NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大門 慶珍楼 冷し中華+半炒飯

2017年05月31日 (水) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第四弾。

連日暑いね~ということで今日も冷やし中華を巡る巡回は続く(笑)。
(『冒険』って感じじゃないもんなぁ(笑))
この日はいわゆる第三区画(^_^;)。
竹芝通りと国道15号の交差点の港区役所寄りの一角にある中華料理屋さんに。
お店は慶珍楼さん。大門 慶珍楼 店構え(2017/5/31)
以前、ランチで行って同行の人と同じメニュー(イカと高菜の玉子妙め)を頼んだら、ものの見事にイカが偏って僕のほうには無かったというお店(^_^;)。
今回は単独行なので万全の構え(なんだそりゃ(笑))で入店。
ここのお店も中が暗い。
大画面TVがこうこうと明るいのでまだいいが、TVがなかったらかなり暗い。
しかもお店に入るといきなり3段ばかり階段を下りるので穴ぐらに入っていく感じがちょっと(^_^;)。
席に案内されたときに「冷やし中華と半妙飯のセット!」と頼む。
すっといなくなる中国人の店員さんは注文を聞いてくれたのか怪しいけど、奥の方で厨房に向かってなんか叫んでいるんで大丈夫だろう(笑)。
しばし待っていると後から後からお客が入り、奥の方に消えていく。
どうやら奥に宴会場クラスの大部屋があるらしい。
吸い込まれていくお客を見ていると頼んだ冷やし中華が出てきた。
大門 慶珍楼 冷し中華+半炒飯(2017/5/31)
深めのお皿に比較的こんもり盛られた冷やし中華
セットの妙飯が湯気を上げていて、おおっ!とちょっと嬉しくなった(^_^;)。
さて、冷やし中華
大門 慶珍楼 冷し中華+半炒飯(2017/5/31)
豚のチャーシューに鶏の煮物?チャーシュー?、錦糸玉子は作り置きのたぶん冷凍物、きゅうりとトマトの色合いが澄んだスープによく映える。
具を崩しながら、麺に箸を伸ばす。
たっぷりスープを絡めて。
お、ちょっと柔らかな食感が嬉しい。
スープはいい感じで酢がたっていて強めの醤油と相まって麺が進む。
冷凍物の錦糸玉子はすかすかになった分だけスープを吸って美味しい(*^_^*)。
鶏の煮物に箸を伸ばすと八角の香りが。
ちゃんと中華料理屋さんしてますね~(*^_^*)(ま、冷やし中華は日式中華なんだけどね(^_^;))

妙飯ばくばく、冷やし中華ずびずば、あっという間に完食。
麺に絡むとちょうどいいけど単体で飲むとやっぱりちょっと濃いスープは全部は飲み干せず。

ほっと一息ついて、穴ぐらからいつもの世界に戻ったのであった(*^_^*)。
スポンサーサイト

浜松町 楽膳 五目冷し中華

2017年05月30日 (火) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第三弾。

真夏日が続く5月。
ランチタイムに外に出ると照り付ける日差しが冷たいものが美味しいよ~と誘う(笑)。
誘われたならば食べに行かねばなるまい(笑)。
そして、僕の足は一番近い中華料理屋さんに向かったのだった(笑)。
浜松町 楽膳 店構え(2017/5/30)
向かったのは第一区画(^_^;)(この表現も久しく使っていなかった(^_^;))にある楽膳さん。
ずっと(というかこれを書くまで(^_^;))お店の名前を薬膳だとばかり思っていて、薬膳って大層な名前だよな~と素通りしていたのだった。
とはいえ、冷やし中華をやっていることだけはチェック済(笑)。
迷わず足を向けたのだった。

入店すると外の明るさとはダンチの、、落ち着いた雰囲気(^_^;)。
ランチメニューを出されたのでその中に冷やし中華があるか確認。
冷やし中華はグランドメニューらしく、ランチメニューにはなかった。
店頭で棒棒鶏と五目の二種類があることを確認していたので、五目冷やし中華を注文。
950円。
店員さんが全て中国の人なのに、テーブルにおいてあるジャスミン茶のポットが氷入りと珍しいお店。
中国資本じゃないのだろうか(^_^;)。
これはもしかすると冷やし中華もちゃんと冷たいのを出してくれるかも(*^_^*)。
期待して待っていると出てきた冷やし中華がこれだ。
浜松町 楽膳 五目冷し中華(2017/5/30)
涼しげなガラスの器に盛られた冷やし中華は2種類のチャーシューの千切りに赤担当トマト、緑色担当きゅうり、そして黄色担当の錦糸玉子がトッピングされ、そのトップには賛沢?(笑)にもエビ様が鎮座するといういでたち。
山を切り崩して箸を伸ばせば、意外と多め?の麺が迎えてくれる。
ちょっと薄めの色のスープをよく絡めて、いざ。
浜松町 楽膳 五目冷し中華(2017/5/30)
おーーーーー。
予感的中!
みごとに冷やし中華だ。
冷たく冷やされた麺に具とスープを絡めて、ずびずば~。
ちょっとスープが甘めなのが面白い。
市販のスープになにか足しているのか。
出された辛子を少し使って味変。
と、気づいてしまった(笑)。
なんと器がRilakkuma。
浜松町 楽膳 Rilakkumaの器(笑)五目冷し中華(2017/5/30)
隣のテーブルで冷やし中華を食べていた人の器も同じっぼかったけど、Rilakkumaの器、お店で使うくらい大量購入したんだろうか?(^_^;)
ついついにやにやしながら食べ終えた僕なのであった。

