NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

大井町 ザ・ラーメンスモールアックス 小ラーメン(野菜+カラメ+アブラ)

2016年09月21日 (水) 23:59 | 編集
大井町の東小路にあるザ・ラーメンスモールアックス。
大井町 ザ・ラーメンスモールアックス 店構え(2016/9/21)
くの字のカウンター、6人も座ればいっぱいという小さなお店。
世に言う二郎系のラーメン屋さんだ。
お店の前を通るたびに入ってみようと覗くのだが、けっこう一杯でなかなか入ることができなかった。
先日、覗いてみたら空席が。これはと思い入ってみた。
ラーメン、トッピングを載せることを考えると普通で十分だろうと普通を選ぶ。
すると食券には「ラーメン小」と書いてある。
なんか食べる前から負けた気分(笑)。
気を取り直して着席、食券をマスターに出す。
ラーメン出来上がりの直前に呪文を聞かれるのは二郎系のお約束(笑)。
わかりやすく呪文が壁に貼られているのがいい(笑)。
今回の僕の呪文は「ヤサイカラメアブラマシ」の「ニンニクナシ」。
ぶ厚く切った豚を二種類載せた上に呪文トッピング(笑)。
大井町 ザ・ラーメンスモールアックス 小ラーメン(野菜+カラメ+アブラ)(2016/9/21)
いやあ、久しぶりに喰うよ~、喰っちやうよ(笑)って感じの一杯(*^_^*)。
ヤサイマシマシにしなかったので麺はすぐに掘り出せた。
麺を掘り出して早めに食べてしまわないとどんどん大変なことになるのは二郎系の常。
大井町 ザ・ラーメンスモールアックス 小ラーメン(野菜+カラメ+アブラ)(2016/9/21)
天地返ししないで済むのは嬉しかった(笑)。
アブラが効いているのかカラメにした割には、スープが淡泊だ。
麺も思ったより細めで「じろううう!」って感じでもない。
なんか普通に美味しくいただいてしまった(笑)。
ご馳走様(*^_^*)!

スポンサーサイト

青物横丁 葉月 唐揚カレー

2016年09月02日 (金) 23:59 | 編集
葉月というお店は前からちょっと気になるお店だった。

ランチは日替わりで1メニューのみ、750円でやっている。
なんで気になっていたかというと、他のお店で食べて帰る道すがら、ふと見ると「ランチ売り切れました」の看板がかかっていることが多いから。
もともと用意が少ないのか、人気なのか、売り切れが多いのはどっちだろう?
青物横丁 葉月 店構え(2016/9/2)
確かにちょっと出遅れたタイミングで店の前を通ると、4,5人だが並んでいる人もいる。
列がないときに何度か入ってみようと思ったのだが、そういうときに限って何となくイケてない感じのメニューだったりして、入る機会を逸していた。
この日はちょっと軽めで行くか~という気分で青物横丁に向かっていた。
行きがけに葉月を覗いていくか、と見ると、「唐揚力レー」。

並んでいる人もいないし、うむ、ちょっと入ってみるか、とドアを開けるといきなり列が。店内に4人は列を作れる(笑)ようだ。
一瞬、躊躇したが、ちょうど食べ終えて帰る人もいて並ぶことにした。
店内は右に厨房とカウンター、左手と奥が小上がりになっている。
奥の小上がりが相席ならすぐ入れるとのことで入ることにした。
「どうしますか?」と聞かれたので「唐揚力レー」とだけ伝えると「量は?」と切り返し。
見当がつかず悩んでいるとちょうど下膳する皿が「中」だそう。
思ったよりでかい。
軽めで行こうと思っていたのに~(笑)。
「中」を頼んで温い水を飲んで待つ。
店内、見事におっさんカレー一色(笑)。
どこかで流れているホンジャマカの細い方の「え~~~」という声だけが響いている。
青物横丁 葉月 唐揚カレー(2016/9/2)
「お待ち!」と出されたカレーは、、、やっぱりでかい。
唐揚げは揚げたてが4個。アツアツでジューシーの言葉通り。
カレーは大きい野菜がごろごろと入った好きなタイプ。
ジャガイモが、ニンジンが柔らかい。
青物横丁 葉月 唐揚カレー(2016/9/2)
ちょっと辛めのルーに汗が噴き出してくる。
カリっ、じゅわー、アツー。
ホクホク、ぱくばく、じわー。
付け合わせのサラダに入っているレタスのしゃきしゃきがいいアクセント。
うーとか言いながらもなんとか完食。
厳しかったのに最後まで美味しかった。
こりゃ、人気があって、売り切れるほうでした。

青物横丁 中華料理おおくま ぶっかけ辛もやしそば+餃子(5個)

2016年09月01日 (木) 23:59 | 編集
今の職場からちょっと近く、北ふ頭橋の交差点に「中華料理おおくま」はある。
最初、お店のひさしに「餃子・ラーメン」としか書いていないから店名がわからず「名前のない中華料理屋」として書こうとしたくらいだったが、お店が暇なときに店名を聞いて、外に出たら、歩道の反対側、目の前にぽつんと看板が置いてあった。
青物横丁 中華料理おおくま 店構え
気づかなかった~。

最初はタンメン半チャーハン。
彩りはないし、油っ気が多いタンメンだったけれど、気に入ってちょくちょく行くようになった。
半チャーハンは醤油味だったので単品のエビチャーハン、中華丼、すっぱいやさいらーめんと食べて
一番美味しかったのはぶっかけ辛もやしそばと餃子だった。
青物横丁 中華料理おおくま ぶっかけ辛もやしそば+餃子(5個)(2016/9/1)
すっぱい辛そばは茄でた麺に五目をすっぱ辛い、でもちょっと甘いあんかけでまとめてかけたもの。
アツアツの麺に熱くて辛いあんかけが絶妙。
美味いあんかけの底から麺を引っ張り出してあんかけを絡めてずぴずぴずぴっとすすりあげる。
青物横丁 中華料理おおくま ぶっかけ辛もやしそば(2016/9/1)青物横丁 中華料理おおくま ぶっかけ辛もやしそば(2016/9/1)
そして美味しかったのは餃子。
餃子は4個、5個、6個と選べる。
大きさは大きめではあるが、特筆するほどでもない。
お世辞にも中身がぎっちり詰まっているようには見えない餃子だ。
青物横丁 中華料理おおくま ぶっかけ辛もやしそば+餃子(5個)(2016/9/1)青物横丁 中華料理おおくま 餃子(5個)(2016/9/1)
気を抜いていつも通りに半齧りしたら、ぴちゅっと肉汁が噴き出して服に飛び散った(笑)。
しっかり練り込んである餡がぎっちり詰め込まれてその上に肉汁たっぷり。
餃子ライスだけでも満足度は高いんじゃないだろうか?
それに驚いたのはいつぞや大阪王将で辛子が出てきて笑い飛ばしたのが、ここではマジに出てきたこと。
そして、これがまた美味しかったのだった。
そういえばシュウマイには辛子醤油だもんね。
これありだと思う!

