NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カキばくだんフライ。または三度目の正直。(人形町 三友 カキフライ3個)

2016年11月30日 (水) 18:36 | 編集
三度目の正直(^_^;)。もしくは遊び人ならではの、プチ楽しみ(^_^;)。
 
行列必至のとんかつ屋さんに並んでみる。
 
狙うはカキフライ(笑)。
ここのカキフライは小粒のカキをまとめて固めてどっか~んタイプ。
 
 
 
 
 
なぜか11:30開店だと思い込んだのがことの始まり。
 
12時過ぎに到着。(11/28)Day1
おっ、行列ができていない!
引き戸を開けて中を覗くとすかさず「もう終わりです!」
あら~。
 
11:27に到着。(11/29)Day2
行列は20人くらい。入れそうかな?昨日は12時過ぎで売り切れだったしな。
「次のお二人どうぞ!」
店頭のすだれの奥から声がかかり、じわじわじわじわ僕の前の待ち行列が短くなっていく。
周りを歩いていく人たちが増えた。
12時を過ぎた。
どうかなどうかな。
「あと5人までです!」
中から声がかかる。
思わず数える。
1、2、3、4、5、6、、、、、、、、。
あら~。
 
10:44に到着。(11/30)Day3人形町 三友 店構え(2016/11/30)
着いた行列の位置は、、、はからずも昨日と同じ位置。
入れるのかな~。
11:00になって急に行列が減っていく。
 

 
??
なんで?
 
まず6人。
ついで6人。お座敷だそう。
 
じわじわ人が入れ替わり店頭の看板に下がっている案内が読める位置まできた。
おお、なんと昼の営業は11:00からだった!
どおりで11:00からお客さんが入っていくわけだ。。。
 
・ ・ ・ ・ ・
 
ま、いいか(^_^;)。

いよいよ呼ばれて店内へ\(^o^)/(笑)。

人形町 三友 店内風景(2016/11/30)
カキフライ3個で!」
「1280円になります!前金でお願いします!」
人形町 三友 店内風景(2016/11/30)
座ったのはカウンター。
奥の座敷は6席で掘りごたつ式だった。
 
出されたお茶は、、ぬるい。
熱いのがいいなぁと思ってお替りしてもぬるかった(^_^;)。
 
そして出てきたカキフライ!3個っ!(*^_^*)
人形町 三友 カキフライ3個(2016/11/30)
割ってみると見事なまでの小粒カキだらけ。
固めているのは小麦粉か?
人形町 三友 カキフライ3個(2016/11/30)
ちょっと小麦粉感が残る感じ?
それでもちゃんと真ん中まで火が通っていて生っぽい感じはしないので大丈夫。
時間をかけて油切りをしっかりしているのか、喜んでかぶりついても(笑)火傷する感じでもない。
 
さくさくがぶがぶ、あっという間にいただいてしまいました(*^_^*)。
 
 
土日祝は閉店でランチは11時からの開店。
開店時には30人くらいは並んでいて全部で40~45人分くらいで売り切れ、
入れても最低30~40分は並ぶという遊び人でないとかなり厳しいお店。
 
まさに遊び人ならではの、プチ楽しみ(*^_^*)。
堪能させていただきましたよ(^_-)-☆
スポンサーサイト

劇場型とんかつ屋でカキフライとロースかつ(*^_^*)(南長崎 とんかつ おさむ ロースかつ定食100g+カキフライ1個)

2016年11月04日 (金) 23:59 | 編集
遊び人ならではの、プチ楽しみ(^_^;)。

行列必至のとんかつ屋さんに並ばずに行ってみる。



平日の昼間、しかも最寄駅はどこ?みんなどうやって行っているの?みたいなロケーションのお店、「とんかつ おさむ」さんに行ってみた。

到着は11時半。
路地の角を曲がって、、お、もしかして本当に誰も並んでいない!?
お休みじゃないよね!?
暖簾に営業中の札に、、大丈夫、営業中。
南長崎 とんかつ おさむ 店構え(2016/11/4)
本当に並ばずに入れるかも(*^_^*)。
ガラガラっと引き戸を開けて中に入る。
お、満席だ。
でも、と入ってすぐ左に座っている人たちがいた、、、、。
やっぱり並んでいたかぁ、、、。
店内行列の席も満席。
外にもう一回出るべきか悩んだが何も言われないのをいいことに引き戸を背にして立って待つことにした。
その引き戸にはカキが少ないながら入っていることが書かれてあった。
さあ、ミッションが1つ追加になった(笑)。
ちなみに僕のブログのカテゴリーにはカキフライはあるが、とんかつはない。
よって、今からこの記事はとんかつではなくカキフライカテゴリーの記事となるのだ(笑)。