ランチメニューのおかずもボリュームがありそうなので、なにかのときにまた来てみようかな(^_-)-☆

神田の街から台湾に遊びに行く、と思ったら名古屋だった話(笑)。

2017年05月23日 (火) 23:59 | 編集
神田の街をふらふら歩いていると台湾ラーメンの文字が目に飛び込んできた。
神田の街から台湾に遊びに行く、と思ったら名古屋だった話(笑)。(神田 郭 政良 味仙 東京神田店 店構え(2017/5/23))
おお、こんなところに台湾料理のお店が!
ほろ酔い気分である。
台湾を台湾とそのまま受け取ってしまって何が悪い(笑)。
そのままふらりと店内に足を向けた。
入ってすぐの券売機でメニューを見たときに気づいた。
そういえば台湾ラーメンって台湾料理じゃなくて名古屋飯じゃん。
と思いながらも気づけば券売機にお札を入れてボタンを押している僕がいた。
何せほろ酔い気分である。
カウンターに陣取って券を出してメニューを見ていると台湾ラーメンでも意外と種類があることを知った。
イタリアンってなんでイタリアンなんだろう?
なんて考えるのは名古屋人に失礼だ。
名古屋人は名古屋人というだけで名古屋人なのである。
(ちなみに僕の父方のおじさんは名古屋人(笑))
そして僕はほろ酔い気分である。
でてきた台湾ラーメンがこれだ。
神田の街から台湾に遊びに行く、と思ったら名古屋だった話(笑)。(神田 郭 政良 味仙 東京神田店 台湾ラーメン+ニンニクチャーハン(2017/5/23))
ふだんなら敬遠して取り除いちゃう唐辛子がぶかぶか(笑)。
肉味噌が美味そうでそれだけをすくって食べる。
美味い!
にんにくビシバシ!
美味い!!(笑)
そう、僕はほろ酔い気分である。
ずるずるとたくし上げた麺をすすったとたん、店内でくしゃみが響いていたのがよくわかった(笑)。
神田の街から台湾に遊びに行く、と思ったら名古屋だった話(笑)。(神田 郭 政良 味仙 東京神田店 台湾ラーメン+ニンニクチャーハン(2017/5/23))
そして僕もくしゃみ軍団の一員となった(^_^;)。
神田の街から台湾に遊びに行く、と思ったら名古屋だった話(笑)。(神田 郭 政良 味仙 東京神田店 Tシャツ(笑)(2017/5/23))ずるずるやっているとだんだん慣れてきて(笑)(もの食べるのに慣れてきて、とか久しぶりに使う気がする)辛いだけじゃなく甘さを感じるようになってきた。

何度も言うよ♪
残さず食うよ♪
僕はほろ酔いきぶ~ん(笑)♪

そして麺を食べ終わったころ、厨房に入ったオーダーが僕の心をとらえた。
イカス横文字、ニンニクチャーハン!
目の前から甘いニンニクの香りが僕をとりこにする(笑)。
気づけば券売機にお札を入れてボタンを押している僕がいた。
何せほろ酔い気分である。
出てきたニンニクチャーハンがこれだ。
神田の街から台湾に遊びに行く、と思ったら名古屋だった話(笑)。(神田 郭 政良 味仙 東京神田店 台湾ラーメン+ニンニクチャーハン(2017/5/23))
こののっぺりとした何の色気も感じさせない色合い、無造作にお玉で盛られた飯粒たち。
見た目はごくつまらないチャーハンなのに、この香りはなんだ!(笑)
甘い(*^_^*)。
ニンニクのきつい匂いは全くなく、きちんと熟を入れたときに発する甘い香りが漂っている。
すかさず頬張ると甘い香りにむせそうだ(笑)。
ばくばくとレンゲを進めているうちに、ふと思いついた。
何せほろ酔い気分である。
台湾ラーメンのスープをレンゲにとり、チャーハンにかけるのだ。
うわーーーー(笑)。
名古屋人もびっくり(いや、しないだろ(笑))。
ニンニクの甘さと辛いスープの甘さが溶け合って、、、
もう、翌日のことはすっかり忘れた(笑)。
神田発ニンニクと唐辛子まみれの台湾、いや名古屋紀行なのであった。

きっと帰りの電車の中、隣に座った人は大変だっただろう(笑)。
ごめんなさい(笑)。

のんびりした午後の羊、しかも中国の麺仕立て(御徒町 羊香味坊 羊串5本盛合せ+魚羊麺+瓶ビール)