鮫洲 鮫洲運転免許試験場食堂 豚カツカレー

2016年08月30日 (火) 23:59 | 編集
今の職場の最寄り駅は品川シーサイド駅なのだが、いろんなことを考えて大井町から歩くことにしている。
大井町の駅からは大井町銀座商店街を通り抜け、仙台坂を下って京急線をくぐって職場に向かう。
青物横丁の駅は左手遠くに見えるのだが、隣駅は何だっただろう。
そう思ってある日、駅に行ってみた。
駅は15号線に沿った高架駅、まわりに商店街っぼいものも見当たらない。
なんとマックのドライブスルーが駅直下にある。
駅の名は、、、鮫洲だった。
鮫洲というと運転免許センターしか浮かんでこない。
鮫洲 鮫洲運転免許試験場 門前(笑)(2016/8/30)
さすがに15号線とは反対側にはちっぽけな商店街はあったが、駅前の一等地(笑)に免許用の写真と代書屋が並んでいたのには笑ってしまった。
そんな鮫洲、近くを通っているなら、一度くらいは運転免許センターに行ってみなければならないだろう。
鮫洲 鮫洲運転免許試験場食堂 自販機(2016/8/30)
ということで暑い中、きゃっきゃ楽しんでいるだろう大学だか高専だかのプールを横目に運転免許センターに行ってきた。
めちゃくちゃきれいな建物に、さすが平日、学生っぼいの、フリーターっぼいの、おばちゃんがちょろちょろ。
2階にある食堂は意外と狭い。
食べログとかで噂(笑)のカレー丼は上から白紙が貼ってあってメニューから消されていた。
残念(^_^;)。
なので買ったのは豚カツカレー810円。
鮫洲 鮫洲運転免許試験場食堂 店内(2016/8/30)
ここは券売機で食券を買い、それを厨房のカウンターに持っていくセルフ方式。
公共の食堂にありがちな方式だね。
豚カツは揚げ置きとはいえ、予想外の大きさ。
鮫洲 鮫洲運転免許試験場食堂 豚カツカレー(2016/8/30)
ライスの盛りも思ったより多めでいい。
カレールーは、、、お味は推して知るべし、、、なんだそれ(笑)という感じだけど、それなりに具も入っていてまとも。
結構、満足度は高い(まあお値段もそれなりだけど(^_^;))カレーだった。

青物横丁 王様のポケット 4品定食

2016年08月03日 (水) 23:59 | 編集
王様のポケット。
何度かお店の前を通ってはいた。
メニューも見た。店構えはいかにも洋食屋さんなんだけど、メニューを見るとラーメンっぼいものもあったり、丼物もあったりしてどんなジャンルだかわからない。
青物横丁 王様のポケット 店構え(2016/8/3)
気になって気になって入ってみることにした。
12時に会社を出て、すたすた歩いて青物横丁のお店に。
12時10分過ぎで店内は8割方埋まっている。
どうやら12時の波に乗れたようで、待たずに席に着いた。
席について驚いたのは、結構、女性客も多いのに全面喫煙可だということ。
食後のコーヒーを100円で出しているのもあってか、食後にくつろいで一服という方も多くて、逃げ場がない状態。
うむむ。
ランチメニューは全部で5種類。
どれにしようか決めあぐねたときは一番上(笑)。
4品ランチというのにした。
書かれている4品の中からどれかを選ぶのかと思ったら4品全てが出てくるのだそう。
すご~い。
ちなみにこの日の4品はというと、
チーズインハンバーグ
たたきごぼう
青物横丁 王様のポケット 4品定食(チーズインハンバーグ+たたきごぼう+コロッケ+まぐろの刺身)(2016/8/3)青物横丁 王様のポケット 4品定食(チーズインハンバーグ+たたきごぼう+コロッケ+まぐろの刺身)(2016/8/3)
コロッケ
まぐろの刺身
青物横丁 王様のポケット 4品定食(チーズインハンバーグ+たたきごぼう+コロッケ+まぐろの刺身)(2016/8/3)青物横丁 王様のポケット 4品定食(チーズインハンバーグ+たたきごぼう+コロッケ+まぐろの刺身)(2016/8/3)
どどーんと出てきたところがこれだ。
青物横丁 王様のポケット 4品定食(チーズインハンバーグ+たたきごぼう+コロッケ+まぐろの刺身)(2016/8/3)
四角く区切られたお皿の一つ一つの区切りにそれぞれがどんと鎮座してきてそれなりに迫力のおかずたち。
それに比べるとちょっと迫力の足りないご飯とスープ(〈-〈;)。
案の定、おかず2品目にとりかかる頃にはご飯がもう無くなっていて後はおかずの味を楽しむランチになってしまった。
次回はライス大盛りとか頼めるといいなあ。

青物横丁 ティンカーベル 日替わり(サーモンムニエルとかにクリームコロッケ)

2016年07月14日 (木) 23:59 | 編集
洋食が食べたい!(笑)

このところ、お昼はずっとイオンのフードコートだった。
フードコートが悪いというわけでは全くないのだが、リンガーハットに親子丼の繰り返しにちょっと飽きたのだ。
陳麻家はただでさえ外に出ると汗だくになるのに辛いものをという気にはあんまりならなくて(^_^;)自分の中のローテーションに入らず、マックは店の前に行くだけで腹が立って(笑)全然食べたいと思わない。

ともかく、たまには洋食が食べたいのだ!(笑)
大井町のブルドックがいいのだが、この暑さで片道20分の歩きはつらい。
青物横丁で良さげなお店を探してみる。
ティンカーベルさん。
青物横丁 ティンカーベル 店構え(2016/7/14)
いつも歩いているなんとか通りではなくて旧東海道沿いにあるお店。
この一角には来たことがなかった。
いくつかお店はあるけれど、居酒屋みたいに夜開くお店が多いみたい。
扉を開けて中を覗くと、、、いっぱいだ(^_^;)。
どうなのかな?としばし待っているとこちらにどうぞと相席詰め込み状態(笑)。
6人テーブルの両脇に二人連れ、その真中に僕(^_^;)(^_^;)。
これは肩身が狭いなぁと思いながらメニューを見る。
パスタやハンバーグ、オムライスなんかもあって目移りするする(笑)。
どうしようかと周りを見渡すと、オムライスらしき(笑)ものを食べているのを発見。
どうなんだろ、ブルドックみたいなぷくぷく、パツパツなオムライスではなく、オムレツみたいな感じだ。
これはこれでありなんだけど、この日の気分ではなかった。
そこでひっかかったのが、ムニエルの文字。
むにむにムニエル、小麦粉つけて~♪なんて歌があったようななかったような(笑)。
日替わりのサーモンムニエルとカニクリームコロッケを注文。
スープと食後のコーヒーがついて1060円。青物横丁 ティンカーベル 日替わり(冷たいカボチャのスープ)(2016/7/14)
ライスかパンが選ぺるが、大盛無料とはならない(らしい(笑))。
スープは温かいコーンのポタージュか冷たいカボチャのスープ。
そういえばピシソワーズって一時期はやったなぁ。
今はほとんどどこに行っても見かけない。
スジャータが作るのやめちゃったからかな。
身を縮めながらカボチャのスープを味わっていると(美味しかった。ていねいな仕事してあった。)
「お料理できましたので、こちらの席にどうぞ」との声掛け。
振り返ると食事を終って退店していた席に料理が置いてあった。
青物横丁 ティンカーベル 日替わり(サーモンムニエルとかにクリームコロッケ)(2016/7/14)
ナイス!(笑)
しっかりかっちり焼かれたサーモンとアツアツで火傷しそうなカニクリームコロッケ(*^_^*)。
これだよな~。セントラルキッチンで加エされてお店では熱を加えるだけとは違う。
青物横丁 ティンカーベル 日替わり(サーモンムニエルとかにクリームコロッケ)(2016/7/14)
美味しい(*^_^*)。
付け合わせに載っているたっぷりめの野菜も嬉しい。
いいな~(*^_^*)。
美味しく食べきってのコーヒーはもちろんホット。
青物横丁 ティンカーベル 日替わり(サーモンムニエルとかにクリームコロッケ)(2016/7/14)
しばし満足感に浸って、日常に戻っていったのだった。

やはり名店には名店なりの理由があった(大井町 永楽 ラーメン+餃子)

2016年06月23日 (木) 23:59 | 編集
友人に教えてもらった大井町のラーメン屋さん。
5月末に一時閉店して、長蛇の列だったが、新オープン後の今は狂騒ぶりも落ち着いていた。
大井町 永楽 店構え(2016/6/23)
けれどもお店の前を通るときにはいつも酔っ払っているかお腹一杯で入ることができなかった(笑)。
この日もちょっと前を通ってみると列が3人、どうしようかなと思っていたら前の2人が呼ばれた。
これは行くしかない(^_^;)。
思ったとおりほとんど待たず、席に案内される。
大井町 永楽 店内風景(2016/6/23)
案内されたのはカウンターの角、厨房が見渡せるいい席。

頼んだのは左上、じゃなく右筆頭(お品書き、縦書きだったのだ(笑))のラーメン
それと餃子。
「セット~」と注文が通る。(この組み合わせ、頼む人多いんだろうな(^_^;))

