NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

和囲わい亭 ハーフ&ハーフ(しょうが焼き&ハムステーキ)

2008年12月29日 (月) 23:19 | 編集
 今日でなんとか仕事終了。
 落ち着いて仕事納めとはいかなかったが、そこはそれ、この業界は致し方ないのではないかと思う。
 それでも、年末年始の運用などないので、カレンダー通り(12/30はうちの会社カレンダーでは年末休日なのだ(^_^;))に休むことができる。神保町 町並み(正月飾り売り)

 さてさて、今年の最終日、街には正月飾りなんか売っている出店もできて、いよいよ年末気分。
 今日の電車も妙にがらがらだったなぁ。

 ランチも年末休業のお店があったりして、ちょっとさ迷う(^_^;)。

神保町 和囲わい亭 店構え
 このお店も何度も前は通るんだけど、入ろうって気がなぜか起きなかったお店。

 それでも今日は助け舟に乗った気分で階段を上がってみた。
 中はそれほど大きくない。
 テーブルが4つほど、小上がりが奥の方に。
 メニューはかなりバリエーションがあったけど、すかさず見つけたしょうが焼き(笑)。
 それとハムステーキを半分ずつ食べれるという「ハーフ&ハーフ」にした。
 あ、このお店はランチは800円均一なのであった。

 12時前の入店だったので、並ばず入れたが、すぐに満席。
 居酒屋なので禁煙という文字はここにはなく、これまたすぐにもうもう(-_-;)。

 それほど待たずにでてきた「ハーフ&ハーフ」。
神保町 和囲わい亭 ハーフ&ハーフ(しょうが焼き&ハムステーキ)
 ハムステーキはとても分厚く箸だけで食べれるかと心配したが、実はとても柔らかなすてきな魚肉?ハムのステーキだった(笑)。
 しょうが焼きはピーマンなど入ってはいるが、ちょっとしょうがの風味もして合格点か。
 大盛りなご飯にごましおがかかっているのが+10点(何点満点なんだか(笑))。

 ランチ難民が多いのか、いつも混んでいるのか、帰る頃には階段の途中まで行列ができていた。



 さて、今年1年、ダイビングブログのはずが神保町ランチブログと化してしまったこのブログだけど、まだまだ来年もこの調子で書いていくのではないかと思っている。
 引き続き、お付き合い願いたい。
 ってそんなに読んでいる人いるんかいな?(笑)

≫ "和囲わい亭 ハーフ&ハーフ(しょうが焼き&ハムステーキ)" の続きを読む...
スポンサーサイト

Muu Muu Diner シーフードドリア

2008年12月26日 (金) 23:05 | 編集
 北風ぴゅーぴゅー。昨日の夜から強い風が吹いて今日の最高気温は5度とかいうサムイ話。
 年末を迎え、社会鍋が街頭で募金を募り、正月飾りの出店が道端にたっている。

 いかにも冬って感じなので、夏を味わいたくてMuu Muu Diner。
 あまりに風が強くて入り口のドアが開かなかったりしたけど、とりあえず一番のり。
 いつものメニューのほかに限定(笑)10食のシーフードドリア 880円。
神保町 Muu Muu Diner シーフードドリア

 ホワイトソースにこんがり焼き色がついていておいしそう。
 タバスコもらえばよかったかな。
 ホットコーヒーでぬくぬくしてちょっとだけ冬を忘れたランチタイムでした。

薩摩しゃも 薩摩定食

2008年12月25日 (木) 23:40 | 編集
 夜の飲み会に使えるかもシリーズ(どこでシリーズになっているのやら(笑))第?弾。
 「薩摩しゃも」に行ってみた。
 思っていたより水道橋寄りでちと迷った(^_^;)がともかく店の前には着いた。
神保町 薩摩しゃも 店構え
 お店は地下。下りてみると12時回っているくらいだけど、半分の入り。
 奥の座敷に通された。
 注文は薩摩定食 880円。
 注文を受けたおやじさんはちょっと時間がかかるかもというようなことを言いながらお茶を出してきた。
 まあいいや。出てくれば(笑)。

