NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

マグロの尾の身、料理してみた。から揚げにフライに煮付けだよ

2012年05月31日 (木) 00:51 | 編集
 2012年5月、久米島に潜りに行ってきた。
 初めて行った久米島、なかなか面白かったのでこれまたリピートしてみたいと思うところが一つ増えた。

 さて、今回、久米島-那覇、那覇-羽田の乗り継ぎで帰ってきたのだが、乗り継ぎの間の時間を長く取れるようにして那覇でいろいろしてきた。
 その中の一つに前回初めて行ってみた「泊いゆまち市場」での買い物がある。
 泊いゆまち市場は沖縄県最大の魚市場。
 その日に水揚げされた魚を売っているが、嬉しいのは場内でマグロの解体をしてて、新鮮なマグロが手に入ること。
 しかも、トロや赤身はもちろんのこと、ふだんあまり手に入らない内臓や目玉、カマなんかも手に入る。
 しかも安いのだっ!

 そして、今回、手に入れたのは尾の身。
 本当はまた、ホシ(心臓)が欲しかったんだけど、回ったお店全て売り切れ。
マグロの尾の身(皮付き)を買ってきた(2012/5/27) 今回はなぜか内臓系は卵と白子が目立った。
 「(ホシ)売り切れちゃったんですよ」と申し訳なさそうに言うお店の人と話しているうちに尾の身を買っていくことに。
 サービスしてもらって大量に持ち帰った尾の身は約4kg!(ちなみになんと400円!)

 さて、インターネットでレシピを探しても皮の付いた尾の身のレシピは見当たらない。
 TATSUMIのたけさんに聞いて熱を加えると筋も皮も柔らかくなるというのがわかったのでとりあえず3つ作ってみることにした。

 まずはフライ用に皮を削いだものと残したものをいくつか。
マグロの尾の身の皮を削いでフライに(2012/5/27)

 煮付け用に皮を付けたまま、ぶつ切りに。
マグロの尾の身、皮付きぶつ切りで煮込みに(2012/5/27)


 せっかく揚げものをするので、煮付け用にぶつ切りにしたものをから揚げ粉でから揚げにしてみた。
マグロの尾の身、ぶつ切りをから揚げに(2012/5/27)
 中の赤さが残るのと、皮に十分に熱が入るようにいろいろ揚げ時間を変えてみた。
 皮に熱が通って柔らかくなるにはかなり時間がかかることが判明。
 から揚げにするには皮がない方がいいように思う。
 それ以外はアツアツで食べるとふわっとして、なおかつ冷めると肉質が柔らかくしまっておいしかった。

 フライは皮付きと皮なしを。
 から揚げで皮付きはおいしく揚げるのに時間がかかるのがわかっていたので、160度でじっくりと。
 皮なしは180度でさくっと短時間に。
マグロの尾の身、皮を残したのと削いだのをフライに(2012/5/27)
 フライは普通においしかった。
 筋は熱が入ってきちんと柔らかくぷりぷり。冷めても筋はぷりぷりのままのさくさくのマグロフライだった。

 最後は煮付け。
 一緒に入れるのはシンプルに大根だけ。生姜、醤油、砂糖、みりんで薄味にしてみた。
 大根はしっかり煮込んだけど、マグロはさっと煮込んでマグロの味を残す感じ。
マグロの尾の身、定番(笑)の煮付けに(2012/5/27)
 皮の部分はもっちもちのぷるっぷる。噛みごこち最高(*^_^*)。
 もう少し小さめに切って濃い味付けにしてぶっかけにしようかと思ったけど、これはこれでおいしかった。


 今回は尾の身、皮付きといういわゆる普通に買ってきて食べるマグロに近い感じだったけど、髄とか買ってきて食べてみたいなぁ。




 本当は、卵や白子を買ってきたかったんだけど、、、、
 想像してみて!