ラーメンはでかい鍋に放り込んで平デポですくう昔ながらのタイプ。
最近、こういうお店、少なくなった。

自分が食べるものを作ってくれているのを見れるのは毎度のことながら楽しい。

そんな中、出されたラーメンはこちら。
大井町 永楽 ラーメン(2016/6/23)大井町 永楽 ラーメン(2016/6/23)








小ぶりの丼に焦がし葱の黒い油が浮かんだラーメン。
麺は平打ちのストレートな麺。イメージきしめんの1/4サイズといえばいいのだろうか。
幅があるぶん、噛み応えがあって美味しい。

スープはシンプルな醤油味。でも表面に浮かんだ焦がし葱油の風味が深みを加えて独特の美味しさになっている。

餃子もモチモチ系の皮に、しっとりした餡がたっぷりの美味しい系(笑)。
大井町 永楽 餃子(2016/6/23)大井町 永楽 餃子(2016/6/23)







これはビールに合う餃子だ(*^_^*)。
今度はビールと一緒に頼まなきゃ。
他にも食べてみたいメニューがあって、これはちょっとリピートするしかないと思いながらお店を出たのだった。
大井町 永楽 ラーメン+餃子(2016/6/23)
ご馳走様でした♪
大井町 永楽 ラーメンうまかった!(2016/6/23)


閉店騒動は、、、お家騒動だったようで、、。

青物横丁 ロッキーカナイ 青物横丁店 とり天食べ放題定食 ふたたび

2016年06月23日 (木) 23:59 | 編集
なんとなく鶏肉が足りない。
大井町で夜毎(笑)肉分を摂取しているがなぜか豚成分が多い。
そんな日には「ロッキーカナイ」。
とり天食べ放題定食だ。
青物横丁 ロッキーカナイ 青物横丁店 とり天食べ放題定食(2016/6/23)
今回は最初からゆかりかけ放題。
ご飯もとり天もゆかり味(笑)。
追加オーダーも手慣れたもので最初の10個の半分を食べたところで「10個ください!」
今日もカリじゅわで満腹で満足のランチなのだった。
とり天20個で790円、お得としかいいようがない。

品川SS コリアンキッチン シジャン シジャン冷麺セットA

2016年06月22日 (水) 23:59 | 編集
冷麺は韓国での日本の冷やし中華に位置づけられるのだろうか?
いや~違うな。日本でいえば冷やしたぬきとか冷やしきつねとかのぶっかけ系がそれかな。
まあいいや(笑)、ということで品川SSのオーバルガーデンにある韓国料理屋さんに行ってきた。
「コリアンキッチン シジャン」さん。
品川SS コリアンキッチン シジャン 店構え(2016/6/22)
列は全然長くないんだけど、はけるのが遅かった。
前が3組なのに20分ほど待ってやっと入店。前の回の入れ替えとタイミングがあっていないのかな。
はなから冷麺と決めていたので席に着きざま、「シジャン冷麺セット」を注文。
隣のテーブルの石焼ビビンバからいい香りが漂ってくる。あれもいいなあ、最近食べてないし。
なんてふわふわしていると、セットの登場。
品川SS コリアンキッチン シジャン シジャン冷麺セットA(2016/6/22)
セットにはミニビビンバがついてくるのだが、やっぱりあのジューってご飯が焦げるのがないとね(^_^;)。

さて、冷麺。
あっさり、さっぱり、つるつる、しこしこの麺が美味しくて好きは好きなんだけど、これが美味いんだ!という基準が見いだせてなくて、毎回、こんなもんかな(失礼な!)と思ってしまう。
時季的に梨じゃなくリンゴが載っているのがご愛嬌。

一度一本麺を食べてみたいな~と毎回思うんだけど、日本のどこかで食べれるのかな?


一本麺:正式名称は知らない。(笑)
朝鮮でも麺は長く生きることの象徴でもあり、延ばした麺を切らずに一本のまま茄でて食べるとか食べないとか。

品川SS 陳麻家 イオン品川シーサイド店 陳麻チャーハン(並)

2016年06月21日 (火) 23:59 | 編集
一度食べ始めると何度か続けて食べているのが最近の僕のパターンのようだ。
凝り性なのか(笑)、昼飯を何にしようか考える余裕がないのか(笑)、どちらかは自分でもわからん(^_^;)。
(けっして昼飯を食べるためだけに会社に行っているわけではないのだよ(笑))

この日はイオンのフードコートの陳麻家さん。
麻婆豆腐をかけたチャーハン、陳麻チャーハン(並)800円。
ここのお店、何度か前を通ったときもそうだったが、昼時は中華鍋の音が心地よい。
あのちゃんかちゃんか鍋をふる音についつい「チャーハン喰いて~」と引っ張られて(笑)しまう。
それに丼に飯盛ってよそうだけの隣の牛井屋より注文したものが出てくるのが早い気がする(笑)。
これもちゃんかちゃんか効果か!?(笑)
陳麻家といえば麻婆豆腐。唐辛子と花山椒がきいた麻婆豆腐は口に入れるたびに汗を引き出し、こんなじめじめしてむっとくる日には最高の一品だ。
(汗をかいた後が困るんだけど(笑))
品川SS 陳麻家 イオン品川シーサイド店 陳麻チャーハン(並)(2016/6/21)
あっさり味のチャーハンと麻婆豆腐、飲み物のようにお皿から消えていった。
残るは滝のような汗だけだった。

大井町 萬来園 五目チャーハン

2016年06月20日 (月) 23:59 | 編集
大井町の大井町銀座(^_^;)にある中華料理じゃない中国料理屋さん。
夜は大体閉まっていていつやっているんだろうと気になっていた。
たまたま昼間通りがかったら「営業中」の札が下がっていたので入ってみた。
入ってみると、中華料理屋さんにありがちな赤ではなく、白木のカウンターがどーんとあった。
しの字になっていて全部で12席くらい。
大井町 萬来園 店内風景(2016/6/20)
右手側に厨房が奥にのびる。
メニューは大きく麺類と飯物にわかれていた。餃子などは全くない。
何にしようか悩んだが、見ると先客は全員チャーハン。
中華鍋ふるっている中身もチャーハン。
これはチャーハンがお勧めっぼい。
ならば、、エビチャーハン1000円と五目チャーハン850円のどっちにするかだ。
エビ、っとくるとなんかオプション的な感じがしたので五目チャーハンにした。

中華鍋をふるっているおじさんは休む間もなく鍋をふるっている。
あれ?いつ、ご飯入れた?
不思議にいつの間にやらお皿に盛ってお客さんに出している。
気になってじーーーーーーーっと見ていたら、奥の炊飯器から大量の白いご飯を別のおじさんが出してくる。
中華鍋ふるっているおじさんは鍋に油、溶き玉子、白いご飯を入れてチャーハンを作っていく。
調味料、スープ、水、最後に醤油で味を調えたと思ったら、そのチャーハンをいったん器に戻した。
そうか、ベースのチャーハンを作った後、注文に応じて具材を入れて妙め直すわけだ。
そうすることによって作る側も具材に専念できるし、チャーハン自体も二度妙めでパラパラになるとまさに一粒で二度おいしい作り方だ。
大井町 萬来園 五目チャーハン(2016/6/20)
さて、五目チャーハン。思ったより量は少なめ。
スープについてくるスプーンで一口。
うん、いい味、いい妙め具合。1cmくらいの大きさのエビも中身プリプリ、外はしっかり焼き目がついて美味しい。
二度妙めしたご飯もパラパラでじゃっかん固目なくらい。
醤油味のスープもきちんと出汁をとっている感じで生妻の風味が甘い。
チャーハンにももっとスープかけて味付けしてくれればもっと美味しくなるだろうに。

ここのお店も一頃はやった化学調味料をばしばし使って「うまみ」を出すお店。
食べているときは美味しいんだけど、水で口の中を洗い流しても舌にぴりぴりと感触が残る。
大井町 萬来園 店構え(2016/6/20)
人工甘味料だとか合成保存料だとかいろいろ体に悪いものを摂取しているし、いまさら化学調味料がなんだというのが僕のスタンスなんだけど、もう少し気づかないレベルの使用量にしてほしいな。

