NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

世界最大の動物をめぐる冒険!

2017年06月15日 (木) 13:48 | 編集
2017年2月、世界最大の動物をめぐる冒険をしてきた。
海はシロナガスクジラ、陸はアジア象。
Swim with wild Blue Whale in Offshore of Weligama!(2017/2/18)(05)
どちらも堪能できたのは、、、インド洋の真珠、スリランカ!

この冒険(笑)は海に陸に世界最大の動物を求めて彷徨う世界への旅なのだった(嘘)。

実際の旅は2/16~2/20(朝)(^_^;)と5日間で弾丸ツアーに近い。
それでも世界最大の動物、シロナガスクジラとのスイムの機会は2日間。
空港工事がなければ3回目の機会もあったかもしれない。

若干、海況が悪く、のんびりスイムとはいかなかったが、フリーダイビングの練習とかもしていないど素人でもシロナガスクジラと一緒(^_^;)に泳いでこれた。
Swim with wild Blue Whale in Offshore of Weligama!(2017/2/18)(10)
初めて見たシロナガスクジラは本当に雄大で、怖いとか全く感じず、ただその大きさに息をのむばかりばかりだった(笑)。

陸上での世界最大の動物、象(アジア象なので実際には最大「級」か(笑))は思わぬところにいてびっくりとともにちょっとしょんぼり。
公園につながれていた象さん(Uthpalawanna Sri Vishnu Devalaya)(2017/2/19)公園につながれていた象さん。鎖が短すぎてかわいそうだった(Uthpalawanna Sri Vishnu Devalaya)(2017/2/19)











他にもなぜかでっかいものばかりに遭遇したこの旅。
大きいことはいいことだ~♪、じゃないけど(^_^;)、スリランカ、まだまだ大物が控えているとみた(*^_^*)。
巨大なビシュヌ?像、高すぎてご尊顔拝めません(^_^;)(Uthpalawanna Sri Vishnu Devalaya)(2017/2/19)半跏趺坐でお座りになっている仏様(Weherahena Poorwarama Rajamaha Viharaya)(2017/2/19)











そしてそして、スリランカといえば、カレー(笑)。
(紅茶やシーギリヤロックではない(笑))
カレーも予約必須のカレーから町のファストフード、それに現地の人の手料理までいろいろと堪能することができた。
何はなくともLionBeer(笑)(Weligama Latheena Beach Resort レストラン富士山 昼食(2017/2/18))船長Kumaraさんの家で歓待を受ける(*^_^*)。盛り盛りのスリランカカレー、いただきま~す!(2017/2/18)








世界遺産で日没を見たり、寺院でスリランカ式のお参りをしたり、アーユルヴェーダ?も体験したりと、盛りだくさんのこの旅。

例によって(^_^;)例のごとく(笑)Webサイトで全貌(というか恒例だらだら日記(^_^;))を公開中。
もしよろしければ、下のリンクをクリックして覗きに行ってもらえると嬉しいかな(^_-)-☆

2017年シロナガスクジラと泳ぐ!


そして、次は、、、、ジュゴン!(^_-)-☆

スポンサーサイト

6月って何気に初めて!? 2016年の御蔵島

2016年06月13日 (月) 01:34 | 編集
北海道行きがなくなって推定15万円の旅行代金が浮いた(笑)。
Swimming with wild Indo-Pacific Bottlenose Dolphins at 御蔵島(2016/6/4)
さて、何に使おう、飲みに何回行けるかな?(笑)、それともなんか買おうかな?
なんて考えているうちに6月の御蔵島はいかがなものだろうか?という考えがむくむくと湧いてきて気づいたらダイブキッズさんにツアー申し込みのメールを投げていた(笑)。
思えば6月の御蔵島は初めて。
べた凪の海、なのに条件付きの御蔵島(笑)、もちろん何の不安もなく接岸して上陸。
到着日午前のイルカは総勢5人、うち御蔵島のドルフィンスイム初めての人が4人とビギナーズラック全開、ぐるんぐるん遊んでくれた。
Swimming with wild Indo-Pacific Bottlenose Dolphins at 御蔵島(2016/6/4)Swimming with wild Indo-Pacific Bottlenose Dolphins at 御蔵島(2016/6/4)







お昼は「いつもの(笑)」美美庵でカツ丼。
以前より盛りが少なくなったと思うのは僕だけ!?
そしてGWにはなかったところてん。小豆の煮具合に少々難があったけど、これまたいつもの美味しさ(*^_^*)。
さすが、御蔵島2大スゥィーツの片翼。
御蔵島 美美庵 カツ丼 がっつり(*^_^*)(2016/6/4)御蔵島 美美庵 ところてん小豆(2016/6/4)







海風に吹かれながら食べるとまた美味しい。
(残念ながら「やまや」さんが閉店しちゃったので3大スゥィーツの1つ、かき氷は食べられなくなってしまったのだ。)
到着日午後のイルカは、べた凪の中、東回りで元根を超えてもイルカが見つからず、あれれと思っていたら、やっと3群れくらいに遭遇。
しかし、どれも嫌気がさしている感じであまり遊んでくれない。
Swimming with wild Indo-Pacific Bottlenose Dolphins at 御蔵島(2016/6/4)Swimming with wild Indo-Pacific Bottlenose Dolphins at 御蔵島(2016/6/4)