 それでもかなりちょっと待ってやっと出てきた。
神保町 薩摩しゃも 薩摩定食
 それぞれの料理はおいしい。
 刺身は新鮮だし、揚げ物はアツアツに近い。ナスの煮しめもおいしい。
 もちろんさつま揚げはお店の売りだろう。

 でもやっぱり厨房が回っていないんじゃ、、。
 時間制限のある飲み会はちょっと控えて普通に飲みにこようと思った今日であった。

シンガポール 海南鶏飯 バクテー

2008年12月24日 (水) 23:59 | 編集
 今日はクリスマスイブ。
 といっても22時まで残業して庄やで飲んで、とまあ(笑)。

 お昼くらいはクリスマス気分で鶏でも食べようということで「シンガポール 海南鶏飯」へ。
 前回食べた海南鶏飯の蒸しを食べようかと思ったのだが、メニューをぱらぱらしていたら目についたのが「バクテー」。
 バクテーは肉骨茶と書く鍋料理。
 その名のとおり、骨付き豚ばら肉を香草(ハーブ)や漢方薬のスープで煮込んだもの。
 以前、マレーシアで食べてとてもおいしかったのだ。

 この肉骨茶、中国潮州系と福建系があるようで、マレーシアで食べたのは福建系だけど、ここのお店は中国潮州系。
神保町 シンガポール 海南鶏飯 バクテー
 スープの濃さと独特な味は福建系が勝っているみたいで、でてきたスープはけっこうあっさり系。
 横にコショウが添えられているけど、すでにスープにもコショウが効いていて漢方とかハーブというよりコショウが勝っている。
 鍋の中には3cmくらいにカットされたスペアリブが4つ。

 ランチタイムはご飯食べ放題。海南鶏飯と違って普通の白米なのは残念だけど、それでもお代わりしてしまった。




 ここの蒸し鶏、冷たい状態で出てくるんだけど、温かくしてもらうことってできるのかな。

Randy  ランディーバーグ250g和風おろし

2008年12月22日 (月) 23:46 | 編集
 久しぶりに「肉」!なのだ。
 あ、正確には木曜も肉だったんだけど、肉を喰ったあって感じは全然しなかったし(笑)。

 んで、「肉」っていうと、ポンと浮かぶのが、Randy。
 さっそうと向かうのであった。
 前回は店内で立たされボーズで待たされたけど、今回はカウンターがちょうど人数分空いていてすぐに座ることができた。
 ここのハンバーグ、量を自分で決められるのだが、今回はちょっと大目の250g。
 ランディーバーグ250g 1050円にした。
 ソースは油系をやめて、やめて、と消去法でいったら、和風おろしになっちゃった。
 前回のガリマヨが肉の味の邪魔をしちゃった感があったのでまあ、いいかな。
 気になったら脇によけてそれだけ食べればいいし。

 最初にお代わりOKのスープが出てくる。
 あれ?ちょっと辛い。
 どうしたかなぁ、、、。

 まあ、適度の塩分はいいんだけど、、。
 カウンターで雑談しながらハンバーグを待つ。
 ライスが出てきたので、そろそろか?
 と、
神保町 Randy  ランディーバーグ250g和風おろし
 きましたきました。
 さすがに250gは大きいな(^○^)。うれしいな(笑)。

 ナイフを入れると、
神保町 Randy  ランディーバーグ250g和風おろし
 真ん中が赤くいい加減で焼かれている。
 肉もミンチじゃなく細切りなので、食感がいい。

 うまー。    でもちょっと塩辛い。

 なんで?
 付け合せのもやし炒めだろうか?