品川SS 築地食堂源ちゃん 品川シーサイド店 焼きトロさば定食

2016年06月17日 (金) 23:59 | 編集
昨日のサバ干が美味しかったので、サバ連投(笑)。
品川SSのオーバルガーデンにある「築地食堂源ちゃん」。
焼きトロさば定食が880円。
諸事情でちょっと遅れたランチタイムだったのだが、何気に待たされた。
品川SS 築地食堂源ちゃん 品川シーサイド店 店構え(2016/6/17)
どうやらフロアのオペレーションが間に合っていなくて片づけものができず、新しいお客さんを入れられないようだ。

テーブルの間のカウンター小島に案内される。
焼きトロさば定食、と頼むとご飯はどうしますか?
どうするって?
大きさがありますので。
へえ、どんな?
小中大です。
で、いくら?
小が20円引きです。

・ ・ ・ ・ ・

で?
小が20円引きです。
で?中大は?
(面倒くさくなったので省略(笑)。ともかくどっちも省エネのつまらないやりとりだった(笑))

10分ほど待って定食がでてきた。
品川SS 築地食堂源ちゃん 品川シーサイド店 焼きトロさば定食(2016/6/17)
黒い。
見事に黒い。
試しに裏返してみようかと思ったけど見事に黒一色で食欲なくなるからやめた(笑)。

その裏返してみようとしたときに気づいたんだけど、なにかべちゃべちゃしてる?

食べてみてわかった。
このサバ、醤油漬けになっていた。
サバの味、抜けてて塩辛い。。。。。

ともかく食べ終えて、お会計。

あれ?880円って書いてあるのに950円???
あ~表示価格は税抜きってこと?

こりゃだめだね(^_^;)。



晩杯屋のサバ塩、なんと180円!(笑)
ちなみに↑の写真は晩杯屋のサバ塩、なんと180円(笑)。

青物横丁 食事処なかむら 焼き魚(サバ干)定食

2016年06月16日 (木) 23:59 | 編集
「なかむら」さんでサバ干の塩焼きを食べてきた。
やっぱりまた、タイミングよくちょうど1席だけ空いて、待たずに座ることができた。
今日の日替わりは揚げもの2品、、、を拝聴して、おもむろに「サバ干しください」。
サバ干はサラマンダーでじっくり焼いてくれる。
青物横丁 食事処なかむら 焼き魚(サバ干)定食(2016/6/16)
おかしら付の半身が大きくて思っていたより肉厚。
焼き立てアツアツで出てきたサバは脂ものっていて、なおかつ、薄めの塩味、サバの美味しさがわかる~(*^_^*)。
青物横丁 食事処なかむら 焼き魚(サバ干)定食(2016/6/16)
そんな調子で食べていたらあっという間にご飯がなくなってしまった。
食後歩きながら、かなり昔、大森でひいきにしていた通称さば屋と呼ばれていたお店があったことを思い出した。
そこのサバは2枚に開いたものを出してくれていたので、頭付き(=背骨付き)のときのボリュームはもうすごいものだった。
もうあんなお店はないだろうな~
あそこのお店も美味しかったけど、同じような昼飯が食べれるのは嬉しい限りだ。

大人の一人ワンダーランド(^_-)-☆(大井町 晩杯屋 ゼームス坂上店)

2016年06月15日 (水) 23:59 | 編集
大井町で立ち飲みといえば「晩杯屋」さんなんだそうだ。
確かにいつ前を通っても店先で待ち行列ができていたり、行列はなくとも店内すし詰めだったりして入る機会を逸していた。
帰宅時に定食気分ではなかったその日、臚雷亭は人が溢れていて入れず、他に行ってみようかというお店もなく、行列ができていなかったらダメ元で覗いてみるかと足を向けた。
晩杯屋さんは大井町に2軒ある。
2軒ともどっちもいつも混んでいて、空きを求めて巡回してるんじやないかと思えるくらいだ。
行ったのは「ゼームス坂上店」。単に狭い小路を人をかきわけ歩くのがいやだったから。
大井町 晩杯屋 ゼームス坂上店 店構え(2016/6/15)
お店が見えると、お、並んでない、では、中は?
ガラスドア越しに見るとやっぱりすし詰めだ~、帰るかと思ったときに店員さんと目があった。
何名様ですか~?の掛け声に指を1本。
奥空いてますからどうぞ~

おおっ!?入れるのか!
よし、初晩杯屋だ!
中は変形コの字のカウンター、店員さんは奥の厨房に2人、前衛に2人、万全の構えだ(笑)。
大井町 晩杯屋 ゼームス坂上店 店内満席、あ、立ち飲みに席はない!(笑)(2016/6/15)
最初の一杯は、、左上縛りを破ってチューハイ。
ドリンクメニュー、すごくたくさんある。
裏返すとフードメニューなんだけど、こちらもA4の紙一杯におすすめが並んでいる。
こっちは左上縛りで(笑)煮込み。
それに黒胡椒メンマ、それに、、、お、ほや酢がある。
とりあえずこの3品で、、お代はいつ?
大井町 晩杯屋 ゼームス坂上店 今日もお疲れ!(2016/6/15)
あ、そうなの、帰りにまとめてでいいのね。
なんて聞いていると、さっそくチューハイ。
新橋の立ち飲みとかは仲間同士での話に夢中になって隣に押し出してくる輩とか案外マナーが悪かったりしているんだけど、ここはそうでもない。
きちんと譲り合って飲んでいる。
大井町 晩杯屋 ゼームス坂上店 定番の煮込み(2016/6/15)
いいお店だ。
食べ物が本当にたくさんあって、しかもメニューが日付入りなので定番以外は変わっていくんだろうな~。
大井町 晩杯屋 ゼームス坂上店 魅惑(笑)のおつまみたち(2016/6/15)
なんだかんだ言って隣の、いや、周りの頼んだものは美味そう(笑)でついつい追っかけ注文してしまい(^_^;)、2020円『も』飲み食いしちやいました(笑)。

青物横丁 うなぎ 丸富 うな丼

2016年06月14日 (火) 23:59 | 編集
この日は朝から鰻が頭の中をぐるぐる回っていたのでぐるぐるを止めるべく(笑)、友人に教えてもらった青物横丁の鰻屋さんに行ってきた。
「うなぎ 丸富」さん。
青物横丁の駅まで交差点あと一つのところにある。
(変な書き方だが、アプローチが品川SSからなのでそうなるのだ(笑)。)
青物横丁 うなぎ 丸富 店構え(2016/6/14)
丸富さん、通りに面して右手が焼き場、左手が逆コの字カウンターのお店と外からよく見える店の造りとなっている。
お店に着いて覗きこむとカウンターは満席、、かと思ったが、奥の角が1つだけ、、
椅子はあるので少しずつ両脇の方にご協力いただいて(笑)
頼むはもちろん、うな丼。
というか昼時はそれしかない!?
席から焼き場が見えるのはちょっと嬉しい。
さばいた生から焼いているけど、さすがに僕のじゃないだろう(笑)。
炭の近くに半焼きしてある鰻の中から一串、さっとたれにつけて焼き始めた。
あれが僕のだろう(*^_^*)。
ささっと灸っているのを見てるとうずうずしてくる(笑)。
そして無事(笑)目の前に出されたうな丼がこれだ。
青物横丁 うなぎ 丸富 うな丼(2016/6/14)
丼からはみ出す勢いで載せられたうなぎはかなりの肉厚。
しかも元が大きいのか、見事な(*^_^*)四角形。
見とれてちゃせっかくのうなぎが冷めちゃうとばかりに箸を入れるとこれまた柔らかっ!(*^_^*)
それでいて下になっている皮目の部分が箸に粘りっこい手応えを返してくる。
青物横丁 うなぎ 丸富 うな丼(2016/6/14)
これはこれは(*^_^*)。
下のご飯と一緒に口の中へ。
うま~~~~~(*^_^*)。
熱~~~~~。
ふわふわのうなぎが口の中でほどけるのと同時にアツアツのうなぎが口の中を火傷させるくらいに攻めてくる(*^_^*)。
うはうはあふあふともぐもぐしながら顔を上げると店主とちらっと目があった。
「うまい!」は通じただろうか?(笑)
最初の箸の手応えは正しく、皮目の部分のゼラチン質は口の中でも美味しく粘ってくれてふわふわだけじゃない楽しさでうな丼を彩ってくれた。
青物横丁 うなぎ 丸富 うな丼(2016/6/14)
気づいてみるとあと一口残すばかりあ~もったいない(笑)。
ちゃんと味わって食べていたのにな~、なんですぐに無くなってしまうんだろう?(笑)
とはいってもちまちま食べるのも性に合わず、ぱくりと一口やってにこにこお店を後にしたのだった。
美味しいお店を教えてくれてありがとう!
でもランチで2050円はちと高いかな~。
(そのため、昨日は社食で納豆ご飯、60+120円だったのだ(笑)。)
青物横丁 うなぎ 丸富 店構え(2016/6/14)
ま、飲みにいくと2000円なんてあっという間だから今晩飲みに行くのを止めれば、、、、

