NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイカラな人たちが集うお店の優しい冷やし中華(東銀座 萬福 冷やしそば(とりごま)+焼餃子4個)

2017年09月09日 (土) 23:59 | 編集
東銀座に気になる中華料理屋さんがある。
どちらも大衆中華の部類に入るお店だが、毛色が違うそれぞれのお店、今回は萬福さんに行くことにした。
冷やし中華2017第十九弾である。
かなり昔から東銀座の一角にお店を構えているらしく、店構えも、おっと思わせるレトロっぽくていい感じ。
東銀座 萬福 店構え(2017/9/9)
何よりでっかい看板がいい感じ。
中に入ると、これまたレトロっぽい、戦前にできたお店ってこんな感じかな?みたいな造りをしている。
他のお客さんがいたので店内の写真はないけど、これまた中華料理が粋な感じだった頃、着飾って銀座に遊びに来て、中華でも食べようかというのがおしゃれだった頃を想像できる感じの造り(笑)。
なんだかわからないね(笑)、自分でも何書いているのかわからなくなってきた(笑)。
一度、来てみるとああそうかとわかるかと(^_^;)。

頼んだのは夏季限定の冷やしそば(とりごま)。
なんと萬福さん、冷やしそばが通年で食べられるという貴重なお店だった。
ならばと夏季限定から攻めてみることにした(*^_^*)。
そして焼き餃子
6個が標準だけど、ちょっと減らして4個にしてみた。
待っている間もぽつぽつとお客さんが来る。
パリッと決めているご老人、近くの運送屋のお兄ちゃん、銀ブラしていたんだろう中年のご婦人連れ、ビールを飲んだり、定食を食べたり、静かだけど穏やかな活気のある雰囲気に浸っているとまず餃子、そして冷やしそば(とりごま)が出てきた。
餃子はよく焼きぷくぷく餃子
多めの油で仕上げたと思われる焼き上がりはいかにもかりっとしてそうで美味しそう。
口にしてみると、油切りがよくカリパリともちっとした皮のコントラストがいい。
東銀座 萬福 焼餃子4個(2017/9/9)東銀座 萬福 焼餃子4個(2017/9/9)








中の餡は肉と野菜のバランスもよく、皮の中にみっちり詰まっている。
頬張れるくらいのちょうどいいサイズが口に嬉しい。
 
餃子を楽しんだ後はいよいよ冷やしそば。
とりごまと言うだけあって、どーんと蒸し鶏が載っている。
もちろん、スープはごま味。
麺を引き出して一口。
美味い。
東銀座 萬福 冷やしそば(とりごま)(2017/9/9)東銀座 萬福 冷やしそば(とりごま)(2017/9/9)








ごまの風味がぴんとたって、酸味とか他の味はいい脇役として脇を固めている。
しっかり冷えたスープがしっかり冷やされた麺によく絡む。
鶏肉はしっとり美味しく、まさにとりとごまの2つが主役を張って皿を盛り上げている。
飲み切るのにちょうどいい濃さのスープとともにあっという間の完食(*^_^*)。
美味しかった~(*^_^*)。

一息ついて隣を見ると赤いチャーハンみたいなものを食べていた。
メニューを見るとどうやらポークライス。
チキンライスの豚肉版。
きっと豚の脂が染み出て美味しいんだろうな~。
中華にしては不思議な料理。
銀座だけに中華料理屋さんも時代の最先端を追っていたんだろうな~。
スポンサーサイト

ごろごろの紅い宝石(市ヶ谷 黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン トマトコレクション 2017)

2017年09月05日 (火) 23:59 | 編集

市ヶ谷 黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン 店構え(2017/9/5)ランチタイムをはずしても並ぶという話もあり、夕方に向かうことに。
狙うはトマトコレクション2017。
果たしてこれを冷やし中華の範暗に含めるのかという詰もあるのだが(笑)、イタリアンなラーメン屋さんという位置づけだそうなので
冷やし中華2017第十八弾。

お店の造りはラーメン屋さんではない。

市ヶ谷 黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン 水(笑)(2017/9/5)直前に入ったいかにもラーメン好き(オタク)の男子は店内を見まわして挙動不審(笑)。
とはいえ、ラーメン自体は券売機で券を購入して店員に渡すというオペレーションはラーメン屋さん。
店員さんが券売機の券を「チケットをお預かりします」と言いながら受け取っていたのがちょっと笑える。
お水はボトルとグラスで出てくる。
イタリア料理店に来ている感を出したいんだろうなというのがよくわかる。
しばし待って出てきたトマトコレクション2017がこれだ。
市ヶ谷 黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン トマトコレクション 2017(2017/9/5)
白い器に紅い宝石がごろごろ。
真っ赤な宝石、黄色がかった宝石、艶やかに光る玉(ぜひギョクと読んで欲しい(笑))、しまった!クロスフィルターモードで写真を撮っておけばよかった(笑)。
カトラリー(笑)の箱を開けるとそこにはちゃんと箸とレンゲが収まっていた。
やっぱりラーメン屋さんなのね(^_^;)。
箸で宝石の山を探る。
探るまでわからなかったが、スープも赤。
真っ赤な中に白くて細いストレート麺が隠れていた。
畷り上げると麺に絡んだスープの香りが鼻を抜けていく。市ヶ谷 黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン トマトコレクション 2017(2017/9/5)
市ヶ谷 黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン トマトコレクション 2017(2017/9/5)
冷たいスープなのに抜けていくのはかなりの濃い香りなんだろう。
スープの香り、味が相まってラーメンを食べている気がしない(笑)。
ここに入る麺、カッベリーニでいいじゃないか?(笑)
味はすごく美味しいのに、なぜかラーメンを食べている気がしない。
ここではまさにラーメンの麺は単なる食材であって、その食材を活かしたイタリアン、美味しいイタリア料理の一品だった。

広島の人たちは裏表のないストレートな人たちばかりなんだろう(中野 鯉のぼり 中野店 激辛つけ麺)

2017年09月03日 (日) 23:59 | 編集
中野に来るといつも何を食べようか迷う。
中野 鯉のぼり 中野店 店構え(2017/9/3)あれ?どこかで書いたかな、これ(笑)。
つまり、いつもいつも迷うのだ。
晩飯食べそびれて地元まで戻ってきてしまったのでこの日も迷って鯉のぼりで激辛つけ麺。
なぜか麺なし激辛つけ麺というメニューもあったりで広島の人って大丈夫なのかしらん(^_^;)。
中野 鯉のぼり 中野店 激辛つけ麺(2017/9/3)
ま、お江戸の人も天抜きとかするけどね(笑)。
辛さ6倍にしたら汗だらだらで食べている最中の写真撮っている余裕なし(^_^;)。
中野 鯉のぼり 中野店 激辛つけ麺(2017/9/3)中野 鯉のぼり 中野店 激辛つけ麺(2017/9/3)








食べ終わってみるとつけ汁の辛味油が辛いだけでつけ汁そのものは醤油味のごく普通に美味しい。
広島ではつけ麺の最後にスープ割とかしないんだそうですね。
てか、このお店、つけ麺と汁なし担担麺しかないからそもそもスープがないのでした(笑)。
美味かったので次は汁なし担担麺を!(^_-)-☆
 
冷やし中華2017第十七弾。

世代を超えて愛される中華料理屋さんの冷やし中華と餃子(*^_^*)(南阿佐ヶ谷 えのけん 冷やし中華+餃子S(4個))

2017年09月02日 (土) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第十六弾。

一度、出かけていってあえなく休業だったえのけんさん。
南阿佐ヶ谷 えのけん 店構え(2017/9/2)今回は事前に電話してからの訪問となった。
食べログには通し営業のように書いてあるので3時のおやつと思っていたが、電話口で昼は3時まで、夕方は5時からだよと言われて慌てて滑り込んだ。
入り口右手にある券売機で買ったのはもちろん冷やし中華、それに餃子
カウンターに座ってできあがりを待つ。
餃子はS(4個)を頼んだが、1個1個が大きいのが見て取れる。
まだ熱くなっていない餃子鍋に餃子を放り込んだら鍋ふち近くまで水を入れて茄で始めた。
すごく水を使うなと餃子にかまけていたら、肝心の冷やし中華を作っているところを見逃した(笑)。
そして見逃していて、いきなりカウンターの前からでてきた冷やし中華がこれだ。
南阿佐ヶ谷 えのけん 冷やし中華+餃子S(4個)(2017/9/2)
まず、レタス。
そしてトマト。
コーンも載っていて中華サラダみたいな感じの第一印象。
次に目をひくのは立派なメンマ。
チャーシューも分厚い。
半分に割った半熟玉子が載っているのもラーメン屋さんの冷やし中華だな~(*^_^*)。
麺に箸を伸ばす前にメンマに(笑)。
柔らかく仕上げられていて変に油っこい味もしない、美味しいメンマ。
普通のラーメンもきっと美味しいんだろうな~と思いながら麺に箸を伸ばす。
南阿佐ヶ谷 えのけん 冷やし中華+餃子S(4個)(2017/9/2)
麺は思ったより太い。
軽くちぢれが入っていて茄で具合もいいせいか、のど越しがいい。
スープはちょっと甘めの醤油ベースのスープ。
酸味が柔らかでこれだけでも美味しく飲める味だった。
そして、お皿も麺もキンキンに冷えていて嬉しい。
これ、重要(笑)。
そんな冷やし中華。
あっという間に胃袋に直行(笑)、かと思われたが、その独走を止めるのが餃子だった。
南阿佐ヶ谷 えのけん 冷やし中華+餃子S(4個)(2017/9/2)
Sということで4個だったが、大きさ的には全然Sサイズではない。
たっぷりの水で茄で上げられた皮はもちもち、仕上げで結構焦げ目強くパリッと焼き上げてあるのでもうたまらん(笑)。
中の餡はキャベツ中心の野菜餃子。
なのにがぶりとやるとじゅわっと汁がほとばしる。
南阿佐ヶ谷 えのけん 冷やし中華+餃子S(4個)(2017/9/2)
しかもその汁が甘みがあって美味い。
酢醤油もいいけど、出された味噌だれがよく合う。
冷やし中華に餃子、どちらが主役でどちらが脇役ということなく、両方主役の美味しい競演だった(*^_^*)。

大門 鶏ポタ ラーメン THANK 冷やしトロロSOBA(2017/8/29)

2017年08月29日 (火) 23:59 | 編集
THANKさんに夏限定のメニューがあって食べに行ってみたいと思っていた。
ただ、多少時間をずらしてもなかなか行列が少ない日にぶつからなかった。
何度目かのTHANK詣での日、角を曲がって、おやと思った。
いつもお店の外まで並んでいる列がない。
これは行きましょう!
メニューは冷やしトロロSOBA、900円。
ほとんど待たずに着席。
そして出てきた冷やしトロロSOBAがこれだ。
大門 鶏ポタ ラーメン THANK 冷やしトロロSOBA(2017/8/29)
思ったよりこじんまりした器に盛られた麺。
上にかかった鰹節をかき分けると中には卵黄が。
トロロといいながらあまりトロロ感はない。
ちりばめられたオクラにとろみがあるんだろうか。
割り崩した卵黄を混ぜながら麺を畷る。
スープに鶏ポタ感はなく、普通の冷やしラーメンといった感じ。
大門 鶏ポタ ラーメン THANK 冷やしトロロSOBA(2017/8/29)
美味しいか美味しくないかといえば十分美味しいんだけど、THANKさんの鶏ポタラーメンと比べると平凡感は否めない。
卓上のカレー粉を混ぜたらより美味しくなるのかな~。
 
ということで
冷やし中華2017、、、番外(^_^;)。

いろいろとあなどれないスーパー銭湯(御殿場 SPA RESORT オアシス御殿場 冷やし中華)

2017年08月19日 (土) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第十三弾。

ともかく暑い日だった。
それまでの雨天曇天から一転して快晴の1日。
食べログ情報を信じたばかりに続けざまにランチに振られ、ふらふらになって入ったお店はなんとエアコンが壊れていて汗だらだらの中の食事、かつ出てきた瓶ビールまでがぬるいという日だった。
本当なら街中で遅くまで夜を楽しんでからねぐらに、と思っていたのだが、中途半端な時間の食事、炎天下ふらついていたことによる脱力感で早々とねぐらに転がり込んだのだった。
転がり込んだのはスーパー銭湯。
御殿場 SPA RESORT オアシス御殿場 建物(2017/8/19)御殿場 SPA RESORT オアシス御殿場 店構え(2017/8/19)
細長いロッカーにパンパンのリュックを押し込んでまずは風呂で汗を流す。

ついでにあかすりとマッサージを頼んだら、ぽっかり空いた時間を使ってスーパー銭湯の中の食事処での一杯となった。


お疲れ様セットみたいな感じのセットで喉を潤し、改めてメニューを見ると、そこに冷やし中華があった(*^_^*)。
これは頼まにゃならんだろ(笑)。
しかもメニューを見るとなんか面白いビジュアルだし。
土曜の夜、地元の人たちが宴会をしているらしく、かなりの混雑の中、頼んだ冷やし中華が出てきた。
御殿場 SPA RESORT オアシス御殿場 冷やし中華(2017/8/19)
メニュー写真通りエビどーんトマトびたーん(笑)のビジュアル(*^_^*)。
お味はというと、、、、、、、、、なんかスープが違う?
醤油ベースの普通のスープっぼく感じるのだが、何かが入っている?
美味しい。
御殿場 SPA RESORT オアシス御殿場 冷やし中華(2017/8/19)
ずぴずばときっちり冷えた麺と具を食べ終わってやっとわかった。
辛子を添える代わりに粒マスタードを溶かし込んでいたのだった。
、、、御殿場のスーパー銭湯。
侮れない冷やし中華だった(*^_^*)。

和なのか中華なのか、それが問題、じゃない(笑)(中野 中華 和 本日のサービスAセット(しょうが焼き丼+冷し中華))

2017年08月18日 (金) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第十二弾。

中野に来ると何を食べていいのかわからなくなる。
高円寺でも最近はそうだ。
以前は迷ったら餃子の王将と決めていて、王将率がめちゃくちゃ高かった。
さすがに王将にも飽きてきて迷いに迷って食べずに帰ることもこの日もカレー?塩ラーメン?立ち食い寿司?日高屋?味噌ラーメン?飲みに行くのもな~、なんて優柔不断な感じでうろうろ歩いていた。
中野 中華 和 店構え(2017/8/18)
さすがに面倒になってやっぱ帰ろう、帰ってカップラでも食おうと思ったそのとき。
目についたのがあるお店のPOPだった。
中野 中華 和 本日のサービスAセット(しょうが焼き丼+冷し中華)(2017/8/18)
日く、「本日のサービスAセット しょうが焼き丼 餃子2ケ付 麺は冷し中華にかえられます」。
冷し中華に変えることができるだとう!なんてサービスなんだ。
こんなお店、見たことがない。
中華料理なのに「和」って何なんだろうなんていつも思っていてごめんね(歩き回り過ぎてテンションが変に上がっているだけなんだが(笑))。
さっそく入店、先客1人。
カウンターについて「サービス定食Aで冷し中華にかえてください!」と注文。
無言の返答をもらい、しばし流れているTV番組を聞き流していると、「お待ち!」と一声かかってお盆が出された。
中野 中華 和 本日のサービスAセット(しょうが焼き丼+冷し中華)(2017/8/18)
おお、今のご時世、がらがらでもセットメニューがばらばらで出てくるお店が多いのにちゃんと全部がいっぺんに出てきた。
意外とこのお店、やるのかもしれない(笑)。
中野 中華 和 本日のサービスAセット(しょうが焼き丼+冷し中華)(2017/8/18)
冷し中華は錦糸玉子、チャーシュー千切り、キュウリの千切りにトマトと赤白緑黄と彩りもよく、しょうが焼き丼に負けていない。
まあ、味は業務用醤油ベースのスープなので安定感ありのお味。
餃子やしょうが焼きもついてきてお得感満載の冷し中華だった。