 直径10cm、長さ30cmくらいの卵が4本、白子も同じくらいの量。

 どうやって料理する!?(笑)



≫ "マグロの尾の身、料理してみた。から揚げにフライに煮付けだよ" の続きを読む...
スポンサーサイト

夏の風物詩、納豆そば冷がけ(2012/5/29日本橋室町そばよし)

2012年05月30日 (水) 14:52 | 編集
 いつの間にやら暖かいというより、暑いが似合ってきたような今日この頃。

 日本橋室町の「そばよし」に納豆そばが戻ってきた。

 数年前、職場が近かったことから毎朝の食事がここだった。
 仕事が忙しくなると晩飯も(笑)。

 ここは鰹節問屋さんが鰹節自体の魅力の発信と鰹節の成形の際に出た削りくずの有効活用を考えて始めたそば屋さん。
 だしの旨さは開店当初から。
 使うそばやうどん(ゆで時間を考えてきしめんなのだ)も注文を受けてからゆでていったん冷やし、それから熱いものはまた湯に通し、冷たいものは水に通してから急速水切り機にかけてきちんと水を切って出してくれるというこだわり。
 天ぷらも店内で揚げているなど、そこらへんの立ち食いそば屋とは一線を画する。

 そんな「そばよし」で夏になるとメニューに加わるのが納豆そば。
 基本は冷がけなんだけど、注文時に言えば、普通の冷でもあつでもしてくれる。
 でも僕が好きなのはやっぱり冷がけ。
日本橋室町 そばよし 納豆そば冷がけ(2012/5/29)
 トッピングのねぎも自分で好きなだけのせることができるので写真は山盛り(^_^;)。


 それと忘れてはならないのがおかかごはん。
 ライス140円か半ライス70円を買っておいてあるおかかをかけ放題!
 もう、ご飯一粒一粒がおかかまみれになるまでかけても良し、茶碗の片隅をあけてそこに固めたおかかに醤油をかけて口の中に放り込めば、口いっぱいに鰹節の香りが膨らむ。
日本橋室町 そばよし 半ライス(2012/5/29)日本橋室町 そばよし おかかごはんPOP(2012/5/29)







 個人的にはこの組み合わせが最強!
 今年は納豆そばは430円、半ライスとあわせても500円とワンコインで大満足\(^o^)/
日本橋室町 そばよし 店構え(2012/5/29)
 他にもあなごの天ぷら、かき揚げ、季節物で生のりなんかもあって「そばよし」、いいお店です!!
≫ "夏の風物詩、納豆そば冷がけ(2012/5/29日本橋室町そばよし)" の続きを読む...

きよせなう(笑)

2012年05月24日 (木) 22:50 | 編集


きよせなう('-^*)b

久米島まで来てなんで清瀬、しかも東京の、かというと
店構えに惹かれて入ったらこれまた雰囲気のいいお店でオーナーが清瀬出身だったという(笑)

初めて飲む『久米島』
かなりおいしいぞ(*^.^*)


今日も楽しいダイビングでした\(^o^)/
明日も頑張ります!!

トンバラなう(笑)

2012年05月24日 (木) 14:13 | 編集

トンバラなう
今から潜ってきます!!

津波警報発令! そのとき『一般』ダイバーはどう行動すべきか?

2012年05月19日 (土) 02:00 | 編集
 ちょっと真面目な話(笑)。

 最近、Facebookを始めたんだけど、そこからここのサイトを知った。

 ocean+α(オーシャナ) 海とダイビングの総合サイト
 このサイト、ダイビングに直接関係ない海のことなんかもあったり、硬軟ごちゃ混ぜにして扱っているのでかなり面白い。

 その中で、津波についての検証をやったという記事があった。
 少し、話は聞いていたのだけど、
津波警報発令! そのときダイバーはどう行動すべきか? ~ダイビング中の津波・公開検証会~
 かなり面白いことをやっていたみたい(内容はリンクを読んでね)。

 ガイド陣の中でも意見が割れていたり、
水深15mからの浮上が2,3分とかいろいろ興味深い点があった。

 水面で機材を捨てるにしろ、浮上後すぐがいいのか、エキジット間際がいいのか、
エキジット間際だったら後からエキジットしてくるダイバーの邪魔にならないか、
フィンは足が立ったら脱ぎ捨てた方がエキジットしやすいけど、絶対次のダイバーの邪魔になるんじゃないか

 エキジットのときに多くのダイバーが狭いエキジット口に殺到したらどうするのか、
水面で待つのか、無理やりエキジット口以外から這い出るのか、全然別のところに回るのか、
仕切りは現地ガイドに任せるにしても、一般ダイバーは自己責任でヘルプにまわるべきなのか、
現地ガイドはそれを受け入れるべきなのか、
ダイブマスターなら?レスキューダイバーなら?