 塩辛いなぁと思いながらライスがすすむ。
 相変わらず硬めに炊いてあるおいしご飯だ(*^_^*)。

 ハンバーグにご飯、で大満足だったのだった。

サラファン 若鶏のソテー唐辛子トマトソース

2008年12月18日 (木) 23:30 | 編集
 神保町にはロシア料理のお店が2軒ばかしあるようで、ろしあ亭と今日行ったサラファンがそうだ。
 おいしいボルシチが食べたいと思ってサラファンに行ってみることにした。

 ろしあ亭では煮込みミートボールにびっくりしたが、今回のサラファンもハンバーグが「売り」。
神保町 サラファン 店構え

 どうしようかなと思いながら、お店に着いた。
 店先にある樽に本日のおすすめが書いてある。「ロシア風ハンバーグ」と「若鶏のソテー トマトソース」。
 さてどっちにしようか。
 12時前に入店、ていうか入り口の階段、狭っ!くねくねと曲がって地下に下りる階段はすれ違うのがやっとだ。
 ドアを開けるとウェイターのおじさんが人数を聞いて席を作ってくれる。
 狭い店内だが、うまくテーブルが配置されていてそれほど狭さは感じない。

 周りを見るとハンバーグを食べている人が少ない。
 よし、とばかりに若鶏のソテー 1000円にした。
神保町 サラファン ボルシチ

 最初にボルシチが出される。
 ろしあ亭のボルシチよりも赤味が少ない感じがする。「真ん中にのせられているサワークリームを溶いてお食べください」と言われたが、まずはそのままで一口。
 うーん、スパイシー。オープンキッチンなのでなんとなく調理しているのが見えるのだが、ボルシチはお客さんに出す直前に軽くコショウしてから出している。そのコショウの香りがまず広がり、それからちょっと辛めのスープが舌を潤す。サワークリームを溶いてみて一口含むと今度はまろやかな感じに変わる。
神保町 サラファン 黒パン白パン
 「パンを浸して食べるとおいしいですよ」といってパンを出されたが、5人でこれだけはちょっと少なすぎないか?
 お代わりができるか聞いてみればよかったが、もともと少なかったのを遠慮し合って残してしまった。もったいない。

 そして出てきたのが、これ。
 若鶏のソテー唐辛子トマトソースである。

 ・・・

神保町 サラファン 若鶏のソテー唐辛子トマトソース

 ・・・

 付け合せというか、ライスかパンのお代わりでも出てくるかとしばし待ってみたが、出てくる気配がない。
 むーん、びっくり(゜○゜)。
 ちょっと少ないかなぁ。
 付け合せの黄色いライスはちょっと水分の多いピラフか。
(サフランライスなのかもしれないけどこれだけべたっとしたサフランライスは初めて)
 鶏肉はカリッとパリっと焼けていて中はジューシー。
 かかっているトマトソースも唐辛子のアクセントがきいておいしかった。

 それにしてもサラファンのある、この三角地帯、本当にいろんなお店があって楽しい。
 次はどこのお店にしようかな、、、。

芋焼酎 黒豚 幻蔵 豚生姜焼き定食

2008年12月17日 (水) 23:47 | 編集
 雨が降ると近場になりがち(^_^;)。
 とはいえ、毎度咲くらでは能がない(^_^;)。

 ということで、以前、肉どうふがおいしかった幻蔵へ。
 味噌カツ丼、メニューの写真をよくよく見るとカツが少なそう(笑)。
 考えを変えてこれまた永遠のフェイバリット(笑)生姜焼きに。
 豚生姜焼き定食 880円。
神保町 芋焼酎 黒豚 幻蔵 豚生姜焼き定食
 さすが、店名の肩書きに「黒豚」が入っているだけのことはある。
 豚肉の量も多いし、仕上げも柔らかでジューシー。
 タレも生姜がちゃんときいている(ばりばりというわけではないが(^_^;)かなりいい方かと)。
 濃い目の味でご飯がすすんですすんで足りないくらい(*^_^*)。

 日替わりのメニューもおいしそうだし、ここはちょくちょく来るようにしよう。

幹 盛り合せ(蟹爪クリームコロッケ&和風ハンバーグ)

