NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大門の、、、かれい煮付け というより羽釜のご飯(T_T)

2017年04月27日 (木) 23:59 | 編集
食べログにやられた話。
ランチのお店を探すのに、食べログを使っていたりする。
大門 海山 お品書き(2017/4/27)
けっこう便利なんだが、使い方を誤ると痛い目にあうのでこんな使い方をしている。
点数は信用しない。
自分が食べに行ったお店について同じ感想を書いているレビューアしか信用しない。
それでもレビューに書かれていることは話半分として読む。
 
 
今回の話は話半分を守らなかった話。
大門 海山 かれい煮付け(2017/4/27)
確かにレビューアの書いていたとおりカウンターには羽釜があってそこからご飯をよそっていた。
もともとおかずは普通だろうと判断していたのだが、ご飯にやられた(笑)。
 
大門 海山 羽釜のご飯(2017/4/27)
 
お釜で炊いたにしては香りも何もない。
全然普通の、、柔らかめの普通のご飯だった。
 
 
 
やられた。
スポンサーサイト

冷し中華 始まりました(*^_^*)(新橋 らあめん北斗 新橋店 冷し中華)

2017年04月25日 (火) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第一弾。

珍しく酒も飲まずに新橋の夜(笑)。
とか言いながら最近は夕方過ぎに飯を食いに新橋に来ることも多くなった。
昔は100%飲みにしか来ない街だったんだが、、、(^_^;)。
新しい付き合い方になったとでも言えばいいのか。
酒でない視点で夜の新橋を見るといろいろと新しい魅力も見えてきて最近は意味もなくうろうろしているのだ。

この日は中華にしようかラーメンにしようか、カレーにハンバーグ、そばでもいいけどなんて、つまりはだらだらと決めかねて無駄にうろうろしてしまっていた。
いかん!
何にも決まっていない(笑)。

そろそろお腹がせっついてきてふと目を向けた先にあったのが、、、、でっかい「冷し中華」の垂れ幕だった(笑)。
新橋 らあめん北斗 新橋店 店構え(2017/4/25)
おお、今年ももうそういう時期かとふらふらと引き寄せられたお店はらぁめん北斗さん。
今まで何度も前を通っているのできっと今まで食指がぴくりとも動かなかっただろうお店(笑)。
冷し中華効果は偉大だというべきか(笑)。
店内はガラガラ。
今だけ280円という餃子も気になったが冷し中華単品での注文とした。
頼んでから待つことしばし。
出てきた冷し中華がこれだ。
新橋 らあめん北斗 新橋店 冷し中華(2017/4/25)
浅い平皿に少なめのタレ。
彩りが地味と感じたのはなぜか?
黄色は薄焼き玉子でないとダメと潜在意識が語りかけているのか(笑)。
浅い皿のせいかタレが少なく、かなり混ぜないと全体にいきわたらない。
ちょっと濁ったタレは混ぜ終わったらほぼ見えなくなってしまった。
新橋 らあめん北斗 新橋店 冷し中華(2017/4/25)
おもむろにずびずば始めると、むむ、

ちょっとばかり、、、

シーズン始めなのに、、、

ぬるし中華かっ!