まあ、ればとたらは、、、ねぇ~(笑)。

タワーオブテラー。(笑) (大井町 ブルドック ハンバーグ)

2016年06月13日 (月) 23:59 | 編集
タワーオブテラー。
なんでだかそんなフレーズが頭をよぎった。
きっとコックさんが「倒れると危ないよ~」なんて言いながらお皿を差し出すからだ。
カウンターに座っていたので目の前に出されたお皿を自分で受け取ろうかと思って一瞬躊躇したのをフロアのおばさんは見逃さなかった。
オムライスは嬉々として受け取ったのに(笑)。
そしてその日注文されたハンバーグはなぜか全て僕の座ったカウンターのところからお客さんに出され、その度に僕は目の前上空を通る不安定なタワーに恐怖するのであった(笑)。
大井町 ブルドック ハンバーグ(2016/6/13)
目の前に置かれたハンバーグ。
奥の飲み物を一緒に撮るとき以外は料理の写真は大体横向き。
でも、こいつに限っては縦向きの写真が似合うような気がする。
ブルドックさんの有名どころ(笑)第二弾。
ハンバーグ、だ。
前に来たときにメニューを読み違えてランチの2品は自分で決められるものだとばかり思っていた。
だけど、それは大間違い。
単に日替わりランチとしてお店が決めた2品がついてくるセットがありますよ~ということだった。。。。
大井町 ブルドック 日替わりランチ(サーモンフライ+ビーフハヤシ)(2016/6/10)
(サーモンフライとビーフハヤシだった。。。美味しかったからよかったけど。。。)
ちなみにメンチカツはピンでサービス定食になっていた。


さて、ハンバーグ。
この存在感はなんだ!?(笑)
大井町 ブルドック ハンバーグ(2016/6/13)
上に行くほど微妙に大きさが小さくなるけど一番上でもマルシンミニハンバーグくらいはあるか?
それも分厚さは普通のハンバーグと一緒なのだ。
お箸にしますか?それともナイフとフォーク?と聞かれたのですかさずお箸を選択。
ナイフとフォークでハンバーグタワーをうまく解体できるか不安だったのだ(笑)。
デミグラスソースを飛び散らせないようにお箸で最上階を持ち上げて隣の空き地(しゃきしゃきキャベツがぼうぼうで整地されていない(笑))に降ろす。
そこでやっと解体が始められる。
大井町 ブルドック ハンバーグ(2016/6/13)
緊張感とエンターテインメントが共存するまさに昭和の遊園地だ!(笑)
解体したハンバーグ、切り口からは肉汁があふれ、、、せっかくあふれているのにいっぱいにかかったデミグラスソースと混じってしまって目ではもうわからない。
ただただ、口の中で肉汁とデミグラスソースが混じりあい、その瞬間でしか味わえない味を作る。
それを迎えるのは外は少し焦げ目をつけて固めに、中はほのかにピンク色に柔らかく仕上げた挽き肉だ。
もうたまらん(*^_^*)。
一緒に頼んだライスに載せて一口で食べても、また美味い。
3階、2階と食べ進むうちにタワー周囲はデミグラスとしんなりキャベツの沼になっていく。
それこそ、タワー攻略者にとっては恐怖の、いや、狂気の、いやいや、驚喜の沼だ。
タワー解体にあふれる肉汁も混じり、どんどん奥深くなっていく。
そしてついに沼地もタワーも全部攻略して歓喜していた僕は、自分のお腹のふくれ具合に恐怖したのだった。(笑)
次回はぜひとも4階建てのまま、真中から真っ二つ!という写真を撮ってみよう(笑)。
大井町 ブルドック 店構え(2016/6/10)

品川SS BURGERKING 品川シーサイドフォレスト店 フィッシュバーガーオニオンリングセット+ワッパーJR

2016年06月09日 (木) 23:59 | 編集
なんとなくハンバーガー気分(笑)。
品川SSにはバーガーキングがある。
(某いけすかない接客のMチェーン店は眼中にない(笑))
ワッパーも食べたいけど、フィッシュバーガーが食べたい(笑)。
ということでワッパーはジュニアに(^_^;)。
品川SS BURGERKING 品川シーサイドフォレスト店 フィッシュバーガーオニオンリングセット+ワッパーJR(2016/6/9)
せっかくだからポテトじゃなくてオニオンリングで。
久しぶりに食べると美味しいね(*^_^*)。

青物横丁 食事処なかむら しょうが焼き定食

2016年06月08日 (水) 23:59 | 編集
青物横丁にランチをとりに行くときに通りすがりながら気になるお店があった。
青物横丁 食事処なかむら 店構え(2016/6/8)
とても小さいお店で、並んでいたり、並んでいなかったり、と日によってまちまち。
店頭のメニューを見ると「しょうが焼き」の文字があるので、きっとどこかで行くだろうと思っていた。
そしてそれが今日、この日だった。
居酒屋の二毛作、中を覗いてみると小さいお店の真申に奥まで続く6人掛けカウンター、その左に4人掛けテーブルが2つ押し込まれている。
カウンターの空席に腰を落ち着けて、頼むは「しょうが焼き定食」650円。
厨房ではおばあちゃんが一人で調理をこなしていた。
しょうが焼きは先に頼んでいた人がいたみたいで、あわせて焼いてもらって、すぐに出てきた。
青物横丁 食事処なかむら しょうが焼き定食(2016/6/8)
薄めだけど、大きいロース肉3枚。
しょうが焼きというよりは塩焼きに近い感じで、しょうが焼きといえば醤油味という固定観念が打ち崩された、ぴっくりな味だった。
かつ井よりも豪華というかつ重だとか、けっこう大きめっぽかったさば塩焼きとか何気に食べたくなるメニューがいっぱいの「さわむら」さんだった。

大井町 ブルドック オムライス

2016年06月07日 (火) 23:59 | 編集
大井町にデカ盛りで有名な洋食屋さんがあるという。
その名も「ブルドック」さん。
大井町の小道を歩いているとでっかい看板があって気になるお店だった。
けっこうなタイミングで店頭に列ができていたり、覗くと満席だったりしてなかなか入れないお店だった。
噂によると、ハンバーグとオムライス、それにメンチカツが有名とか。
食べログの写真を見るとたしかにハンバーグとオムライスはそそられる(笑)。
でもメンチカツはどうも薄っぺらっぼくて今一つ食指がのぴない感じがする。
そんな勝手な(笑)思い込みで最初に頼んだのはオムライス。
大きさがわからないのでとりあえず普通のサイズ(笑)。
店内は、、どこぞで見かけたタイヤ人形が置いてあったり(笑)して雰囲気堅苦しくない食堂っていう感じ。
大きなオープンキッチンではコックさん(なんか久しぶりに使った言葉だ(笑))が4人も忙しく働いている。
僕の頼んだオムライスは、、、誰がいつ作っているか、目まぐるしくてわからない(^_^;)。
大井町 ブルドック オムライス(2016/6/7)
ふいうちで出てきたオムライス。
なんとアインシュタイン博士謹製だった(笑)。
E=mc2
たしか同じ大きさなのに隣のオムライスは僕のと比べて小さく見えるという相対性理論だったか
え(E)っと、む(m)こうのがち(c)よっとち(c)いさいってヤツ(笑)
そんなことを考えていたら、誰かがペロりと舌を出したような気がした(笑)。
まあ、フロアのおねえさん(^_^;)に「大きくな~れ」とかやってもらったんじゃないからっ!いいけど。
肝心の味、中はちゃんとチキンライス、少しべたつく感じが逆にまたいい。
チキンライスたっぷりなのでさすがに玉子は下まで覆ってはいないが破れることなくきちんと美味しそうな楕円形にまとめてくれている。
大井町 ブルドック オムライス(2016/6/7)
断面も当たり前ながらぎっしり(笑)。
スプーンも止まることなく、あっという間に完食。
これで900円ならリーズナブルでしょ。
いろいろメニューを見ていると、ランチは2品選べて870円ともっとCP高いみたい。
頑張って来てみる価値は、、あるな(笑)。