2008年12月16日 (火) 23:54 | 編集
 神保町の交差点から1本水道橋側に入った専大前の交差点に向かう道にそのお店はある。
神保町 幹 店構え
 覆麺や野らぼー、はたまた二郎がある通りだ。
 そこにある意味ひっそりと「幹」がある。

 赤い暖簾をくぐり扉を開けると玄関があり、履物を脱いで上がる。
 カウンターは履物を脱いで上がった分、足元が低くなった形、それにゆったりとした椅子(ソファといってもいいかもしれない)が相まって落ち着いた雰囲気をかもし出している。

 ランチメニューは3種類。盛り合せ、カキフライ、ステーキ丼だ。
 僕はその中から盛り合せ 1000円を注文。ちなみにこの日の盛り合せは蟹爪クリームコロッケと和風ハンバーグ。

 目の前に大きな揚げ鍋があって、そこでコロッケを揚げている様子が見える。
 夜は串揚げ屋なので、カウンターに座ると目の前で揚げているのが見えるのだ。
神保町 幹 盛り合せ(蟹爪クリームコロッケ&和風ハンバーグ)
 でてきた盛り合せ、冷製のカペリーヌと生野菜が付け合せでついてくる。
 ご飯の器は小さいがお代わり自由。それにお味噌汁が出された。

 和風ハンバーグは柚子の風味がついた大根おろしがトッピング。
 煮込んであるハンバーグは柔らかく、口に運ぶと柚子の香りで一杯になる。
 蟹爪クリームコロッケはどうやら冷凍市販品(さすがに業務用だが)のよう、見てたらカキフライもそうみたい。
 
 僕らが行った店の中では珍しく年齢層の高いお店だった。

上海美食 上海特製炒飯(大盛)

2008年12月15日 (月) 23:35 | 編集
 今日は寒かった。
 今年初めて家の方で路面が凍結していた。
 昨日、雨が降っていたこともあるんだろうけど、やっぱり寒かったんだと思う。

 それでも昼ごろにはなんとか暖かくなって?、いやいや、寒くなくなってきて、だね(^_^;)。
 暖かくはならなかったと思う。

 どこに行こうか迷って、上海美食。
 前回の帰り際にみた大盛り炒飯をちょっと試してみたくなって(^_^;)。

 13時間近に行くとさすがにガラガラ。
 ランチはなんでも700円の上海美食。
 五目炒飯と迷って上海特製炒飯。大盛りにした(^_^;)。
神保町 上海美食 上海特製炒飯(大盛)
 ほどなくして出てきたのは、なんとドライカレー。
 やられた。
 やられました(>_<)。
 中華料理屋さんに行って、覚悟無しにドライカレーが出てきた日にゃ、、。
 味を変えたくてもウスターソースすらないしなぁ、、、。

 まぁ、参りました、、、、、。

創作和風バー 武蔵 鶏唐揚定食

2008年12月12日 (金) 22:59 | 編集
 神保町にはうまそうなカツ丼を食べられるところがない。
 (タレカツ丼はあって、一度試してみようとは思っているけど、いわゆる普通の卵でとじた和風出汁のカツ丼がない。(さらにカッコ付きで書くと、小諸そばとかのカツ丼も嫌いじゃないけど今は対象に入っていない(^_^;)))
 ためしに「神保町 カツ丼」でググると上位3,40件はタレカツ丼のお店が独占!している。

 そんなことは露知らず、カツ丼を求めて昼の旅に出た。
 歩く歩く、ないない。

 結局のところ、新しい店の開拓にはなったけど、カツ丼は無理だった。
神保町 創作和風バー 武蔵 店構え
 店内1階はカウンターのみ、10席くらいか。2階があるみたいで夜のメニューを見るとそれなりにおいしそう。

 そして頼んだのはカツ丼とは何の関係もない鶏唐揚定食 750円。鶏のピリから煮も捨てがたかったけど、鶏の唐揚にした。
神保町 創作和風バー 武蔵 鶏唐揚定食
 アツアツの唐揚がごろんと5こ。
 個人的にはしょうゆで味付けされた唐揚が好きなんだけど、ここのはピリから味噌がついてきて点数アップ。
 これで750円なら合格でしょう。
≫ "創作和風バー 武蔵 鶏唐揚定食" の続きを読む...