まあ始めたばかり?で手慣れていないんだろうということで(^_^;)。
さて2017年も美味しい冷し中華に出会えますように(*^_^*)。

御成門 とんかつ燕楽 ロースカツ丼

2017年04月24日 (月) 23:59 | 編集
午前の打合せが長引いて12:30からの昼休み。
時間がずれたので檍さんも考えたのだが、あいにくと月曜日。
檍さんはお休みだ。
とんかつ頭になったのでちょっと遠征してみる。
場所としては御成門エリアになるだろう。
ふだんの昼休みなら時間を考えて難しいところ。
なおかつ、混んでいて入れなかったときのPlanBが立てられないところ。
そんな立地にとんかつ燕楽さんはある。
お店に行きがてら芝神明商店街のお店調査(笑)をしながら歩く。
商店街を突き当たると燕楽さんが見えた、が目の前の道は中央分離帯があって横切れない(-_-;)。
第一京浜まで行って横断歩道を渡る。
御成門 とんかつ燕楽 店構え(2017/4/24)
燕楽さん、のれんは出ているが、メニューの類は店頭に出ていない。
年季の入った白木の扉を開けると6割くらいの入り。
カウンターの一番手前を勧められて着席。厨房の中が見えるいい席だった。
カツランチ930円とロースカツ丼1050円で迷ったが、ロースカツ丼を選択。
お手並み拝見と決め込んだ。
カツ丼のカツはカツランチと同じ肉を使っているようで結構厚みのある切り方の肉。
いくつか揚げ置いているようで注文が入るとその分を揚げ足しているみたい。
特にカツ丼のカツは揚げ置きを使っているようだ。
低めの温度の油で揚げているようで目の前の鍋で揚げているのに大きな音や飛び跳ねとかはなかった。
カツ丼はそうやって揚がったカツを7つばかりに切り分けた5つを使う。
形か大きさによって、別のカツから切ったものも使って組み合わせている。
面白い。
両端は使われないで捨てられてしまう。
もったいない。
御成門 とんかつ燕楽 厨房風景(2017/4/24)
それを集めて端カツ丼と称して200円くらい安く出したらいいのに(笑)。
親子鍋に玉ねぎとカツを配置してタレを入れ、火にかける。
玉ねぎにちゃんと火が通るかな?と心配していたら、そのとおりだった(^_^;)。
まあ、ギリギリ辛みはとんでいたのでNGではないとしよう(笑)。
煮込んだあと、とじる玉子は1つ。
かき混ぜずに黄身を割るだけでそのまま親子鍋へ。
ちょっと長めに煮込んで出来上がり。
そして出てきたカツ丼がこれだ。
御成門 とんかつ燕楽 ロースカツ丼(2017/4/24)
厚みのあるカツがじっくり煮込まれて美味しい。
タレ多めとか少なめにも対応してくれるらしいのはちょっと嬉しい。

ただし、フロアのおかあさんが。。。。
カツ丼には豚汁とお新香がついてくるみたいだが、豚汁はもう食べ終わる頃、お新香に至っては隣の席に出てて初めてわかったというしまつ。
忙しいのはわかるけど、そういうところを忘れちゃうのは嬉しくないな~。
そして嬉しくないがもう一つ。
おやじさんがカツを切る時に左手の押さえで小汚いタオルを使っていることも嬉しくないな~。
どうやらまな板とかを拭くためのタオルみたい(厨房風景の写真の左下スミのやつ(^_^;))なんだが、そのタオルで僕らが食べるカツを押さえてるのだ。
カツが熱いせいか、なんでかわからないが直接口に入るものなので嬉しくないな~。

大門 La maison de Cous Cous ランチセット(シーフードクスクス+タジン+ドリンク)

2017年04月20日 (木) 23:59 | 編集
食後、散歩をしていてハラルマークを見つけたのが始まりだった。
大門 La maison de Cous Cous 店構え(2017/4/20)
何のお店?と思って近寄ってみると、チュニジア料理のお店!
以前行ったアフリカ料理のお店よりずっとポイントが絞られている。
これはいいかもと思い、翌日行ってみることにした。
大門 La maison de Cous Cous ランチセット(シーフードクスクス+タジン+ドリンク)(2017/4/20)
メニューは5種類のクスクス単品とクスクス単品にタジンとドリンクがついたセット。
それにTODAY'S SPECIALの7つから選ぶ。この日のスペシャルはシシカバブカブサ。
カブサとはお米の料理だそうで、心揺れ動いた(笑)が、タジン食べたさにセットを選ぶことにした(^_^;)。
クスクスはシーフードクスクス。
他にはタコのクスクスがメニューにあり、驚いた。
イタリア人と日本人以外にもタコを食べる人がいるんだね~。
後で調べたらけっこうタコを食べる国はあるようで、なんでイタリアと日本だけだと思い込んでいたんだろう?
タジンもタジン鍋しかイメージがなくて、鍋料理?と思っていたら、これまた全然違うものがでてきてびっくり。
大門 La maison de Cous Cous ランチセット(シーフードクスクス+タジン+ドリンク)(2017/4/20)
キッシュに似ているけど、今まで食べたキッシュと違い、玉子感が強く、柔らかいプディングのようだった。
とはいえプルプルでもなく、ホワイトソースのどろっとした感じでもない食感でこれがメインでも十分いける(笑)美味しさだった。
付け合わせのサラダ?も食べたことのないハーブで風味づけされた薄めの塩味の面白い味わい。
メインのクスクスは、、、。
大門 La maison de Cous Cous ランチセット(シーフードクスクス+タジン+ドリンク)(2017/4/20)大門 La maison de Cous Cous ランチセット(シーフードクスクス+タジン+ドリンク)(2017/4/20)








今思うとクスクスをメインで食べるのは初めてかもしれない。
一面に敷き詰められたクスクスは香ばしい色合いで辛いかと思ったのだが、意外に辛くない。
クスクスをまぶしながらトッピングの野菜類を食べる。
どれもちょっとだけ熱が入っていて生ではないが十分生の食感を残していて美味しい。
(さすがにタコとかぼちゃはしっかり火が通っていたけど(^_^;))
チュニジアのビールとかもあって、今度は夜に来てもいいかも。