 沖に逃げたらどうすべきなのか、浮力は?シュノーケルなのかレギュレーターなのか、
皆で固まっているべきなのか?




 ガイド陣が考える「その海で、最善と思われる方法を決め、忠実に迷いなく行動すること」には一般ダイバーがどうすべきかも含まれていると思う。
 というか一般ダイバーの方が人数が多いのだから一般ダイバーも同じような体験をするべきだと思う。

 ファンダイブ以外にもいくらかお金をとってこういう「体験」ダイビングをすべきではないかと思う。
 それはPADIなんかの指導団体が仕切るより現地のサービスが「その海で、最善と思われる方法を決め」て実施する方がいいのではないか。
 ダイバーズディのイベントでもいい。
 避難心得カードでも作ってイベントで体験ダイビングした人たちに配るといいのでは?
 (あ、でも実際の避難場所へは歩くだけにしたい(^_^;)走るのはちょっと(^_^;)、、実際に歩くのは必須だと思うけどね(笑))


 地震国の日本にいる以上、一般ダイバーも考える必要はあったと思うけど、一般ダイバーだけではどうにもならないので、伊豆だけでなく各地のガイドも協会の宴会の口実でもいいから実施してもらえると嬉しい。



注文の多い料理店(笑) in 中野

2012年05月18日 (金) 22:18 | 編集
 もしかして金曜の19時なんて時間だったからいけなかったのかもしれない。


 その日、僕は郵便物を出した帰りに一度行ってみようと思っていた焼き鳥屋に向かった。

 そこは料理店をランキングするサイトで地域一番のお店。

 中を覗くと先客は2人だけ。カウンターがないけど、2名用テーブルが2つある。
 大丈夫そうかな。

 ガラスの扉を押し開ける前に、中を見ると、背の高い若い店員が厨房からこっちを覗いている。
 動かない、けど、じーっとこっちを見ている。

 ?

 中に入り、「1人」と告げる。

 するとこっちを覗いていた店員が出てきて久しぶりにびっくりするセリフを聞かせてくれた。

 「すみませんがお一人様はお断りしておりまして、、、。」

 「は!?」

 「ですから申し訳ありませんがお一人様はお断りしております。お二人様か4名様のみでお願いしております。」



    ?


 「・・・・・・ それじゃあ、3人とか5人もダメなの?」

 「はい、お二人様か4名様でお願いしております。5名様以上でもお断りしています。」






 「はあ、、、わかりました、、それじゃまた、、」





 お一人様はカウンターがないからお断りっていうのもまあわかるけど(今考えるとそれも不思議(笑)な話だけど)3名とか5名以上でも断っちゃうんだ。



 まあ注文の多いお店っていうのは世の中にあって、そういうお店に噛み付いてもこっちが負けるだけで仕方がない。

 どんなに評判が良くても、そういうお店には行かないことにしているのでもう行かないけど、他のお客さんはちゃんと人数合わせて行っているんだ、すごいなぁ。


≫ "注文の多い料理店(笑) in 中野" の続きを読む...

2012年御蔵島ドルフィンスイム、始めました♪(2012/5/11-13)

2012年05月14日 (月) 15:17 | 編集
 2012年5月、いよいよ今年のドルフィンスイムシーズンの始まり!
 (御蔵島自体は3月からドルフィンスイムできるそうなんだけど水温16度、気温10度じゃあちょっとご遠慮したい(笑))
 今回もダイブキッズさんのツアーでのドルフィンスイムとなった。


 2012年5月11日、金曜日の22:20、さるびあ丸は竹芝桟橋を出航した。
 相変わらずの条件付き出航。
 天気自体はいいのだけど、北海道東沖のおっきな低気圧からのうねりが問題みたい。


 はたして5/12の御蔵島への下り便、うねりは桟橋ぎりぎり。
 船長は一回トライしてあっさり離岸。
 船内には「えーなんでー!?」の悲鳴があがる。
 (後で聞いたら御蔵島の人たちも接岸すると思っていて、あれれって感じだったとのこと(^_^;))

 かくして八丈島巡りの船旅は続く、、、。


御蔵島のイルカさん(2012/5/12)



 上り便も条件付き。今度はちゃんと接岸した。

 さっそく午後、ドルフィンスイムに。
 半分眠った感じで通り過ぎる群れに悪戦苦闘(^_^;)。
 島を一周して探しに探し、終わりごろの群れが、、遊んでくれましたぁ\(^o^)/