日比谷Bar えびぷりぷりカツカレー

2008年12月11日 (木) 23:16 | 編集
 NoIdeaですずらん通りを歩く。
 入れそうなところ、で選んだのが日比谷Bar。
 夜はたまに飲みに行くけど、昼は初めて。
 ランチタイムにはカレーを出している。
 メニューにはミルフィーユカツカレーがお勧めとしてでっかくでていたけど、エビカツがおいしいということでえびぷりぷりカツカレー 1050円を注文。
神保町 日比谷Bar えびぷりぷりカツカレー
 ごぼうサラダ数本(笑)とカレーの添え物の2皿がついてくる。
 カレーのルー自体には具は何もはいっていないシンプルなルー。
 エビカツは名前の通りぷりぷりのエビで一杯(*^_^*)。
 ご飯は五穀米をターメリックで炊き込んでいるらしく黄色い色がまぶしい(笑)。
 食後にセットのドリンクを出してもらってちょっとリラックス。

 夜、昼どちらでも使えるPassportCardでちょっと割引があってお得感もあったりして(^_^;)。
神保町 日比谷Bar 入り口

めん蔵 田家 ミニいか天丼セット

2008年12月10日 (水) 22:42 | 編集
 おととい行こうとしたうどん屋さんへ。
 今日は道に迷わず(笑)行けました。
 11:40くらいに職場を出て12時前に入店。
 入店時にはお店はがらがらだったけど、僕らが入った後にお客さんが途切れず入ってきてすぐに満席。

 頼んだのはミニいか天丼セット 880円。
 ミニいか天丼に温かいうどんか冷たいざるうどんがついてくる。
神保町 めん蔵 田家 ミニいか天丼セット

 ランチタイム、うどんはゆでおきなんだろう、待たされずにすぐにでてきた。
 うどんはすうどんかと思ったけど、昆布の千切りとかまぼこがのってきて、プチラッキー(笑)。
 うどんのこしは強くはないが、もちもちとした噛み応えがいい。
 丼こそ小さかったが、いか天もはみだす大きさ、隠し包丁もいれてあり、柔らかな揚げぐあい。

 周りから「ちゃんぽんうどん」の注文が多く、帰り際、食べている人のを覗いてみたけど、なかなかおいしそう。
 今度は頼んでみたいな(^_-)。
 そうそう、あさりご飯がついてくるのもまた魅力かと(*^_^*)。
神保町 めん蔵 田家 店構え

赤かぶ ふらい家 カキフライ+蟹クリームコロッケ定食

2008年12月09日 (火) 22:54 | 編集
 赤かぶ ふらい家に再訪。
 12時ぎりぎりに職場を出たので12時の大波に飲み込まれてしまうかとおもったけど、ぎりぎりセーフ。
 僕らは並ばずにすんだけど、その後すぐに満席になってしまった。

 魚系の料理にしようと思って入店したくせに、またまたカキフライ(^_^;)。
 やっぱり前回のインパクトは大きかった(笑)。

 今回はちょっとひねりを加えてカキフライ+蟹クリームコロッケ定食 950円。
神保町 赤かぶ ふらい家 カキフライ+蟹クリームコロッケ定食

 カキフライと蟹クリームコロッケが2つずつついてくる。
神保町 赤かぶ ふらい家 カキフライ+蟹クリームコロッケ定食
 相変わらずカキフライ、でかい!
 蟹クリームコロッケも負けじとでかい!!
 肝心の中身を撮り忘れたけどちゃんと中身パンパン(笑)、蟹の身も細かく粉砕(笑)されてはいるがちゃんと入っていてなかなか(^_-)。
 カキフライのシーズンには何度か来ることになりそうだ(*^_^*)。