とことんとことん、まじめにまじめに(御徒町 とことんらーめん とことん冷やし麺)

2017年08月04日 (金) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第十一弾。

先日、青森香る羊に行ったとき見つけた。
とことんラーメン?
御徒町 とことんらーめん とことん冷やし麺(2017/8/4)
どっかで聞いたな~と思ったらまつこの知らない世界で不信感ほにゃららさんが薦めていたお店だった。
 
その日は香る羊でお腹一杯(^_^;)。
ということで翌日、満を持して(笑)行ってきた。
頼むはとことん冷し麺。
いやあ、見た目豪華(笑)。
でも茹で上げた麺を流水で冷やし、そしてしっかり氷水で締めるという作り方を見てると食べる前から美味しさがわかる。
冷蔵庫から出したスープをしゃかしゃか振って、、
どーんと出てきた!!
御徒町 とことんらーめん とことん冷やし麺(2017/8/4)

いざ、箸をのばすと最初は中華サラダ(笑)。
掘っても掘っても野菜野菜(笑)。
やっと出てきた麺は細麺でスープがよく絡む。
スープは王道の醤油ベース。
でか皿でどかんとでてきたのでうっはーと思ったけど、ちょうどいいボリュームだった。
美味しかった~(*^_^*)。

湯気が立って出てきた冷し中華(笑)。(高円寺 中国家常菜 祥龍房 野菜冷やし中華)

2017年07月22日 (土) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第十弾。

この日も真夏日の土曜だった。
通院の帰り、日差しに負けそうに(笑)なりながらお昼時の選択をしていた僕は既に頭が溶けていた。
思えば、以前に入ったときも微妙に感じたお店だったのに、目の前の「冷やし中華各種あります」の張り紙にふらふらと店内に。
4人掛けテーブルの半数が1,2名のお客さんで埋まっているという繁盛しているんだか、していないんだがよくわからない状態の店内に、思わず∪ターンしたくなったのだが、店内のエアコンがそうはさせてくれなかった(笑)。
出されたメニューには店頭の張り紙とは違い、冷し中華は1つだけ。
もうこれ1択(笑)。
野菜冷し中華を頼む。
野菜というからにはチャーシューとか載ってこないんだろうなぁと思いながら待つ。
出てきた冷し中華を見て驚いた!
湯気が立っていたのだ!!
高円寺 中国家常菜 祥龍房 野菜冷やし中華(2017/7/22)
なになに?と思ってまじまじと見ると、なにやら白くてぬめっとしている。
え!?と思ってまたまじまじと見ると、、上に載っていたのは、目玉焼きだった(笑)。
アツアツの目玉焼きから湯気が上がっていたのである。
もう、チャーシューがとかスープがぬるいと嫌だなぁとかの次元ではない(笑)。
冷し中華に目玉焼きが載っているのは初めてだ。
高円寺 中国家常菜 祥龍房 野菜冷やし中華(2017/7/22)
まいった~(笑)。
改めて、恐る恐る(笑)箸を伸ばす。
目玉焼きをめくってみると、、そこには千切り野菜が、、キャベツと人参と。
よくあるランチセットについてくる小皿のサラダという生野菜だった。
ある意味、うむうむ、野菜冷し中華だなと納得しつつ、野菜と麺を混ぜてすする。
お、意外に冷やしてある。
ぬるし中華ではない(^_^;)。
スープはごくノーマルな醤油ベースの冷やし中華スープ。
おしゃれなお店ではサラダ麺とかいって出しそうな感じ。
脇に寄せた目玉焼きを齧りながら、麺をすする。
半熟気味の黄身がいい味わいで、これはこれでいいのかもなんて思いながらお店を出たのだった。

なんか久しぶりに社食って使ってみた。しかもちゃんと冷やし中華(笑)

2017年07月20日 (木) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第九弾。

今いる職場の近くには親会社のビルがある。
この間、必要となったので親会社の入館証を発行してもらった。
親会社、かなり大きなビルなのできっとあるだろうと思っていた社員食堂。
行ってみたらやっぱりあった。
中を覗いてみると、定食、麺、カレーなどに分かれたカウンターで料理を受け取ってレジで精算した後、食べるといったごく当たり前のシステムの食堂。
精算は社員カードかスイカパスモだった。スイカが使えるなら僕でも食べられる。
そこまで把握して入り口の今日のメニューを見に行った。そして見つけた冷し中華。
このタイミングで冷やし中華がメニューにあるのは偶然というか必然(笑)。
もちろん食べて帰ることにした。
麺カウンターに並ぶと盛りつけられた冷し中華の皿が山積み(笑)になっている。
冷やし中華!」と注文すると氷ボウルで冷やしたスープをかけて出してくれる。
うむ、少なくともぬるし中華ではない(*^_^*)。
レジ前には小鉢のコーナーがあって、並んでいる間に選べるようになっている。
野菜系の小鉢を3つほど。
浜松町 社員食堂 冷やし中華+小鉢3つ(2017/7/20)
冷やし中華は390円。
小鉢は50円から130円くらいまで。
この日は締めて600円だった。
見晴らしのいい窓際が空いていたので外を眺めながら。
浜松町 社員食堂 冷やし中華+小鉢3つ(2017/7/20)
社食にありがちな、伸びない、けど腰もない麺。
具材もごく普通のもの。
でもスープはきんきんに冷えていて全体をよく締めてくれる。
社食での汁系でない麺類としては○だろう。
小鉢のようにかきあげとか、天ぶらを取れるので、エビ天冷し中華とか自分でアレンジしてみようか(笑)。

ピリ辛冷やし中華、略してピカチュー(^_^;)(大門 桂園 冷し中華)

2017年07月19日 (水) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第八弾。

暑い日のランチ。
あまり凝ったものとか食べる気にならず、たこ焼き屋のカレーにするか、コーヒー屋のパスタにするか、なんて気分で職場を出る。
たこ焼き屋にたどり着いて、どっちにしようかなとしばし考えていたときに以前入った中華屋が路上に出しているメニューが目についた。
そうか、あそこも冷やし中華を始めたかも。
そう思ったときには足は中華屋に向いていた。
2階にある中華屋、名前は桂園さん。
2階にあがる階段に冷し中華のPOPが貼ってあり、期待しながら入店。
ちょうど席が空いていいタイミングで冷やし中華を注文。
なんとか冷し中華、みたいなバリエーションはなかった。
出てきた冷し中華がこれだ。
大門 桂園 冷し中華(2017/7/19)
思えばここは四川系の中華屋さん。
醤油ベースのスープはビリッと辛みがついていて、箸が進む。
大門 桂園 冷し中華(2017/7/19)
白髪ねぎがついてくるところも珍しい。
大門 桂園 冷し中華(2017/7/19)
あっという間に完食。
これで650円なら大満足でしょう。

ニホンゴワカリマセーン(笑)(大門 龍紀 棒棒鶏冷し中華+半チャーハン+ザーサイ+杏仁豆腐)

2017年06月29日 (木) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第七弾。

大衆中華の龍紀さんが冷し中華を始めたので食べに行ってみた。
中国人のやっている中華料理屋さんだから、もしかして、、と思っていたら、大当たり(笑)。
店頭のメニューに4種の冷し中華がのっていた。
棒棒鶏に担々麺に海鮮にジャージャー麺。
なんかとってもとってもな感じがして店先まで行ったのにちょっと及び腰になってしまっていた(笑)。
かといって他に選択肢なし。
行くか!と心を奮い立たせて(^_^;)の入店。
頼むは棒棒鶏冷し中華。
おまけで半妙飯とザーサイと杏仁豆腐がついてくる(^_^;)。
出てきた棒棒鶏冷し中華がこれだ!
大門 龍紀 棒棒鶏冷し中華+半チャーハン+ザーサイ+杏仁豆腐(2017/6/29)
思ったより盛りが小さい。
大門 龍紀 棒棒鶏冷し中華+半チャーハン+ザーサイ+杏仁豆腐(2017/6/29)
けれども棒棒鶏、というか鶏肉が大きくそぎ切りしてあって美味しそう(*^_^*)。
大門 龍紀 棒棒鶏冷し中華+半チャーハン+ザーサイ+杏仁豆腐(2017/6/29)
ともかく箸を伸ばすと、意外や意外、麺は翡翠麺だった。
おお、と思ってゴマダレを絡めてずずっと一息。
むむむ、やっぱり大当たり(^_^;)。
久しぶりのぬるし中華だった(笑)。
まあ、ある程度、覚悟はしていたからね。
そんなもんだよね。
おまけの半妙飯も前回と変わらず不動のぬるさ。
やはりここは妙めものに白米の取り合わせがいいお店なのだということを改めて再確認(笑)(ニホンゴワカリマセーン)したのだった。

冷し中華、真に始まりました(*^_^*)(代々木 麺恋処 いそじ 冷し中華(中盛))

2017年06月22日 (木) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第六弾。
するっと終わった木曜日の仕事。
どこに行こうか帰ろうか。
あてのないまま電車に乗り込む。
運よく座れてとりあえず新宿あたりでどっか行こうかと考える。
車内で最近はやり?の睡眠負債の返済にいそしんでいると、いつの間にやら代々木駅に着いていた。
代々木と言えば、、、名前のない立ち食い寿司?
そこの経営母体のやっすそうな居酒屋?
ビストロひつじやもいいな、あ、肉といえば馬肉わんこ焼肉できるところがあったんだっけ?
どれか行ってみるかな~、なんて考えながら電車を降りていた。
ふと時計を見るとまだ19時前。
お、これならもしかして!
改札を出たときには僕の足は一路いそじに向かっているのであった。
やっているかな?
もうラストオーダー終わっちゃったかな?
ドキドキ(笑)しながら足早に進む。
暖簾が出ているのが見えた。
でもどうかな?
誰も並んでいない。
もう一段歩みを早める。
店頭に着いた。
どうだ?
店内には先客2人。
扉を開けて入店。
、、、、「いらっしやいませ~」。
ほっ。よかった~(*^_^*)。
間に合ったみたい。
自販機で冷し中華普通・中盛を購入。940円。
たぶん今年も変わらない値段。
(これを書いているときに確かめた。値上げなし!頑張ってくれていますね~(*^_^*))
席に着き、待つ。
途中、恒例の「辛子、大丈夫ですか?」も聞かれ、テンション上がっていく(笑)。
(別に辛子そのものでテンションがあがる訳ではない(^_^;))
そうして出てきた冷し中華がこれだ!
代々木 麺恋処 いそじ 冷し中華(中盛)(2017/6/22)
ラーメン屋さんらしくラーメン丼に盛られた冷し中華はこんもりと盛られた太麺の上に色とりどりのトッピング、それに濃厚魚介ダレ。
もちろん、奥にはキューブアイスの魚介ダレも忘れちゃいけない。
あ~、これだよこれ。
これですよ!(*^_^*)
千里眼になかなか行けず、用心棒2階も閉店した今、僕の中で冷し中華といえば麺恋処いそじさんなんだよね~(*^_^*)。
さっそく箸を伸ばす。
太麺にタレが絡んで、、美味そう…。
ずびずびっとすすると、
おっ!?
今年は少し酢が少ないのかな?
醤油や酢よりも、より魚介の風味が鼻に抜けていく。
これまたぎりぎりを攻めてくるなと思わずニヤリ(笑)。
キューブアイスに箸を向けると、感触が違う?
以前はシャーベット状だったものが、ゼリーのようだ。
これはこれで。
ただ、濃厚さがちょっと減って、かかっているタレと歴然の差があったように感じた去年までとは違うと感じた。
とかなんとかいいながら箸は止まらず、麺リフトも撮らずあっという間に完食してしまったのであった(*^_^*)。
ところで冬の間に営業時間が変わっていて、平日は19時までだったのが、20時30分までになっていた。(L.0.は20時)
これでより来やすくなった麺恋処いそじさん。
次は酢を足して味を変えてみようかな?
それとも最後のスープ割り、薄くてもいいのでスープたっぷりください!とかお願いしてみようかな(笑)。

大門 焼肉ここから 浜松町店 ローストビーフ丼(大)

2017年06月06日 (火) 23:59 | 編集
焼肉屋さんで有名らしいお店。
焼肉ここからさん。
大門 焼肉ここから 浜松町店 ローストビーフ丼(大)(2017/6/6)
夜の営業でもいろいろと美味しいらしいけど、昼の営業でもローストビーフ丼が有名らしい。
確かに店頭に行ってみると、ローストビーフ丼、ハーフローストビーフ丼と冷麺、ローストビーフ丼とほげほげとローストビーフ丼押しなのが見てとれる。
ということでローストビーフ丼を食べに出かけたのだった。
とっとこ速足で歩いて入店。
僕が入ったあとは、カウンター1席しか空いていなかった。
やはり人気店のよう。
しかも女子率高し。
そのせいか?
店内はむっとするくらいの熱気。
じわじわと汗ばみそうになる中、頼んだのはもちろんローストビーフ丼、しかも大(笑)。
小と150円しか違わないのであれば大と頼んでみるのが正義(笑)でしょ。
店内のむしむしにうーんと喰っていると遅ればせながら店員さんがおしぼりと空コップを出してきた。
そう目の前に水のポットがあるのにコップがなかったのだった。
水を汲んでほっと一息。(お水はレモン水だった)
外を見たらいつの間にやら5,6人の列ができていた。
さほど待たずに出てきたローストビーフ丼(大)がこれだ。
大門 焼肉ここから 浜松町店 ローストビーフ丼(大)(2017/6/6)
付け合わせにレタス、と、、、?
大門 焼肉ここから 浜松町店 謎の水分(笑)(2017/6/6)
なんかの色付きの水分が1cmもないくらい入って出てきて1000円。
隣の人も、反対側のテーブルも同じ量だったので、これがこのお店のなにかなんだろう。
説明もなく、どうしていいかわかんなくて最後に直接飲んじゃったけど、もしかしたら丼にかけて味変するためのなにかだったかもしれない。
そのまま飲んだらけっこう辛かったし。
かといって薄めるお湯もなかったし、店員さんは忙しく駆けずり回っていて聞けないし。
謎の水分だった。
ローストビーフ丼、器は丼というより中華丼の皿に近い。
忙しいランチタイムに狭い口径の丼に傾斜をつけたりして、きれいにローストビーフを並べるより、広い口径の皿に並べる方が楽なのかな?
きれいに並べられたローストビーフ、肉厚な花弁の大輪の花のような感じで美味しそう、ていうよりきれい(笑)。
崩すのがもったいない(笑)。
レッドロックのローストビーフ丼は山積みの美学(笑)みたいなものが感じられたが、ここのは蓮の花のような美しさがある。
しばし、、角度を変えたりしながら写真を撮っていた(笑)。
とはいえ物撮りが目的で来たのではない(^_^;)。
もったいないと思いながら箸を伸ばすのであった。
大門 焼肉ここから 浜松町店 店構え(2017/6/6)


(続く)(笑)
≫ "大門 焼肉ここから 浜松町店 ローストビーフ丼(大)" の続きを読む...

