NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海 盧浦大橋にやっと登れた!

2010年12月31日 (金) 17:35 | 編集
 2010年12月の上海行き。
 週末をはさんだ日程だったので、その週末の一日を使い、上海万博閉幕後も半年間(2011/5/31まで)の期間、延長展示されている中国館を見てこようと思った。

上海 南京東路 沈大成点心店 店構え とはいえ、平日の仕事で疲れていたのか目が覚めたのが9時くらい。あれれと思いながらもじゃあ軽く昼ご飯を食べてから行くかと南京東路の沈大成点心店へ。
上海 南京東路 沈大成点心店 雪菜焖蹄面と蟹粉小笼
 入り口近くでは持ち帰りを買う人でごった返していた。
 1階の食堂も同じようにごった返している。
 レジにおいてあるメニューをとり、空席に陣取る。
 もちろん相席(笑)。
 小姐に指差しで雪菜燜蹄面15元と蟹粉小籠包20元を注文。
 雪菜燜蹄面、ま、いわゆるチャーシュー麺だね。大き目の豚煮込み肉の切り身が2枚。雪菜は日本でいう高菜みたいなものでアクセントの塩辛さがいい。
 面はストレートの細面。固めの茹で具合でおいしい。
 小籠包はそれなりにちゃんと蟹の風味。薄い皮に包まれた餡と肉汁が口の中であふれ出す。

 あー、おいしかった(*^_^*)。
(写真の上の方は気にしないように(^_^;)。前のおばさんがおいしそうに食べてた名残っす(^_^;)(^_^;))

   *******

 満腹になって満足した後は、地下鉄に乗って上海万博跡地へ。
 地下鉄の出口を出ると人がわらわら寄ってきた。
 「チケットあるよー」ってきっと言っているんだろう(笑)。
上海万博後も中国館は大人気。ダフ屋が券を売ってます(笑)(2010/12)
 ダフ屋さんが言うにはチケット買うのに2時間以上かかるから、ここで買ったほうがいいよって言うけど、よくよく見るとチケット売り場ではそんなに並んでいない。
 じゃあ?
上海万博後も中国館は大人気。この日の午後には2:30待ち(2010/12)
 チケットを買った人の後をついていくと、、、列が、、、。
 なんと待ち時間2:30なんだそうだ。
 それを知ったとたん、もう行く気がなくなった。

 ちなみにダフ屋のチケット、25~30元。25元が最低ラインだった。定価が20元だから、、。



 じゃあってんでまた地下鉄に乗って盧浦大橋へ向かうことにした。
 前に行ったときは強風で橋の頂上まで登れなかったので再チャレンジだ。
上海 盧浦大橋。やっと登ってきました(2010/12)
 「今日は橋の頂上に登れる?」
 「大丈夫」
 よし! 入場料は、、げっ、80元。こんな高かったかな?
 エレベーターで橋の自動車が走る高さまで上がる。
 そこからは歩きで橋げたを上がっていく。

 うひゃー。頂上から見ると高い高い(笑)。
 万博会場、ほとんどのパビリオンがまだ残っていた。
 跡地開発、いつから始まるんだろう?
上海 盧浦大橋からの万博会場。まだほとんどのパビリオンが残ってます(2010/12)上海 盧浦大橋からの万博会場(2010/12)







 それにしても上海の空、かすんでいるのはいつものことなんだけど、人民広場の方角だけ特にひどい。万博が終わってまた大気汚染が進んでいるんだろうか。


スポンサーサイト

おいしい小籠包と気持ちいい庭園の南翔

2010年12月31日 (金) 15:47 | 編集
 2010年12月の上海行き。
 週末をはさんだ日程だったので、その週末の一日を使い、豫園にある南翔饅頭店ではなく、南翔まで足を伸ばして小籠包を食べてきた。

 南翔へは地下鉄11号線で行くことができる。
 昼の12時に人民広場を2号線で出発、途中乗り換えで南翔駅に着いた。
南翔 古猗园餐厅 店構え
 有名な古猗园の隣にあるというところまでは分かっていたけど、肝心の古猗园までの距離がわからない。
 バスの路線を見に行くと隣の停留所っぽい。
 どうしようかと思ったけど、運賃1元なのでとりあえず乗ってみる(^_^;)。
南翔 上海古猗园餐厅 メニュー(2010/12)
 古猗园の停留所に着いて目の前の古猗园には目もくれず、目指すは小籠包を出す餐庁へ(^_^;)。