バグ(Bug)ってなんじゃろ?(笑)

2008年12月08日 (月) 23:45 | 編集
 バグって何でバグっていうのか(笑)

 史上初のコンピューター・バグは1945年、『ハーバード・マーク2』のFパネルの70番リレーに虫が挟まった時にまでさかのぼる。乗算器と加算器のテスト中、異常に気づいた技術者が、この部分に蛾が挟まっているのを見つけたのだ。原因となった蛾は、「バグ(虫)が実際に見つかった最初のケース」との説明文とともに、業務日誌にテープで貼り付けられた

↑すげえな、これ。『貼り付けられた』だよ。
もう60年以上前の話なんだ。

UN QUATRE 日替りDELIプレート(ナスのピリ辛ゴマ和え+鳥と大根の煮物)

2008年12月08日 (月) 22:45 | 編集
 駿河台交差点近く、アンドナンドの角を曲がった小道にそのお店はあった。
 ちょっとこじゃれた風のお店の名前は「UN QUATRE wine & deli」。
 その先のうどん屋を目指していたはずが、ふらっと吸い込まれてしまった(^_^;)。

 店内は白を基調とした涼しげな感じ。
 テーブルにもれなくIHヒーターがついているのはなぜ?って感じだけど(笑)。

 オーダーは日替りDELIプレート 700円。今日はナスのピリ辛ゴマ和えと鳥と大根の煮物とのこと。
 でっかい壁掛けTV(なんか古い言い方やなー)で流れる「マウンテンデュー♪」の歌にまつわるダニエルさんだか誰かさんの逸話をボーっと眺めながら待つ。

 BGMと映像がマッチしてないんじゃないか、なんて思っていると
神保町 UN QUATRE 日替りDELIプレート(ナスのピリ辛ゴマ和え+鳥と大根の煮物)

 調味料などないので、出されたままで食べる。
 それでも奇をてらわずちゃんと作ってあっておいしい。
 これなら普通に茶碗、小鉢で出してくれた方が落ち着くし、そっちの方がマッチしているんじゃないか、なんて思っていると、、

 普通においしかったです、ハイ。でもおぢさんにはちょっと量が少な目かな。
神保町 UN QUATRE 店構え


 ああ、ごましおとかかけて食べれたら最高だったかも(^_-)。

忘年会なのだ!(目黒 丸冨水産)

2008年12月05日 (金) 23:59 | 編集
 目黒にある丸冨水産。
 最近はやりだろうか、魚河岸っぽい雰囲気で魚を食べさせる形態の居酒屋だ。
 くじら組というダイビングの社会人サークルの忘年会ということで行ってきた。
目黒 丸冨水産
 店内はぎゅうぎゅう、お店の前では入店の待ち行列ができるくらい大繁盛。
 ちょっと遅れていったのでもうすでにみんな飲み始めていた。

 さっそく飲みものを頼んで乾杯!

 さー飲むぞ食べるぞ、ついでにしゃべるぞ(*^_^*)
 ことダイビングの仲間といいながらダイビング以外の話で盛り上がっちゃったりしたりして楽しい集まりなのだ。

 さてさて、食べたのは、、、。
 まずはおまかせ盛り。
目黒 丸冨水産 おまかせ盛り
 新鮮な魚に舌つづみをうつ。
 なかでもブリと金目鯛はうまー(*^_^*)。
 でもわさびが練りわさびで辛味がなかったのが残念。
目黒 丸冨水産 鮪ねぎ間串

 ねぎ間もちゃんと鮪でねぎ間(^○^)。
 もともとの名前のとおり、ねぎマグロだ。
 自分で焼くから自分の好みに焼き上げることができるし、味付けも自分の好きなように味付けできる。
 周りを焼き締めて、中の方はちょっと白くなるくらいが僕は好きだ。
 そのまま何もつけないのでもいいし、塩をぱらぱらっと振ったり、刺身についてくるわさびと醤油もまた(*^_^*)。

