NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほわいとはうすではなみ

2008年03月30日 (日) 17:16 | 編集
20080330171639
花見の予定が、、、雨あめアメ。
ということでなぜか大統領。
めちゃ混みー
スポンサーサイト

春のうららの富戸の海

2008年03月29日 (土) 23:03 | 編集
今年は桜が咲くのが早い。
東京の開花宣言も3/22。富戸行きのちょうど1週間前のことだった。
きっと伊豆の桜は散り始めているんだろうなぁ、なんて考えながら電車にゆられて、、、。
(昨今のガソリン高にめげて一人ダイビングのときは電車でのことが多い。)
熱海で伊東線に乗り換えて伊豆半島を南下しながら見る景観はまさに桜満開。まだまだ頑張ってくれていた。

富戸駅も花盛り(20080329)


そろそろ、春濁りの季節に入ろうとしている頃だが、富戸はまだ透明度がいいとのこと。
とはいえ、今回の狙いはマクロなので、気持ちよさ以外はあまり透明度は関係なし(笑)。

脇の浜2本だったが、1本目は「クリフハンガー」。
根に取り付くとまず目に入ったのはタカラコゴメガイ。黄色くて小さいけど目立つ。
ナカソネカニダマシ(20080329富戸)

黄色いトゲトサカに隠れているのはナカソネカニダマシ。
シラユキウミウシ、テントウウミウシ、
白いベニカエルアンコウも根に張り付き。
透明度も12mくらいはあって、根への行き帰りにアオリイカとか見たり、のんびりダイビング

今回もお世話になったのはスキューバプロショップ富戸。
ここのランチはカレーが定番なんだけど、冬は豚汁。豚キムチもおまけにでてきて満腹状態でした(*^_^*)。

2本目は脇の浜の右側を砂地めざして。
砂地ではソバガラガニにクロウシノシタ。ソバガラガニは扁平なのがなんともかわいい(笑)。
砂に潜って隠れていたのはトラフカラッパ。みんなに注目されていると、走る走る!
でっかいヒラメにちょいでかのナガレメイタガレイ。
そして帰り際にはベニシボリ!!

ソバガラガニ(20080329富戸)


最後の最後でシマウミノシタがうねうねとうねっているのを見てからエキジット。

帰りは川奈のしだれ桜を見て帰宅となった。

いまいち(-.-;)

2008年03月25日 (火) 21:57 | 編集
20080325215708
思いのほか仕事が早く終わった。
手元には東京メトロの一日乗車券。
浅草なんぞを目指してみる。

うまいち。名店と名高いお店だそうだ。

場所がわからず交番に。どこでもいつでもケイサツは地元を知らない。やっぱりそんな店ないとまで言われた(笑)。
結局ネットで住所をチェックしてお店に。歩いた。浅草からかなり遠い。

そして、、、いまいち、、、

帰りの浅草寺の桜にちょっと心和んだ夜でした(^_-)。

餃子の王将

2008年03月24日 (月) 21:49 | 編集
20080324214948
中学生のときだったか、餃子の王将が関東に進出してきたのはすごいインパクトだった。
開店サービスで5人前食べればタダとか、1人前100円代とか、すぐにバラけるけど中身がいっぱい詰まった大きさとか、、、
5人前にチャレンジするためにチャリで新店に遠征したことも何度もあった。

それから何十年経っているのか、
それでもたまに無性に喰いたくなることがある。

今日がその日だった。
んーo(^-^)o ささやかだけど深い満足(^〇^)

ひやかけそば 人形町そば好(こう) 再訪

2008年03月20日 (木) 13:25 | 編集
昨日の昼ご飯に人形町のそば好へ再訪した。
ひやかけそばにしらすおろしご飯。
前回は?だったけど、やっぱりうまかった。
夜、閉店近くじゃやっぱりだしの香りがとんじゃうのかな。

ところで、「ひやかけ」。
不勉強ながらそばよしで初めて知ったのだが、これはうまいと思う。
ざると違って丼に麺を入れて冷えた汁をぶっかけて出される。

そばよしもそば好もこの汁がきんきんに冷やしてあって
ちゃんと押さえるところを押さえてる。
こういうところが値段に関係なく『いい』お店である証だと思う。
≫ "ひやかけそば 人形町そば好(こう) 再訪" の続きを読む...

Another "Ichiro"

2008年03月20日 (木) 01:50 | 編集
Ichiro's Malt

もう少しきれいに撮ってみました。

いちろー?

2008年03月19日 (水) 23:30 | 編集
20080319233058
久しぶりに早く帰れる。
そのくせ家にはまっすぐ帰らない午後の9時。
ふだん降りない駅のふだん使わない改札を出る。
街は雨なんか関係なく盛り上がっていた。
その盛り上がりに背中押されて初めてのBar。
変換はバーのつもりだったんだけど携帯まで気分後押し(笑)。
ずらり並んだボトルにおもちゃやに来た子供の気分o(^-^)o

ふと気付くと目の前に不思議なボトルが

いちろーずもると

写真じゃわからないかもしれないけど母子家庭〓
なぜかKINGがいないのだ。
んでもちろん母子家庭の味、試させていただきました。
力強いしっかりとした、それでいて遊び心のある『いい』感じでした。

最近売れているらしいので見かけたらご賞味あれ。

とまあ、そんな感じで夜は更けていくのだった。

Have a good night!♪

リャンウォンメン、よく焼きで!