2017年05月21日 (日) 23:59 | 編集
御徒町 羊香味坊 店構え(2017/5/21)
この日のランチは抑えきれなかった羊欲求(笑)で行ったばかりなのに羊香味坊。
ついつい気になってしまった魚羊麺。

土日はランチをやっていないとはつゆ知らず。
(13時から営業しているがランチ営業はしていなかった)
なら仕方がない(笑)ということでまずは羊串5本盛合せをビールで味わう(*^_^*)。
御徒町 羊香味坊 羊串5本盛合せ+魚羊麺+瓶ビール(2017/5/21)

魚羊麺、グランドメニューにあって良かった~(笑)
魚羊麺の名のとおり、まず魚が香りたち、後から羊が追ってくるスープ。
御徒町 羊香味坊 羊串5本盛合せ+魚羊麺+瓶ビール(2017/5/21)
面白い歯ごたえの麺、硬めに仕上げたしな竹、硬そうに見えるけどつついただけでほぐれるチャーシュー?。
暑かったこの日にぴったりのちょっと塩味の強いスープは何倍でもお替りしたいくらい(*^_^*)。
日本のラーメンとは違う、そして上海で食べた麺ともちょっと違う、広い中国の麺。
御徒町 羊香味坊 羊串5本盛合せ+魚羊麺+瓶ビール(2017/5/21)
食べちゃった串咥えながら、のんびりと過ごす、これも羊を巡る、、、冒険じゃないな(笑)。
羊を巡る幕間劇、といったところか?(笑)

ご馳走様でした(^_-)-☆

高円寺 ラーメン万福 冷やし中華

2017年05月21日 (日) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第二弾。

冷やし中華、始まりから気づかぬうちに間が空いてしまった。
ちょうどこの日は真夏日。
冷たい麺が食べたくて向かったのはラーメン万福さん。
牛乳ラーメンとかキクラゲ定食とか珍しいメニューがあるお店。
そして、そのどれも美味しいお店なのだ。
もちろん、冷やし中華も美味しい。
昔ながらのってあんまり使わないんだけど、昔ながらの冷やし中華を食べさせてくれるお店なのだ。
この日は去年の宿題、冷やし中華にキクラゲ酢の物を合わせるという技を繰り出そうと意気込んで向かった。
カウンターに空席を見つけて座りながら「冷やし中華とキクラゲ酢の物!」。
と、親父さんが「すみません。キクラゲないんですよ」

お店の売りのキクラゲがないですってえ!!(笑)
「じゃあ、冷やし中華だけで」
そう言って「キクラゲ全然ないんですか?」と聞くも、親父さんは冷やし中華~と叫んで振り返った後だった。
し、宿題が~と思いながらも冷やし中華を待っていたら、
あとから来た客が「キクラゲ定食~」
「は~い、キクラゲ定食」

!?
おいおいちょっと待って。
キクラゲなかったんじゃないの?
不思議に思いながら冷やし中華が出てくるのを待つ。
出てきた冷やし中華は変わらずオーソドックスというかスタンダードというか、美しい冷やし中華だった。
高円寺 ラーメン万福 冷やし中華(2017/5/21)
ハムとチャーシューの2種類の肉系が、、、
いやいや、今は冷やし中華じゃなくてキクラゲでしょ。
「親父さん、キクラゲはあるの?」
「はい、ありますよ」
「さっき、キクラゲないって言ってなかったっけ?」
「はい、酢の物がないんですよ。売り切れちゃった。キクラゲ妙めとかキクラゲ定食はできますけど作ります?」
そういうことね。
酢の物はその場でできないみたいなので礼を言って冷やし中華にとりかかる(^_^;)。
ハムとチャーシューの2種類の肉系が色のバリエーションだけでなく、食感のバリエーションを増やし、トマトと紅ショウガも赤の競演、錦糸玉子の黄色はスイートコーンにとってかわられているが、きゅうりの緑、ナルトの白さが華やかだ。
麺は変わらずの硬めで歯ごたえがあって楽しい。
そして肝心のスープは冷え冷えでこれぞ冷やし中華という見た目、味、温度の鉄壁の陣形(笑)。

これに黒いキクラゲが加わったら、、
 
 
楽しみは次回に先送りして、目の前の冷やし中華に没頭した僕なのであった(笑)。

飯田橋のころころコロ助(笑)(飯田橋 やむちゃん)

2017年05月18日 (木) 23:59 | 編集
飯田橋じゃないじゃないか~~~~~~~~~~~~!
 
 
飯田橋駅を降りた僕は一瞬途方に暮れた。
 
今日の仕事終わりの頃、なぜか焼肉の話になって、芝浦食肉というお店が美味い、飯田橋に支店があるという話で盛り上がったのだ。
 
別の同僚は麻布十番で焼肉だと言うし、芝浦食肉を勧めた同僚は、じゃ!っと言ってさくっと帰っていくし(^_^;)。
 
今日はまっすぐ家に帰って爆睡しようと思っていたのに気づけば飯田橋駅を改札に呆然と佇む僕の姿があったのだった。
 
 
そう、芝浦食肉は飯田橋じゃなく、市ヶ谷駅の近くにあるのだった!!
 