青物横丁 ビストロ おきみくら チキンのソテー カレークリームソース

2016年06月06日 (月) 23:59 | 編集
先週末に御蔵島でイルカ三昧だったこともあり、またまた「おきみくら」さんでランチ。
今回もなんとか席が空いていて待たずに座れた。
(どうやら11:30組かそれより前で一回一杯になって僕が行く12:20頃、空きができるみたい)
この日選んだのはチキン。
「チキンのソテー カレークリームソース」。
(笑)
微妙にパスタだ、カレーだでつながりがあったりするのは自分でも不思議(笑)、なぜだろう?
サラダと一緒に出てきたバゲットはまるまる1本分。
いつぞやの生パスタと違ってこっちはちゃんと小麦の味がするのがいい(笑)。
のんぴリバゲットを楽しんでいると出てきたチキンはカリッと焼き上げてあって、カレーソースがなじんで美味しい。
バゲットをもう1本お代わりしちゃってお皿のソースも全部美味しくいただきました。
青物横丁 ビストロ おきみくら チキンのソテー カレークリームソース(2016/6/6)

デビルズタワー 未知との遭遇(大井町 ハピネス カレースパゲッティー)

2016年06月03日 (金) 23:59 | 編集
お昼のパスタがすごかったので帰りにもう一軒パスタを食べることにした。
盛り方に特徴のある「ハピネス」さん。
大井町 ハピネス 店構え(2016/6/3)
食べログの料理写真を見て、行ってみたいなと思っていたお店。
品川SSからは大井町駅の反対側、大井三叉路の近く。
お店に入ってみると異様な熱気(笑)。
いや、人が多くてむんむんしているとかじゃなく、純粋に暑い。
一人なのでカウンターに行こうとしたら、暑いから入口付近でどうぞ、と。
エアコン壊れているのかな。
スパゲッティーならぬスパゲティは4種類。
ナポリタン、ミートソース、カレースパゲティ、野菜ベーコンスパゲティ。
ミートソース、って口から出かかったけど、昼の不安がほぼ絶対失敗のないカレーを選ばせた。
遠く(笑)に見えるオープンキッチン、よくよく見るとここのスパゲティは茄でた後に妙めるパターンだ。
いわゆるロメスパ系ですな。
舌をロメスパ用に調整、調整(^_^;)。
ところで写真で見た盛り付け、実際はどんな感じでどんな大きさなんだろう?
隣のオムレツが美味しそうだな~なんて思いながら待つ、待つ、待つ(笑)。
出てきたカレースパゲティがこれだ。
大井町 ハピネス カレースパゲッティー(2016/6/3)
真中に山盛り、というかタワー状のスパゲティがうず高く、そしてじゅうじゅういっている鉄板全面にカレーがあふれんばかりにかかっている。
写真で想像していたよりは小さかったが、それでもインパクトは大きい(笑)。
思わず「未知との遭遇」を思い出してしまった。
デビルズタワーだっけ!?(^_^;)
カレーが跳ねないように慎重にタワーを崩す。
中は妙めたスパゲティが渦を巻いて密集している(笑)。
カレーはちょっと甘口のおそらくビーフカレー。
妙められて引きしまったスパゲティにもよく絡む。
美味しい~(*^_^*)。
タワーをうまく崩さないと悲惨な目にあいそうだったので(笑)ゆっくりと食べ進み、ついには「未知との遭遇」を食べきったのだった。
次行くときは1000円出してオムライスか、カレースパゲティと同じ850円でミートソースか、

どっちだ!?(笑)

グストーゾってなんだっけ?

2016年06月03日 (金) 23:59 | 編集
グストーゾってなんだっけ?

パスタの美味しいお店とな。
そして、一押しメニューがカルボナーラとくれば行ってみるしかない(笑)。
ちょうどカウンターが1席だけ空いていて座ることができた。
ランチのセットにはドリンクとサラダ、スープが付いてくる。
そして焼きたてのパンが食べ放題と至れりつくせり(*^_^*)。
ところが焼きたてのパンは枝豆パンとフォカッチャの2種類だけ、、
残っていたのは冷たくなった1/4個分だけ。
先に出されたドリンクやサラダを食べ終わってずいぶん待ってもパスタは出てこない。
カウンターからは厨房が見えるんだけど、一人前だろうが、何人前だろうが、同じタイマーを使って茄でているのが見える。
しかも厨房のスタッフ、不慣れそうなのに、ゆで加減のチェックも味見もー度もしない。
大丈夫かな?と思っているうちにやっと僕の分のカルボナーラが出てきた。
青物横丁 グストーゾの話 カルボナーラ(2016/6/3)
トップにのっている玉子は半熟だろうか?
割ってみるととろりと流れ出る黄身が美味しそう(*^_^*)。
太麺がクリームソースと絡んでこれまた美味しそう(*^_^*)。
さっそく一口。

むむ?

パスタが不思議な食感を返してくる。
パスタなのに芯がある感じなのだ。
不思議に思いながらもそのまま食べ続ける。

もう一つ不思議が。
厨房で作っているのが丸見えで、茄でてからすぐフライパンでパスタソースと和えて、すぐに皿に盛って出してきているのにパスタが熱くない。
生ぬるい感じなのだ。

そしてトッピングの玉子。
冷たい!

生ぬるいパスタのクリームソースに冷たい玉子の黄身が混ざって生臭い匂いが口の中に広がる。
粉チーズをかけて生臭さと芯の食感をごまかし食べ続けたが1/3くらい残してギブアップ。


まとわりついたクリームソースをはずしてパスタを指でつぶしてみると、真中に白い層が太く、左右の黄色みがかった透明な層は両方あわせて白い層と同じくらいと見事に二層に分かれていた。
さすがにこれじゃあ不思議な食感になるわけだ。
お店の人と話して次回は美味しく茄でたものをよろしくとお店を出た。

青物横丁 ロッキーカナイ 青物横丁店 とり天食べ放題定食

2016年06月02日 (木) 23:59 | 編集
マキシマムってなんだっけ?(笑)

どっか南国の方で超有名な調味料じやなかったっけ?
この日のランチは青物横丁の「ロッキーカナイ」。
とり天食べ放題ランチ、790円だ。
12時になってすったかすったか歩いて青物横丁に向かう。
この時点ではどこに入るか何も決めていない。
最終Planはゆで太郎とだけ決めて、入れるお店を探すのだ。
「おにやんま」を過ぎて(列は短く7,8人くらい)交差点を渡るといきなりお店が増える。
お勧め鰻の「うなぎ 丸富」は3,4人待ち。
行ってみようか?どうしよう?と考えているうちにお店の前を通り過ぎる。
反対側からの群衆に流されるようにたどり着いたのが「ロッキーカナイ」だった。
青物横丁 ロッキーカナイ 青物横丁店 店構え(2016/6/2)
居酒屋の二毛作だけあって、鶏に牛に豚と肉系勢揃い。
またまた一番左上メニューの決まりで「とり天食べ放題ランチ」を選ぶ。
僕は並ばずに入れたが、どうやらぎりぎり。
僕が座ったときに来た2組は1組だけ座れて、もう1組は店内待ち行列の先頭となった。
待つことしばし、見た目はごく普通のとり天定食が出てきた。
青物横丁 ロッキーカナイ 青物横丁店 とり天食べ放題定食(2016/6/2)
小さめのとり天(とり唐揚げとどこが違うの?)がアツアツで12個のって出てきた。
外側カラッと、内側ふんわりジュワッとした食感にご飯が進む。
食べ放題っていうからには食べてみましょうって感じがもりもりなんだが、追加をどうやって頼むかがわからない。
駆けずりまわっている店員さんをやっと捕まえて聞くとあまりにシンプル。
個数を言うだけ(笑)。
さっそく8個とお願いしておいた。
食べきる前に追加するのはありのようで、実際、頼むのがちょっと遅れたせいで追加が出てくるまで、手持無沙汰な時間ができてしまった。
その時間をきょろきょろしていたら、梅とか、シークワーサーとかのどうやらとり天にかける調味料が並んでいる。
ほとんどシロップ?みたいなボトルなんだけど、1つだけ「マキシマム」が。
青物横丁 ロッキーカナイ 青物横丁店 マキシマムと調味料たち(笑)(2016/6/2)
なんだっけ!?県民ショーで聞いたことがあるようなないような(笑)。
そうこう考えている間に追加のとり天が到着(*^_^*)。
追加8個もアツアツ。
早速調味料を使って食べ比べ(笑)。
個人的にはシロップよりもマキシマムよりもゆかりが一番美味しかった(笑)。
どこぞの県民にはなれないね(笑)。