2008年03月16日 (日) 23:43 | 編集
実は僕は焼きそば好きである。

思えば中学の頃、昼飯をよく食べていたラーメン屋が作る
焼きそばが始まりだったかと思う。
ちゃんと軽くゆでたラーメン用の麺を中華鍋で焼いたそばに
肉野菜を炒めてスープでまとめたものをかける
(あんかけではなかった)
タイプの焼きそばだった。

その店は今はもうないが、
ソース焼きそばやあんかけ焼きそばでもへにょへにょ麺の
焼きそばしか知らなかった僕は一気にとりこ(笑)になった。
もちろん、自分でも作るし、
(ちゃんとしまだやの中華麺とかゆでて焼いて、
スープ多目の肉野菜炒めを上にかけて、、、
手抜きでも蒸し焼きそば麺をフライパンでしっかり焼いて作る)
そういうタイプの焼きそばがあると聞くとむずむずが止まらない。
止まらないのはロマンチックだけではないのだ(笑)。

固焼きそばとまた違う麺のパリパリ感ともちっと感。
焼けて焦げ目がついたところ、軽く火が通ったところ、
それぞれがスープに浸って食べ始めから食べ終わりまで
食感がどんどん変わって楽しませてくれる。

だから、僕は焼きそばが好きなのである。
それも麺をしっかり焼いたリャンウォンメン(両黄麺)、
わがままを言えば焦げ焦げ麺が好きである。
というわけで、今日も

「リャンウォンメン、よく焼きで!」

写真を撮ったお店は八丈島に潜りに行ったときにTVでみたお店。
ソース焼きそばなのに、両面を焼いてありパリッとしている、のだそうだ。
高島平あたりの焼きそば

サイズ大中小から中を。
≫ "リャンウォンメン、よく焼きで!" の続きを読む...

プチ韓国旅行 松屋(新宿職安通り)

2008年03月08日 (土) 23:21 | 編集
もともとの始まりは某くじら組SNSでの書き込みだった。
HISが韓国4日間1万円のツアーを売り出しているという書き込み。
ツアー自体はあっという間に完売だったけど、
それならプチ韓国旅行(笑)ということで韓国料理、
しかも焼肉以外を食べに行こうと、、。

松屋(新宿職安通り) 店構えそして当日、松屋。
牛めし屋ではない(爆)。
かなり昔からカムジャタンで有名なお店だったが、一人ではなかなか入れないお店だったのでマークが薄れに薄れたお店だった。
(テーブル席しかない。そもそも一人鍋は、、(^_^;))

職安通りのドンキホーテの前で待ち合わせ。
ぞろぞろと(13人だったかな)お店に入ると、まずはビール。
中に何度も来ている人がいて、メニューも見ずに
「ケジャン、カムジャタン、チャプチェ!それにチヂミ!!」とオーダー(笑)。

乾杯してナムルが出てくる。
松屋(新宿職安通り) ねぎチヂミ
そしてチヂミ。ねぎとプレーン。写真はねぎ。
ちょっとかりっとしてもちっとして油っぽくない。
おいしい!
しばらくしてチャプチェ。韓国春雨は太くておいしいね。
もちもち、ぷりぷり。笑みがこぼれてくる。
松屋(新宿職安通り) ケジャン 山盛りだぁ\(^o^)/
そして、ケジャン。この甘さと辛さのハーモニーがまた格別。
こういうのは量が出ているところで食べないと新鮮でない。
(以前、場末のお店で「旬だからサービス」といってちょっともらったやつでてきめんに、、(^_^;))
殻を噛み割って中身をほじくりちゅーちゅー。
漬けてあったヤンニョムもたっぷりお皿にのせてもらっていたので、それだけでまた(笑)。
ノンベだな、おい。
ということでビールからマッコリに変更。
わはは、アルマイトのやかんででてきた。
まさに『命の水』だね。

と、カムジャタン登場。火を入れる前は山盛りででてきた。パチパチパチ。
松屋(新宿職安通り) カムジャタン、作ってくれてます

ぐつぐつ煮込まれるまで話とマッコリが進む。
韓国話やダイビング話、ダンス話で盛り上がっている間にカムジャタンはいい具合に。

松屋(新宿職安通り) カムジャタンのできあがり、うまそー
うまい。マナーとか気にせず、手づかみ。骨の間の肉や筋までちゅーちゅー(笑)。
ケジャンのヤンニョムを入れて辛味を増して食べる。
む、無言だ(笑)。
サンゲタンが回ってきたけど、手が出せず(^_^;)。

むーん、満腹(*^_^*)。
と、店員さんがやってきておじやの用意を始める。
これはまた別腹か?(笑)

調理の手早さに見とれていたらあっという間に完成!
うまい。(今日一日で何回このセリフを叫んでいることか(笑))
松屋(新宿職安通り) カムジャタン、おじやに華麗に変身!
もぐもぐモグモグ、、、 うまかった。

お腹もいっぱい、マッコリもうまい。まったりまったり。


こうしてプチ韓国の旅は終わり、
韓国を離れた僕たちはまっすぐに帰途に着いた、、、、
≫ "プチ韓国旅行 松屋(新宿職安通り)" の続きを読む...
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。