 
 
今さら駅に戻って市ヶ谷まで移動する気力もない。
 
どうしようもないじゃないかとがっくり肩を落とした僕は気づけばふらふらと歩き出していた。
 
そう、飯田橋にはひつじやが、いやいや、餃子のおけいが、いやいや、えぞ松が、だから違うって!(笑)
 
やむちゃんがあるじゃないか!!
 
最近、どっかのまとめサイトに美味しいお店と書かれてしまったやむちゃん、秘密にしておきたかったのに、またまた入れなくなっちゃったやむちゃん。
飯田橋 やむちゃん 店構え(2017/5/18) 
そんなやむちゃんがあるじゃないか!!
 
(笑)
 
 
そして運命(笑)の扉は開かれた。
 
「1名入れますか?」
 
しばしの緊張感!
 
うなずき合う店員さん達!
 
「こちらの席にどうぞ」
 

 
!!
 
ヤッターー!ヤッッター!!ヤッッタヨー!!!
 
ウフフフフフフー♫
 
(はじめてのチュウbyコロ助(笑))
 
 
足取りも軽く店内へ。
 
もう誰にも文句は言わない(笑)。
 
あとはこんなん書いている場合じゃないね(*^_^*)
 
という訳で写真の垂れ流しをお召し上がりくださいませ(^_−)−☆
 
飯田橋 やむちゃん 鳥と春雨の和え物+キャベツ(2017/5/18)飯田橋 やむちゃん かしら(2017/5/18)








飯田橋 やむちゃん はらみ(2017/5/18)飯田橋 やむちゃん 心もと(2017/5/18)








飯田橋 やむちゃん ぼんちり(2017/5/18)飯田橋 やむちゃん しびれ(2017/5/18)








飯田橋 やむちゃん 東一(2017/5/18)飯田橋 やむちゃん 而今(2017/5/18)飯田橋 やむちゃん 陸奥八仙(2017/5/18)











飯田橋 やむちゃん はらみ(2017/5/18)飯田橋 やむちゃん 豚レバー(2017/5/18)








飯田橋 やむちゃん しびれ(2017/5/18)飯田橋 やむちゃん しろ(2017/5/18)








飯田橋 やむちゃん 鶏皮(2017/5/18)


はい、今日もごちそうさまでした(^_-)-☆








浜松町 割烹 美乃 刺身盛り合わせ(マグロ・いわし・ひらまさ)

2017年05月18日 (木) 23:59 | 編集
魚を食べよう(笑)。
浜松町 割烹 美乃 店構え(2017/5/18)
文化放送裏の一角に、もう一軒魚を食べさせてくれるお店があった。
割烹 美乃さん。

文化放送裏で今まで行った2軒は明るくばたばたしてて活気のあるお店だったが、さすが割烹(笑)、落ち着いた雰囲気。
こういうお店は表からは実力が読めない(^_^;)。

店頭のメニューで品定めをして、いざ入店。
浜松町 割烹 美乃 この日のメニュー(2017/5/18)
先の2軒と違ってゆっくりとした客の流れ。
のんびり行って入店時に4割の客の入りだった。

僕の頼んだのは刺身盛り合わせ。
この日はマグロ・いわし・ひらまさの盛り合わせだった。

同行の人のさばの塩焼きが時間をおかずに出てきたのに刺身盛り合わせはちょっと時間がかかった。
ちゃんと注文が入ってから切り出しているのだろうか。
もし、そうなら嬉しい。

出てきた刺身盛り合わせ(マグロ・いわし・ひらまさ)がこれだ。
浜松町 割烹 美乃 刺身盛り合わせ(マグロ・いわし・ひらまさ)(2017/5/18)
マグロはまさかの中トロ。
口の中での溶け具合もいい。
ひらまさもちょうどいい厚さの切り身。
この盛り合わせの中では硬めの食感担当。
プリプリとしてご飯がすすむ。
浜松町 割烹 美乃 刺身盛り合わせ(マグロ・いわし・ひらまさ)(2017/5/18)
そしていわし、きっと時間がかかったのはこれを注文が入ってからさばいていたんだろうとわかる。
立った切り口、だれていない口当たり、これはご飯と食べるというより、単独でいただきたい(笑)。

これで900円なら大満足。
さばの塩焼きもあこうだいの塩焼きも大きさたっぷり、焼き加減も良さそうで、次は焼魚を食べに来よう。

大門 手仕ごと旬鮮台所 たかなし 銀むつとヒラス照り焼き

2017年05月16日 (火) 23:59 | 編集
魚を食べよう(笑)。

&羽釜のご飯2(笑)。

お昼の魚探訪の旅は続く。
(旅ってなんだい(笑))