 細巻きのご飯にあふれんばかりのウニ、イクラ、マグロにアナゴ。
目黒 丸冨水産 豪快!丸冨盛り
 お酒飲みながら、というよりお酒そっちのけで食がすすむ(^o-)。

 焼きものも、タコのトンビ(でっけぇ!)やつぶ貝を串で。
目黒 丸冨水産 タコのトンビ焼きとつぶ貝串焼き
 こいつも塩ふったり、焼きあがったところに醤油をちょっとたらして香りづけ(ぢゅるぢゅる(笑))。
目黒 丸冨水産 鮪のへそ串焼き
 珍しいところでは鮪の『へそ』。
 こいつの串焼きだ。
 卵生の鮪に『へそ?』と思うでしょ?

 なんと心臓のことだそうだ。
 あぶって食べてみると、確かに鮪の味だ。
 でも触感はこれまた確かにハツ、トリハツに近いものがある。
 こりゃうまい。

 もちろん、その他にも揚げもの、煮もの、野菜系とテーブルにお皿の置く場所がないくらい食べに食べまくった。
 そんなこんなであっという間に2時間という時間は流れ、ラストオーダーの声が。

 忘年、なんてすっかり忘れて(笑)、食べ尽くした丸冨水産だったのだった。

 ご馳走様(^_-)-☆
≫ "忘年会なのだ!(目黒 丸冨水産)" の続きを読む...

野らぼー 野らぼーうどん

2008年12月05日 (金) 23:34 | 編集
 昨日の夜は宴会だった。
 いわゆる忘年会ってやつだ。
 よって今日はうどん。(なんで『よって』なんだ?(笑))

 一度行ってみたかった「野らぼー」に行くことにした。
 11:45くらいに行ったけど、ぎりぎり並ばずに入れた。思ったより混んでいる。

 半分思考停止状態(笑)だったので、野らぼーうどん 780円。
神保町 野らぼー 野らぼーうどん
 何やらけっこう乗っかってきた。
 天ぷらは煮干の天ぷらだそうだ。
 かじってみるとうまい。煮干というとはらわたの苦味が気になるんだけど、このサイズだとまだ大丈夫らしい。
 出汁に浸して柔らかくしてもうまい。

 うどんは自家製みたいで太さばらばら、腰の強さはちょうどよく、麺の重さも重すぎず軽すぎず。
 ずるずるずるっと食べ切ってしまった。

 店を出ると行列が。
神保町 野らぼー 店構え
 この通りは覆麺にしろ、お弁当やさんにしろ、行列ができる店が多い。角にはラーメン二郎があるしね。

ペルソナ ポークアサリカレー(中辛)

2008年12月04日 (木) 23:48 | 編集
 本日はペルソナデー。
 11月には行かなかったけれど、毎月もしくは隔月でのペルソナデー。
 しっかり割引券の罠にはまっています(笑)。

 本日はポークアサリの中辛。
神保町 ペルソナ ポークアサリカレー(中辛)
 やはり中辛が一番カレーソース(ここのお店はソースというようだ)の味わいが深い。
 ポークは久しぶりの気がするが、もう少しジューシーだとうれしいな。

天ぷら もり 天ぷら定食

2008年12月03日 (水) 23:27 | 編集
 どうにも調子が悪いらしい(笑)。
 朝起きられずに1時間半程度おそようさん。
 そんな日のランチは、、、思い浮かばない。
 12時にならんとする時間帯。
 どっか決めないと入れなくなっちゃうんだけど、、、何を食べていいか、食べたいか浮かんでこないのだ。
 交差点を渡って、やっと思い出したのが「天ぷら もり」。
 あの絶妙な揚げ具合をもう一回確かめたくて行くことにした。

 券売機で買ったのは前回と同じ、天ぷら定食 780円。
 しばし待って席に案内された。

 今日の野菜はなす、南瓜、そしてれんこん。
 ご飯は前回と比べればちゃんとした炊き具合。(それでも柔らかいかな、ちょっと)
 まあ、高菜といか塩辛でカバー(笑)。

 あとは海老、いか、キスと前回と同じようにおいしくいただいた。

 さつまいもの天ぷらとかおいしそうだな。
≫ "天ぷら もり 天ぷら定食" の続きを読む...