↑を大きいサイズで(^_^;)

 久しぶりのドルフィンスイムに満足して帰ってくると
ちょうど太陽が沈むところだけ雲がないってすごい!(2012/5/12)
吉祥丸クラブハウスの前では壮大な光景が!
御蔵島から見た海面に沈む太陽(2012/5/12)

 御蔵島に来て初めて海の中に没する太陽を見た!!
 ↑の写真を見てもらえばわかると思うけど、三宅島は雲がかかっておそらく雨。
 三本岳の奥に神津島、式根島新島が見えて、太陽が沈んでくるあたりは(ハレーションでとんじゃってるけど)ちょうど雲がない。
 期待通り、太陽は空を紅く染めながら海に没していった。
 太陽さんさようなら♪

 しっかり動画にも収めたけど、隣でプロっぽい機材で同じように撮影している人たちが、、、


よく見たら、フジテレビの「とくダネ!」に出ている天達気象予報士だった。
フジテレビとくダネ!の天達さんが取材に来てましたょ
 ミーハーにも一緒に写真を撮って(笑)

 きれいな日没を堪能した後はお待ちかねの晩御飯。
ダイブキッズRyoさん特製パエリア、うまい(*^_^*)(2012/5/12) クラブハウス泊まりは晩御飯は手作りBBQ!
 Ryoさんお手製パエリアから始まり、
吉祥丸クラブハウス特設BBQ部屋で腕を振るうダイブキッズRyoさん(2012/5/12)ドラム缶鉄板でダイブキッズRyoさんが腕を振るうは、焼肉、野菜炒め、たまには漁師さん差し入れの魚もあったりして、
イルカの話、クジラの話、海の話、御蔵島の話なんかで盛り上がりながらお腹いっぱいになるまでBBQを楽しんだのだった。




 明けて5/13はうねりは残るも凪はよく朝食をとってのドルフィンスイムとなった。
御蔵島のイルカさん(2012/5/13)
 前日と違って反時計周り。桟橋を出てほどなくして群れ発見。
 なんどかエントリーするもスルー率高し。
御蔵島のイルカさん(2012/5/13)
 島を半周してやっと遊んでくれる群れを見つけて遊ぶ。
 むー、体力不足をまざまざと感じる(^_^;)。
 ダッシュ力が落ちて、持久力も落ちた感じがする。もちょっと体力つけねば遊んでもらえない(^_^;)。
御蔵島のイルカさん(2012/5/13)
 最後はギブアップ気味で終わり。
 それでもとっても楽しかった。

盛大なお見送りでした、御蔵島また来ます(2012/5/13)
 上り便は当然のように接岸。盛大なお見送りの中、御蔵島を離れた。




 さるびあ丸はかめりあ丸と違ってレストランが高級っぽかったり、展望できるデッキが多かったりしてちょっといい。でも僕個人としてはいつでもレストランを開放してくれるかめりあ丸の方が時間をつぶしやすい気がする。

 さるびあ丸から見る日没は雲の中に、富士山も雲に隠れて見えなかったけど、竹芝桟橋に着いた僕らを迎えてくれたのは東京タワーだった。
竹芝桟橋に着くと東京タワーがお出迎え(2012/5/13)




 さて、今年のシーズン、御蔵島に何回行けるかな、、。

≫ "2012年御蔵島ドルフィンスイム、始めました♪(2012/5/11-13)" の続きを読む...

懐かしのササップ(サワーソップ)

2012年05月08日 (火) 19:17 | 編集
 ホーチミンのベンタイン市場で懐かしいものに出会った。

 それはササップ。ササップでググってもあまり出てこないが、サワーソップでググると結構出てくる。

 思い起こせば、初めての海外旅行、ダイビングライセンスを取りにサイパンに行った旅行だったが、そこで見つけたのがササップ(Soursop)。のジュース(笑)。

 初めての海外だったので何でも初めて。

 CoffeeShopでコーヒーのrefillができるなんてとても新鮮で、何杯もお代わりしたもんだった(笑)。
 (Denny'sとかはその前に行っていたけど、ちっちゃなCoffeeShopでも大丈夫っていうかその方が当たり前っていうことにびっくりしていたなぁ)

 ササップの缶ジュース。
 日本で飲んだことのない味で甘くておいしい味だった。
 何本かスーツケースに詰めて持って帰ったりしたのを覚えている。

 日本に帰っていろいろ調べたけど、当時はGoogle、Yahooはおろか、パソコン通信の時代。
 20年も前、テレホーダイすらなかった頃、ササップなんてひっかかってこず、日本じゃ知られていないもんなんだとあきらめたのだった。


 そんな、あきらめたことすらも忘れていたのに、まさかホーチミンで、たまたま座ったベンタイン市場のお店で再会するとは(笑)。

 暑くて暑くて仕方がなかったので頼んだシントー。
 中に入れる果物の中にササップがあったのだ。

 おー!