この日、目指したのは「手仕ごと旬鮮台所 たかなし」さん。
大門 手仕ごと旬鮮台所 たかなし 店構え(2017/5/16)
カウンターだけで20人は座れそうな比較的大きなお店。
大門 手仕ごと旬鮮台所 たかなし メニュー(2017/5/16)
魚の焼き、揚げ、煮物のランチを出しているお店で、いつもほんのちょっと待ち行列が店外にできているお店。
目の前で女性2人が入っていって「しまった」と思ったが、タイミングよくカウンターが空いていた。
ここのお店はカウンターがカップルシートになっていて(^_^;)2人で行ってカウンターだとけっこう密着状態で座ることとなる。
女性2人ならまだしもおじさん2人だと辛いものがあった(^_^;)。
ただお一人様には相席がなく、2席分を悠々1人で使えて楽ちんなのでもあった。

頼んだのは銀むつとヒラス照り焼き。
大門 手仕ごと旬鮮台所 たかなし 銀むつとヒラス照り焼き(2017/5/16)
冷たい麦茶が美味しい季節になってきたなぁ、なんて考えていたら、すっとお盆が出てきた。
この速さだと半焼きしているのかなと厨房を覗くと確かに焼きたての魚たちが並んでいた。
大門 手仕ごと旬鮮台所 たかなし 店内風景(2017/5/16)
ガス台にはでっかい羽釜のお釜がいかにも炊いてますよ~という感じで置いてあるのも見えた。

その羽釜のご飯、前に行ったお店では思い切り外したが、今回は?
、、、、美味しいけど、なんとなくつやつや感が薄い。
何より美味しいご飯に巡り合ったときの鼻から口まで茶碗にうずめたい、そうして炊いたお米の香りを胸いっぱいに吸い込みたい(笑)みたいな変態的(^_^;)行為に励みたいと思わせてくれない(笑)。
それにやっぱり柔らかめの炊き方で僕の好みからはちょっと外れる。
もう一つアツアツじゃなかったのが残念に思った。
羽釜から直接ご飯を盛ってもらうのはビジュアル的にはいいけど、やっぱりおひつに移したほうがいいのではないだろうか。

おかずの銀むつもヒラスも焼き加減絶妙!
プリプリしてて美味しくてご飯お替わりしたいところだった。
大門 手仕ごと旬鮮台所 たかなし 銀むつとヒラス照り焼き(2017/5/16)
いい仕事してますよ、このお店(^_-)-☆。

入ってみてわかったのだが、ここのお店は待ち行列を店内から作る。
食べているカウンターの後ろに待ち行列の人を並ばせるのだが、こういうのは僕は苦手だ。
待ち行列からのプレッシャーが重いのだ。
もちろん、自分が待ち行列のときにはまだかなまだかなオーラが出ていると思うのでお互いさまなんだけど、お互いさまが通じない人たちもいて、今回は隣のカウンターの女子2人がそうだった。
僕が座ったときには片方は食べ終わっていて待っている状態。
もう片方もほぼ食べ終わり、後ろからのプレッシャーが強くなってきたと思っても怯まず話を続ける。
お茶を2杯、3杯とお替わりしてポットがなくなってもまだ話している。
結局、僕が食べ終わって会計を済ませてお店を出ても立ち上がる気配をみせなかった。
細身で華奮に見えるのになかなか肝っ玉の太い女子2人であった。
(そうでないと世の中生き抜いていけないのかね(^_^;))

大門 味芳斎 本店 麻婆丼

2017年05月15日 (月) 23:59 | 編集
麻婆丼600円。
心惹かれるだろうか。
心惹かれるだろう?(笑)

麻婆丼に惹かれるか、600円に惹かれるか?
それは個人の問題だが、なんとなくそのお店の前を通ると張り紙が気になっていた。
日く、「11時から12時は麻婆丼730円のところを600円にします」。
大門 味芳斎 本店 店構え(2017/5/15)
なんで定常早割をしているのかわからないが早い時間に入店するだけで自動的に130円が割引になるのだ。
行ってみるしかあるまい(笑)。
職場から歩いて5分のお店。
ちょっとフライングしてお店に入ったのが11:58(笑)。
時計を確認して「麻婆丼」と頼む。
狭い店内、相席だらけ。
でも禁煙なので問題なし。
頼んで2分とたたずに出てきた麻婆丼がこれだ。
大門 味芳斎 本店 麻婆丼(2017/5/15)
豆腐崩し系の麻婆丼。
丼でだされるならこれでいいか(^_^;)。
一緒に出されたレンゲでご飯と麻婆豆腐を混ぜる、、、。
お!?ご飯が固めだ。
食べる前に混ぜるときの手ごたえでわかる。
ここの丼ものはきっと美味しいぞ(*^_^*)。
混ぜているうちに赤い麻婆の中に黒いものが混ざっているのに気づいた。
豆鼓かな?
すくって食べてみる。
しょっぱい(>_<)(笑)。
麻婆豆腐に豆鼓が入っているとはなかなかやるな。
混ぜこんでももともと豆腐崩し系(笑)、ビジュアルはそう変わらず、さっそくかっこむ(笑)。
辛い!
美味い!
(*^_^*)
固めのご飯がアクセントになって食感もいい。
あっという間にかきこんでしまった。
大門 味芳斎 本店 店外メニュー(2017/5/15)
立ち上がってお兄ちゃんに千円札を出すとしっかり100円玉が4つ帰ってきた。
ごちそうさまでした。

ところで牛肉丼1300円が気になる(^_^;)。
1300円って!?

