NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのね、僕はこれ同意しない、絶対!

2015年04月16日 (木) 21:09 | 編集
ある居酒屋のトイレでこれを見た。


なんかいい台詞っぽいけど

今の世の中、
「必死」に、「必ず死ぬことを意識して」生きている人は闘病している人くらいだと思う。

普通に働いている人は言い方きついかもしれないけど視点を変えれば死ぬことは無い。
それでも人生輝いている人はたくさんいると僕は思う。


必死でなくては人生は輝かないのか?

「私は必死にこの仕事に取り組んできた。死ぬ思いで取り組んできた。」と真面目な顔をして言う人をたくさん見てきた。
そういう人の死ぬ思いって何だろう。
人生の中で毎年死ぬ思いを毎年毎年毎年しててよくまともでいられるなと思うんだけど。そしてそういう人は横から見てて全然、一人も輝いて見えない。
そういう人の死ぬ思いって何だろう。(かたや本当に死んでしまう人もいてそういう方々の屍を笑い飛ばして「死ぬ思い」という。)

今の時代に「必死」って言葉があう場面はほとんどないんじゃないだろうか。F1000217.jpg
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。