 なんと懐かしい!

 すかさずササップのシントーを注文!

ササップ(サワーソップ)のシントー、冷たくておいしい(*^_^*)(2012/4/27ホーチミン)
 でてきたのがこれだ!!


 昔懐かしい味。
 缶ジュースとは違い、生の果肉を氷と一緒にすりつぶすのでねっとりとした食感(*^_^*)。

 おいしー!!!


 たった20分しかないツアーの自由時間でまさかの再会!

 とっても嬉しかった。おいしかった。

 また飲みたい。
シントーを飲んだお店。椅子が小さい(笑)(*^_^*)(2012/4/27ホーチミン)

 今度は日本でも手に入るかな、少なくとも正体(笑)はわかるな、そんなことを考えながらツアーバスに乗り込んで、、、


、、、



、、、、、




ふと、気づいた。


 僕は、実際のササップを見ていないじゃないかあ!




 実物のササップを見ることができる日はいつ来るのだろうか、、
 (えっ!?新宿の高野か日本橋の千疋屋に行けって!?  確かに(笑))


≫ "懐かしのササップ(サワーソップ)" の続きを読む...

JAL成田-ホーチミン便(JL759,750)の機内食 (2012/4/25,28)

2012年05月07日 (月) 17:17 | 編集
 2012年4月にホーチミンに行ってきた。

 JTB旅物語のツアーだったんだけど、1週間前までは航空会社がわからないのでドキドキしながら待っていたらJALとなった。
 せっかくベトナムに行くんだからベトナム航空に乗ってみたかったんだけどなぁ(笑)。
 (ちなみにJL,NH,VNの中のどれかだった)

 使用機材はB777-300。
 団体旅行って座席の指定ができないものだと思い込んでいたけど、JALで行くJTB旅物語は最終案内にWebチェックインの承認番号ってのがのっていて72時間前から座席指定やWebチェックインができるようになっていた。
 (今どき当たり前なのかな?最近、団体旅行って行かないもんで(^_^;))

 もちろん窓際指定(笑)。しかも行きはK列。帰りはA列という富士山シフト(笑)。ちなみに一緒に行った親父様も外が見たいと熱望され、縦並び(笑)という座りになった。

 成田もなんとなく久しぶり。
 なのに、体調が悪いせいか、空港内でうろうろせず(というか親父様に連れ回らされる(笑))。
 せっかくの初ベトナムだというのに気合いが入らない。


 そんなベトナムはホーチミン行き。
 初ベトナムでハノイではなく、ホーチミンを選んだのは日本の大阪、中国の上海と同じように商業での大きな都市というイメージがあったから。
 さて、どうなるか。

 という、2012/4/25成田発ホーチミン行きのフライトでの機内食
2012/4/25夕食 JL759便(成田-ホーチミン)にて

 JALのCAさん、機内食を配るのにいきなりA4くらいのボードを突き出してきた。
 何?と見ると、本日のメイン料理の写真が並んでいる。
 「どちらになさいますか?」って、へー、最近はこんななんだ。
 確かに「Beef or Chicken ?」(^_^)「へっ!?」
「Beef or Chicken ?」(-_-#)「へっ!?」
「Beef or Chicken ?」(-_-##)「び、びーふ ぷりーず
とかやり取りするより絵で見せて選ばせた方がわかりやすいよね(^_^;)。
 隣のおじさん(同じツアー客(^_^;))はお飲物を聞かれて、「アイスクリーム!」ってでっかい声で叫んでいた(゜o゜)。旅慣れているのかいないのかよくわからん。
 おかげで僕のところにも飲物より先にアイスが(笑)。

