NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016冬カキフライ始め(^_^;)。(虎ノ門 ビストロ ダヴ カキフライ7つとポテトコロッケ)

2016年10月24日 (月) 23:59 | 編集
2016冬カキフライ始め(^_^;)。

再就職活動ということで虎ノ門にある仲介会社に打ち合わせに行った帰り、昼食を食べて帰ることにした。
虎ノ門といえば、一時期愛宕で働いていたこともあり、いくつかひいきのお店もある。
その中で、、、と思いついたのが、ビストロダヴさん。
デカ盛りとはいわないがボリュームあるランチで、大粒のカキフライを出すお店だ。
思いついたとたん、頭の中はカキフライがぐるぐる。
急いでお店に直行、なんとか12時前に入店することができた。
以前と違って11:59までに入店すると100円引きという
システムはなくなっていたが、それ以外は昔と変わらない。
カキフライは4個、5個、7個から選べるところも変わっていなかった。
虎ノ門 ビストロ ダヴ カキフライ7つとポテトコロッケ(2016/10/24)
カキフライ7個を頼んで、お替わりできるスープをちびちび飲んでいると12時スタートのサラリーマンども(笑)が猛然と押し寄せてきてあっという間に相席、満席になってしまった。
ここの残念なところは喫煙可なところで、注文が来る前に一服する人たちが多い。
運悪く隣のテーブルに喫煙者が来てしまってむむむと思ったが、1本吸ったら満足したらしく、カキフライが来る前には煙い状態から逃れることができた。
虎ノ門 ビストロ ダヴ カキフライ7つとポテトコロッケ(2016/10/24)
出てきたカキフライ、別皿でタルタルソースが出されるのも嬉しい。
僕はカキフライはタルタルでもソースでも醤油でも大丈夫な派で(派閥になってないね(笑))出されたカキフライによって使い分けしている。
虎ノ門 ビストロ ダヴ カキフライ7つとポテトコロッケ(2016/10/24)
ダヴさんのはアツアツのときはタルタル、ちょっと冷めてくるとソースでという感じ。
カキフライは中粒のカキをいくつかまとめてフライにしているタイプ。
虎ノ門 ビストロ ダヴ カキフライ7つとポテトコロッケ(2016/10/24)
以前ほどの大きさではないが小粒ではないのでつなぎを感じることもなく齧り付くとカキが口いっぱいに広がる。
確か毎回、5個にしておこうか7個にしようか悩んでたなと苦笑しながら美味しくいただいたのだった。

さあ、今シーズンは何回カキフライを食べれるだろうか?(*^_^*)
楽しみ楽しみ。



スポンサーサイト

とろけるお肉の幸せ(蒲田 とんかつ檍 カタロースかつ定食)

2016年10月14日 (金) 15:26 | 編集
遊び人ならではの、プチ楽しみ(^_^;)。
 
行列必至のとんかつ屋さんに並ばず行ってみる。
 
 
 
 
と思ったのに早く着き過ぎて結局並んでしまった(笑)。
20分前に着いて2番目、並んでいたら開店時には後ろに15人ほど。

並んでいる間に注文を聞いてくれる。
カタロースかつ定食を注文。

いざ開店。並んだ順にカウンターへ。
揚げているのが見れるかなと思ったら、僕らの分は既に揚げてあって余熱で肉を休ませていた。
残念。

ザクザクと切られたカタロース、真ん中はピンク色(*^_^*)。
かじりつくと脂がトロけていく(*^_^*)。
蒲田 とんかつ檍 カタロースかつ定食(2016/10/14)

美味〜〜〜い!

ソースに岩塩に醤油に、と食べ比べ。
岩塩、ソースが美味しかった。
なんてやっていたらあっという間に完食。

とんかつというより衣に守られた上品なステーキみたいな感じでめちゃめちゃ美味かった〜(*^_^*)

ご馳走様〜♪


「普通」のかつ丼ってこういうのをいうのか、、、(*^_^*)。(西荻窪 坂本屋 かつ丼)

2016年10月12日 (水) 23:59 | 編集
 またまた残念ながら遊び人生活。
 商流だかなんだかわからないけど、とばっちりを末端にかぶせるのは止めてほしいよな~。

