NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

帰りはいつも 小笠原2013-2014 (2014/1/3編)

2014年01月06日 (月) 01:07 | 編集
 2014/1/4、まだ年を打つのに2013年と指が動いてしまう僕(笑)。

 さて小笠原も最終日。午後にはおがさわら丸で父島を発つことになる。
 最終日、今まで一度も行けていない南島に行こうと思い立ち、ダイビングをキャンセルして南島観光ホエールウォッチングツアーに潜り込むことにした。

 ドルフィンスイムができるかもということでウェット、3点を持って集合場所へ。
 家族連れ中心に総勢35名(かな?)。MissPAPAYAは満員だ。

 PAPAYAさんのツアーは船で南島に上陸できる。泳いで上陸するツアーってカメラとかどうやって持っていくんだろう?










 が、最終日の4日、今までの西風、北西の風から一転南風に風向きが変わった。しかもかなり強い。
 二見港を出て南島に向かうのにかなりしぶきを浴びながらの航海。
 いやな予感はあたってしまった。


 南島上陸断念。

 うーん、神様はどうしても南島に上陸させてくれないらしい。
 そんなに悪さはしてないつもりなんだけどなぁ、、、、、(笑)。

 どうもここぞの一発というときの運の無さは直らない。いや、治らないか(笑)。
 (オーストラリアに行ったときもエアーズロックに登れなかったしなぁ(-_-;))

 船は反転して兄島瀬戸へ。
 北上するのは追い風だから楽チン楽チン。

 西島近くに着いたとき、それは始まった。

 オスとメスのザトウクジラのダブルブリーチ。
 しかも連発連発。

 大人のクジラのブリーチは迫力迫力。


小笠原 西島でのザトウクジラのブリーチ 動画でかいサイズで
 南下しながらのブリーチだったので船はばったんばったんとうねりに跳ねていたが、それよりクジラたちはざばんざばんと跳ねていた。


人丸島の由来、柿本人麻呂岩だそうです(2014/1/4 人丸島)
 迫力のブリーチの後は、人丸島の由来の岩を見たり、兄島瀬戸の宮之浦湾に親子クジラを探しに行ったり、キャベツビーチでシュノーケリングしたり(僕はしなかったけれど(笑))、半日コースであることを考えるとかなり盛りだくさんのメニューをこなした。
 最後は初寝浦で親子クジラを見て帰港。
お母さんクジラのブローははっきりしてます(2014/1/4 父島初寝浦)子クジラのブローはちいさくてかわいいね(2014/1/4 父島初寝浦)






 またまたうねり乗り越え、しぶきを浴びての帰港となった。




 そして、寂しいなぁ。
 出立の時刻となってしまった。

 おがさわら丸まで送ってもらう。
 乗船してAデッキ右舷に陣取る。

 タラップが外され、太鼓が鳴り響き、あっけなく桟橋を離れる。
 お見送りの人たちが制限ラインを超えて桟橋ぎりぎりまで来てくれて手を振ってくれる。
 大きな「いってらっしゃい」の旗が振られる。
いってきます!(2014/1/4 父島二見港)盛大なお見送り、嬉しいですね\(^o^)/(2014/1/4 父島二見港)






 そしてダイビング船、観光船の一群がお見送りに伴走を始める。
 見送る側、見送られる側、ともに手をふり、挨拶を交わす。

 そしてお見送りダイブ!
 今回お世話になったウラシマンの森下さんはOtohimeの一番上からのダイブ!!
ウラシマントリプルダイブ!森下さんの髪が七三なのが(笑)(2014/1/4 父島二見港)
 彩乃ちゃん、常連のKさんのダイブもタイミングよく寂しいから楽しい気分に切り替えてくれた。




 というわけでその気持ちを最後の一文にしよう。

 「行ってきます!」
スポンサーサイト

小笠原がもう見渡せるくらいに

2014年01月04日 (土) 14:57 | 編集

小笠原がもう見渡せるくらいに

年末年始、楽しいときを過ごすことができました~!
ありがとうございました~!!

そんな小笠原ももう遠くに、

これから前線越えて内地に帰ります


お世話になったウラシマンの皆さん、ふくちゃんの皆さん、ありがとうございました~!!