 僕の選んだのはジャンバラヤ。つまり『洋食』。
 もともとこういう系のご飯って大好きなので体調悪いにも係わらずおいしい。
 寝酒に白ワインをもらって『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』を気絶しながら(笑)観賞。
「“東京洋食物語”
・ジャンバラヤ風 スパイシートマトライス
 野菜のピリ辛マリネとシーフードのアペタイザー
 ビーフパストラミ、スモークチキン
 シンプルポテトサラダ
・フレッシュ サラダ ビネグレットドレッシング添え
・ハーゲンダッツ アイスクリーム
・コーヒー、紅茶、緑茶

又は

“和みの和風膳”
・白身魚の揚げ煮 金平牛蒡と野菜の旨煮添え
 菜の花胡麻和え、筍土佐煮、昆布巻
 蒲鉾、空豆、ぜんまい五色和え
・梅そばと昆布そばの合い盛り
・フレッシュ サラダ ビネグレットドレッシング添え
・ハーゲンダッツ アイスクリーム
・コーヒー、紅茶、緑茶」(JAL HPから抜粋)


 今回、体調が悪いこともあり、アルコールをほとんどとらなかったんだけど、アイスクリームのお代わりができるのを初めて知った。
 (まあ、機内食で余れば出してくれるだろうというのは思っていたけど、実際に頼んでみるのは今回が初めて、、ハードリカーと一緒に頼んでアイスにかけて楽しむのもできそうだ(*^_^*)。)


2012/4/29朝食 JL750便(ホーチミン-成田)にて
 そして、帰り。
 2012/4/28ホーチミン発成田行きのフライトでの機内食は、、くるくるパスタにエビのクリームソース、、か?
 半徹夜状態(ホーチミンを離陸するのが4/28の23:40、成田着陸が明けて4/29の7:20)での朝食。
 選択ができないようで有無を言わさず渡された(笑)。
「フレッシュ フルーツ
トマトフジッリ 海老クリームソース添え
フレッシュサラダ イタリアンドレッシング
ヨーグルト
ロール、バター
コーヒー、紅茶、緑茶」(JAL HPから抜粋)


 Webのメニューの一番上がフルーツっていうのがいいね。(JALのメニューはメインから書いてあるような気がするけど間違い!?)
 寝ぼけ眼にフルーツがいい。
 フリッジ(名前知らなかった。これ書くのにググって知った)もおいしい。

 JALさん、頑張って黒字化したと聞いているけど、こういうところにもその表れが出ているんだろうか。(上海便に乗っていないからわからないけど(^_^;))
 ついでに成田に着く直前に気づいたんだけど、提供できる飲物を書いたボードが座席のポケットに入っているんだね、知らずに機内誌を一生懸命に探してしまった(^_^;)。(昔は機内誌に書いてあった覚えがあったんだけど、、路線ごとに品揃えを変えているんだろうか?)

ホーチミンに行ってきたんだが、、(ベンタイン市場、facebookあれこれ)

2012年05月07日 (月) 01:15 | 編集
 2012年4月にホーチミンに行ってきた。ベンタイン市場は思ったより整然としてました(2012/4/27ホーチミン)

 JTB旅物語のツアーで行ってきたことは先の記事「ホテルランクの謎」で書いたけど、そのときの写真を最近始めたfacebookにアップしてみた。

 facebook、まだまだまだまだ全然全然使い方がわからないけど、今回のアルバム作成でやっと縦長写真のアップの仕方がわかった(^_-)-☆

 ついでにfacebookやっていない人にもアルバムを見せられるらしい。


 ということでここをクリックしてみてほしい(笑)。

 うまく見れるかな?

ベンタイン市場はもっとぐるぐる歩き回りたかったなぁ(*^_^*)(2012/4/27ホーチミン)


 ベンタイン市場、ツアーのプログラムでしか行く時間がなかったのが残念。
 思っていたより整然としていたのでもっとふらふら(笑)していたかったなぁ。

≫ "ホーチミンに行ってきたんだが、、(ベンタイン市場、facebookあれこれ)" の続きを読む...