浜松町 魚料理 芝文 しらすとカツオ漬け丼

2017年05月12日 (金) 23:59 | 編集
魚を食べよう(笑)。

先日、魚といって貝になってしまったので魚を食べさせるお店を探してみた(笑)。
あまり行かない文化放送裏に行ってみるとランチ終了しましたの看板を出しているお店が2軒。
これはいけるかな?ということで行ってみることに。

翌日は魚料理 芝文さん。
こちらもランチのホワイトボードがどんどん消えていく(=終了していく)ので急いで行くとちょっと待ち行列が。
ありゃ~と思っていたら2階にあがるお客さんが先にメニューを決めてお金を払っているために並んでいるのだった。
(1階は席に着いてからメニューを決めて食べ終わってからの会計。)
1階に案内してもらってメニューを決める。

しらすとカツオ漬け丼。
こちらのお店はランチのおかずをあらかじめ皿に盛っているので出てくるのが早い。
というか、同行の人が鮭ハラス焼きを頼んだのだが、そっちが先に出てくるくらい(^_^;)。

すぐに出てきたしらすとカツオ漬け丼がこれだ。
浜松町 魚料理 芝文 しらすとカツオ漬け丼(2017/5/12)
山盛りのカツオは浅く漬けられていてぷりぷり、しらすもしっかりぶ厚く盛ってくれていてたっぷり。
お煮しめにゼンマイのナムルもついてこれで850円ならいいんじゃない?


浜松町 魚料理 芝文 店構え(2017/5/12)
食べ終わってお店を出ると長蛇の列、というか集団が。
ホワイトボードを見ると既に半分が消えていた。すごいね。

「第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会」に行ってきた

2017年05月11日 (木) 23:59 | 編集
ひょんなことから縁あって日本捕鯨協会主催のイベントに行ってきた。
「第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会」in 憲政記念館。
第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)








ただのクジラ好きが行っていいのだろうかとか思ったのだが、整理券をくれた人にも悪いし、やっぱり何より日本のいろいろな地域の鯨料理が食べれるというところに惹かれて行ってきた。
第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)








もう29回も実施されているということは平成に入ってずっと続いているということで海外で調査捕鯨が取りざたされ始めた頃からなんだろうか。
タイミング的にはIWCの総会が行われている時期に合わせて開催しているのだそうだ。
林家木久扇さん 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)捕鯨を守る会ということで国会議員のセンセイ方がたくさん、超党派でいらしていて中でも大物は林家木久扇さん。
あれ?(笑)。
木久扇さんもいたけれど(^_^;)、農水大臣、復興大臣なども来ていてご挨拶だけで30分以上もかかっていた。
会場である会議室には北は釧路、南は長崎からの出店、それに東京にある鯨料理のお店からのいろいろな鯨料理がメインテーブルに並べられて、40畳くらいの大会議室が狭く感じられるくらいだった。
そこにぎっしりと詰め込まれた参加者はセンセイ方のご挨拶と乾杯が終わると同時に出店に並ぶもの、テーブルの料理をごっそり持っていくもの、旧交を温めるものと大盛況。
僕はというと、一人参加かつ、顔見知りもいないので食べる食べる(笑)。
大阪は徳家のハリハリうどんからの駒形どぜうのくじらご飯。
大阪は徳家のハリハリうどん 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)駒形どぜうのくじらご飯 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)












学校給食で出している出店シリーズは太地町の鯨スタミナ丼、
長崎市長崎鯨食文化を守る会の揚げ鯨のマリネ 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)太地町の鯨スタミナ丼 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)
長崎市長崎鯨食文化を守る会の揚げ鯨のマリネ。
長崎市長崎鯨食文化を守る会の揚げ鯨のマリネ 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)
農水省の手しごとや咲くらの鯨ステーキ、
手しごとや咲くらの鯨ステーキ 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)
手しごとや咲くらの鯨ステーキ 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)











釧路市のくじら汁、くしろのたまご、南房総市道の駅ワオのツチ鯨のカツ、
釧路市のくじら汁、くしろのたまご 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)南房総市道の駅ワオのツチ鯨のカツ 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)












鯨の登美粋のローストホエール、
鯨の登美粋のローストホエール 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)
くじらのお宿一乃谷の鯨のロースト、
第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)









渋谷くじら屋の鯨から揚げ、新宿樽一の本皮柔らか煮、ホテルマリナーズコーストのくじら刺身、畝須角煮、赤肉アスパラ巻き、マルホのさらしくじら(オバイケ)、
第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)
憲政記念館からは霞ガーデンのクジラカルパッチョ、鯨カツサンドとまあ、よくもこれだけ書いたもんだ(笑)、よっぽど暇だな、でもさすがに全部の感想は書かないぞ(笑)。



