NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

北のぉ海はぁよぉ~♪

2005年12月25日 (日) 11:17 | 編集
 ちょっと前になるけれど、またまた「すみれ」に行ってきた。
 メニューに最後に残った醤油ラーメンを味わうためだ。

 実は醤油ラーメン、無難だろうと思って順番として最後にとっておいた。
 しかし、前回の「しお」。あのインパクトはかなり大きかった。
 もう、いつ食べても、「しお」との比較になってしまって
きちんと味わえないのでは、と思っていた。

 それにしても「すみれ」さんには、気に入られているらしい(笑)。
 いつ行っても行列がなく、すんなりと入れる。しかし、ラーメン
待つ間にふと店外を見るとすでにかなりの行列ができている。
 まあ、ちゃんと考えて空いていそうな時間帯を狙ってはいるのだが、
こういうのも再訪をする気にさせるひとつの要因である。

 北海道 すみれ 醤油ラーメン


 やはり、ついつい前置きが長くなってしまう(^_^;)。
 出てきた醤油ラーメンは厳冬の北の海の印象がした。
 漕いでも漕いでも何が沈んでいるかわからない、
飲んでも飲んでもいつまでたっても底が見えない、
それでいて実り豊かな北の海。


 やはり、事前の予想通り「しお」を超えることはなかったが、
無難という一言からははみだして一気にお腹の中に収まった。

 ごちそうさまでした。
≫ "北のぉ海はぁよぉ~♪" の続きを読む...
スポンサーサイト

すみれ 今度は「しお」!

2005年12月16日 (金) 23:24 | 編集
  三島からの出張帰り、またまた池袋のスパイスへ。

  そしてまた、「すみれ」は運良く行列がない。
  先日の味噌はおいしかったが、今度はしおラーメンだ。

  チケットを買ってしばし待つ。
  今日は隣のテーブルで食べ終わったのにビールなんか飲んで
 だらだらしゃべっているサラリーマンが目障りだ。
  しかも客が並んできてもお構いなし。失礼だなぁ。

  そんな気分も注文したラーメンが出てくればマンペイライ。
  (ちょっと違うか(^_^;))
    北海道 すみれ しおラーメン、なんと甘かった、旨かった(^○^)

  麺は味噌と変わらずいい感じの太麺縮れ麺。
  さっそくすすりこむ。

  ん!? んん!?

  スープを飲んでみる。あちっ!
  スープ表面の油がスープを冷めさせないので思ったより熱かった。

  それでも飲んでみる。ふうふう冷ましても飲んでみる。



  むむむ。甘いのだ。
  もちろん、砂糖の甘みではないが、塩気のとんがったところが
 微塵もない。
  これは初体験だった。麺より先にスープが減っていくなんて
 今までで初めて。旨い。おいしいと言うよりも旨い。

  ブラボーおじさんのようにブラベスト!と叫んでしまうところだった(笑)

成増 道頓堀つけめん

2005年12月12日 (月) 20:16 | 編集
 家の近所にある、いつも閉まっているラーメン屋。
 (前を通るのが遅いだけなんだが(^_^;))
 どうやら有名店だったようだ。ネットサーフィンしててびっくりした。

 今日は開いてて空いていたので食べてみることに。

 頼んだのは普通の「つけめん」。
 (なにやらてんこ盛りの「特製」もあったが、まずはシンプルから)

 食券を買ってカウンターに。
 待っている間に隣の人の品物が来る。
 「はい、特製つけめん。あつもりで」

   !