ムーンライトほにゃららぁ♪、なんて決め技なかったっけ!?(笑)

2012年05月06日 (日) 01:19 | 編集
 スーパームーン(セーラームーンじゃないぞ(笑))ということで試運転を兼ねて月を撮ってみました。

> スーパームーンとは、通常の満月より大きく明るい満月のこと。
> NASAによるとこの5月の満月は、2012年の他の満月より14%大きく、30%明るい
> Yahoo!ニュースから

5月の満月は2012年の他の満月より14%大きく30%明るい
EOS Kiss DigitalX + SIGMA 70-300 4-5.6DG macro + Kenko 2X TELEPLUS PRO 300
600mm ISO100 F32 1/10
EOS Utility(supported by 谷さん) + Vixen POLARIE set
スーパームーンを『自動』撮影中(*^_^*)
... 夜間不慣れな設定のためインターバル撮影で上下ずれが生じたが、POLARIEの設置方角・角度をきちんとすればOKっぽいことがわかった。

 今回は短時間、試運転なので電源はノートPCのバッテリに全て依存。
 本番の金冠日食のときはちゃんと延長ケーブルにコンセント、椅子に日除け(モニターの日陰作成用)なんかを準備する予定。

 ちなみに月の写真、ノートリミング、サイズだけVixにて縮小。
 600mmであれくらいのサイズなので、まあ十分だけど太陽はもっと小さいよなぁ。

 早く目を治してきちんとピントを合わせられるようにしないと、、。

ホーチミン市ぐるり観光SAIGON SkyDeckから、とCANON PhotoStitch

2012年05月05日 (土) 18:56 | 編集
 ホーチミン市(ベトナム)のSAIGON SkyDeckでパシャパシャしたものをCANONのPhotoStitchで試しにパノラマ化してみた。
 写真を並べるだけで簡単に「合成」してくれるので気軽にパノラマ写真が楽しめる。
 今回のつなぎ目がしょぼいのはパノラマのことを考えない画角(焦点距離)で撮ってしまったため。
 (PANASONICのカメラ、パノラマアシストとかいうシーン機能がついているのに最適画角の提示がないのは片手落ちだと思う。はっ!最新の機種にはついているのだろうか??)

SAIGON Sky Deckからのホーチミン市(2012/4/28)



 SAIGON Sky Deckは13:00-21:00という営業時間なので個人的には日没1時間前から日没後夜景になっていくのをぼーっと見ているのがいいと思うけど、今回は時間が足りなかった。
 できれば、1回はぼーっと眺めていて、2回目は展望台をぐるぐる回ってタイムシフトパノラマ(イメージは方角と時間の螺旋階段(^_^;))を撮ってみたいなぁ。

 この展望台、Bitexco Financial Tower(68階建て)の49階にある展望台なんだけど観光客が行きそうなところの一番端に位置していて、日中も自分が行ったところ、通りを確認できて楽しい。
 きっと夜は夜で夜景がきれいなんだと思う。
 今回は宿が中心部から離れていた宿だったのと体調を崩してしまって夜に出かける気力がなかったため、ホーチミンの夜景は一部しか楽しめなかった。



 展望台に上がって下を覗き込んでいるとサービスで350mlくらいのミネラルウォーターのペットボトルをくれた。
 嬉しいサービスだ。チケットを買ったときじゃなく、展望台に上がった後っていうのがいいよね。
(2012/4/28時点。いつサービスがなくなるかは不明。社会主義だしね(^_^;))



 ガイドブックを見るとサイゴン川の反対側(2区)は全然載っていないので気づかないけど、サイゴン川はとても蛇行してて、ここも上海と同じく大河の河口、デルタ地帯の中にある都市なんだと思う。
(ホーチミン市はメコン川とは直接面していないけどね。)

 下の地図、Bitexco Financial Towerを示しているけど、見てもらいたいのはサイゴン川の蛇行っぷり!
 すごいよ!!日本じゃありえないっしょ。

大きな地図で見る

ホテルランクの謎!?

2012年05月04日 (金) 21:12 | 編集
【注意】この記事は2012/5/4時点、およびそれ以前の状況を基に書いています。
あなたがこれを見たときにはJTBトルノスで再調査などを実施し、クラスなど変わっている可能性があります。
また、旅物語のコースへのリンクはコース発売終了後には途切れると思われます。
ご理解ください。