大門 東海飯店 冷し中華(醤油)

2017年06月05日 (月) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第五弾。
週の半ばには天気が悪くなって涼しくなるというが、はたして。
そんな日々なのでまだまだ続くよ、冷やし中華(笑)。
探し方が悪いのか、浜松町には冷やし中華を出すお店は中華料理屋さんが多いような気がする。
冷し中華にはラーメン屋さんが作る冷やし中華と中華料理屋さんが作る冷やし中華があって、ラーメン屋さんのほうがトンガッた冷やし中華、中華料理屋さんのほうがオーソドックスな冷やし中華になる気がしている。
そして、この日行ったのはバリバリ中華料理屋さんの東海飯店。
大門 東海飯店 店構え(2017/6/5)
よくよく考えたら、モノレ浜松町にも同じ名前の中華料理屋さんがあるので、もしかしたら繋がりがあるのかもしれない。
今回の東海飯店は大門にある。
アジアンクラブという屋台のお弁当屋さんが出ている角を曲がるとすぐ。
とまあ、実際の食べ物の話の前にうだうだと長いときはあまりにも普通だったときに多く見られるのだが(^_^;)(^_^;)。
ということでここの冷やし中華はこんな感じ。
大門 東海飯店 冷し中華(醤油)(2017/6/5)
ゴマ味と醤油味から選べるのだが、僕の選んだのは醤油味。
見た目、ひんやりといい感じ。スープは定番(笑)の冷やし中華スープ(笑)。
麺は、、熱いスープの麺類でもこれを使っているのかな?
町の冷やし中華にありがちな麺。
ハムはさすがに中華ハム!
オーソドックスの王道に君臨するかのような冷やし中華だった。

大門 慶珍楼 冷し中華+半炒飯

2017年05月31日 (水) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第四弾。

連日暑いね~ということで今日も冷やし中華を巡る巡回は続く(笑)。
(『冒険』って感じじゃないもんなぁ(笑))
この日はいわゆる第三区画(^_^;)。
竹芝通りと国道15号の交差点の港区役所寄りの一角にある中華料理屋さんに。
お店は慶珍楼さん。大門 慶珍楼 店構え(2017/5/31)
以前、ランチで行って同行の人と同じメニュー(イカと高菜の玉子妙め)を頼んだら、ものの見事にイカが偏って僕のほうには無かったというお店(^_^;)。
今回は単独行なので万全の構え(なんだそりゃ(笑))で入店。
ここのお店も中が暗い。
大画面TVがこうこうと明るいのでまだいいが、TVがなかったらかなり暗い。
しかもお店に入るといきなり3段ばかり階段を下りるので穴ぐらに入っていく感じがちょっと(^_^;)。
席に案内されたときに「冷やし中華と半妙飯のセット!」と頼む。
すっといなくなる中国人の店員さんは注文を聞いてくれたのか怪しいけど、奥の方で厨房に向かってなんか叫んでいるんで大丈夫だろう(笑)。
しばし待っていると後から後からお客が入り、奥の方に消えていく。
どうやら奥に宴会場クラスの大部屋があるらしい。
吸い込まれていくお客を見ていると頼んだ冷やし中華が出てきた。
大門 慶珍楼 冷し中華+半炒飯(2017/5/31)
深めのお皿に比較的こんもり盛られた冷やし中華
セットの妙飯が湯気を上げていて、おおっ!とちょっと嬉しくなった(^_^;)。
さて、冷やし中華
大門 慶珍楼 冷し中華+半炒飯(2017/5/31)
豚のチャーシューに鶏の煮物?チャーシュー?、錦糸玉子は作り置きのたぶん冷凍物、きゅうりとトマトの色合いが澄んだスープによく映える。
具を崩しながら、麺に箸を伸ばす。
たっぷりスープを絡めて。
お、ちょっと柔らかな食感が嬉しい。
スープはいい感じで酢がたっていて強めの醤油と相まって麺が進む。
冷凍物の錦糸玉子はすかすかになった分だけスープを吸って美味しい(*^_^*)。
鶏の煮物に箸を伸ばすと八角の香りが。
ちゃんと中華料理屋さんしてますね~(*^_^*)(ま、冷やし中華は日式中華なんだけどね(^_^;))

妙飯ばくばく、冷やし中華ずびずば、あっという間に完食。
麺に絡むとちょうどいいけど単体で飲むとやっぱりちょっと濃いスープは全部は飲み干せず。

ほっと一息ついて、穴ぐらからいつもの世界に戻ったのであった(*^_^*)。

浜松町 楽膳 五目冷し中華

2017年05月30日 (火) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第三弾。

真夏日が続く5月。
ランチタイムに外に出ると照り付ける日差しが冷たいものが美味しいよ~と誘う(笑)。
誘われたならば食べに行かねばなるまい(笑)。
そして、僕の足は一番近い中華料理屋さんに向かったのだった(笑)。
浜松町 楽膳 店構え(2017/5/30)
向かったのは第一区画(^_^;)(この表現も久しく使っていなかった(^_^;))にある楽膳さん。
ずっと(というかこれを書くまで(^_^;))お店の名前を薬膳だとばかり思っていて、薬膳って大層な名前だよな~と素通りしていたのだった。
とはいえ、冷やし中華をやっていることだけはチェック済(笑)。
迷わず足を向けたのだった。

入店すると外の明るさとはダンチの、、落ち着いた雰囲気(^_^;)。
ランチメニューを出されたのでその中に冷やし中華があるか確認。
冷やし中華はグランドメニューらしく、ランチメニューにはなかった。
店頭で棒棒鶏と五目の二種類があることを確認していたので、五目冷やし中華を注文。
950円。
店員さんが全て中国の人なのに、テーブルにおいてあるジャスミン茶のポットが氷入りと珍しいお店。
中国資本じゃないのだろうか(^_^;)。
これはもしかすると冷やし中華もちゃんと冷たいのを出してくれるかも(*^_^*)。
期待して待っていると出てきた冷やし中華がこれだ。
浜松町 楽膳 五目冷し中華(2017/5/30)
涼しげなガラスの器に盛られた冷やし中華は2種類のチャーシューの千切りに赤担当トマト、緑色担当きゅうり、そして黄色担当の錦糸玉子がトッピングされ、そのトップには賛沢?(笑)にもエビ様が鎮座するといういでたち。
山を切り崩して箸を伸ばせば、意外と多め?の麺が迎えてくれる。
ちょっと薄めの色のスープをよく絡めて、いざ。
浜松町 楽膳 五目冷し中華(2017/5/30)
おーーーーー。
予感的中!
みごとに冷やし中華だ。
冷たく冷やされた麺に具とスープを絡めて、ずびずば~。
ちょっとスープが甘めなのが面白い。
市販のスープになにか足しているのか。
出された辛子を少し使って味変。
と、気づいてしまった(笑)。
なんと器がRilakkuma。
浜松町 楽膳 Rilakkumaの器(笑)五目冷し中華(2017/5/30)
隣のテーブルで冷やし中華を食べていた人の器も同じっぼかったけど、Rilakkumaの器、お店で使うくらい大量購入したんだろうか?(^_^;)
ついついにやにやしながら食べ終えた僕なのであった。

ランチメニューのおかずもボリュームがありそうなので、なにかのときにまた来てみようかな(^_-)-☆

神田の街から台湾に遊びに行く、と思ったら名古屋だった話(笑)。

2017年05月23日 (火) 23:59 | 編集
神田の街をふらふら歩いていると台湾ラーメンの文字が目に飛び込んできた。
神田の街から台湾に遊びに行く、と思ったら名古屋だった話(笑)。(神田 郭 政良 味仙 東京神田店 店構え(2017/5/23))
おお、こんなところに台湾料理のお店が!
ほろ酔い気分である。
台湾を台湾とそのまま受け取ってしまって何が悪い(笑)。
そのままふらりと店内に足を向けた。
入ってすぐの券売機でメニューを見たときに気づいた。
そういえば台湾ラーメンって台湾料理じゃなくて名古屋飯じゃん。
と思いながらも気づけば券売機にお札を入れてボタンを押している僕がいた。
何せほろ酔い気分である。
カウンターに陣取って券を出してメニューを見ていると台湾ラーメンでも意外と種類があることを知った。
イタリアンってなんでイタリアンなんだろう?
なんて考えるのは名古屋人に失礼だ。
名古屋人は名古屋人というだけで名古屋人なのである。
(ちなみに僕の父方のおじさんは名古屋人(笑))
そして僕はほろ酔い気分である。
でてきた台湾ラーメンがこれだ。
神田の街から台湾に遊びに行く、と思ったら名古屋だった話(笑)。(神田 郭 政良 味仙 東京神田店 台湾ラーメン+ニンニクチャーハン(2017/5/23))
ふだんなら敬遠して取り除いちゃう唐辛子がぶかぶか(笑)。
肉味噌が美味そうでそれだけをすくって食べる。
美味い!
にんにくビシバシ!
美味い!!(笑)
そう、僕はほろ酔い気分である。
ずるずるとたくし上げた麺をすすったとたん、店内でくしゃみが響いていたのがよくわかった(笑)。
神田の街から台湾に遊びに行く、と思ったら名古屋だった話(笑)。(神田 郭 政良 味仙 東京神田店 台湾ラーメン+ニンニクチャーハン(2017/5/23))
そして僕もくしゃみ軍団の一員となった(^_^;)。
神田の街から台湾に遊びに行く、と思ったら名古屋だった話(笑)。(神田 郭 政良 味仙 東京神田店 Tシャツ(笑)(2017/5/23))ずるずるやっているとだんだん慣れてきて(笑)(もの食べるのに慣れてきて、とか久しぶりに使う気がする)辛いだけじゃなく甘さを感じるようになってきた。

何度も言うよ♪
残さず食うよ♪
僕はほろ酔いきぶ~ん(笑)♪

そして麺を食べ終わったころ、厨房に入ったオーダーが僕の心をとらえた。
イカス横文字、ニンニクチャーハン!
目の前から甘いニンニクの香りが僕をとりこにする(笑)。
気づけば券売機にお札を入れてボタンを押している僕がいた。
何せほろ酔い気分である。
出てきたニンニクチャーハンがこれだ。
神田の街から台湾に遊びに行く、と思ったら名古屋だった話(笑)。(神田 郭 政良 味仙 東京神田店 台湾ラーメン+ニンニクチャーハン(2017/5/23))
こののっぺりとした何の色気も感じさせない色合い、無造作にお玉で盛られた飯粒たち。
見た目はごくつまらないチャーハンなのに、この香りはなんだ!(笑)
甘い(*^_^*)。
ニンニクのきつい匂いは全くなく、きちんと熟を入れたときに発する甘い香りが漂っている。
すかさず頬張ると甘い香りにむせそうだ(笑)。
ばくばくとレンゲを進めているうちに、ふと思いついた。
何せほろ酔い気分である。
台湾ラーメンのスープをレンゲにとり、チャーハンにかけるのだ。
うわーーーー(笑)。
名古屋人もびっくり(いや、しないだろ(笑))。
ニンニクの甘さと辛いスープの甘さが溶け合って、、、
もう、翌日のことはすっかり忘れた(笑)。
神田発ニンニクと唐辛子まみれの台湾、いや名古屋紀行なのであった。

きっと帰りの電車の中、隣に座った人は大変だっただろう(笑)。
ごめんなさい(笑)。

のんびりした午後の羊、しかも中国の麺仕立て(御徒町 羊香味坊 羊串5本盛合せ+魚羊麺+瓶ビール)

2017年05月21日 (日) 23:59 | 編集
御徒町 羊香味坊 店構え(2017/5/21)
この日のランチは抑えきれなかった羊欲求(笑)で行ったばかりなのに羊香味坊。
ついつい気になってしまった魚羊麺。

土日はランチをやっていないとはつゆ知らず。
(13時から営業しているがランチ営業はしていなかった)
なら仕方がない(笑)ということでまずは羊串5本盛合せをビールで味わう(*^_^*)。
御徒町 羊香味坊 羊串5本盛合せ+魚羊麺+瓶ビール(2017/5/21)

魚羊麺、グランドメニューにあって良かった~(笑)
魚羊麺の名のとおり、まず魚が香りたち、後から羊が追ってくるスープ。
御徒町 羊香味坊 羊串5本盛合せ+魚羊麺+瓶ビール(2017/5/21)
面白い歯ごたえの麺、硬めに仕上げたしな竹、硬そうに見えるけどつついただけでほぐれるチャーシュー?。
暑かったこの日にぴったりのちょっと塩味の強いスープは何倍でもお替りしたいくらい(*^_^*)。
日本のラーメンとは違う、そして上海で食べた麺ともちょっと違う、広い中国の麺。
御徒町 羊香味坊 羊串5本盛合せ+魚羊麺+瓶ビール(2017/5/21)
食べちゃった串咥えながら、のんびりと過ごす、これも羊を巡る、、、冒険じゃないな(笑)。
羊を巡る幕間劇、といったところか?(笑)

ご馳走様でした(^_-)-☆

高円寺 ラーメン万福 冷やし中華

2017年05月21日 (日) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第二弾。

冷やし中華、始まりから気づかぬうちに間が空いてしまった。
ちょうどこの日は真夏日。
冷たい麺が食べたくて向かったのはラーメン万福さん。
牛乳ラーメンとかキクラゲ定食とか珍しいメニューがあるお店。
そして、そのどれも美味しいお店なのだ。
もちろん、冷やし中華も美味しい。
昔ながらのってあんまり使わないんだけど、昔ながらの冷やし中華を食べさせてくれるお店なのだ。
この日は去年の宿題、冷やし中華にキクラゲ酢の物を合わせるという技を繰り出そうと意気込んで向かった。
カウンターに空席を見つけて座りながら「冷やし中華とキクラゲ酢の物!」。
と、親父さんが「すみません。キクラゲないんですよ」

お店の売りのキクラゲがないですってえ!!(笑)
「じゃあ、冷やし中華だけで」
そう言って「キクラゲ全然ないんですか?」と聞くも、親父さんは冷やし中華~と叫んで振り返った後だった。
し、宿題が~と思いながらも冷やし中華を待っていたら、
あとから来た客が「キクラゲ定食~」
「は~い、キクラゲ定食」

!?
おいおいちょっと待って。
キクラゲなかったんじゃないの?
不思議に思いながら冷やし中華が出てくるのを待つ。
出てきた冷やし中華は変わらずオーソドックスというかスタンダードというか、美しい冷やし中華だった。
高円寺 ラーメン万福 冷やし中華(2017/5/21)
ハムとチャーシューの2種類の肉系が、、、
いやいや、今は冷やし中華じゃなくてキクラゲでしょ。
「親父さん、キクラゲはあるの?」
「はい、ありますよ」
「さっき、キクラゲないって言ってなかったっけ?」
「はい、酢の物がないんですよ。売り切れちゃった。キクラゲ妙めとかキクラゲ定食はできますけど作ります?」
そういうことね。
酢の物はその場でできないみたいなので礼を言って冷やし中華にとりかかる(^_^;)。
ハムとチャーシューの2種類の肉系が色のバリエーションだけでなく、食感のバリエーションを増やし、トマトと紅ショウガも赤の競演、錦糸玉子の黄色はスイートコーンにとってかわられているが、きゅうりの緑、ナルトの白さが華やかだ。
麺は変わらずの硬めで歯ごたえがあって楽しい。
そして肝心のスープは冷え冷えでこれぞ冷やし中華という見た目、味、温度の鉄壁の陣形(笑)。

これに黒いキクラゲが加わったら、、
 
 
楽しみは次回に先送りして、目の前の冷やし中華に没頭した僕なのであった(笑)。

飯田橋のころころコロ助(笑)(飯田橋 やむちゃん)

2017年05月18日 (木) 23:59 | 編集
飯田橋じゃないじゃないか~~~~~~~~~~~~!
 
