NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛宕 MINATOYA 肉そば

2007年11月22日 (木) 21:57 | 編集
 むむむ。
 並んでいる。
 店の前に着いたのは11:46。開店時刻から16分たった時刻だった。
 すでに店先に15人程の列。すかさず並ぶ。
 店先の列が寒くないように電熱のヒーターがおいてある。
 こういうところは嬉しい。
MINATOYA (愛宕) 店構えと人の列
 さすがに立ち食いそばだけあって、列の進行は早い。
 12時頃には店の中に入れた。カウンターで注文。
 肉そばと鶏そばが有名とのことなので、今回は肉そば(850円)を注文。

 注文しても品物を受け取るまでまだ列が。
 店内はBGMにずるずるとそばをすする音、店員さんの威勢のいい掛け声。

 オープンキッチンなので大釜でそばをゆでているのから全てが見える。
 漬け汁に、ひー、そんなにラー油をいれちゃうの?
ってくらいラー油が入るのが見える。

 そしてやっと僕の番。時刻は12:09。
 これを並んだとみるか並んだとみないか。
肉そば(MINATOYA 愛宕)
 肝心の肉そば。そばの上に白ごまとのりがこれでもかってくらいかかっている。
 肉は?さぐるとのりとごまの下に肉があった。
 誤算だったのは肉。甘辛の味付けがついていて、それだけでおいしい。
 おいしいのはいいのだが、そばの味を殺してしまう。

 そばだけをすするとすごいコシの太麺。かみごこちも良し。喉ごしも良し。
 噛みしめるとそばの風味が口の中に広がる。

 うーん、もったいない。
 と思って最初は漬け汁につけずに食べていたが、
肉の味がそばの味を侵食してきて、えーいとばかりに漬け汁にざばっと。
MINATOYA (愛宕) 看板もおしゃれ(^_-)
 そばというよりそば丼汁だく(笑)。

 これはこれでおいしい。
 ラー油の跳ねだけ気にして後は猛然と(笑)。

 次は鶏そばを食べてみたい。
03-5777-6921
港区西新橋3-1-10
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。