だんだん伊豆ダイバーに戻ってるような(笑) 小笠原2013-2014 (2014/1/3編)

2014年01月03日 (金) 22:04 | 編集


 2014/1/3、今日は風も昨日より弱くなってきている。
 波も収まってきている気がする。

 船は港を出て南に向かう。
 今までのようなうねりもほとんどない。

 のんびり1本目。
 なんとなんとの鯨崎。

 またまたモリシタダテハゼかぁ。
 昨日はとりあえず撮っただけだったので今度はばっちり撮るか!
 っと気合いを入れたところでブリーフィングは、、、、

 ハタタテハゼにレンテンヤッコ、ヒレナガヤッコにコガネヤッコと豆腐三昧(笑)。
 とかいいながら裏メニューはベニゴンベ(笑)。

 浅場を回るといいながら結局水深30mオーバー(笑)
 ぐるぐるっと回って、何撮っているかっていうと、ハタタテハゼだったりする(笑)。
 クビアカハゼも見てるだけ、だってなんか太いんですよ(笑)。

 んで最後にヒットしたのは、、安全停止中のハダカカメガイの仲間(笑)。
 南の島にもいるんだねぇ、なんで伊豆におらんの?
ハダカカメガイの仲間(2014/1/3 鯨崎)


 船は南下して南島近辺へ。
 さて、レーガンかなと思っていたらやっぱりレーガンだった(笑)。

 2本目。さくさくレーガン。
 エントリーしてツバメウオちらほら。
 深場に向かってウメイロモドキを狙うも、、、、、、、













 ぁぁ~~~、、、、、遠くに群れが行く。往く。消えていく。
 うねりのせいなのか、白濁りしてて透明度が悪くいるんだろうけど見えない。
 ま、つまり、見えない=いない、だから仕方がないよね。

 エキジットのため、だんだん深度をあげてきたところで、地元の定連さんがガイドのエビゾウさん(笑)を呼んで戻っていく。
 かなりのスピードだったので、何だ何だ?と付いていくも指差すのは岩場。
 ?と思っていたらデジカメのモニターを見せてくれた。

 おーーーーー、なんとなんと、ひっさしぶりに見た!
アサヒハナゴイ、ひっさしぶりに見ました(2014/1/3 レーガン)
 アサヒハナゴイ。

 新年からおめでたい色柄(^_-)-☆。

 おーーーと思って気合い一発。
 実際、撮ったのはワンショット。なのでちっちゃいちっちゃい(笑)。



 エキジットしてのランチはハートロックを眺めながらの優雅なランチ。
 (メニューはまたまたレタスハムチーズバゲットサンド。レタス山盛りでうまいんだぞ(笑))
 ランチ後は南下して南島近く。
 イルカがいたってことでデザート(笑)にドルフィンスイムと思いきや、フィンのストラップが破損。
 みんなが泳いでいるのを船上で指をくわえてみるばかり(^_^;)。


 デザート食べ損なった(笑)ところで3本目。
 最後はドブ磯。

 エントリーして、さすがに今回はイルカはおらず(笑)。
 岩の間にめぼしい魚はおらず。
 途中から外回りに。出たとたん、ウミガメが遠目を横切っていく。クマザサハナムロの群れが眼下を通り過ぎる。
 あら~ん。なんとも消化不良(笑)。
ヒラムシの仲間(2014/1/3 ドブ磯)
 そんなこんなでちょっと早めのエキジット。
 最後にカマスサワラが3本、ドブ磯に向かっていくのを見送ったのだった。


 船は昨日までのうねりを全く感じず、二見港に戻ってきた。
 と最後に船の向きが変わる。
 もしかして?と思ったら、もしかして(笑)。

 最後は大人の鯨2頭、でっかいブローに見送られ、お見送りしにきてくれた(だんじてそう思うことにした(笑))イルカたちに挨拶をして港にもどったのであった。
最後は大人のクジラが締めてくれました(2014/1/3 二見港)




  振り返るとなんだか伊豆での潜り方が戻ってきているような1日だった(笑)。


小笠原で何故に愛媛!?

2014年01月03日 (金) 00:04 | 編集


小笠原で何故に愛媛!?

深夜のお助けマン(笑)の小笠原佐藤商店にて
何故か愛媛のアイスが評判なんだそう

なんでだ?(笑)

ふんわりふわふわの1日でした  小笠原2013-2014 (2014/1/2編)

2014年01月02日 (木) 17:34 | 編集
 2014年1月2日である。

 昨日の夜は夕食を食べながら、ついついGACKT様の一流ぶり(笑)を見ていたら、土砂降りの雨。
 「傘がない♪」by陽水、ので飲みにはいかず、、、、ばったり寝てた(笑)。


 雨降って地固まる、じゃないけれど(笑)、風は相変わらず強いものの何となく暖かいものになっていた。

 1本目の長崎に向かう途中、船のスピードがゆっくりになった。
 全員、上のデッキに。
 ブローが見えた。かなり遠い。近くまで行ってみるもテールをあげて潜ってしまっていたため、次どこにあがるかわからない。
 みんなで探していると、ああー遠いー。
 まあ、毎回毎回、近くだったり、バタバタ遊んでいたりっていうわけにもいかないよね。