 
飯田橋駅を降りた僕は一瞬途方に暮れた。
 
今日の仕事終わりの頃、なぜか焼肉の話になって、芝浦食肉というお店が美味い、飯田橋に支店があるという話で盛り上がったのだ。
 
別の同僚は麻布十番で焼肉だと言うし、芝浦食肉を勧めた同僚は、じゃ!っと言ってさくっと帰っていくし(^_^;)。
 
今日はまっすぐ家に帰って爆睡しようと思っていたのに気づけば飯田橋駅を改札に呆然と佇む僕の姿があったのだった。
 
 
そう、芝浦食肉は飯田橋じゃなく、市ヶ谷駅の近くにあるのだった!!
 
 
 
今さら駅に戻って市ヶ谷まで移動する気力もない。
 
どうしようもないじゃないかとがっくり肩を落とした僕は気づけばふらふらと歩き出していた。
 
そう、飯田橋にはひつじやが、いやいや、餃子のおけいが、いやいや、えぞ松が、だから違うって!(笑)
 
やむちゃんがあるじゃないか!!
 
最近、どっかのまとめサイトに美味しいお店と書かれてしまったやむちゃん、秘密にしておきたかったのに、またまた入れなくなっちゃったやむちゃん。
飯田橋 やむちゃん 店構え(2017/5/18) 
そんなやむちゃんがあるじゃないか!!
 
(笑)
 
 
そして運命(笑)の扉は開かれた。
 
「1名入れますか?」
 
しばしの緊張感!
 
うなずき合う店員さん達!
 
「こちらの席にどうぞ」
 

 
!!
 
ヤッターー!ヤッッター!!ヤッッタヨー!!!
 
ウフフフフフフー♫
 
(はじめてのチュウbyコロ助(笑))
 
 
足取りも軽く店内へ。
 
もう誰にも文句は言わない(笑)。
 
あとはこんなん書いている場合じゃないね(*^_^*)
 
という訳で写真の垂れ流しをお召し上がりくださいませ(^_−)−☆
 
飯田橋 やむちゃん 鳥と春雨の和え物+キャベツ(2017/5/18)飯田橋 やむちゃん かしら(2017/5/18)








飯田橋 やむちゃん はらみ(2017/5/18)飯田橋 やむちゃん 心もと(2017/5/18)








飯田橋 やむちゃん ぼんちり(2017/5/18)飯田橋 やむちゃん しびれ(2017/5/18)








飯田橋 やむちゃん 東一(2017/5/18)飯田橋 やむちゃん 而今(2017/5/18)飯田橋 やむちゃん 陸奥八仙(2017/5/18)











飯田橋 やむちゃん はらみ(2017/5/18)飯田橋 やむちゃん 豚レバー(2017/5/18)








飯田橋 やむちゃん しびれ(2017/5/18)飯田橋 やむちゃん しろ(2017/5/18)








飯田橋 やむちゃん 鶏皮(2017/5/18)


はい、今日もごちそうさまでした(^_-)-☆








浜松町 割烹 美乃 刺身盛り合わせ(マグロ・いわし・ひらまさ)

2017年05月18日 (木) 23:59 | 編集
魚を食べよう(笑)。
浜松町 割烹 美乃 店構え(2017/5/18)
文化放送裏の一角に、もう一軒魚を食べさせてくれるお店があった。
割烹 美乃さん。

文化放送裏で今まで行った2軒は明るくばたばたしてて活気のあるお店だったが、さすが割烹(笑)、落ち着いた雰囲気。
こういうお店は表からは実力が読めない(^_^;)。

店頭のメニューで品定めをして、いざ入店。
浜松町 割烹 美乃 この日のメニュー(2017/5/18)
先の2軒と違ってゆっくりとした客の流れ。
のんびり行って入店時に4割の客の入りだった。

僕の頼んだのは刺身盛り合わせ。
この日はマグロ・いわし・ひらまさの盛り合わせだった。

同行の人のさばの塩焼きが時間をおかずに出てきたのに刺身盛り合わせはちょっと時間がかかった。
ちゃんと注文が入ってから切り出しているのだろうか。
もし、そうなら嬉しい。

出てきた刺身盛り合わせ(マグロ・いわし・ひらまさ)がこれだ。
浜松町 割烹 美乃 刺身盛り合わせ(マグロ・いわし・ひらまさ)(2017/5/18)
マグロはまさかの中トロ。
口の中での溶け具合もいい。
ひらまさもちょうどいい厚さの切り身。
この盛り合わせの中では硬めの食感担当。
プリプリとしてご飯がすすむ。
浜松町 割烹 美乃 刺身盛り合わせ(マグロ・いわし・ひらまさ)(2017/5/18)
そしていわし、きっと時間がかかったのはこれを注文が入ってからさばいていたんだろうとわかる。
立った切り口、だれていない口当たり、これはご飯と食べるというより、単独でいただきたい(笑)。

これで900円なら大満足。
さばの塩焼きもあこうだいの塩焼きも大きさたっぷり、焼き加減も良さそうで、次は焼魚を食べに来よう。

大門 手仕ごと旬鮮台所 たかなし 銀むつとヒラス照り焼き

2017年05月16日 (火) 23:59 | 編集
魚を食べよう(笑)。

&羽釜のご飯2(笑)。

お昼の魚探訪の旅は続く。
(旅ってなんだい(笑))

この日、目指したのは「手仕ごと旬鮮台所 たかなし」さん。
大門 手仕ごと旬鮮台所 たかなし 店構え(2017/5/16)
カウンターだけで20人は座れそうな比較的大きなお店。
大門 手仕ごと旬鮮台所 たかなし メニュー(2017/5/16)
魚の焼き、揚げ、煮物のランチを出しているお店で、いつもほんのちょっと待ち行列が店外にできているお店。
目の前で女性2人が入っていって「しまった」と思ったが、タイミングよくカウンターが空いていた。
ここのお店はカウンターがカップルシートになっていて(^_^;)2人で行ってカウンターだとけっこう密着状態で座ることとなる。
女性2人ならまだしもおじさん2人だと辛いものがあった(^_^;)。
ただお一人様には相席がなく、2席分を悠々1人で使えて楽ちんなのでもあった。

頼んだのは銀むつとヒラス照り焼き。
大門 手仕ごと旬鮮台所 たかなし 銀むつとヒラス照り焼き(2017/5/16)
冷たい麦茶が美味しい季節になってきたなぁ、なんて考えていたら、すっとお盆が出てきた。
この速さだと半焼きしているのかなと厨房を覗くと確かに焼きたての魚たちが並んでいた。
大門 手仕ごと旬鮮台所 たかなし 店内風景(2017/5/16)
ガス台にはでっかい羽釜のお釜がいかにも炊いてますよ~という感じで置いてあるのも見えた。

その羽釜のご飯、前に行ったお店では思い切り外したが、今回は?
、、、、美味しいけど、なんとなくつやつや感が薄い。
何より美味しいご飯に巡り合ったときの鼻から口まで茶碗にうずめたい、そうして炊いたお米の香りを胸いっぱいに吸い込みたい(笑)みたいな変態的(^_^;)行為に励みたいと思わせてくれない(笑)。
それにやっぱり柔らかめの炊き方で僕の好みからはちょっと外れる。
もう一つアツアツじゃなかったのが残念に思った。
羽釜から直接ご飯を盛ってもらうのはビジュアル的にはいいけど、やっぱりおひつに移したほうがいいのではないだろうか。

おかずの銀むつもヒラスも焼き加減絶妙!
プリプリしてて美味しくてご飯お替わりしたいところだった。
大門 手仕ごと旬鮮台所 たかなし 銀むつとヒラス照り焼き(2017/5/16)
いい仕事してますよ、このお店(^_-)-☆。

入ってみてわかったのだが、ここのお店は待ち行列を店内から作る。
食べているカウンターの後ろに待ち行列の人を並ばせるのだが、こういうのは僕は苦手だ。
待ち行列からのプレッシャーが重いのだ。
もちろん、自分が待ち行列のときにはまだかなまだかなオーラが出ていると思うのでお互いさまなんだけど、お互いさまが通じない人たちもいて、今回は隣のカウンターの女子2人がそうだった。
僕が座ったときには片方は食べ終わっていて待っている状態。
もう片方もほぼ食べ終わり、後ろからのプレッシャーが強くなってきたと思っても怯まず話を続ける。
お茶を2杯、3杯とお替わりしてポットがなくなってもまだ話している。
結局、僕が食べ終わって会計を済ませてお店を出ても立ち上がる気配をみせなかった。
細身で華奮に見えるのになかなか肝っ玉の太い女子2人であった。
(そうでないと世の中生き抜いていけないのかね(^_^;))

大門 味芳斎 本店 麻婆丼

2017年05月15日 (月) 23:59 | 編集
麻婆丼600円。
心惹かれるだろうか。
心惹かれるだろう?(笑)

麻婆丼に惹かれるか、600円に惹かれるか?
それは個人の問題だが、なんとなくそのお店の前を通ると張り紙が気になっていた。
日く、「11時から12時は麻婆丼730円のところを600円にします」。
大門 味芳斎 本店 店構え(2017/5/15)
なんで定常早割をしているのかわからないが早い時間に入店するだけで自動的に130円が割引になるのだ。
行ってみるしかあるまい(笑)。
職場から歩いて5分のお店。
ちょっとフライングしてお店に入ったのが11:58(笑)。
時計を確認して「麻婆丼」と頼む。
狭い店内、相席だらけ。
でも禁煙なので問題なし。
頼んで2分とたたずに出てきた麻婆丼がこれだ。
大門 味芳斎 本店 麻婆丼(2017/5/15)
豆腐崩し系の麻婆丼。
丼でだされるならこれでいいか(^_^;)。
一緒に出されたレンゲでご飯と麻婆豆腐を混ぜる、、、。
お!?ご飯が固めだ。
食べる前に混ぜるときの手ごたえでわかる。
ここの丼ものはきっと美味しいぞ(*^_^*)。
混ぜているうちに赤い麻婆の中に黒いものが混ざっているのに気づいた。
豆鼓かな?
すくって食べてみる。
しょっぱい(>_<)(笑)。
麻婆豆腐に豆鼓が入っているとはなかなかやるな。
混ぜこんでももともと豆腐崩し系(笑)、ビジュアルはそう変わらず、さっそくかっこむ(笑)。
辛い!
美味い!
(*^_^*)
固めのご飯がアクセントになって食感もいい。
あっという間にかきこんでしまった。
大門 味芳斎 本店 店外メニュー(2017/5/15)
立ち上がってお兄ちゃんに千円札を出すとしっかり100円玉が4つ帰ってきた。
ごちそうさまでした。

ところで牛肉丼1300円が気になる(^_^;)。
1300円って!?

浜松町 魚料理 芝文 しらすとカツオ漬け丼

2017年05月12日 (金) 23:59 | 編集
魚を食べよう(笑)。

先日、魚といって貝になってしまったので魚を食べさせるお店を探してみた(笑)。
あまり行かない文化放送裏に行ってみるとランチ終了しましたの看板を出しているお店が2軒。
これはいけるかな?ということで行ってみることに。

翌日は魚料理 芝文さん。
こちらもランチのホワイトボードがどんどん消えていく(=終了していく)ので急いで行くとちょっと待ち行列が。
ありゃ~と思っていたら2階にあがるお客さんが先にメニューを決めてお金を払っているために並んでいるのだった。
(1階は席に着いてからメニューを決めて食べ終わってからの会計。)
1階に案内してもらってメニューを決める。

しらすとカツオ漬け丼。
こちらのお店はランチのおかずをあらかじめ皿に盛っているので出てくるのが早い。
というか、同行の人が鮭ハラス焼きを頼んだのだが、そっちが先に出てくるくらい(^_^;)。

すぐに出てきたしらすとカツオ漬け丼がこれだ。
浜松町 魚料理 芝文 しらすとカツオ漬け丼(2017/5/12)
山盛りのカツオは浅く漬けられていてぷりぷり、しらすもしっかりぶ厚く盛ってくれていてたっぷり。
お煮しめにゼンマイのナムルもついてこれで850円ならいいんじゃない?