ということで美味しかったのはハリハリうどん。
大阪風の柔らかいうどんに味付けして揚げた鯨が入っていて、うどんと鯨の食感がよくあって美味しかった。

手しごとや咲くらの鯨ステーキは他のローストホエールと格段の違い。
官公庁と民間の差というわけでもないだろうが、一つ上のきちんとした料理に仕上がっていた。

そして本皮柔らか煮。鯨の味を残しながら、柔らかく煮込んであり、とろけるような皮煮だった。


会自体はその後なんと流れ解散(笑)。
まあ、センセイ方もお忙しいことだし、参加者もけっこうご年配の方々も多く終盤からちらほら帰られていたりしてたから仕方がないか(笑)。

次回もまた行ってみたいけど、名刺置いてこなかったからな~(笑)。

日本だけじゃなくて海外の鯨食文化も知りたいと思った会でした。
あ~、さえずりのおでんが食べたくなってきた(笑)。
≫ "「第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会」に行ってきた" の続きを読む...

浜松町 みこし さばみそ煮定食

2017年05月11日 (木) 23:59 | 編集
魚を食べよう(笑)。

先日、魚といって貝になってしまったので魚を食べさせるお店を探してみた(笑)。
あまり行かない文化放送裏に行ってみるとランチ終了しましたの看板を出しているお店が2軒。
これはいけるかな?ということで行ってみることに。

まずはみこしさん。
早々とランチが終わってしまいそうだったのでダッシュ(笑)でお店に。
行列はできていないけど、店内はほぼ満席。
浜松町 みこし 店構え(2017/5/11)
席に着いた後すぐに満席になった。
このお店のメニューは紙に手書きの毎日日替わりメニュー。
そのメニューも既に終わっているものもあり、選んでいる間に「ほにゃらら、終わり~」の声も。
急いで決めて注文したのはさばみそ煮定食。
小鉢を一品選ぶことができておろし納豆にしてみた。
浜松町 みこし さばみそ煮定食(2017/5/11)
ほどなくして出てきたさばみそ煮定食、半身の大きさでなかなか贅沢。
真ん中が割れて出てきたので煮方をミスったのかなと思ったのだが、それは違った。
浜松町 みこし さばみそ煮定食(2017/5/11)
しっかり骨を抜く処理をしてくれていたのだった。
ひっくり返して腹の部分をみてもしっかり腹骨も取り除いてある。
これは嬉しい(*^_^*)。
個人的にさばみそ煮を食べるときの楽しみの一つが、さばを頬張りながら熱い白いご飯を更に頬張って一緒に食べることなのだが、それには事前に骨を全部取り去ってからでないと出来ない。
いくら自分で骨を取り去っても残っているかもしれないと安心して頬張れないのだが、こうやってお店の方で処理してくれれば安心して頬張れる。

みそだれも薄めだがちゃんととろみがあって熱いご飯にかけると美味しい。
あっという間に完食。
これは早々にランチ終了になるわけだ。

浜松町 焼きそば専門店 りょう 豚やきそば(大)

2017年05月10日 (水) 23:59 | 編集
浜松町に気になるお店がある。あった(笑)。
浜松町 焼きそば専門店 りょう 店構え(2017/5/10)
焼きそば専門店。
潔く、焼きそばしかメニューにないお店。
しかもエレベーターもない3階にあるお店。

お客さんが入っているかどうかもわからない(^_^;)。

去年の12月に今の職場に来て、かなり早いタイミングでお店自体は気づいていた、気になっていた。
だけど、ランチに焼きそば、、、。
なんとなく一歩を踏み出せずにいた(^_^;)。

そして、この日、その一歩を踏み出したのだった(笑)。

階段を3階まで駆け上がり(笑)、お店を覗く。
うなぎの寝床みたいなお店はなんとほぼ満員。
すごいな~。
浜松町 焼きそば専門店 りょう 薬味(2017/5/10)
券売機でチケットを買ってカウンターへ。
豚やきそば(大)700円を頼む。

5分と待たずに出てきた豚やきそばがこれだ。
浜松町 焼きそば専門店 りょう 豚やきそば(大)(2017/5/10)
麺は全粒粉を使っているとのことでもちもちのかなり太麺でいける。
カウンターに置いてある薬味以外に辛子マヨネーズや紅生姜も出してもらえて、味変も楽しめ美味しかった(*^_^*)。
ちょっと甘めのソースだったので個人的には胡椒があると嬉しかった。