芝公園 オールドデリー 芝公園店 Aセット(シェフズスペシャル(マトンカレー)+サラダ+サフランライス+デザート)

2017年04月05日 (水) 23:59 | 編集
最近、ちょっと芝公園近辺に足を延ばしてみている。
芝公園 オールドデリー 芝公園店 店構え(2017/4/5)
この日はオールドデリーさん。
北インド系のカレー屋さんでインドカレー&ビストロなんだそうだ。
美味しくてCPいいと評判のお店らしく、店頭に行列も。
相席でよければ入れますよの言葉にOKして入店。
入って左側すぐが厨房でナンやチキンを焼くタンドールもある。
右側にテーブルの列があり、奥の方は少し広くなっているようだった。
ランチはカレー1種とナンまたはサフランライスとサラダ、デザートのAランチ、サラダを抜いて、ナンとサフランライスにしたCランチでそれぞれ1050円、Cランチにタンドリーチキンを追加したのがBランチ1480円の3種類のメニュー。
カレーは曜日ごとの日替わりと定番2種にシェフズスペシャル。
この日のシェフズスペシャルがマトンカレーだったのでそれを選択。
ほとんど待たずに出てきたセットがこれだ。
芝公園 オールドデリー 芝公園店 Aセット(シェフズスペシャル(マトンカレー)+サラダ+サフランライス+デザート)(2017/4/5)
マトンカレー、辛さをノーマルとしたせいかちょうどいい辛さ。
同行の人が選んだ辛口は赤い油が浮いていてみるからに辛そう(^_^;)。
というか辛さの調整に何を使っているんだろう?ラー油じゃないよね(笑)。
マトンカレー、マトンを謳うだけあって、ラムではない、しっかりとしたマトンの風味がカレーに負けていない。
芝公園 オールドデリー 芝公園店 Aセット(シェフズスペシャル(マトンカレー)+サラダ+サフランライス+デザート)(2017/4/5)芝公園 オールドデリー 芝公園店 Aセット(シェフズスペシャル(マトンカレー)+サラダ+サフランライス+デザート)(2017/4/5)








ラムカレーと違って歯ごたえのいいマトンが3個、ルーの器の中に入っていた。
スパイスも効いていてさほど辛くないのに後から汗が噴き出てくる。
女性客が多かったせいか若干ライスの盛りが少なかったが、ナンはお皿をはみ出るくらいで食べ応えがありそうだった。
北インド系なら素直にナンにしておけばよかったかな~?(笑)

大門 貘 太平燕セット

2017年04月03日 (月) 23:59 | 編集
太平燕。
知っている人は知っている。知らない人はなんだと思う。
まあ、ランチ系のブログ記事に出てくるということは食べ物だろうとは思うだろうけど(^_^;)、僕も現地に行くまでは知らなかった食べ物。
熊本のご当地グルメなんだそう。
簡単に言うと春雨スープに具だくさんの野菜が入っているという、他県民からするとちゃんぽんのちゃんぽん麺が春雨に変わったものと言えば想像がつくだろう。
むさしやさんに行った帰りに店頭のぼりにでかでかと太平燕と書いてあったのを見つけたのだった。
大門 貘 店構え(2017/4/3)
店頭のメニューを見ると餃子で有名なお店らしいが、焼くのに12分かかりますだの書いてあって、いかにもランチタイムに頼んでくれるなというのが透けて見える(笑)変なお店。
シンガポール料理も食べれるみたいだけど、こちらも肉骨茶やチキンライスは夜のみ(^_^;)。
メニューを見ていたらだんだんテンション下がってきたけど、とりあえず初志貫徹(笑)。
太平燕を頼むことに。
店内ほぼ満席だけど、半数以上が食べ始めているので、出てくるのにそんなに時間がかからないだろうと思っていたら(^_^;)、一緒に行った人の日替わり酢豚が食べ終わる頃にやっと出てきた(^_^;)。
餃子に時間がかかりますと書いているからそれ以外は早いと思ったのに(笑)。
出てきた太平燕。
セットでありがちな炊き込みチャーハンがついてきて980円。
大門 貘 太平燕セット(2017/4/3)
ちょっと塩辛かったけど、普通に美味しかった。
次行くとしたら餃子だろうけど、、、(笑)。
でもな~、ランチの餃子、頼んでほしそうにないしな~(笑)。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。