぶらぶら街を歩いてふらっと入った食堂を思い出す。
盛られたラム肉、どの部位か、なんて細かいことは関係ない。
マトンじやないことは匂いが少ないことでわかる?けど、そもそも脂身が少なくて、そのせいで匂いが少ないのかも。
 
 
ご飯茶わん片手に肉をばくばく食う。
辛さはないのに、なぜか異様に汗が流れ出る。
これはなんだ!?
ラムとクミンの相互作用か!?
汗に負けずにばくばく食っていたらあっという間にご飯だけがなくなった。
 
麦茶で一息ついて(笑)、今度はちょっとゆっくりラム肉だけを味わう。
神田鍛冶町 味坊 ラム肉のクミン風炒め定食(2016/4/26)
焦げ目なく、ちやんと中まで火が通っていて、炒め過ぎていない。
噛みしめると赤身なのに肉汁があふれ出てくる。
美味い。
 
開け放した窓からの風が汗をかいた食後のひと時に心地いい。
 
はっと気づいたら滞在可能時間をとっくに過ぎていて、帰り道、いつもより早足で帰ったのだった。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。