お店は年季の入った木造建築。
昔の造りらしくカウンター、座敷ともにゆとりを持った広さになっている。
コの字のカウンターに囲まれた厨房では親父さんが肉を切り、衣をつけてカツを揚げていく。
肉の塊がとんかつという料理になっていくのを目の当たりにできるのだ。
さすがに座敷からは親父さんの手元は見えないが立ち振る舞いは見ることができる。
最近はやりという劇場型レストラン、なんのことはない、ここにはずっと前からあるではないか。
カウンターは砂被り、座敷は桟敷、入り口の待ち席は一幕の立見席だ。
そして僕は立見席から砂被りへ昇格となった。
注文したのはロースかつ100gの定食にカキフライ1つをつけて。
カキフライは一人1つまでだった。
目の前で揚がっていくカツ、どれが僕のかな?なんて見ているうちに上がってきたロースかつとカキフライ
南長崎 とんかつ おさむ ロースかつ定食100g+カキフライ1個(2016/11/4)
いかにも王道(*^_^*)。
ロースかつはしっかり火が通りつつもうっすらピンク色が見える揚げ具合。
カキフライは結構大きめの粒をまとめて揚げてある。
「カキフライ、切りますか?」と聞かれてつい「はい」と答えてしまったのが残念。でもこういう切り口もいいか(*^_^*)。
南長崎 とんかつ おさむ ロースかつ定食100g+カキフライ1個(2016/11/4)
カキの中身がまだとろーんとしているのがよくわかる。
切り口の上からタルタルソースを盛って(笑)、一口でバクリ。
うーん、幸せでござる(*^_^*)。
次はちょっとだけ醤油をたらしてからタルタル。
うーーーーん、これもいい~~~~(*^_^*)。
次はカキフライ定食に単品かつをつけよう!そう決めた!!(笑)
そして、主役なのに置いておかれたロースかつ。
100gとは思えない大きさに真ん中から齧り付く。
南長崎 とんかつ おさむ ロースかつ定食100g+カキフライ1個(2016/11/4)
これまた美味しい(*^_^*)。

いつもいつも残念なのは冷めてしまわぬように食べるのであっという間に食べ終わってしまうこと。
今回もちゃんと余熱が残っている間に美味しくいただいた。
ああ、美味しいときは刹那ですなぁ。


南の島でまさかの出会い(*^_^*)(バリ Diving Resort Noble Bali Tulamben 冷やし中華)

2016年11月01日 (火) 23:59 | 編集
まさか、、そんな、そんなはずがあるわけがない。
午前のダイビングを終えて、レストランに落ち着いた僕たちを迎えたのは1枚のお皿だった。
お皿の上には麺が。そして淡い色で統一されたいろいろなトッピングがその上に。
バリ Diving Resort Noble Bali Tulamben 冷やし中華(2016/11/1)
どう見てもミーゴレンではない。
もしかして、もしかして、、箸を伸ばす。
おお?もしかしたら、やっぱり、、、、
冷やし中華だあ(*^_^*)。
彩りに合わせたかのように薄味のタレが麺に絡み、一気に箸が進む。
猛然と(笑)食べ進み、ふと気づくともう既に半分に(^_^;)。
振り返るとそこに褒子さんがいた。
「やっとここまでこぎつけたの」
聞けば全部こちらの食材・調味料で作ったのだそうだ。
現地の調理スタッフはもちろんオリジナルを知らない。
そんな状況でここまで作り上げるとは、その努力を思うと。。。。
あっという間にペロリ(笑)。(アレレ(笑))
2016年の冷やし中華、11月に、しかも南半球で食べ収めることができるとは思わなかった。
バリ Diving Resort Noble Bali Tulamben 冷やし中華デザート(2016/11/1)
褒子さん、感謝です!(^_-)-☆

ということで
冷やし中華2016第十四弾。
これが本当に締めなんだろうな~(*^_^*)
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。