青物横丁 ビストロ おきみくら プレーンオムレツのクリームソース

2016年05月31日 (火) 23:59 | 編集
その気になって青物横丁(笑)。

朝方、遠回りして青物横丁を回ってみる。
たくさんお店があって目移り(笑)しそう、ていうかしてる(笑)。
そんな中、見つけたのが「ビストロおきみくら」さん。
イルカ好きの友人の間でなぜかよく聞くお店。
青物横丁 ビストロ おきみくら 店構え(2016/5/31)
もともと三宅島の坪田でプチホテルとして開業していたのが、雄山の噴火で全島避難を余儀なくされ、こちらに移ってきたのだそう。
一度、行ってみたいと思っていたのでさっそくランチに向かったのだった。
お店に入ると左手が厨房、フロアは2人掛けから8人掛けのテーブルがぴっしりと並んでいる。
満席ではないが相席で座る状態。
この日のランチは4種類。
初めてのときは左上に限る(笑)、に従って「プレーンオムレツのクリームソース」864円を選ぶ。
ランチのメニューにはコーヒーとパンとサラダが付いてくる。
コーヒーはセルフ、壁一面の焼酎の前にコーヒーがおいてあって、目が泳ぐ(笑)。
タイミングが悪かったらしく、他の人がメインの前にサラダとパンが出てくるのに僕は先にメインが出てきてしまった。
さてどうしようと腕組みしてると、森久美子みたいなフロアのおばさんが「ごめんね~、今ちょうどパン焼いているところだから後で持ってくるからね~」とバゲットを3切れとサラダを持ってきてくれた。
青物横丁 ビストロ おきみくら プレーンオムレツのクリームソース(2016/5/31)
まあ写真を撮るには好都合(^_^;)なのでいいんですけど、と思いながらオムレツをバクリ。
柔らかく仕上がっていて美味しい。
クリームソースがたっぷりかかっているのでパンにつけて食べるとこれまた美味しい。
パンが冷えてて固いのがちょっと残念。
と思いながら食べていたら、おばさんが「はい、お待たせ!」と言ってパンのお代わりを持ってきてくれた。
その量、小さめだけど、バゲット1本分。
しかも不用意に持つと熱いくらいの出来立て!(*^_^*)
この出来立てパンのおかげでランチめちゃくちゃグレードアップ!
クリームソースにしてよかった~(*^_^*)。
ちょっと時間がかかってしまうみたいなのが厳しいけれど、その価値はあるランチだった。

青物横丁 おにやんま 冷並とり天ひやかけ

2016年05月30日 (月) 23:59 | 編集
品川SSランチ+。
移転1週間で終了~♪(笑)

かと思ったけど、もう少しだけ続けられそう(笑)。
ただし、品川SSというより、青物横丁ランチ+~になりそう(^_^;)。
さすがに大井町へはランチで往復というわけにもいかず、大井町はランチ+の「+」のほうで書くことになる、かな(笑)。

品川SSはオーバルガーデンという複合施設があって、そこにイオンショッピングモールだとかいろいろな飲食店が入っている。
社食ではない選択肢を選ぶとそこの中のお店に限定されてしまうことになるのだ。
ところが昔品川SSで働いていたという友人から青物横丁のお店を教えてもらって場所を確認すると、ランチでなんとか行けそうな距離であることがわかったのだ。
(教えてもらった鰻屋はうな井2050円、ちょっと自分のランチ価格帯を超えるのでゆで太郎を2回くらい行って辻棲をあわせようかと思う(笑)。)

青物横丁 おにやんま 店構え(2016/5/30)
さて、青物横丁の1軒目は「おにやんま 東品川店」さん。
五反田にある行列で有名なうどん屋さんの支店だ。
長蛇の列を覚悟していったのだが、全部で10人程度、さほど待たずにすんだ。
五反田のお店は立ち食いだが、こちらはちゃんと椅子がある。
とりあえず基本に近い「とり天」、あつかひやか、、、、、
ひやだ!(笑)
食券を買って並んでいるとひやかけもできるとな。
ならばひやかけで。
でてきたひやかけの冷やし並とり天。
青物横丁 おにやんま 冷並とり天ひやかけ(2016/5/30)
うまそうなんだが、なんとなく物足りない。
うどんの舌もレベルが上がったのか?(笑)
とり天も衣が半生、ぎりぎり小麦粉っぼくない感じ。
なによりいかんかったのはひやかけといいながら出汁があまり冷えていないこと。
ちょっと物足りないおにやんまだった。

ハードルが、、、高かったんだね、きっと(笑)

2016年05月27日 (金) 23:59 | 編集
新しい勤務地のビル。
社食というか、、、まあ、社食が入っている。
前の入居者の頃は美味しいと社外にも評判の食堂だった。
ちょっとだけ、ほんのわずかばかり期待していたのだが、初日に打たれ、3日目にしてほぼ見限りの心情となった(-_-;)。
やはり器がどんなによくても(器もあまりよくないけど(笑))、中の心が重要だということがよくわかった。
今のお客さんは大きな会社なので自社のグループの給食関係会社を入れたんだろうが、、、。
品川SS 社食 定食A(麻婆茄子)+副菜(2016/5/23)
辛くないとかいう以前に味がない麻婆茄子、、、  480円+副菜60円

品川SS 社食 ナスとチキンのカレー+副菜(2016/5/25)
ナスとチキンのカレー、エスニック風を狙ったんだろうけど、、、  480円+副菜60円
ご飯大盛したらどんなに頑張っても1/3残って、、仕方がないからふりかけかけて、、、
カレーにふりかけかけて食べるの人生で初めて(笑)、、、、

品川SS 社食 定食B(煮込みハンバーグ洋食屋風)+副菜(2016/5/27)
煮込みハンバーグ洋食屋風、洋食屋風って、、何!?、、、  550円+副菜60円

ところでここの社食、名前がない。
やっぱり社食でも食堂には名前がないといけないよね。
誇りが持てない。いじけちゃうよ(笑)。



でも、
でもね。

ふりかけが2種類もあるし、いりごまもかけ放題!
ライス単品は小も中も大も120円で同じ値段!
お味噌汁も単品で50円!
お茶も3種類が飲み放題!
雨が降っていても濡れずに食事ができる!
東京湾のキリンの群れのお尻を眺めながらの食事、最高!
(笑)

目指せ!全メニュー制覇!もちろん毎回餃子は外せない(*^_^*) (大井町 臚雷亭)

