NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

モーターショーに行きました

2005年10月31日 (月) 23:46 | 編集
 モーターショーに行きました。今年は乗用車&バイクの最後の年です。モーターショーもバブルに踊らされたイベントでしたね。バブルの頃はモータースポーツでバリバリなメーカーが勢いがありましたが、最近はエコができなきゃメーカーじゃないみたいな風潮があるように思います。全てが右に倣え、じゃ面白くないのになぁ。
 その中で僕が嬉しく思うのはマツダ。会社を巡る環境はかなり変わったのに、あのテーマソングを変えることなく使い続ける。メーカーとしての根本のコンセプトは変わらないんだ、って主張しつつ、メロディとかを変えて、世の中の状況にあわせた、リードする車を出してくる。こういうの、ずっとずっと続けて欲しいと思う。頑張ってね\(^o^)/。
≫ "モーターショーに行きました" の続きを読む...
スポンサーサイト

SF少年(笑)

2005年10月27日 (木) 08:56 | 編集
 mixiに入って、コミュニティを検索するのが今楽しい。
 とりあえず、お酒(笑)とダイビングで行きたいところのコミュに入ったんだけど、いろいろ検索してみると昔はまったもののコミュがやっぱりたっている(^○^)。
 嬉しくて、うち2つほど入る(^_^;)。
 パーンの竜騎士シリーズのアン・マキャフリーのコミュと、ダーコーヴァ年代記のM.Z.ブラッドリー。
 どちらもなかなか翻訳されないシリーズ(^_^;)なのと、買っって一度開いたら最後、どんなシチュエーションだろうが一気読みしちゃう本であることが共通の特徴。
 これを機会にもう一回全部読み直してみようかな。

 あ、その前に最新刊でたみたいだから、買って読まなきゃ(^_^;)。
≫ "SF少年(笑)" の続きを読む...

神風、今昔

2005年10月22日 (土) 13:02 | 編集
 昔々、神の国に災い為すものは神様がおこした風に討ち払われ、神の国は神様が風を起こして守ってくれるという考え方があったけれど、(確かそのときには敵だけが被害を受けて味方はなんの被害もなかった、らしいらしいというのは諸説あってそもそも一度目の元寇では嵐はなかったという説もあるので)そんな考え方で今のアメリカを見るとどうだろうか。
 アメリカの人は、神といえば、一人しか思い浮かべないだろうし、なおかつ歴史上から見てもその神様はほかの人達が信じている神に対してはあまり全くといって寛容ではない。大量破壊兵器の保有というなかばでっち上げの理由で戦争をしかけるようなことは昔々の十字軍遠征を現代に焼きなおしたようなもんではないか、なんて考えたりもする。極端すぎるか(^_^;)。

 また、台風やハリケーンやタイフーンが勢力を大きくするのは海水面の温度が高いがあるけれど、なぜかアメリカは地球温暖化を避けようとしている京都議定書には参加していない。温暖化を避ける努力を避けたいのか議定書に縛られるのがいやなだけなのか。(でもふだんのアメリカから考えると努力しているのにアピールしない訳がないと思うのだが?)

はっ!アメリカの、キリスト教の神風といえば!
≫ "神風、今昔" の続きを読む...

mixi

2005年10月17日 (月) 12:31 | 編集
mixiに入った。(入った、というのか?)
イルカ繋がりの友人に紹介してもらって入ったのだが、さてどうなるか。
このブログにしろ、mixiにしろ、昔のパソコン通信を思い出す。
1200bpsのモデムがとても高かった。14400bpsのモデムはMAG画像のために買ったりして、それでも電話代を抑えるために夜中の11時を待ってから繋いだりしたもんだ。(当時NTTのサービスにテレホーダイというのがあって、、、はっ(゜o゜)、こんなこと説明してるようじゃいかにもぢぢぃのようではないか(笑))

さてさて、どういう繋がりができていくのか、ペースは変えずに今までどおり、のんびりのんびりとやっていくつもりだけど、楽しみでもある。

ホワイトシチューならぬイエローシチュー(^_^;)

2005年10月16日 (日) 20:49 | 編集
 かぼちゃが安かったので煮ようと買ってきました。
 家に帰るとたまねぎと長芋が「僕らも煮てよ」と言ったのでホワイトシチューにすることにしました。
 肉は豚がよかったんだけど鶏肉だったので、その分、にんにくをごろごろと入れました。
 かぼちゃは荷崩れが煮崩れが心配だったので最後に入れることにしました。
 そして1皿目。おいしくできました。シチューと根菜類の白さ、火の通った鶏肉の色合い、そしてかぼちゃの緑と濃い黄色。目にもおいしくできました(^○^)。

 たっぷり作ったので翌日また食べようと。
 そして翌日、暖めなおしたらものの見事にイエローシチューになってしまいました(^_^;)。味はおいしいんだけどね、カレーの方がよかったかなぁ。

  ああ、平和だこと(笑)。
≫ "ホワイトシチューならぬイエローシチュー(^_^;)" の続きを読む...

オスメスの虹が見れる小笠原

2005年10月14日 (金) 21:22 | 編集
2本の虹をその目で見たのは初めてでした 小笠原も明日は出港日という日のこと。予定されていたダイビングもドルフィンスイムも全部終わって港への帰り道、そこに虹が現れました。

 最後の最後にいいお見送りが、なんてのほほんと眺めていると、
≫ "オスメスの虹が見れる小笠原" の続きを読む...

小笠原のイルカさん

2005年10月13日 (木) 18:40 | 編集
小笠原のイルカと泳いできたよ 今回の小笠原行きはダイビングというよりドルフィンスイムでした。小笠原の海は総じて深いため、なんちゃってドルフィンスイマーの僕はなかなか大変でした。
 数少ないイルカさん写真の中で、たぶん今回の一番がこれ。
 子供のイルカが遊んでくれたのが救いでした。ちなみに奥の方のがお母さん。
≫ "小笠原のイルカさん" の続きを読む...

海まで紅く染める小笠原の心(^_-)

2005年10月12日 (水) 23:00 | 編集
小笠原ハートロック、海も赤くなるくらい燃えてます 小笠原には大きな大きな心がある。通称、ハートロックといわれるそれは海からでしか見ることができず、しかも、それは島の船に乗り換えてでないと見ることができない。

 その大きく赤く燃え上がる心は、何を祈る心か、はたまた、誰かに恋焦がれる心か。
 その思いは、海だけでなく、見る者の心まで紅く染めあげる。

小笠原、みたび

2005年10月10日 (月) 23:11 | 編集
油を流したかのようなべた凪の小笠原沖 2005/10/5-10/10の日程で今年三度目の小笠原に。
 行きのおがさわら丸は全く波の無いべた凪の海をのんびりと走ってました。
 僕はというと、これまたぼんやりと煌く海面を眺めてもうじき見えてくる小笠原の島々に思いをはせていたのでした。

遠く海面に見えるのは聟島列島。
島に風があたって雲ができているのがわかりますか?

△の日

2005年10月03日 (月) 23:00 | 編集
十二代 がんこ 店構え十二代 がんこ しょうゆ

 仕事の帰り、本郷三丁目の「がんこ」。
 がんこらしく牛骨が店頭にぶら下がっている。よし。
 ん?しかし、「やってるよ」の看板が。???なんだこりゃ?他にも、店頭にメニューが貼ってあったり、がんこらしさがない。
≫ "△の日" の続きを読む...
Powered by . / Template by sukechan.