浜松町 魚料理 芝文 店構え(2017/5/12)
食べ終わってお店を出ると長蛇の列、というか集団が。
ホワイトボードを見ると既に半分が消えていた。すごいね。

「第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会」に行ってきた

2017年05月11日 (木) 23:59 | 編集
ひょんなことから縁あって日本捕鯨協会主催のイベントに行ってきた。
「第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会」in 憲政記念館。
第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)








ただのクジラ好きが行っていいのだろうかとか思ったのだが、整理券をくれた人にも悪いし、やっぱり何より日本のいろいろな地域の鯨料理が食べれるというところに惹かれて行ってきた。
第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)








もう29回も実施されているということは平成に入ってずっと続いているということで海外で調査捕鯨が取りざたされ始めた頃からなんだろうか。
タイミング的にはIWCの総会が行われている時期に合わせて開催しているのだそうだ。
林家木久扇さん 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)捕鯨を守る会ということで国会議員のセンセイ方がたくさん、超党派でいらしていて中でも大物は林家木久扇さん。
あれ?(笑)。
木久扇さんもいたけれど(^_^;)、農水大臣、復興大臣なども来ていてご挨拶だけで30分以上もかかっていた。
会場である会議室には北は釧路、南は長崎からの出店、それに東京にある鯨料理のお店からのいろいろな鯨料理がメインテーブルに並べられて、40畳くらいの大会議室が狭く感じられるくらいだった。
そこにぎっしりと詰め込まれた参加者はセンセイ方のご挨拶と乾杯が終わると同時に出店に並ぶもの、テーブルの料理をごっそり持っていくもの、旧交を温めるものと大盛況。
僕はというと、一人参加かつ、顔見知りもいないので食べる食べる(笑)。
大阪は徳家のハリハリうどんからの駒形どぜうのくじらご飯。
大阪は徳家のハリハリうどん 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)駒形どぜうのくじらご飯 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)












学校給食で出している出店シリーズは太地町の鯨スタミナ丼、
長崎市長崎鯨食文化を守る会の揚げ鯨のマリネ 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)太地町の鯨スタミナ丼 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)
長崎市長崎鯨食文化を守る会の揚げ鯨のマリネ。
長崎市長崎鯨食文化を守る会の揚げ鯨のマリネ 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)
農水省の手しごとや咲くらの鯨ステーキ、
手しごとや咲くらの鯨ステーキ 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)
手しごとや咲くらの鯨ステーキ 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)











釧路市のくじら汁、くしろのたまご、南房総市道の駅ワオのツチ鯨のカツ、
釧路市のくじら汁、くしろのたまご 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)南房総市道の駅ワオのツチ鯨のカツ 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)












鯨の登美粋のローストホエール、
鯨の登美粋のローストホエール 第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)
くじらのお宿一乃谷の鯨のロースト、
第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)









渋谷くじら屋の鯨から揚げ、新宿樽一の本皮柔らか煮、ホテルマリナーズコーストのくじら刺身、畝須角煮、赤肉アスパラ巻き、マルホのさらしくじら(オバイケ)、
第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会at憲政記念館(2017/5/11)
憲政記念館からは霞ガーデンのクジラカルパッチョ、鯨カツサンドとまあ、よくもこれだけ書いたもんだ(笑)、よっぽど暇だな、でもさすがに全部の感想は書かないぞ(笑)。



ということで美味しかったのはハリハリうどん。
大阪風の柔らかいうどんに味付けして揚げた鯨が入っていて、うどんと鯨の食感がよくあって美味しかった。

手しごとや咲くらの鯨ステーキは他のローストホエールと格段の違い。
官公庁と民間の差というわけでもないだろうが、一つ上のきちんとした料理に仕上がっていた。

そして本皮柔らか煮。鯨の味を残しながら、柔らかく煮込んであり、とろけるような皮煮だった。


会自体はその後なんと流れ解散(笑)。
まあ、センセイ方もお忙しいことだし、参加者もけっこうご年配の方々も多く終盤からちらほら帰られていたりしてたから仕方がないか(笑)。

次回もまた行ってみたいけど、名刺置いてこなかったからな~(笑)。

日本だけじゃなくて海外の鯨食文化も知りたいと思った会でした。
あ~、さえずりのおでんが食べたくなってきた(笑)。
≫ "「第29回 日本の捕鯨と食文化を守る会」に行ってきた" の続きを読む...

浜松町 みこし さばみそ煮定食

2017年05月11日 (木) 23:59 | 編集
魚を食べよう(笑)。

先日、魚といって貝になってしまったので魚を食べさせるお店を探してみた(笑)。
あまり行かない文化放送裏に行ってみるとランチ終了しましたの看板を出しているお店が2軒。
これはいけるかな?ということで行ってみることに。

まずはみこしさん。
早々とランチが終わってしまいそうだったのでダッシュ(笑)でお店に。
行列はできていないけど、店内はほぼ満席。
浜松町 みこし 店構え(2017/5/11)
席に着いた後すぐに満席になった。
このお店のメニューは紙に手書きの毎日日替わりメニュー。
そのメニューも既に終わっているものもあり、選んでいる間に「ほにゃらら、終わり~」の声も。
急いで決めて注文したのはさばみそ煮定食。
小鉢を一品選ぶことができておろし納豆にしてみた。
浜松町 みこし さばみそ煮定食(2017/5/11)
ほどなくして出てきたさばみそ煮定食、半身の大きさでなかなか贅沢。
真ん中が割れて出てきたので煮方をミスったのかなと思ったのだが、それは違った。
浜松町 みこし さばみそ煮定食(2017/5/11)
しっかり骨を抜く処理をしてくれていたのだった。
ひっくり返して腹の部分をみてもしっかり腹骨も取り除いてある。
これは嬉しい(*^_^*)。
個人的にさばみそ煮を食べるときの楽しみの一つが、さばを頬張りながら熱い白いご飯を更に頬張って一緒に食べることなのだが、それには事前に骨を全部取り去ってからでないと出来ない。
いくら自分で骨を取り去っても残っているかもしれないと安心して頬張れないのだが、こうやってお店の方で処理してくれれば安心して頬張れる。

みそだれも薄めだがちゃんととろみがあって熱いご飯にかけると美味しい。
あっという間に完食。
これは早々にランチ終了になるわけだ。

浜松町 焼きそば専門店 りょう 豚やきそば(大)

2017年05月10日 (水) 23:59 | 編集
浜松町に気になるお店がある。あった(笑)。
浜松町 焼きそば専門店 りょう 店構え(2017/5/10)
焼きそば専門店。
潔く、焼きそばしかメニューにないお店。
しかもエレベーターもない3階にあるお店。

お客さんが入っているかどうかもわからない(^_^;)。

去年の12月に今の職場に来て、かなり早いタイミングでお店自体は気づいていた、気になっていた。
だけど、ランチに焼きそば、、、。
なんとなく一歩を踏み出せずにいた(^_^;)。

そして、この日、その一歩を踏み出したのだった(笑)。

階段を3階まで駆け上がり(笑)、お店を覗く。
うなぎの寝床みたいなお店はなんとほぼ満員。
すごいな~。
浜松町 焼きそば専門店 りょう 薬味(2017/5/10)
券売機でチケットを買ってカウンターへ。
豚やきそば(大)700円を頼む。

5分と待たずに出てきた豚やきそばがこれだ。
浜松町 焼きそば専門店 りょう 豚やきそば(大)(2017/5/10)
麺は全粒粉を使っているとのことでもちもちのかなり太麺でいける。
カウンターに置いてある薬味以外に辛子マヨネーズや紅生姜も出してもらえて、味変も楽しめ美味しかった(*^_^*)。
ちょっと甘めのソースだったので個人的には胡椒があると嬉しかった。

浜松町 キッチン ハレヤ チキン南蛮オムライス

2017年05月09日 (火) 23:59 | 編集
ランチどきに7,8人いつも並んでいるお店がある。
どうやらオムライスが押しのお店。
一度入ってみようと思っていた。
この日、前を通りかかるとまたまた7人くらい並んでいる。
こりゃダメだなと思った瞬間、4人が中に入っていった。
行けるじゃん?
そして僕は列の最後に。
浜松町 キッチン ハレヤ 店構え(2017/5/9)
僕が並んだ後ろにもすぐに人が並びまた7,8人くらいの列となった。
メニューはオムライス系、揚げ物系の2系統。
揚げ物系をオムライスにトッピングしてバリエーションを増やしていた。
何にしようか店頭の看板を見ながら考えていると、さほど時間もたたずにご案内。
店内満席でちょうど空いたカウンター席に案内された。
浜松町 キッチン ハレヤ メニュー(2017/5/9)
頼んだのはチキン南蛮オムライス。
大盛りもできますよとのお誘いにすかさず「お願いします!」(笑)。
ここのオムライスは看板の写真を見るにたんぽぼ系ではなく包み系。
ちゃんと包んであるかは出てきたときのお楽しみ。
そんなことを考えながら待っていると、店内に大きな声が響いてきた。
「な~、この店ちょー私にあってるわ~」(関西弁をイメージしてください(笑))


何叫んでいるんだ?
びくっとして店内を振り返ると、後ろに並んでいたはずのグループの女性と目があった。
何で僕に向かって叫んでいるんだ?
と焦って左右を見るとカウンターの隣席に恐縮そうな態度の男性が。
どうやら後ろに並んだグループがばらばらに座らされたらしく、僕の隣に座った男性に、お店の反対側に座らされた女性が話しかけているのだった。
「このお店ちょーいいわ~。もっと早く来たかったな~」
広くはないとはいえ、店の端から端へと声をかけ続ける女性。
思いっきり怪しい(笑)。
男性は返事をしない。
音楽もかかっていない店内を女性の関西弁だけが響き続ける。
たまらんな~(^_^;)。
そう思っていると、女性の座った先の相席相手が食べ終わったらしく、店員さんが男性を呼びに来た。
男性はすみませんと言いながら女性の席へ。
やれやれと思ったら「席空いてよかったな~」と変わらぬ大声(笑)。
単に声がでかい女性だった(笑)。

出てきたチキン南蛮オムライス、玉子は薄焼き玉子が上に載せてあるタイプだった。
浜松町 キッチン ハレヤ チキン南蛮オムライス(2017/5/9)
包んでくれていたら良かったな~(エセ関西弁風(^_^;))。
中身はちょっと固め、薄めの味付けのケチャップライス。
トッピングされたチキン南蛮が濃い味付けだったのでちょうどいい。
ばくばく食べていたら、「きゃーおいしそー」「やっぱこのお店いいわ~」「いただきま~す!」「おいしー!」と相変わらずのBGMならぬBG関西弁(笑)。
全部、感想を言ってくれたので思わず苦笑しながら平らげたのであった(笑)。

浜松町 焼はまぐりる 大門店 自慢の煮はまぐり海鮮丼

2017年05月08日 (月) 23:59 | 編集
魚を食べよう(笑)。

浜松町で魚というと、行列が尽きない干物やさんが思い浮かぶが時間内に戻ってこれなさそうなのでそこはまたの機会に(いつのなるやら(笑))。
食べログにランチをやっているとあったまぐろキッチンに行ってみたが、開店は16時。
ランチやめちゃったんだね。
食べログ更新しようよ、ちゃんと(笑)。
(一応、証拠写真を撮って食べログに更新申請をしておきました(2017/5/13))
他に考えていたお店もなく、どうしようかと思っていたら、同じビルの地下にランチをやっているお店が、、、
浜松町 焼はまぐりる 大門店 店構え(2017/5/8)
魚じゃないけど、貝やさん?
焼はまぐりるさん。
どうやらはまぐり押しらしい(笑)。
ランチボードに金目鯛の文字があるのを確かめて入店。
浜松町 焼はまぐりる 大門店 店内風景(2017/5/8)
なんか雰囲気よさそうな店内。
メニューは週替わりの魚と肉の定食。
他に自慢の煮はまぐり海鮮丼。
浜松町 焼はまぐりる 大門店 メニュー(2017/5/8)
焼鯖も気にはなったが、とろろ明太が違う意味で気になる(笑)。
別盛りなのか、まさか焼いた鯖にぶっかけて出てくるのか?(笑)
お高くついてしまうが自慢というからには食べてみよう(^_^;)煮はまぐりの載った海鮮丼を選ぶ。
出てきた海鮮丼。
浜松町 焼はまぐりる 大門店 自慢の煮はまぐり海鮮丼(2017/5/8)
器がでかい(笑)。
定食には焼きはまぐりが1こついてくるというので待っていたのだが、なかなか出てこず写真は別口(^_^;)。
こういうの、時間をかけてわざわざアツアツを出してくれるのは嬉しいんだけど、お店としてどういうタイミングで食べさせたいと考えているのか聞いてみたいよね(^_^;)。
浜松町 焼はまぐりる 大門店 自慢の煮はまぐり海鮮丼(2017/5/8)
煮はまぐりはちょっと大きめであっさり味。
海鮮自体は、、、、普通、、かな(^_^;)。

自慢というので期待したんだけど、、これで1300円ですか(^_^;)。

貝はおたカイ(^_^;)というのを改めて実感したランチだった。

大門の、、、かれい煮付け というより羽釜のご飯(T_T)

2017年04月27日 (木) 23:59 | 編集
食べログにやられた話。
ランチのお店を探すのに、食べログを使っていたりする。
大門 海山 お品書き(2017/4/27)
けっこう便利なんだが、使い方を誤ると痛い目にあうのでこんな使い方をしている。
点数は信用しない。
自分が食べに行ったお店について同じ感想を書いているレビューアしか信用しない。
それでもレビューに書かれていることは話半分として読む。
 
 
今回の話は話半分を守らなかった話。
大門 海山 かれい煮付け(2017/4/27)
確かにレビューアの書いていたとおりカウンターには羽釜があってそこからご飯をよそっていた。
もともとおかずは普通だろうと判断していたのだが、ご飯にやられた(笑)。
 
大門 海山 羽釜のご飯(2017/4/27)
 
お釜で炊いたにしては香りも何もない。
全然普通の、、柔らかめの普通のご飯だった。
 
 
 
やられた。

冷し中華 始まりました(*^_^*)(新橋 らあめん北斗 新橋店 冷し中華)

2017年04月25日 (火) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第一弾。

珍しく酒も飲まずに新橋の夜(笑)。
とか言いながら最近は夕方過ぎに飯を食いに新橋に来ることも多くなった。
昔は100%飲みにしか来ない街だったんだが、、、(^_^;)。
新しい付き合い方になったとでも言えばいいのか。
酒でない視点で夜の新橋を見るといろいろと新しい魅力も見えてきて最近は意味もなくうろうろしているのだ。

この日は中華にしようかラーメンにしようか、カレーにハンバーグ、そばでもいいけどなんて、つまりはだらだらと決めかねて無駄にうろうろしてしまっていた。
いかん!
何にも決まっていない(笑)。

そろそろお腹がせっついてきてふと目を向けた先にあったのが、、、、でっかい「冷し中華」の垂れ幕だった(笑)。
新橋 らあめん北斗 新橋店 店構え(2017/4/25)
おお、今年ももうそういう時期かとふらふらと引き寄せられたお店はらぁめん北斗さん。
今まで何度も前を通っているのできっと今まで食指がぴくりとも動かなかっただろうお店(笑)。
冷し中華効果は偉大だというべきか(笑)。
店内はガラガラ。
今だけ280円という餃子も気になったが冷し中華単品での注文とした。
頼んでから待つことしばし。
出てきた冷し中華がこれだ。
新橋 らあめん北斗 新橋店 冷し中華(2017/4/25)
浅い平皿に少なめのタレ。
彩りが地味と感じたのはなぜか?
黄色は薄焼き玉子でないとダメと潜在意識が語りかけているのか(笑)。
浅い皿のせいかタレが少なく、かなり混ぜないと全体にいきわたらない。
ちょっと濁ったタレは混ぜ終わったらほぼ見えなくなってしまった。
新橋 らあめん北斗 新橋店 冷し中華(2017/4/25)
おもむろにずびずば始めると、むむ、

ちょっとばかり、、、

シーズン始めなのに、、、

ぬるし中華かっ!