2016年05月25日 (水) 23:59 | 編集
田中屋さんを出てうろうろ。大井町 臚雷亭(2016/5/25)
餃子が美味しいと食べログにあった臚雷亭さんを見つけた。
中華が美味しい立ち飲み屋さんとのこと。
覗いてみると全然混んでない。
ふらっと立ち寄ることに。
とりあえず生、、、安い!
壁に書いてあるメニューも全部安い!!
これはリアルセンベロだわ。
大井町 臚雷亭(2016/5/25)
世の中に本当に千円でベロベロになれるお店があるとは思わなかった。
あるところにはあるんだ、僕の知っている世の中はまだまだ狭いんだとか思いながらホッピーに切り替え。
だってナカは150円なんだよ、安いよ、こりゃ(笑)。
肝心の餃子、焼き餃子を頼んだんだけど、これまた美味い。
大井町 臚雷亭(2016/5/25)餡に味噌でも入れているのかな?
醤油とかつけなくてもとても美味しい。
これ、揚げてって言ったら揚げてくれるかな~。
皮もしっかり包んであるし、このまま揚げるのはできるんじやないかな。
とか思いながらちびちび飲んでいたらラストオーダーですが、、、と。
まずい、ホッピーが2/3くらい残っている。
残すのももったいないから、とナカ2杯、それと焼売。
大井町 臚雷亭(2016/5/25)
なんとか閉店までに2杯空けて、、、







気づいたら西川口に僕はいた。

やっちまったなぁ。すごい久しぶり。
今週は勤務地変わって遠くなって、しかも駅から20分歩いて通ってみてるし、、(^_^;)

疲れたんだろうなぁ。。。



埼京線だかなんだかに乗って帰れば池袋まではたどり着ける。
おし、それで帰ろう!と次気づいたらなぜか品川。
結局、大井町から一駅しか動いてないぞ(笑)。
しかも終点、終電とのことでこれまた久しぶりにタクシー乗って帰ったのであった(笑)。

ここは東京!?生活感ありありの焼鳥屋 大井町 田中屋

2016年05月25日 (水) 23:59 | 編集
大井町 田中屋(2016/5/25)仕事終わりの大井町。
この日は21時くらいだったのでお店を選ぶ時間たっぷり(笑)。
とか言いながら入ったのは小路に入ってすぐの焼鳥屋「田中屋」さん。
いい感じに空いていて入りやすかったのだ(笑)。
壁に短冊がたくさん、しかも整理されてなく、後からだんだんメニューが増えていった感じがぶんぷん(笑)。
焼鳥屋さんなのにほやとかもある!
生活感ありありのいい感じの雑然さに積み重ねてきた年季を感じる。
大井町 田中屋(2016/5/25)
とりあえずレモンサワーから。
焼鳥を数本、魚の南蛮漬けでスタート。
大井町 田中屋(2016/5/25)
もぐもぐ、うまうま(笑)と味わう。
焼鳥、大ぶりで噛みごたえがあっていい。醤油たれににんにくのみじん切りが入っていて独特。
気に入った(*^_^*)。
大井町 田中屋(2016/5/25)

お一人様だったのでもちろんカウンターに座っていたんだけど、いきなり目の前が一面の炎になったのはぴっくりした。
おじさん、妙めものは思い切り炎をあげて作るみたい。
すごいもんができるんかな。とちょっと期待して出来上がりを待つ。
出来上がって隣のテーブルに運ばれていったものはにら玉子とじだった。
こりゃ頼みたくなるよね(笑)、すかさず僕もにら玉子とじを注文。
ぶっとい根元の部分も葉先の部分もしゃきしゃき感を残しつつ、絶妙の火の入り具合。
ふわふわに仕上げられた玉子とにらの食感のハーモニー(笑)。
大井町 田中屋(2016/5/25)
東雲にあった菊水さんのにら玉子とじと同系列だけど、こっちの方が美味い(*^_^*)。
これだけ食べに来てもいいくらい。
焼鳥より妙めものの方が美味いんじゃないかな。なんて失礼な(笑)、どちらも美味しいですよ(^_-)-☆

他のお客さんが入ってきて混み始めたのでごちそうさま。
また、来よう!(笑)

大井町 丸八とんかつ 支店 とんかつ定食

2016年05月24日 (火) 23:59 | 編集
大井町、大森、蒲田にはなぜだかとんかつの有名店がある。
大井町 丸八とんかつ 支店 店構え(2016/5/24)
昔、品川、今、芝浦のと殺場が近いからなんだろうか。
ともかく大井町にも行ってみたいお店が2軒あって本店・支店なんだけど、支店の方に行ってきた。
東小路を右手に見ながら京浜東北線の脇の細い道を品川方面に歩いていく。
住宅街と商店街が混じりあったような不思議な町並み。
そんな中に「丸八とんかつ 支店」さんはあった。
木戸を開けると左手に厨房、1階の客席は白木のカウンター。
とんかつ屋さんで白木のカウンターって結構多い気がする。
しかも毎日紙やすりで磨いているのかな?という感じのすべすべきらきら。
このカウンターだけでもきっと美味しいって予感がする(笑)。大井町 丸八とんかつ 支店 とんかつ定食(2016/5/24)
たくさんのメニューの中から選んだのはシンプルに「とんかつ定食」1150円。
じゅわじゅわばちばちと揚がったとんかつ。
山盛りのキャベツにどんと載ってくる。
パセリが付いてくるのも僕的には高得点(*^_^*)。
しっかりと揚がっているのにとても柔らかい。
どこの部分にも適度に脂身があって、これがまた甘くて美味い。
かつを半分も食べないうちにご飯が空に(^_^;)。
すかさずおかあさんから「ご飯お代りは?」
大井町 丸八とんかつ 支店 とんかつ定食(2016/5/24)
「キャベツもお代りする?」
しっかりどちらもいただきました(笑)。
大井町 丸八とんかつ 支店 店内風景(2016/5/24)
しょうが焼きニストとしてはしょうが焼きも食べてみたい。
このとんかつ定食より高いしょうが焼き定食、いったいどんな感じなんだろう?
ポークチャップも気になるし(笑)。

大井町 飛龍菜館で昔を思い出しながら乾杯!

2016年05月23日 (月) 23:59 | 編集
 5月23日
勤務地が変わった。
品川SS。
サービスステーションでもシークレットサービスでもない。
もちろん、さわやかスマイルでもない。

りんかい副都心線というほとんど乗ったことのない電車の駅が最寄り駅なのだが、なぜかとても評判が悪い。
 日く、朝はダイヤ無視の遅延が当たり前。
 日く、なぜか喧嘩している乗客が多い。
 日く、夜はいきなり本数が少なくなって田舎と変わらない、、、。

僕にとっては帰りに寄り道ができるかできないかが重要(笑)。
とりあえず安定の大井町から歩いてみることにした。
大井町は昔、三島での仕事をしていた頃にたまに寄っていた駅。
駅のすぐ近くに古~くからの飲み屋街があって当時の先輩がひいきにしていた中華料理屋に連れて行かれたものだ。

大井町駅から品川シーサイド駅まではGoogleMapsで20分くらい。
まあゆっくり歩いて、駅を出るまでとビルの中の時間とを考えると30分くらいか。
神田でランチ、なんてパターンとあまり変わらないのかもしれない。
そう考えるとなんとか通勤できそう(笑)。





新勤務地初日、なのに仕事あがりは22時。
けっこうきついね。

22時半からお店を探すが、良さげなお店はお客さんで一杯だったり、もうそろそろ終わりよ~っと。
小路を端から探検(笑)しまわって、とうとう線路際にぶち抜けてしまった。



そういえば、昔の中華料理屋は残っているだろうか?
おぼろげな記憶を頼りに道を進むと、、、、、あった!
大井町 飛龍菜館(2016/5/23)

ビルの2階、昔からチープな感じのお店だったと記憶しているがもっと繁盛していたはずが、、、あ、時間もあるのか。
遅い時間だったのでお客さんは僕を入れて4組だけ。
昔よく来たのは8時とか早い時間帯だったな。
お店のレイアウトは記憶とあまり変わっていない。
大井町 飛龍菜館(2016/5/23)
ビールが安いけどジョッキが小さめなのも変わっていなかった(^_^;)。
昔も小皿料理だったかな~?でも価格均一で出していたような気がする。

何はともあれ、大井町進出(笑)第一杯目!


乾杯!!(笑)

大井町 飛龍菜館(2016/5/23)

小皿料理をつつきながら昔の先輩たちを思い出して更けていく夜なのだった。
大井町 飛龍菜館(2016/5/23)
あ~、色気なし(笑)。そして食い気、食い気だけ~(^_^;)。
この炒飯も280円とは驚くよね~。


あ、ところでりんかい副都心線って今は言わないみたい、「りんかい線」なんだそうだ。



Powered by . / Template by sukechan.