 2012年4月にベトナムはホーチミンに行ってきた。
 現地情報を手に入れる期間がなかったのとなんとなく安かったのでJTB旅物語のツアーで行った。

 コースは「旅物語 気軽に♪ベトナム 5日間 グレードアッププラン ※燃油サーチャージ別(目安:13000~14000円:3月14日現在(注2)) コースNo.S87055」な、長っ(^_^;)。
 コース名にあるとおり、ホテルをグレードアップしてみたのだが、
「※ご宿泊はエクアトリアル、ニューワールドホテルサイゴンのいずれか」とあり、リンクをたどると同じJTBグループの「トルノス」のサイトにリンクされていた。
 (面倒なことにリンク先のトルノスでは自分で検索しなおさなくてはならない、、)
 探してみたらニューワールドサイゴンは「トルノスクラス」6なのに、エクアトリアルは「トルノスクラス」2!
JTBトルノスのエクアトリアルのページ
 JTBトルノスのエクアトリアルのページ

JTBトルノスクラスの説明 トルノスクラスって何っ?ってリンクを見たら、
クラス6のニューワールドサイゴンは高級クラスで一般的な5つ星、クラス2のエクアトリアルは低予算クラスで一般的な1つ星!!!

 なんじゃこりゃ!?ってJTBトルノスにメールで聞いてみたら
こちらはトルノスカスタマーサポートでございます。

恐れ入りますが、弊社サイトでご案内しているトルノスクラスにつきまして、
弊社が利用している調査会社の調査結果および情報、また弊社での
お客様からのご意見をもとに、ランク付けをさせていただいております。

しかしながら、評価させていただく条件につきましては、一般公開して
おりませんため、その条件をご案内させていただくことができません。
誠に申し訳ございません。

また、○○様のご理解のとおり、
弊社にてトルノスクラスが2のホテルで
ある場合、一般的な格付けに置き換えると一般的な1つ星ホテルとして
ご案内をさせていただいております。

という、つまりは他サイトがどう評価しようと
JTBトルノスとしてはエクアトリアルは1つ星レベルのホテルでしかない!との自信満々の返信が来た。

 JTB旅物語に上記メールの件を連絡してホテルグレードアップしているのに1つ星ホテルを割り当てるのはどういうこと?と聞くと、「旅物語でのランク付けはLです。」とのこと。
「LってLowですか?」
「いえいえLuxuaryです。うちの評価は他社さんの評価とは関係ありませんから!
「じゃあ、なんでWebでリンクしているんですか?」
「・・・・・ そ、それは一担当からは何とも申し上げ、、、、」


・・・・

 やりとりの後で他のホテルサイトの評価を見たら4から5つ星だったので、とりあえず安心して旅行出発!

 ということでホテル エクアトリアル ホーチミンシティ、
泊まってみたらホテルエクアトリアルホーチミンシティ 外観
部屋も広いし、レストランもおいしかったし、ウェイターウェイトレスのサービスもいいサービスだったし、ドアマンの応対もいいし、コンシェルジュもチケット予約してくれたり観光相談にのってくれたりで普通に5つ星の評価でいいと思うのだが、なんでJTBトルノスは自信満々に(笑)念を押されてもなお(笑)エクアトリアルを1つ星と評価したのかな?

 1.ホテルのプールが宿泊客でも有料だったから?
  (ちなみにタオル貸してくれて110,000VND(約440円)、高い?安い?)
 2.部屋でのインターネットが有料だったから?
  (ちなみにロビー、レストランでのwifiは無料。ロビーには無料で使っていいPCが3台も置いてあった)
 3.ホテルのSPAでマッサージをするとむふふなお誘いがあるから?(笑)
  (チップは、きっとすごく高いと思う(笑))ホテルエクアトリアルホーチミンシティ プール
 4.立地条件が悪く回りに観光客が行くようなお店がないから?
  (でも常にホテル前にタクシーがいて移動に不便は感じない)
 5.メールにある『お客様からのご意見』がけちょんけちょんだった?
  (ファシリティに対するランク付けとお客様からのご意見の口コミがごっちゃ?)
 6.同じJTBなのに「旅物語」と「トルノス」がけんかしている?
  (じゃあリンク貼らないか、でも『他社さん』呼ばわりしてたなぁ、、)


 まあ、調査会社に調査丸投げして内容のチェックもせずにそのままWebにアップしてるってところなんだろうけど、いくらなんでも5つ星相当を1つ星と言ってはばからないのは失礼だと思うなぁ。


 結果的にホテルに対しての営業妨害というか、全世界に赤っ恥さらしてんのか、どっちにしろ天下のJTBがすることではないよなぁ。


Powered by . / Template by sukechan.