まあ始めたばかり?で手慣れていないんだろうということで(^_^;)。
さて2017年も美味しい冷し中華に出会えますように(*^_^*)。

御成門 とんかつ燕楽 ロースカツ丼

2017年04月24日 (月) 23:59 | 編集
午前の打合せが長引いて12:30からの昼休み。
時間がずれたので檍さんも考えたのだが、あいにくと月曜日。
檍さんはお休みだ。
とんかつ頭になったのでちょっと遠征してみる。
場所としては御成門エリアになるだろう。
ふだんの昼休みなら時間を考えて難しいところ。
なおかつ、混んでいて入れなかったときのPlanBが立てられないところ。
そんな立地にとんかつ燕楽さんはある。
お店に行きがてら芝神明商店街のお店調査(笑)をしながら歩く。
商店街を突き当たると燕楽さんが見えた、が目の前の道は中央分離帯があって横切れない(-_-;)。
第一京浜まで行って横断歩道を渡る。
御成門 とんかつ燕楽 店構え(2017/4/24)
燕楽さん、のれんは出ているが、メニューの類は店頭に出ていない。
年季の入った白木の扉を開けると6割くらいの入り。
カウンターの一番手前を勧められて着席。厨房の中が見えるいい席だった。
カツランチ930円とロースカツ丼1050円で迷ったが、ロースカツ丼を選択。
お手並み拝見と決め込んだ。
カツ丼のカツはカツランチと同じ肉を使っているようで結構厚みのある切り方の肉。
いくつか揚げ置いているようで注文が入るとその分を揚げ足しているみたい。
特にカツ丼のカツは揚げ置きを使っているようだ。
低めの温度の油で揚げているようで目の前の鍋で揚げているのに大きな音や飛び跳ねとかはなかった。
カツ丼はそうやって揚がったカツを7つばかりに切り分けた5つを使う。
形か大きさによって、別のカツから切ったものも使って組み合わせている。
面白い。
両端は使われないで捨てられてしまう。
もったいない。
御成門 とんかつ燕楽 厨房風景(2017/4/24)
それを集めて端カツ丼と称して200円くらい安く出したらいいのに(笑)。
親子鍋に玉ねぎとカツを配置してタレを入れ、火にかける。
玉ねぎにちゃんと火が通るかな?と心配していたら、そのとおりだった(^_^;)。
まあ、ギリギリ辛みはとんでいたのでNGではないとしよう(笑)。
煮込んだあと、とじる玉子は1つ。
かき混ぜずに黄身を割るだけでそのまま親子鍋へ。
ちょっと長めに煮込んで出来上がり。
そして出てきたカツ丼がこれだ。
御成門 とんかつ燕楽 ロースカツ丼(2017/4/24)
厚みのあるカツがじっくり煮込まれて美味しい。
タレ多めとか少なめにも対応してくれるらしいのはちょっと嬉しい。

ただし、フロアのおかあさんが。。。。
カツ丼には豚汁とお新香がついてくるみたいだが、豚汁はもう食べ終わる頃、お新香に至っては隣の席に出てて初めてわかったというしまつ。
忙しいのはわかるけど、そういうところを忘れちゃうのは嬉しくないな~。
そして嬉しくないがもう一つ。
おやじさんがカツを切る時に左手の押さえで小汚いタオルを使っていることも嬉しくないな~。
どうやらまな板とかを拭くためのタオルみたい(厨房風景の写真の左下スミのやつ(^_^;))なんだが、そのタオルで僕らが食べるカツを押さえてるのだ。
カツが熱いせいか、なんでかわからないが直接口に入るものなので嬉しくないな~。

大門 La maison de Cous Cous ランチセット(シーフードクスクス+タジン+ドリンク)

2017年04月20日 (木) 23:59 | 編集
食後、散歩をしていてハラルマークを見つけたのが始まりだった。
大門 La maison de Cous Cous 店構え(2017/4/20)
何のお店?と思って近寄ってみると、チュニジア料理のお店!
以前行ったアフリカ料理のお店よりずっとポイントが絞られている。
これはいいかもと思い、翌日行ってみることにした。
大門 La maison de Cous Cous ランチセット(シーフードクスクス+タジン+ドリンク)(2017/4/20)
メニューは5種類のクスクス単品とクスクス単品にタジンとドリンクがついたセット。
それにTODAY'S SPECIALの7つから選ぶ。この日のスペシャルはシシカバブカブサ。
カブサとはお米の料理だそうで、心揺れ動いた(笑)が、タジン食べたさにセットを選ぶことにした(^_^;)。
クスクスはシーフードクスクス。
他にはタコのクスクスがメニューにあり、驚いた。
イタリア人と日本人以外にもタコを食べる人がいるんだね~。
後で調べたらけっこうタコを食べる国はあるようで、なんでイタリアと日本だけだと思い込んでいたんだろう?
タジンもタジン鍋しかイメージがなくて、鍋料理?と思っていたら、これまた全然違うものがでてきてびっくり。
大門 La maison de Cous Cous ランチセット(シーフードクスクス+タジン+ドリンク)(2017/4/20)
キッシュに似ているけど、今まで食べたキッシュと違い、玉子感が強く、柔らかいプディングのようだった。
とはいえプルプルでもなく、ホワイトソースのどろっとした感じでもない食感でこれがメインでも十分いける(笑)美味しさだった。
付け合わせのサラダ?も食べたことのないハーブで風味づけされた薄めの塩味の面白い味わい。
メインのクスクスは、、、。
大門 La maison de Cous Cous ランチセット(シーフードクスクス+タジン+ドリンク)(2017/4/20)大門 La maison de Cous Cous ランチセット(シーフードクスクス+タジン+ドリンク)(2017/4/20)








今思うとクスクスをメインで食べるのは初めてかもしれない。
一面に敷き詰められたクスクスは香ばしい色合いで辛いかと思ったのだが、意外に辛くない。
クスクスをまぶしながらトッピングの野菜類を食べる。
どれもちょっとだけ熱が入っていて生ではないが十分生の食感を残していて美味しい。
(さすがにタコとかぼちゃはしっかり火が通っていたけど(^_^;))
チュニジアのビールとかもあって、今度は夜に来てもいいかも。

芝公園 オールドデリー 芝公園店 Aセット(シェフズスペシャル(マトンカレー)+サラダ+サフランライス+デザート)

2017年04月05日 (水) 23:59 | 編集
最近、ちょっと芝公園近辺に足を延ばしてみている。
芝公園 オールドデリー 芝公園店 店構え(2017/4/5)
この日はオールドデリーさん。
北インド系のカレー屋さんでインドカレー&ビストロなんだそうだ。
美味しくてCPいいと評判のお店らしく、店頭に行列も。
相席でよければ入れますよの言葉にOKして入店。
入って左側すぐが厨房でナンやチキンを焼くタンドールもある。
右側にテーブルの列があり、奥の方は少し広くなっているようだった。
ランチはカレー1種とナンまたはサフランライスとサラダ、デザートのAランチ、サラダを抜いて、ナンとサフランライスにしたCランチでそれぞれ1050円、Cランチにタンドリーチキンを追加したのがBランチ1480円の3種類のメニュー。
カレーは曜日ごとの日替わりと定番2種にシェフズスペシャル。
この日のシェフズスペシャルがマトンカレーだったのでそれを選択。
ほとんど待たずに出てきたセットがこれだ。
芝公園 オールドデリー 芝公園店 Aセット(シェフズスペシャル(マトンカレー)+サラダ+サフランライス+デザート)(2017/4/5)
マトンカレー、辛さをノーマルとしたせいかちょうどいい辛さ。
同行の人が選んだ辛口は赤い油が浮いていてみるからに辛そう(^_^;)。
というか辛さの調整に何を使っているんだろう?ラー油じゃないよね(笑)。
マトンカレー、マトンを謳うだけあって、ラムではない、しっかりとしたマトンの風味がカレーに負けていない。
芝公園 オールドデリー 芝公園店 Aセット(シェフズスペシャル(マトンカレー)+サラダ+サフランライス+デザート)(2017/4/5)芝公園 オールドデリー 芝公園店 Aセット(シェフズスペシャル(マトンカレー)+サラダ+サフランライス+デザート)(2017/4/5)








ラムカレーと違って歯ごたえのいいマトンが3個、ルーの器の中に入っていた。
スパイスも効いていてさほど辛くないのに後から汗が噴き出てくる。
女性客が多かったせいか若干ライスの盛りが少なかったが、ナンはお皿をはみ出るくらいで食べ応えがありそうだった。
北インド系なら素直にナンにしておけばよかったかな~?(笑)

大門 貘 太平燕セット

2017年04月03日 (月) 23:59 | 編集
太平燕。
知っている人は知っている。知らない人はなんだと思う。
まあ、ランチ系のブログ記事に出てくるということは食べ物だろうとは思うだろうけど(^_^;)、僕も現地に行くまでは知らなかった食べ物。
熊本のご当地グルメなんだそう。
簡単に言うと春雨スープに具だくさんの野菜が入っているという、他県民からするとちゃんぽんのちゃんぽん麺が春雨に変わったものと言えば想像がつくだろう。
むさしやさんに行った帰りに店頭のぼりにでかでかと太平燕と書いてあったのを見つけたのだった。
大門 貘 店構え(2017/4/3)
店頭のメニューを見ると餃子で有名なお店らしいが、焼くのに12分かかりますだの書いてあって、いかにもランチタイムに頼んでくれるなというのが透けて見える(笑)変なお店。
シンガポール料理も食べれるみたいだけど、こちらも肉骨茶やチキンライスは夜のみ(^_^;)。
メニューを見ていたらだんだんテンション下がってきたけど、とりあえず初志貫徹(笑)。
太平燕を頼むことに。
店内ほぼ満席だけど、半数以上が食べ始めているので、出てくるのにそんなに時間がかからないだろうと思っていたら(^_^;)、一緒に行った人の日替わり酢豚が食べ終わる頃にやっと出てきた(^_^;)。
餃子に時間がかかりますと書いているからそれ以外は早いと思ったのに(笑)。
出てきた太平燕。
セットでありがちな炊き込みチャーハンがついてきて980円。
大門 貘 太平燕セット(2017/4/3)
ちょっと塩辛かったけど、普通に美味しかった。
次行くとしたら餃子だろうけど、、、(笑)。
でもな~、ランチの餃子、頼んでほしそうにないしな~(笑)。

浜松町 牛かつ もと村 浜松町店 牛かつ麦飯とろろセット200g

2017年03月28日 (火) 23:59 | 編集
しまった!浜松町 牛かつ もと村 浜松町店 店構え(2017/3/28)

目の前で男性客が2人吸い込まれていく。
お店に向かってすたすた歩いている前をちんたら(笑)歩いていて邪魔だなあと思っていた2人組。
よもや、同じお店を目指していたとは。
そしてその2人でお店は満席となった。

お店の名前は「牛かつ もと村」さん。
チェーン店だが食事どきにはどのお店も行列必至の人気店だ。
浜松町にもお店があって、地下1階のお店から地上までお客さんが列をなしている。
このところ歯が痛くて硬いものが食べれないのでランチに柔らかいお肉を選んだのだが、、。
目の前で、、。
と地団太踏もうかとしていたところに店内からおじさんが!(^_-)-☆
ほどなくして僕も入店できたのであった(*^_^*)。
メニューは牛かつの130gか260g、このお店限定200gの3種類、それにとろろを付けるか付けないかとなる。
僕の頼んだのは牛かつ200gにとろろを付けて1800円。
牛かつはそもそも薄めのところをレアで揚げるのであっという間に出てきた。
200gの牛かつ1枚で出てくると思っていたら130gと70gの2枚構成(笑)。
しかも大きさは一緒だから厚さが、厚さが(笑)。
浜松町 牛かつ もと村 浜松町店 牛かつ麦飯とろろセット200g(2017/3/28)浜松町 牛かつ もと村 浜松町店 牛かつ麦飯とろろセット200g(2017/3/28)








ここの牛かつはレアで揚がってきたものを鉄板で焼いて食べる食べ方。
焼いて食べろは昨今の肉事情のせいだろうけど、ここの牛かつは赤身ではなくかなりさしが入っているので、脂を温めてより美味しく感じさせる意味もあるのかもしれない。
確かに焼くと美味しくなった。
が、、鉄板が油も何も引いていないので赤身がこびりついて焦げる(^_^;)。
これが苦い(笑)。
焦げていない場所を探して焼く、焦げる、また別の場所を探すの繰り返しとなってしまった(笑)。
味付けはわさび醤油か特製山わさびソース。
浜松町 牛かつ もと村 浜松町店 牛かつ麦飯とろろセット200g(2017/3/28)
どちらも美味しく、とろろ飯に牛かつ載せもこれまた美味しい。
実に歯にも優しいお肉ランチであった。
ちょっとばかり?(笑)懐には厳しいランチではあったが。

浜松町 ニッポンまぐろ漁業団 鮪食べ放題ランチバイキング

2017年03月27日 (月) 23:59 | 編集
ニッポンまぐろ漁業団。
浜松町 ニッポンまぐろ漁業団 店構え(2017/3/27)
いきなりなんじゃこれ?と思ったらワタミの別ブランドのお店だった。
店名通り、まぐろ押しのようだが、浜松町店では月曜火曜限定で40分鮪食べ放題ランチバイキングをやっている。
1300円とちょっとお高い価格設定なので行こうか行くまいか悩んでいたのだが、ワタミカードの特典で500円券が何枚か送られてきていて、それが使える、しかもランチでもということで食べに行ってきた。
浜松町 ニッポンまぐろ漁業団 店内風景(2017/3/27)
結論から言うと「まぐろってこんなに美味しくないものなんだ」という一言(-_-;)。
理由は2つ。
どんなに美味しいものでもそれしかなくてそればかり食べていると飽きてくる。
ランチバイキングの刺身は本当にまぐろだけ。
一応は南鮪、鉢鮪と品種は2種類の刺身があるけど、赤身のみ、他は刺身を握った寿司にサラダの上に刺身を乗せてドレッシングをかけたカルパッチョと漬け、ネギトロ(ネギなし(笑))と本当に見事にまぐろづくし。
浜松町 ニッポンまぐろ漁業団 鮪食べ放題ランチバイキング(2017/3/27)浜松町 ニッポンまぐろ漁業団 鮪食べ放題ランチバイキング(2017/3/27)








他に卯の花とか小松菜のお浸しとか一口カツとかカレー(笑)とかもあるのだが、、。
鮮魚系はまぐろのみ!(^_^;)

そして回転すしとかで出てくるマグロは価格それなりのものしか出てこないのは理解した上でお店に入るが、まぐろ押しでいやしくも店名に「まぐろ」とつけているお店なのに、これか~、というまぐろしか出てこなかった。
浜松町 ニッポンまぐろ漁業団 鮪食べ放題ランチバイキングデザート(2017/3/27)
たくさん食べておいてなんなんだが(^_^;)、まぐろってこんなに美味しくないんだというのがこの日のランチの感想。