 気を取り直して1本目。長崎。

 エントリーすると、まずはツバメウオ、は素通り(笑)。
 サンゴの大きい根にホワイトチップのご機嫌伺いに。





 が、お出かけ中でした、残念。
 留守宅を守るシラヒゲエビさまにご挨拶してブイ下に戻りツバメウオに。

 100枚くらいはいただろうか。

 ふんわり漂っているのを見てるとなんだかこっちもふんわりしてくる。
 群れからはぐれると一生懸命ぴょぴょぴょっと泳いで合流しようとしているのを見てるのも楽しい。
ツバメウオが漂っているのを見るとほんわかしますね(2014/1/2 長崎)
 ふわふわ、ふわふわ、ほんわかしながらエキジット。


 2本目のワシントンビーチまで移動して休憩。
 その間に体験ダイビング、を見ていたら、なんか小魚が飛んできて船にぶつかる!?

 !?

 と、イルカだった。
 遊びなのか、真剣なのか、イルカから逃げる魚がぴょんぴょん水面を飛んでいく。
 一転、盛り上がる船上。
 だけど、イルカは船の周りにとどまることなく離れていった。


 2本目はワシントンビーチ。
 ところでなんでワシントン?

 エントリーするといきなりホシエイのでかいの。
 その後はアカシマシラヒゲエビとソリハシコモンエビとサラサエビの根に。
 アザハタもいるらしいんだけど全然目に入らない(笑)。

ソリハシコモンエビ、きれいです(2014/1/2 ワシントンビーチ)
 根に頭を突っ込んでソリハシコモンエビを撮っているとサラサエビが僕の手にのってクリーニング。
 サラサエビにクリーニングされるのは初めて。(伊豆じゃ逃げるばっかりだもんなぁ)


 エキジットしてランチ。
 風さえよければ天気良し、陽の光もぽかぽか、もちろん周りの景色も豪快豪快。
 となればランチも豪快に(笑)。
船上で食べるランチは実はお手製(^_^;)(2014/1/2 ワシントンビーチ)
 ハムレタスチーズのバゲットサンド。うまい(笑)。


 ランチ後は眠くなってうたたね(笑)。
 気づくと船は二見港に入っていた。

 あれ!? とそうなの?
 そうだった。

 3本目。
 製氷。です。そうです。シロワニです。


 エダサンゴの草原にエントリー。
 エダサンゴの坂を降りていくと、、おーいきなりシロワニが。
 早い時間だったせいと透明度がよかったせいか、シロワニの姿もしっかり。
 前回みたいにぬっと出てくることがないので気持ちも穏やかに(笑)
透明度いいとシロワニの迫力もアップ!(2014/1/2 製氷)

 これも繁殖期だけの集まりだそうで、何でここに集まってんだろか?
 というか何でそれを知ったんだろか?


 不思議だ、、なんてあがってきたのだが、
2014年、今年もふんわりいきたいものですね(2013/1/2 製氷)
 ふわふわ、でも懸命に泳いでいるクラゲを見ていたらなんだかこっちもふんわりしてきてエキジット。


 今日はなんだかふんわりふわふわの1日でした。


≫ "ふんわりふわふわの1日でした  小笠原2013-2014 (2014/1/2編)" の続きを読む...

クジラも初泳ぎ、証明書もらった?(笑)  小笠原2013-2014 (2014/1/1編)

2014年01月01日 (水) 19:03 | 編集
 新年明けましておめでとうございます!
 今年もよろしくお願いいたします!!

 年越しは宿横の公園の広場でイベント見て、カウントダウン花火を見たらほぼ(笑)ダウン。

 初日の出は宿の窓から(笑)
 疲れてるんかなぁ(笑)。


 小笠原の空には鯨が泳いでいると聞いていたので見に行った。
朝からクジラが空を舞っています!(2014/1/1 B-しっぷ)
 折からの西風を受けて親子の鯨は元気に空を舞っていた。

 この日は日本一早い海開きのイベントがあって、記念に証明書をくれることになっている。

 もちろん、ダイビングでもOK。
 ということでもらってきましたよ、観光協会に行って申告するとご自分でお名前をお書きくださいと(笑)
今年の初泳ぎ(ダイビングにお見送りダイブ(笑))の記念(2014/1/1 B-しっぷ)

 ということで
鯨崎でモリシタダテハゼのリベンジをはたしたことや(キラキラの星を背負ったきれいなハゼでした)
閂ロックの激流にまるでスノボで斜面を滑っているような感じで楽しんだことは、、、、







 書けるかな(笑)、
これから夕食(スパゲッティ茹でてミートソースとポテトサラダ)、
そして飲みに行っちゃうかも、




(笑)

そしたらきっと倒れるだろうなぁ、


倒れたら


ごめんなさい(笑)。
≫ "クジラも初泳ぎ、証明書もらった?(笑)  小笠原2013-2014 (2014/1/1編)" の続きを読む...
Powered by . / Template by sukechan.