浜松町 キッチン ハレヤ チキン南蛮オムライス

2017年05月09日 (火) 23:59 | 編集
ランチどきに7,8人いつも並んでいるお店がある。
どうやらオムライスが押しのお店。
一度入ってみようと思っていた。
この日、前を通りかかるとまたまた7人くらい並んでいる。
こりゃダメだなと思った瞬間、4人が中に入っていった。
行けるじゃん?
そして僕は列の最後に。
浜松町 キッチン ハレヤ 店構え(2017/5/9)
僕が並んだ後ろにもすぐに人が並びまた7,8人くらいの列となった。
メニューはオムライス系、揚げ物系の2系統。
揚げ物系をオムライスにトッピングしてバリエーションを増やしていた。
何にしようか店頭の看板を見ながら考えていると、さほど時間もたたずにご案内。
店内満席でちょうど空いたカウンター席に案内された。
浜松町 キッチン ハレヤ メニュー(2017/5/9)
頼んだのはチキン南蛮オムライス。
大盛りもできますよとのお誘いにすかさず「お願いします!」(笑)。
ここのオムライスは看板の写真を見るにたんぽぼ系ではなく包み系。
ちゃんと包んであるかは出てきたときのお楽しみ。
そんなことを考えながら待っていると、店内に大きな声が響いてきた。
「な~、この店ちょー私にあってるわ~」(関西弁をイメージしてください(笑))


何叫んでいるんだ?
びくっとして店内を振り返ると、後ろに並んでいたはずのグループの女性と目があった。
何で僕に向かって叫んでいるんだ?
と焦って左右を見るとカウンターの隣席に恐縮そうな態度の男性が。
どうやら後ろに並んだグループがばらばらに座らされたらしく、僕の隣に座った男性に、お店の反対側に座らされた女性が話しかけているのだった。
「このお店ちょーいいわ~。もっと早く来たかったな~」
広くはないとはいえ、店の端から端へと声をかけ続ける女性。
思いっきり怪しい(笑)。
男性は返事をしない。
音楽もかかっていない店内を女性の関西弁だけが響き続ける。
たまらんな~(^_^;)。
そう思っていると、女性の座った先の相席相手が食べ終わったらしく、店員さんが男性を呼びに来た。
男性はすみませんと言いながら女性の席へ。
やれやれと思ったら「席空いてよかったな~」と変わらぬ大声(笑)。
単に声がでかい女性だった(笑)。

出てきたチキン南蛮オムライス、玉子は薄焼き玉子が上に載せてあるタイプだった。
浜松町 キッチン ハレヤ チキン南蛮オムライス(2017/5/9)
包んでくれていたら良かったな~(エセ関西弁風(^_^;))。
中身はちょっと固め、薄めの味付けのケチャップライス。
トッピングされたチキン南蛮が濃い味付けだったのでちょうどいい。
ばくばく食べていたら、「きゃーおいしそー」「やっぱこのお店いいわ~」「いただきま~す!」「おいしー!」と相変わらずのBGMならぬBG関西弁(笑)。
全部、感想を言ってくれたので思わず苦笑しながら平らげたのであった(笑)。

浜松町 焼はまぐりる 大門店 自慢の煮はまぐり海鮮丼

2017年05月08日 (月) 23:59 | 編集
魚を食べよう(笑)。

浜松町で魚というと、行列が尽きない干物やさんが思い浮かぶが時間内に戻ってこれなさそうなのでそこはまたの機会に(いつのなるやら(笑))。
食べログにランチをやっているとあったまぐろキッチンに行ってみたが、開店は16時。
ランチやめちゃったんだね。
食べログ更新しようよ、ちゃんと(笑)。
(一応、証拠写真を撮って食べログに更新申請をしておきました(2017/5/13))
他に考えていたお店もなく、どうしようかと思っていたら、同じビルの地下にランチをやっているお店が、、、
浜松町 焼はまぐりる 大門店 店構え(2017/5/8)
魚じゃないけど、貝やさん?
焼はまぐりるさん。
どうやらはまぐり押しらしい(笑)。
ランチボードに金目鯛の文字があるのを確かめて入店。
浜松町 焼はまぐりる 大門店 店内風景(2017/5/8)
なんか雰囲気よさそうな店内。
メニューは週替わりの魚と肉の定食。
他に自慢の煮はまぐり海鮮丼。
浜松町 焼はまぐりる 大門店 メニュー(2017/5/8)
焼鯖も気にはなったが、とろろ明太が違う意味で気になる(笑)。
別盛りなのか、まさか焼いた鯖にぶっかけて出てくるのか?(笑)
お高くついてしまうが自慢というからには食べてみよう(^_^;)煮はまぐりの載った海鮮丼を選ぶ。
出てきた海鮮丼。
浜松町 焼はまぐりる 大門店 自慢の煮はまぐり海鮮丼(2017/5/8)
器がでかい(笑)。
定食には焼きはまぐりが1こついてくるというので待っていたのだが、なかなか出てこず写真は別口(^_^;)。
こういうの、時間をかけてわざわざアツアツを出してくれるのは嬉しいんだけど、お店としてどういうタイミングで食べさせたいと考えているのか聞いてみたいよね(^_^;)。
浜松町 焼はまぐりる 大門店 自慢の煮はまぐり海鮮丼(2017/5/8)
煮はまぐりはちょっと大きめであっさり味。
海鮮自体は、、、、普通、、かな(^_^;)。

自慢というので期待したんだけど、、これで1300円ですか(^_^;)。

貝はおたカイ(^_^;)というのを改めて実感したランチだった。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。