回転すしなら満足して満腹!満腹!と笑顔で帰ったんだろうけどね(^_^;)。

浜松町 青柚子 魚河岸カレー

2017年03月10日 (金) 23:59 | 編集
たまには振り出しに戻って。
浜松町・大門ランチ制覇(笑)計画は世界貿易センターを中心にJRの線路と国道15号に挟まれた南側、金杉橋あたりまでのエリアから時計回りに制覇する計画である(笑)。
計画は着々と進行し、現在は第ニエリア、東を国道15号、南を首都高速、北を竹芝通りに囲まれたエリアを中心に計画を進めている。
、、、、、とは言いながらも、第一エリアも全店制覇したわけでもなく(行ってみたいけど入れないお店があるし、どうしようかなというお店も、、(笑))、この日はそういう取りこぼしをつぶしに行ってきた。
浜松町 青柚子 店構え(2017/3/10)
青柚子さんの魚河岸カレー
もうお昼の定番らしく、ずっとランチタイムには看板が出ているのだが、ついつい素通りする毎日が続いていた。
12時にふらっと職場を出て入店したのが12時5分くらい。
浜松町 青柚子 魚河岸カレーメニュー(2017/3/10)
実は人気店だったらしく、その時点で禁煙席のテーブルは全部埋まっていた。
お一人様の僕はカウンターで大丈夫だったが、そこも10分としないうちに満席に。
フロアに出ている店員さん、とても親切っぼい接客で夜のお値段が気になるくらい(笑)。
ちょっと待って出てきた魚河岸カレーがこれだ。
浜松町 青柚子 魚河岸カレー(2017/3/10)
看板の通り、ご飯はあさりとしじみがたっぷり(残念なことにあまり見えてないけど((^_^;))ご飯だけ食べると貝類の旨みが甘さになってうはうはな美味しさ。
期間限定で付いてきたミニサラダにまぐろカツ、サラダは普通に美味しかったが、まぐろカツはまぐろ感全くなしで付けなくてもいいやって感じ。
カレールーは辛さを控えてますからと言われたが、甘めのご飯と相まってちょうどいい。
ご飯ありきのカレーだった。
このご飯、定食でも出してくれないかな~(笑)。

大門 むさしや 芝大門店 上ロースかつ定食

2017年03月09日 (木) 23:59 | 編集
浜松町3大とんかつやさんの1つ。
むさしやさん。
大門檍さんができる前の3番目がどこだったか知らないが、今の浜松町の3大とんかつやさんといえばむさしやさんは外せない、ようだ(笑)。
ま、あくまで下馬評、自分の舌で、足で確かめないと巷の順位はあくまで参考意見にしかならない。

ということでむさしやさん。
大門 むさしや 芝大門店 店構え(2017/3/9)もっと先の訪問予定だったが、先日、散歩という名のお店情報収集活動(笑)にいそしんでいたときに、偶然見つけたので訪れることにした。
戦法は180度攻撃(笑)。
12時半からてくてく歩いてお店に向かう。
以前行ったホルモン夏冬さんを過ぎてちょっと。
芝パークホテルに近いか。

お店の前に行列なし。
売り切れは、、かつカレーとカレールーのみ。
入店すると正面に奥に伸びる厨房、その左手に厨房を囲うようにカウンター。
入ってすぐ左にテーブルが2つ。
奥にもテーブルがあるらしい。
入り口に一番近いカウンター席に案内される。
頼むは上ロースかつ定食1650円。
ロースかつ定食が1350円なら世間の人も+300円で上ロースかつ定食を選ぶと思う。
いざ注文。
ここの厨房はちょっと高くなっているのか、僕らが座っているカウンターごしに店主が入ってくるお客さんに挨拶している。
「いらっしゃい。いつものでいいですか?」なんて挨拶を聞いているとここのお店が「いい」お店なのがわかる。
はたして出てきた上ロースかつ定食を見ると思った通りだった。
大門 むさしや 芝大門店 上ロースかつ定食(2017/3/9)
カリッと揚がったかつは細かなパン粉の衣で薄いピンク色の断面を見せていた。
甘口辛口の2種類のソースをかけ分けて食べると、口の中でふわふわと、肉なのにふわふわと!
噛みしめる甘さ。
大門 むさしや 芝大門店 上ロースかつ定食(2017/3/9)
檍のとんかつは別格として、今までの火が通っているとんかつの中で一二を争うクラスだ。
こうなってくるとカットされた厚さもちょうどいい。
咬み切って噛みしめる。
肉汁がじわじわと染みだしてくる。
ちょうどいい厚さだ。
こうなるとソースは甘口、しかもちょいかけで十分。
あまり辛いと肉の甘みが負けてしまう。
ここのロース肉はきちっと脂身と赤身にしっかり分かれていて、しかも赤身にさしが入っていない肉。
なので脂身部分と赤身部分で違った肉汁が楽しめる。
檍だとさしが入っている分、混然一体、としてしまうところがむさしやさんは一切れで二度美味しいのだ(*^_^*)。
唯一、僕の好みと合わなかったのはご飯。
ちょっと柔らかすぎだった(^_^;)。
それ以外はダントツの美味さ。
次はロースかつ定食かかつカレー、どっちにしようかな。

大門 豚骨醤油らーめん 福気 味噌福

2017年03月08日 (水) 23:59 | 編集
前を通るといつも店頭に少しだけ行列ができているラーメン屋さんがあった。
大門 豚骨醤油らーめん 福気 店構え(2017/3/8)
その名を「福気」さんという。
豚骨醤油らーめんと看板をかかげているが、僕は豚骨醤油ラーメンこそ幅が広すぎてピンキリだと考える派なので、並んでまでチャレンジする気は全くなかった。
ところがこの日、行列がなかったのだ。
しかも、店内を覗くと空席まで。
これならちょっと行ってみようかと思っても仕方がない(笑)。
後で見たら店頭のでかい看板にも書いてあったのだが、入店して券売機を見ると店名では豚骨醤油らーめんと謳いながら、豚骨醤油、豚骨塩、豚骨味噌と、おお、フルラインナップやないかい!と突っ込みたくなるラインナップ(笑)。
まあベースの豚骨スープがぶれなければ、味付けは変わっても美味しさは変わらないと言いたいのでしょうね(^_^;)。
変化球なら思いっきりということで豚骨味噌を選んでみた。
カウンターに案内され、厨房を見るとスープがぐらぐら仕込まれている。
大門 豚骨醤油らーめん 福気 店内風景(2017/3/8)
見ていると仕上げに近いのか、キャベツを半球ぶち込んだりしている。
あのキャベツ食べたいな~(笑)、なんてぼんやり考えていたらすっと豚骨味噌らーめんが出てきた。
大門 豚骨醤油らーめん 福気 味噌福(2017/3/8)
味噌にしたので豚骨スープそのものの濃さやとろみはわからないが、味噌と相まって薄めのポタージュのようになっている。
太めの麺と絡んで、これは美味しい。
トッピングの2種類のチャーシューも食感が違い、それぞれスープと絡んで美味しさを出していた。
大門 豚骨醤油らーめん 福気 味噌福(2017/3/8)
味噌ラーメンって、えぞ菊のように仕込んだスープで豚ミンチや玉ねぎ、もやしを炒め煮して甘みと味を足していき、味噌は味噌の尖がったところを残しつつ、という味のイメージを持っていたけど、ここの豚骨味噌らーめんみたいに丸く収めていくのもまた美味しいんだなと思った。
とはいえ、丸いだけでは満足できずに、昼間っから、豆板醤とおろしにんにくを投入して味変したのは、また別の美味しさを求めてのこととしておこう(笑)。

築地市場 場内 とんかつ八千代 カキフライ定食(2017/3/7)

2017年03月07日 (火) 23:59 | 編集
とんかつ八千代さん。築地市場 場内 とんかつ八千代 店構え(2017/3/7)
隣の行列を尻目に待たずに入店。
店内はちょうど帰るお客さんが一人だけ。
ここに入ると、何を頼もうかとても悩む(笑)。
ちょうど火曜日でチャーシューエッグという選択肢もあったのだが、やっぱり初志貫徹(笑)。
築地市場 場内 とんかつ八千代 カキフライ定食(2017/3/7)
カキフライ一本でカキフライ定食1600円。
ちなみに単品で頼むと100円引きの1500円。
大盛りのごはんと味噌汁、お新香が100円ならば定食にしておかないともったいない(笑)。
築地市場 場内 とんかつ八千代 カキフライ定食(2017/3/7)
しばし待って出てきたカキフライ。
記憶よりちょっと小さめなのは前回は2月、今回は3月と季節の差、(たぶん産地の差)なんだろうか?
それでも十分大きくて噛みしめると貝柱が美味しいのは前回と一緒。
築地市場 場内 とんかつ八千代 カキフライ定食(2017/3/7)
どこのカキなんだろう?
また聞くのを忘れた(笑)。
どんと出てきたご飯を持て余し気味にそれでもやっぱり八千代っぼい美味しさのカキフライだったのだった。

築地市場 場内 小田保 牡蠣ミックス定食(2017/3/7)

2017年03月07日 (火) 23:59 | 編集

久しぶりの小田保さん。築地市場 場内 小田保 店構え(2017/3/7)
相変わらず隣の寿司大は行列だが、こっちはがら空き(^_^;)。
さらっと入って注文するのはまたまた牡蠣ミックス定食1650円。
築地市場 場内 小田保 牡蠣ミックス定食(2017/3/7)
前回、感動に(笑)手が震えて牡蠣ソテーを落としてしまったが、今回はそんなことはない(笑)。
築地市場 場内 小田保 牡蠣ミックス定食(2017/3/7)築地市場 場内 小田保 牡蠣ミックス定食(2017/3/7)








ぷっくら焼き上げた牡蠣は薄く小麦粉の衣をまとって、バターの風味もよく口の中で踊る踊る。
牡蠣フライはもしかしてソテーと産地が違うのか、どれもソテーより細く仕上がっている。
築地市場 場内 小田保 牡蠣ミックス定食(2017/3/7)
サクサクの衣はちょっと粗目、寄り付くと牡蠣の香りが口の中に広がる。
どちらも美味しいけれど小田保さんはやっばり牡蠣ソテーが好きだ。

浜松町 風車 牡蠣とほうれん草のパスタ(クリーム)

2017年03月06日 (月) 23:59 | 編集
世界貿易センター。
ワールドトレードセンター。
実は浜松町にある世界貿易センターの方がNYにあったビルより先に完成していたらしい。
そしてその世界貿易センターも2019年に解体となるとのこと。
へえ~の連発。

浜松町 風車 店構え(2017/3/6)そんな世界貿易センター、略称WTCの地下1階には飲食店街があって、日々ビルや近隣で働いている人たちの胃袋を満たしている。
そんなお店の1つが風車さん。
風車と言えば弥七なんだが、ここではそれは関係ない(^_^;)。
ランチタイムはパスタやらなにやらを食べさせてくれるお店なのだが、冬には特別メニューがある。
それがカキ(笑)。
またカキかよ、という声は聞こえないふり(笑)。
冬と言えば誰が何と言おうとカキなのだ(笑)。
週替わりとか月替わりするのかなとたびたびチェックしていたが、3月になっても変わらないので一度食べておこうとお店に向かった。
12時過ぎでもほかのお店のように長蛇の列とならず、空席もあったりする店内。
これは寛いでもいいかしらん(笑)と思った矢先、まずいものが目に入る。
そう灰皿である。
このお店、全面喫煙可のお店だった。
しかも、テーブルの間は狭い。
これは隣に喫煙者が来る前に離脱しなければと思い直して頼んだのは牡蠣とほうれん草のパスタ(クリーム)900円コーヒー付き。
普通にミートソースとか頼んでいる人たちはどんどん提供されるのに、僕の牡蠣はちょっと時間がかかった。
それは作り置きではなく、ちゃんと作ってくれているということだから嬉しいこと。
出てきた牡蠣とほうれん草のパスタがこれだ。
浜松町 風車 牡蠣とほうれん草のパスタ(クリーム)(2017/3/6)
中くらいの粒の牡蠣が賛沢に6つ、クリームに胡椒が効いていて美味しい。
牡蠣もちゃんと粉をはたいてからソテーして入れているようでしっかりジューシーなまま。
硬くなっていない。
好みからすると、ちょっとクリームが薄めだったが、そこは粉チーズで調整。
浜松町 風車 牡蠣とほうれん草のパスタ(クリーム)(2017/3/6)
しっかり美味しくいただきました。
食べ終えて一息つくかというタイミングで、狙ったかのように喫煙者が隣に(^_^;)。
なんといいタイミングと煙を浴びずにお店を後にしたのだった。

浜松町 カラバッシュ マフェ・ビーフ+サラダ+ドリンク

2017年03月05日 (日) 23:59 | 編集
アフリカ料理ってほとんど食べたことがない。
浜松町にアフリカ料理のお店があるのを見つけてランチを食べに行った。
人通りが多い賑やかな通りから外れた静かな通りにそのお店はあった。
浜松町 カラバッシュ 店構え(2017/3/3)浜松町 カラバッシュ 店構え(2017/3/3)








カラバッシュさん。
ランチメニューはシチュー、カレー系がメイン。
羊肉を使った炊き込みご飯?があったのでそれにしようかと聞いてみたら「今日は牛」とのこと。
当てが外れたのでメニューの一番上の法則適用(笑)。
マフェ・ビーフ。
ビーフをピーナツペーストで煮込んだシチューだそうだ。
これにサラダとコーヒーかルイボスティーがついて900円。
店内はいい感じの薄暗さ。
壁に沿って点在するテーブルに上からスポットが当たっていて食べ物が照らされているようにしている。
浜松町 カラバッシュ マフェ・ビーフ+サラダ+ドリンク(2017/3/3)
これもいい感じ。
注文してほぼすぐマフェ・ビーフは出てきた。
浜松町 カラバッシュ マフェ・ビーフ+サラダ+ドリンク(2017/3/3)
ピーナツペーストベースだけあって黄白い色が強調されている。
シチューはもったり系。
中に骨回りのぶつ切りの肉が2つ。
固めだったので、ナイフフォークで骨から肉を切り出して(^_^;)食べた。
対してご飯がアフリカ風の炊き方なのか、日本人の感覚からするとべっちゃりし過ぎてお金を取るレベルではないくらい。
そもそもアフリカにジャボニカ米はあるのだろうか。
浜松町 カラバッシュ マフェ・ビーフ+サラダ+ドリンク(2017/3/3)

後で検索してみると、都内のアフリカ料理屋さんの中では有数の評価の高いお店だそうで、、、、。


まあ、アフリカに行くこともあるだろうから、アフリカ料理はアフリカで食べることにしよう(^_^;)。
というか、アフリカ料理ってくくりはアジア料理とかヨーロッパ料理というくらい大まか過ぎるくくりだよね(^_^;)。