 ま、どうしようもないものは諦めて、、、、諦めて、、、          遊びましょうか?(^_^;)

 といいながらもすぐには遊びの予定はたたないもの。

 とりあえず、平日の昼間にしかできなそうなことをやってみる(^_^;)。



 何やらdancyuの誰かさんが日本一と称したかつ丼があるとのこと。
 自称「かつ丼ニスト(笑)」としては食べに行かなくちゃ(笑)と思っていた。

 平日の午後2時に西荻窪のお店に向かう。
 どこかな~?と探していると、店頭に4人ほど並んでいるお店が。
西荻窪 坂本屋 店構え(2016/10/12)
 あれかな?と近づいていくと探していた「坂本屋」さんだった。

 最後尾に並んで10分ほど。
 お店に入れてもらうと常連のおじ(い)さんたちが盛り上がっている。
 かつ丼を頼む。
 昼の営業時間が終わりに近いからか、おじ(い)さんたちは食べ終わっても盛り上がっている。
 こういうお店なんだな、きっと。
 食べログとか見ておしかける連中とか関係ないとお店もお客も通常運転。
 いいことだよね~。

 なんて考えながら(テーブルに通されたので作るところが見れなかったのだ)待っていると「お待たせしました。」の声とともに。

西荻窪 坂本屋 かつ丼(2016/10/12)
 これが「普通」のかつ丼かぁ。
 ふたをされず出されたかつ丼はちょっと厚めのかつに黄身が少し固めに仕上がった玉子、仕上げのグリーンピースがなんか懐かしい。

 いただきま~す!

 少な目で薄めの汁(ちょっと甘めかな)、見た目の通り固めの玉子、丼の大きさにちょうどいい盛りのご飯。

西荻窪 坂本屋 かつ丼(2016/10/12)
 ああ、これが「普通」のかつ丼なんだなぁ。
 丼からあふれんばかりに盛られた卵とじのかつや、ぎゅうぎゅうおしこめられたご飯、さあ対決だ!とばかりにテーブルに置かれるかつ丼。
 そういったパワフルとか若さとかに象徴されるものではなく、老若男女、万民が美味しく食べれるかつ丼があることを「普通」のかつ丼が思い出させてくれた。


 正直、日本一のかつ丼かと言われれば、僕はそうは思わない。
 でも、普通に美味しかったな~。
 いつでも気負わず食べれるかつ丼。

 いいかつ丼を教えてくれたdancyuだかの人に感謝!


 と思っていたら、色紙が飾ってあった(笑)。

 全然、日本一とか書いてないじゃん(笑)。
 しかも、なんだ、つい最近!?(^_^;)
西荻窪 坂本屋 これがあれね(^_^;)(2016/10/12)




 んでも、ご馳走様!(*^_^*)
 また、原点に立ち戻りたいと思ったときに食べに来たいと思います!

イタリア羊はお好きですか?(^_-)-☆ (銀座コリドー街 ネロ・オッキ 羊3)

2016年10月11日 (火) 23:59 | 編集
銀座コリドー街 ネロ・オッキ 羊3(2016/10/11)
イタリアン羊。
ネロ・オッキさんで。

ふだんは通り過ぎてしまうコリドー街の一角、
ふだんはどれくらいの価格設定なんだろう?(笑)


そして、ふだんはないという羊オンパレードメニュー!

まずは、、、、、肉吸い、、とな!?
肉吸いと言えば大阪~(*^_^*)。
どきどきしながら飲んだ肉吸いは羊の味がしっかりしたスターターでした~(*^_^*)。
銀座コリドー街 ネロ・オッキ 羊3(2016/10/11)
羊コロッケ、ポルチーニ茸のソースに押され気味(^_^;)。
(でも脂入れ過ぎるとこってりし過ぎるからあれでいい気がする)
銀座コリドー街 ネロ・オッキ 羊3(2016/10/11)銀座コリドー街 ネロ・オッキ 羊3(2016/10/11)











羊サルシッチャ、ワイルドライスの付け合わせが羊の肉肉しているのを引き立てる。
サラダはまさかのホットサラダ。ラム肉が柔らかく茄子と良く合う~(*^_^*)。
仔羊燻製ローストは嬉しさ爆発のボリューム、焼き加減も絶妙。
buono,buono,,,ottimo!(*^◯^*)
銀座コリドー街 ネロ・オッキ 羊3(2016/10/11)
五香粉を使ったピッツァも最後のグラタンも美味しかった~(*^_^*)。

羊4もさらに進化するみたいだし、次回が楽しみ楽しみ(*^_^*)!