 13時過ぎだったので、古猗园餐庁には行列もなく。
 店内の食券売り場で小籠包を注文。

 注文したのは南翔小籠包と蟹粉小籠包、それに酸辣湯と碧緑魚圓湯。

 ↓
 右が小籠包の受け渡し場所。左が食券売り場。
南翔 上海古猗园餐厅店内、小籠包受け渡し場所南翔 上海古猗园餐厅店内、右手に食券売り場







 食券を持って小籠包の受け渡し場所に並ぶ。

 テーブルに相席で陣取り、いざ(*^_^*)。
南翔 古猗园餐厅で小籠包

 南翔小籠包、小ぶりだけど皮の中は汁気たっぷり。
南翔 南翔小笼(上海古猗园餐厅)

 蟹粉小籠包、少し冷ますと蟹の風味がばっちり。
南翔 蟹粉小笼(上海古猗园餐厅)

 碧緑魚圓湯、魚のつみれがふんわりふわふわで柔らかい。
南翔 碧緑鱼圓汤(上海古猗园餐厅)

 あっという間に完食(*^_^*)。


南翔の古猗园で黄色い腊梅に春の兆し(2010/12) 食後の腹ごなしなんて気分で入った古猗园。
 うまく配置された築山と池が見晴らしと目隠しを演出し、人の気配もほどほど。
 のんびりそぞろ歩きするにはとてもいい庭園だった。
 これで入園料12元はお得じゃないか?
 日本ではあまり見ない黄色い梅、腊梅のつぼみの膨らみに春の兆しを感じた一日だった。


 地下鉄で簡単に行ける南翔。
 古猗园でのんびりできて、おいしい小籠包も食べられる。
 ぽっかり空いた一日を楽しく過ごせたいい場所だった。



 あ、ちなみに駅から古猗园までは簡単に歩いていける距離だった(笑)。

JAL羽田-上海便(JL81,JL82)の機内食 (2010/12/15-25)

2010年12月31日 (金) 14:24 | 編集
 2010年最後の上海行き。
2010/12/15昼食 JL82便(羽田-上海)にて

 お客様の定期視察と来期の計画作成。
 12月の15日から出かけて25日に帰国、という忘年会もクリスマスもすっとばし日程(笑)。
 間に挟んだ週末で南翔に行って小籠包を食べ、万博後にも開放している中国館を見てくる、という予定をたててみた。
 結果、予定の半分しかこなせなかったけど、今回は特にトラブルもなく無事帰ってくることができた。


 2010/12/15羽田発上海行きのフライトでの機内食
2010/12/15昼食 JL81便(羽田-上海)にて

 おおっ?
 お弁当、3×3に戻ってた。
 ちゃんとお味噌汁もあったし。
上海 よく泊まっているRadisson Hotel Shanghai New World「京風おばんざい弁当
小海老と烏賊の柚子風味
鮭唐揚の野菜あんかけ
おかあはんの煮物
ひじきと大豆の柔らか煮
若鶏蒸し焼き あわび茸時雨煮添え
切り干し大根煮
まめ豆腐の玉子とじ
大根桜漬
甘味 白玉ぜんざい
青豆御飯」(JAL HPから抜粋)



2010/12/25昼食 JL82便(上海-羽田)にて
 そして、帰り。
 2010/12/25上海発羽田行きのフライトでの機内食はえび団子。
 クリスマスなので、またなんか配って『いろいろ』してくれるかと思ったけど(笑)何の『特別』もなく無事帰ってくることができた。

 また来年も上海行きは続くと思うので頑張りたいと思う。

 来年はANAに乗りたいなぁ。
「海老団子 四川風ソース添え

スモークサーモン、小海老のボイル
ラタトゥイユサラダ、しめじのマリネ

フレッシュサラダ

デザート

コーヒー、緑茶」(JAL HPから抜粋)



埼玉の空にUFO!?

2010年12月05日 (日) 17:02 | 編集
 車検で久しぶりに埼玉に行った。
 受付が朝からなので眠い目をこすりながら早起きしていったら、、、
埼玉の空にUFOかっ!?(2010/11/28)

 (゜o゜)

 なんか窓の外に!

 えっ!!?
 なんか飛んでるっ!?
 まさかUFO?

 車を止めようとしても後続車がいて止められない。

埼玉の空に人が飛ぶ!(2010/11/28) なんとか道端に車を止めて上空を見上げると、、、

 まだある、見間違いじゃなかった。

 やっぱりなんか、、、、浮いている?


 いやいや

ぶら下がっているのか?電線に?

埼玉の空に人が飛ぶ!(2010/11/28)

 なんかかごのようなものに入っているので最初円盤(笑)に見えたんだ。

埼玉の空に人が飛ぶ!(2010/11/28)

 高圧線のメンテナンスか点検なんだろうけど、ああやって人力でやるんだね、初めて見た。
 それにしても怖わー、埼玉、恐るべし。

 というかやっぱり管轄からいって東京電力なんだろうなぁ、それにしてもびっくり。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。