天下一 チャーハン+太平燕

2008年12月02日 (火) 22:23 | 編集
 水天宮から人形町でお昼どき。
 いろんなお店があってどこに入ろうか迷っていたら、いつの間にか人形町の交差点まで歩いてしまった。
神保町 天下一 店構え
 あらら、戻るのもなんだなぁ。
 ここまで来てしまうとキラクかなぁ。とキラクを覗いてみる。満席だ。
 まあ、そうだろうなぁ。

 面倒くさくなってその隣。
 「天下一」。
 定食にも惹かれたけど太平燕を一度食べてみたかった。
 (某チェーン店でも店頭垂れ幕で大々的に宣伝してるけど、あっちはちょっと(^_^;))

人形町 天下一 チャーハン+太平燕

 もう少し塩味を薄目にしていただけるときっとおいしかったのではないかと思います。

ティーヌン トムヤムクンラーメン(センヤイ)

2008年12月01日 (月) 23:32 | 編集
 辛いものが食べたいな、朝が寒いとホントそう思う。
 日曜日にネットサーフィンしていていくつか神保町などのお店を紹介しているサイトを見つけた。
 その中で気になったのがティーヌン。
 ずっとティーヌーンと伸ばして覚えていたけど、これを書いていて初めて伸ばさないのが正しいと知った。

 ティーヌンはむか~し、早稲田通りにできた頃に行ってトムヤムラーメンを食べたことを覚えている。
 思えばあれが僕のレモングラス初体験ではなかろうか。笑えるというか、なんというか(^_^;)。
 世界3大スープを飲んだぜなんて密かに思っていたりしたような・・・・ハハハ(^_^;)。

 さて、神保町のティーヌン。
 前はよく通るけど、なかなか入る気がしなかった。ラーメンしかないと思っていたからだ。
 ところが、飯物もあるということを知って、なら行ってみよか!となったのだ。
 11:50近くに行ってみると、さすがに並んでいる人はいないものの店内満員だった。
 10分程度と言われたのでちょっと待つことに。
 その間メニューの品定め(^_^;)。

 決めたのは、
神保町 ティーヌン トムヤムクンラーメン(センヤイ)
 トムヤムクンラーメン 790円。

 なんだ、結局またラーメンだ(笑)。
 でも今度は『クン』入り(^_^;)、30円上乗せだ(笑)。

 麺は昔は選べなかったと思うけど、今はバーミー(中華麺)、センレク(米の細麺)、センヤイ(米の幅広麺)から選べるようになっていた。
 今回選んだのは今まで食べたことのなかったセンヤイ。
神保町 ティーヌン トムヤムクンラーメン(センヤイ)
 女子度高いせいか、ラーメンを持ってきてくれたときにエプロンを使うか聞いてくれる。
 背広ワイシャツ組にもこれは嬉しい。

 タイの麺といったらいろいろ調味料をぶっかけて自分の好きな味にして食べるのが普通なのだが、今日はそんな余裕なしで出されたままで食べ切ってしまった。
神保町 ティーヌン 店入り口

 『クン』は1匹だけで、しかも別に水茹でしたものだったけど30円なら仕方がない(^_^;)。
 センヤイは幅広なだけでなく、結構厚みがあって、もちもちと食べ応えがあっておいしい。
 スープはさすがに酸っぱ辛くておいしい(*^_^*)。
 個人的にはもう少しレモングラスが香ってもよかったかなと思ったけど。

 替え玉が100円とあったので、センレク頼んでバーミー替え玉なんてやってみようかな。
Powered by . / Template by sukechan.