安良里・秋刀魚・栗ご飯(笑) ダイビングが少ないなぁ~(笑)

2016年10月09日 (日) 23:59 | 編集
久しぶりの安良里行き。

とか言いながら2週間ぶり?(^_^;)

雨降っててちょっと面倒だけどウェット慣らしも兼ねてのダイビング。

予想外だったのはサンマ祭りをやっていたこと(^_-)-☆
美味かったぜぃ(笑)。
安良里 サンマ祭り!(2016/10/8)

黄金崎公園ビーチではニシキフウライウオ、ネジリンボウ、ミジンベニハゼなどなど。
ヒレナガネジリンボウは角度によっては全然見えず、2本目でやっと(^_^;)。

2日目はボート、、、海況あまりよろしくなく根崎を2本。
砂が舞い上がっていろいろ厳しいけど、オーバーハングに頭突っ込むとクリアクリーナーシュリンプがいたるところにいて、これはこれで嬉しい。
それにすっごく久しぶりにクシノハカクレエビも見れたし(*^_^*)。
安良里 タツミ飯(笑)(2016/10/9)

居酒屋タツミも最近は店じまいが早くて、昔みたいじゃなくなってきているけど、今の季節は栗ご飯に渋皮煮とか秋の美味いものたくさんでこれまた嬉し(*^_^*)。


「鹿全席・角から内臓まで中華で鹿を食いつくす会」で秋を喰らう(^_-)-☆(南青山 虎萬元)

2016年10月07日 (金) 23:59 | 編集
南青山 虎萬元 「鹿全席・角から内臓まで中華で鹿を食いつくす会」(2016/10/7)「鹿全席・角から内臓まで中華で鹿を食いつくす会」で秋を喰らう(^_-)-☆

南青山の虎萬元さんで鹿全席!

鹿の角酒(トカゲやヒトデもご一緒(^_^;))から始まって
まさに秋の豊かさがあふれんばかりの鹿のいろんな部位による料理の盛合せに皆から喜びの声があがる。
南青山 虎萬元 「鹿全席・角から内臓まで中華で鹿を食いつくす会」(2016/10/7)
鹿のスペアリブのスープで舌をリセットしたら驚きの鹿のレバー!
南青山 虎萬元 「鹿全席・角から内臓まで中華で鹿を食いつくす会」(2016/10/7)
これをレバニラなんて言ってはいけません(笑)
ペーストになんかしていないのにまるでペーストのように蕩けていく鹿レバー。
これにはまったくヤラレました(*^_^*)。
白い一皿で興奮を穏やかに収めていった後は、どどーーーーんと鹿骨付き背肉の窯焼き!すんげー迫力!(*^_^*)!
南青山 虎萬元 「鹿全席・角から内臓まで中華で鹿を食いつくす会」(2016/10/7)
焼き加減も見事の一言。ちゃんと火が通っているレア。
鹿肉そのものが一番わかるんじゃないかな~
美味かったの一言!
鹿前足にアキレス腱の煮込み、食感が違いが楽しい。
ご飯で締めるのは日本だけじゃないんだね。
この締めがまた!
骨付き肉がどんと入っているかと思ったら真中にはにんにく玉ごと、銀杏に干葡萄に、、、

ああ、ちゃんと狙っておこげまで(*^_^*)
南青山 虎萬元 「鹿全席・角から内臓まで中華で鹿を食いつくす会」(2016/10/7)

もう満足(*^_^*)
鹿の美味さに支えられた中華の技に完敗な乾杯!

南青山 虎萬元 「鹿全席・角から内臓まで中華で鹿を食いつくす会」(2016/10/7)

山梨県北杜市には捕獲から2時間で処理できる食肉加工施設があって年200頭以上の加工ができるらしい。
年16000頭も捕獲する予定から見るとあまりにも少ないけど、こういう機会や鹿肉を常時扱うお店が増えるといいね。

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。