 しまった。あつもりがあったなら、あつもりを頼めばよかった。
 しかし、自分の分がどこまで作られているのかわからず断念。

 そして、しばし待った後、

     成増 道頓堀つけ麺


 きちんと冷水で締められた麺はちょっと太目の平打ち。
 食感はいい。長さも手ごろ。
 スープはちょっと温めで酸味と辛味が効いておいしい。
 トッピングはちゃあしゅう、めんま、のり、ねぎ、なると。

 ずびずびずばばん、と麺がすすむ。
 気づくと麺があと一回分だ。目先を変えてトッピング類に箸を向ける。
 ちゃあしゅうは煮豚、ですね、しっかり柔らかくてジューシー。

 最後の麺を食べてから、厨房のお兄さんに
 「スープを足してもらえますか?」と聞くと、
 「このまま足して全部飲みきれますか?」と聞かれた。
 頼んで残す不埒者がいるのか?と思いながら「はい」と答えて足してもらう。

 うまい。
 鰹節か、魚介系のいいスープで醤油味のたれの旨さがまた冴える。
 塩気きつくなく、さらっとお腹に入って、満足感を得られる。
 こんなラーメン屋さんが近くにあったとは。

 不覚であった。
≫ "成増 道頓堀つけめん" の続きを読む...

杜の蔵(銘酒会の忘年会)

2005年12月11日 (日) 23:42 | 編集
 数年前から日本酒の銘酒会に入っている。
 今日はその銘酒会の忘年会ということで吉祥寺まで出かけていって飲んできた。

 銘酒会では毎回テーマを決めて、それにあわせた5銘柄ないし6銘柄の4合壜の日本酒が用意されている。
 各テーブル5,6人なので、1人4合という割り当てだが、どれもなかなかの酒でべろべろになるまで飲むという酒ではないのでちょうどいい量か。

 今日は、「とにかく忘年会」というテーマで

   「梵」加藤吉平商店の「日本の翼」と「無濾過生酒」
              (両方とも純米大吟醸)
   「大手門」杜の蔵の「純米大吟醸斗瓶採り雫酒」と「純米吟醸酒」
   「独楽蔵」杜の蔵の「玄」(ぬる燗)

 というラインナップ。

 いや、どれもおいしかったのだが、今日の一番は「独楽蔵」の「玄」!
 ぬる燗が甘みと旨みをふくらせて、それでいて後味すっきり。

 これはおいしかった。

 杜の蔵という蔵は日本酒以外に焼酎も作っている。
 「吟香露」という銘柄が有名かも。

 ここの蔵は他にも麹ドレッシングなるものも作っていて、

  米  →→→ 日本酒(製品)
  (原料)↓
      ↓→ 日本酒絞った
         後の酒粕 →→→→ 酒粕焼酎(製品)
         (廃棄物、↓
       じゃなく原料)↓→焼酎蒸留した
                後の酒粕 →→ 麹ドレッシング
               (廃棄物、      (製品)
               じゃなく原料)

 と徹底したリサイクル、しかもどれもうまいと来た日にゃ(^_^;)。

 杜の蔵の粕取り焼酎の紹介ページ

 年末の土産酒がまた増えそうな気配である。

池袋東武 すみれ 味噌ラーメン

2005年12月08日 (木) 12:40 | 編集
 池袋の東武デパートの食堂街(古い言い方だ(^_^;))のスパイスには期間限定で各地の有名ラーメン店が入るスペースがある。
 今は札幌の「すみれ」が入っている。
 相当な人気で何度か行列にめげて引き返していたけど、昨日はたまたま、出足の谷間に出くわし、並ばず入店できた。
 
 ラーメンは味噌、醤油、塩とあるが、もちろん初めてなら頼むのは味噌だろう。
 注文してしばし待つ。周りは汗かきながらもくもくと食べている女性が多かった。

 すると、

北海道すみれ味噌ラーメン(池袋スパイス)

 一口目から、太麺が唇に、喉越しにいい感じ。
 スープも辛くもなく、薄くもなくちょうどいい。
 うまい。

 ちょっと麺の長さが物足りないかな。
 (ずびずばずばばん、と啜りこむのが好みの食べ方である。)
 でもうまい。
≫ "池袋東武 すみれ 味噌ラーメン" の続きを読む...
Powered by . / Template by sukechan.