浜松町 ジャンカレー 倍満カレー

2017年02月24日 (金) 23:59 | 編集
ジャンカレー
以前行ったPALATINの通り(モノレ浜松町の2階)にあるの突き当たりにそのお店はある。
典型的な二毛作のお店で昼はカレー屋さん、夜は居酒屋という形態。浜松町 ジャンカレー 店構え(2017/2/24)昼の店主が麻雀好きなんだろうか。
ここのカレーは麻雀の役や、和了の点数が名前になっている。
僕の食べたのは倍満カレー
中身はラムカレーだった。
こんな狭い商店街にカレー専門店じゃないのにラムカレーをおいてあるお店が2軒もあるなんて、なんて異常な、いや、素敵なところなんだ!(笑)
店内は10畳くらいの大きさ?に所狭くテーブルが並んでいる。
掘りごたつ式小上がりもあって、夜は盛り上がる居酒屋っぼい造り。
個人的には残念ながら全席喫煙可能。
浜松町 ジャンカレー 倍満カレー(2017/2/24)
今回はタイミングが良かったのか、入店すると満席で相席を余儀なくされたが、煙たいと感じることはなかった。
フロアを取り仕切るかなりご年配のご婦人に倍満カレーと告げると、大きな声で厨房に「ぱいま~ん」と叫ぶ。
厨房で作られたカレーは同じくフロアを取り仕切るご年配の紳士かご婦人がテーブルまで持ってきてくれる。
カレーの種類により既にライスにかかって出てくるもの、カレーソースポットで出てくるものがあるようだが、倍満カレーはカレーソースポットに入って出てきた。
見た目はPALATINのラムカレーとほとんど一緒。
浜松町 ジャンカレー 倍満カレー(2017/2/24)
(どっちもラムカレーだから当然?そうでもないと思うよ、僕は)
カレーソースポットからカレーをご飯に注ぐとPALATINとの違いがはっきりしてきた。
カレーソースの濃さは同じくらいだけど、ジャンカレーにはトマトがたっぷり入っている。
煮崩れたホールトマトらしきもの(笑)がそこかしこに見える。
カレーを全部注いでいざスプーンで一口すくうと、ネパールにトマトの酸味が加わり、中近東へ(笑)
浜松町 ジャンカレー 倍満カレー(2017/2/24)
、、、旅立つことはできなかった(^_^;)。
旅立つにはあまりにも店内が賑やか過ぎて無理だったのだ(^_^;)。
それでも大きくカットされたラム肉はひととき午後の仕事を忘れさせてくれたし(本当か?(笑))、全てを食べ尽くした後に飲み干したコップの水は砂漠でたどり着いたオアシスのようだった。
(あー、これは嘘だ~(笑)。今まで砂漠もオアシスも行ったことないぞよ(笑))
 
浜松町 ジャンカレー メニュー(2017/2/24)
次は大三元かな~?(笑)

大門 龍紀 日替わりランチ(豚角煮タンメン(キムチチャーハン付き))

2017年02月22日 (水) 23:59 | 編集
時間をずらすと行列のお店の大半ががら空きになっているとわかってきた今日この頃。
この日もタイムシフトして12:20からランチタイム。
まだちょっと早かったか、行列が残っているお店もある。
前の日に「変態」中華の極みを味わったので、究極の反対(笑)、大衆中華を食べに龍紀さんへ。
大衆中華店で日替わりランチ。
これぞ大衆の中の大衆(笑)。
そこに何を感じるのかは僕しだい。
さあ。
日替わりランチの一番上は「豚角煮タンメン(キムチチャーハンつき)」680円。
もうこれ。
即これ(笑)。
何も考えない(笑)。
どんどん客が引けていく店内。
そんな中、ほとんど待たずにランチが出てくる。
あれ?
あれれ?
大門 龍紀 日替わりランチ(豚角煮タンメン(キムチチャーハン付き))(2017/2/22)
タンメンと書いてあったのに、なぜに醤油ベース?
それに野菜はどこに(^_^;)?
たっぷり載った角煮をどけて麺をたぐるとちょっとちぢれた中太麺が現れる。
さすがに麺は日式でないと受け入れられないのだろう。
「ラーメン」の麺だ。
その分、スープは八角?の香りがするスープで日式には収まらないよと主張する。
付け合わせのキムチチャーハンはだめだめな色付きご飯でしかも冷えていた。
でもこれが大衆中華なのだ。
タンメン?スープをかければ、ちょっとは温かくなるのだ。
それでいいのだ。

大門 鶏ポタ ラーメン THANK ラーメン(ぽてり)

2017年02月21日 (火) 23:59 | 編集
時計の針を180度回して、なんて言わなくなった今日この頃(笑)。大門 鶏ポタ ラーメン THANK 店構え(2017/2/21)
昼休みが30分ずれると今まで行けなかったお店が簡単に行けるようになる。
ここもそんなお店の一つ。
鶏ポタ ラーメン THANKさん。
大門 鶏ポタ ラーメン THANK 店頭(2017/2/21)
12時直後は店頭からあふれる行列だけど、12時半を過ぎると、タイミングさえよければ待たずに入ることができる。
食券を買ってから列に並ぶシステムのようだが、食券を買ったらそのまま席にご案内となった。
買った食券は「ぽてり」900円。
鶏ポタージュが一番濃いのだそうだ。
やっぱり店名に鶏ポタージュとあるからには鶏ポタージュをしっかり堪能しなきゃね(*^_^*)。
出てきたぽてり。
背の高い丼に入っていい香りを漂わせながら供された。
見た目からいかにも濃厚なスープは本当にポタージュのような味わい。
大門 鶏ポタ ラーメン THANK ラーメン(ぽてり)(2017/2/21)
中細のストレート麺によく絡む。
トッピングの鶏手羽先は直前に灸ってあるのか、麺やスープよりも熱く、ぷりぷりっとした食感と温度で井の中で際立った立ち位置を占める。
大門 鶏ポタ ラーメン THANK ラーメン(ぽてり)(2017/2/21)
たまたまかもしれないけれど、この温度差というやつはとてもいい。
トッピングがスープや麺より冷えていてつまらないことは、それこそたまにあるけど、トッピングの方が熱いって食べていて楽しいって初めて気づいた。
そんなことを思いながらいつの間にやら完食。
美味しかった~(*^_^*)。

ALKコロンボ-成田便(UL454)の機内食 (2017/2/19)

2017年02月19日 (日) 23:59 | 編集
 2017年2月にスリランカに行ってきた。

 世界最大の動物、シロナガスクジラと泳ぐというめったにない経験をしに行ったのだ。
 初めて見るシロナガスクジラは海況の良くなかったこともあり、ちらりという感じだったが、そうは言っても世界最大を見下ろして(笑)泳ぐという感じはなかなかだった。
 スリランカからの帰りは夜の19:50発の成田直行、翌朝7:30到着といったスケジュールだった。
2017/2/19 笑顔でお出迎えのCAさん UL454便(コロンボー成田)にて
 そのUL454便、帰りも使用機材はA330-300だった。

 最初のドリンクサービス。
2017/2/19夕食 UL454便(コロンボー成田)にて
 今度はピンポイントで「ライオンビール、プリーズ」と言ったらちゃんと出てきた。
 さすがに本拠地から飛び立つときには自国のビールを積んでいくよね(笑)。

 行きで美味しかったのでまたまたアラックを。
2017/2/19 アラック UL454便(コロンボー成田)にて
 映画見ながらちびちびやっていたら最初のお食事となった。
 帰りは日本人と認識したのか、メニューは日本語表記となっていた。

 チキンか魚?僕の選択は魚。スリランカ風の照り焼きっていうのも気にはなったけど、ミーボックヌードルってどんなの?という興味の方が勝った(笑)。
2017/2/19夕食 UL454便(コロンボー成田)にて

「1回目のお食事

サラダ
ガーデンサラダ

メインディッシュ
照り焼きチキン2017/2/19 アラック UL454便(コロンボー成田)にて
蒸し南瓜、オクラと人参スライス
ジャスミンライス

魚フィレの衣揚げ オイスターソース
青梗菜
野菜のミーボックヌードル

デザート
オレンジパンナコッタ

又は

ベジタリアンオプション

ベジタブル ビリヤニ
テンパードグリーンビーンズ
フレッシュフルーツ」


 今思えば、ベジタブルビリヤニもよかったかもな~(*^_^*)。

 気になったミーボックヌードル、ちょっと薄めの味付け、お酒のアテにはちょうどいい。
 ということでアラックを頼んだらもう品切れ、誰がそんなに飲むんだい!(笑)
 白ワインじゃ物足りなかった(笑)。

 映画見ながらうとうとしながらで夜を過ごす。
 隣に座ったスリランカ人のおじさん、間にあるひじ掛けを独占して肘がこっちの腹にあたるのでとりあえず肘だけちょっとずつ押し返す不毛な時間(笑)。
2017/2/19 カルーアミルク UL454便(コロンボー成田)にて
 飲み物が切れてコールボタンを押してもいつの間にかボタンがキャンセル?されていて全然シートまでクルーが来ない。
 しびれを切らして隣のおじさんを押しのけ(笑)ギャレーに行ってみると、クルーは飲んだり食べたりで歓談中。
 なんだこれ?(´・_・`)
 行きのサービスは良かったので、クルー教育にばらつきがあるのか、それとも時間外と割り切っているのか?
 ともかくギャレーで飲み物をもらって飲んで寝る。

 朝の5:30過ぎ、機内が明るくなって2回目の食事となった。
 2回目はこんな感じ。
2017/2/20朝食 UL454便(コロンボー成田)にて
「2回目のお食事

フレッシュフルーツ

ヨーグルト

ブレッド&ジャム」



 朝は選択肢なしの洋風。
 飲み物もビールを頼む気分じゃなく、アップルジュース(^_^;)。
 ここはミルクティーでしょと思ったのに暖かい飲み物のサーブは食事を配り終えてからだった(笑)。

ALK成田-コロンボ便(UL455)の機内食 (2017/2/16)

2017年02月16日 (木) 23:59 | 編集
 2017年2月にスリランカに行ってきた。

 世界最大の動物、シロナガスクジラと泳ぐというめったにない経験をしに行ったのだ。
 スリランカ航空は個人的にはあまり馴染みがなかったけど、サリーをアレンジした制服がなかなかいい感じ(笑)。
2017/2/16 お水をサーブするCAさん UL455便(成田-コロンボ)にて2017/2/16CAさんのユニフォーム、セクシーです UL455便(成田-コロンボ)にて











 エンターテインメントも特にフライトマップが面白く(笑)、延々、10時間にも及ぶロングフライトも飽きずに楽しむことができた。
2017/2/16 エアマップ UL455便(成田-コロンボ)にて

 UL455便、使用機材はA330-300。
 昼の11:20に成田を飛び立ち、夕方17:50にコロンボに到着する、一見6時間程度に見えるフライト。
 だが、そこには時差という罠が待ち構えていて3:30のアディショナルタイムがあるのであった(^_^;)。
 この時期なのか、どうなのかわからないけどほぼ満席できつきつの機内だった。

 最初のドリンクサービス。
 ビールと言ったらアサヒを出してきたので、「ノンジャパニーズビールプリーズ!」と言ったらカールスバーグが出てきた(笑)。
2017/2/16 最初のビール UL455便(成田-コロンボ)にて
 てっきりスリランカのビールかと思ったのだが(^_^;)。
 (結局、スリランカのビール、ライオンビールは品切れで機内では飲むことができなかった、、、)

 その後の「お食事」はこんな感じ。
 選択肢は「Beef or Chicken?」。
 というよりカレーか和食のほうが正しいか(^_^;)。
 せっかくスリランカに行くのだからカレーを選択。
 他にはベジタリアン用のメニューもあったのだが、肉食男子(笑)たるもの、そちらは選ばないようにしておいた(^_^;)。
 カレーについてくるライスがもう長粒米。
 スプーンですくうとポロポロとこぼれるこぼれる(笑)。
 チキンも野菜もさほど辛くなくライスと混ぜて食べると美味しい美味しい。
2017/2/16昼食 UL455便(成田-コロンボ)にて2017/2/16昼食 UL455便(成田-コロンボ)にて








 スリランカといえば紅茶だが、ミルクティーだけじゃなく、レモンティーも普通に飲むのかどちらかを選べるようになっていた。
2017/2/16 ミルクティー UL455便(成田-コロンボ)にて2017/2/16 レモンティー UL455便(成田-コロンボ)にて








 意外といえば意外だったのはレモンティー。
 日本のレモンと違うらしくとても香り豊かで爽やかな紅茶になっていた。
 日本でも飲みたいと思った紅茶だった。

「First Service

Starter
Chicken Meatball Skewer with Bean Sprout and Carrot Salad

Main Dishes
Chicken Dum Curry
Vegetable Navratan Curry
Steamed Basmati Rice

Beef Slices in Sukiyaki Sause
Mixed Simmerered Vegetables
Steamed Rice with Sesame

Dessert
Mango Mousse

or

Vegetarian Option

Marinated Grilled Vegetables

Baingen Masala Curry
Onion Pakoda in Kadai Yoghurt Sauce
Steamed Basmati Rice

Fresh Fruit

A selection of Cup Noodle is available on request
Freshly Brewed Ceylon Tea & Coffee」


 メニューにあったCup Noodleって何が出てくるんだろうと思って頼んでみたらしっかり日清カップヌードルシーフード味が出てきた。
2017/2/16間食(笑) UL455便(成田-コロンボ)にて
 宗教上、牛や豚が食べられない人たちがいるからシーフードなのかと思っていたけど、別の人が頼んでいたのは普通の?油味のカップヌードルだった。
 あんまり関係ないらしい(^_^;)。

 エンターテインメントの映画を見ながら飲んだのはアラック。
2017/2/16 アラック UL455便(成田-コロンボ)にて
 スリランカ以外でも作られているが、ヤシの花とかを原料とした蒸留酒、日本でいう焼酎みたいなものだ。
 甘くて少しとろっとした感じが美味しい。(お土産で買おうと思っていたのにすっかり忘れてしまっていた。)

 10時間とフライトが長いだけあって機内食も2回。
 2回目はこんな感じ。

「Second Service

Salad
Green Salad with Thousand Island Dressing
2017/2/16夕食 UL455便(成田-コロンボ)にて
Main Dishes
Chicken Szechuan Style
Sauteed Spinach and Wakegi Style Leek
Tawara Rice Roll with Black Sesame

Salmon in Hot and Sour Sauce
Fried Vegetable Noodle
Chunky Vegetable Mix

Tofu in Sweet and Sour Sauce
Stir-fried Vegetables
Steamed Rice

Fresh Fruit」


 今までの経験では2回目は軽食っぽいものが多かったが、しっかり系の食べ物がでてきた。
 到着が現地時刻で17:50とちょうど夕食時間帯にあたるからだろうか。
 出国、荷物受け取りなどしていると19時、20時になって食べそびれてしまうからなんだろうか。
 2回目はサーモンを選んでみた。
2017/2/16夕食 UL455便(成田-コロンボ)にて2017/2/16夕食 UL455便(成田-コロンボ)にて








 味付けは、、、、(笑)。中華系なんだけど全体的に薄い味付け。
 カトラリーに塩コショウがないか探したのは久しぶりだった気がする(笑)。
 それでも昔の米系エアラインのフルーツみたいに殺菌剤?みたいな後味が残るようなことはなかったので良しとしよう。
 アラックを合わせたかったのだが、品切れ(そんなに飲んでいないのでみんなが選んだんだ、と思いたい(笑))で白ワインなんぞを合わせたのも薄味に思えた一因なのかもしれない。
2017/2/16 エアマップ(到着時) UL455便(成田-コロンボ)にて


 コロンボの国際空港(バンダラナイケ国際空港)、工事中とのことで空港を離れたのが20時近く。
 2回目の機内食もなんのその、結局僕らは空港近くのファストレストランで本場スリランカカレーの嬉しい洗礼を受けたのだった(笑)。



Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。