というか赤ちゃんを連れている群れはするるっと行ってしまうのでおのずと遊ぶ機会が少なく、、
なっているのかな?(^_^;)
今回の宿泊は御蔵荘さん。
「いつもの(笑)」豪華な夕ご飯に、今回は居酒屋カンプリがお休みということで御蔵荘大しゃてき大会(笑)。
そしていつの間にやら時計の針はてっぺんを超えて、、、(笑)。
出発日の朝イルカは朝ご飯を食べてからの8時出港。
べたべたの海にテンションあがるもイルカさんはスルーだらけ(^_^;)。
自分たちだけで遊んでることが多くてなかなかこっちを振り向いてくれない。
Swimming with wild Indo-Pacific Bottlenose Dolphins at 御蔵島(2016/6/4)Swimming with wild Indo-Pacific Bottlenose Dolphins at 御蔵島(2016/6/4)







つれないね~(笑)。
それでもイシガキフグつついていたり、たまにはのんぴり泳いでくれたり、最後は30頭以上の群れでの壮大なエンドロール(笑)。
つまり粛々と流れていくわけなんだけど(笑)。
御蔵島 ふくまる商店 あしたばカレー(2016/6/5)御蔵島 ふくまる商店 ジェラート(塩ミルク+あしたば)(2016/6/5)











べた凪だけに帰りの漁船も気にせず、ふくまる商店さんのあしたばカレーとジェラートで締めた6月の御蔵島なのだった。
さて、今回はいろいろ込みで15万円のちょうど半分くらい。
残り半分は、、、、、、
何に使おうかな~(笑)。
また帰ってくるよ、御蔵島(2016/6/5)こんな光景見ると東京に帰ってきちゃったんだなと思う(2016/6/5)


今年もお世話になります!2016年御蔵島シーズンスタート!

2016年05月22日 (日) 15:30 | 編集
Swimming with wild Indo-Pacific Bottlenose Dolphins at 御蔵島
へへへ~っ(*^_^*)






今年もGWは御蔵島でドルフィンスイム!
最初は予定外のクルーズにちょっとドキドキ(笑)したけど、


Swimming with wild Indo-Pacific Bottlenose Dolphins at 御蔵島Swimming with wild Indo-Pacific Bottlenose Dolphins at 御蔵島











今年もいいシーズンスタートだった~(*^_^*)


ふくまる商店のジェラート(ベリーベリータルト+明日葉)

毎度のことながら、Webサイトのほうに更新!

http://naok.gnk.cc/p2016/p20160429/20160429.html

御蔵島、また会いましょう!(^_-)-☆

利島でDance with Dolphins!(2015/7/11-13)

2015年08月19日 (水) 16:54 | 編集
利島に行ってきた!
「Swim with Wild Dolphins at 利島」


くじら組でドルフィン&ダイビングで行ってなかなか無残な結果に終わった13年前。
いつかはもう一度と思っていたはずが、やっと(笑)。というか、島に着くまですっかり忘れていた(^_^;)。

台風9号と11号の狭間だったけど、それほどうねりもなく楽しかった。
イルカが根付いている鵜渡根島

お世話になった寺田屋さんには高縄 奈々さんがいてガイドしてもらうことができた。
Swim with wild dolphins at Toshima(2015/7/13)
高縄さんの撮るイルカの写真は空気感(海中なんだけどね(笑))が良くて、どんな人なんだろうと思っていた。
イルカの引き付け、遊び方などやっぱりうまいし、ゲストにイルカがどちらから来るかきちんと教えてくれたりして丁寧なガイドをする人だった。
夕食時も寺田屋さんに来ていたのでいろいろとイルカの話、クジラの話などさせてもらって楽しい時間を過ごさせてもらった。
Swim with wild dolphins at Toshima(2015/7/13)

利島自体は宿の寺田屋の周りをちょっとだけ歩き回っただけなので、集落を歩くのは次回の宿題としよう。
ヒラタクワガタがいました


そんな利島行きのページをWebサイトに作ったのでよろしければどうぞ!
「Swim with Wild Dolphins at 利島」


 
≫ "利島でDance with Dolphins!(2015/7/11-13)" の続きを読む...

シャチをめぐる冒険 2015/5-6

2015年07月14日 (火) 22:54 | 編集
 2015年5月に羅臼にシャチに会いに行った。
 今回は出かける前から捕食シーンとか新種のクジラ出現とか楽しそうな話題が出ていてワクワクドキドキだったけれども、それを上回る楽しさ、ワクワクがあった。
虹をまとうシャチ(2015/6/1 羅臼沖)

 陸でも新しい出会いがあって、ますます羅臼が好きになった(*^_^*)。
シャチ、スパイホップこっちで(2015/6/1 羅臼沖)

 そんな今回の北海道駆け抜けツアー。

 札幌、釧路、羅臼のことをまとめてWebサイトに。
 相変わらずの写真の羅列ばっかだけど、よろしかったらどうぞ。

Webサイトはこちら

 ↑ 「釣り」じゃないので安心してクリックしてくださいな(^_-)-☆
 blogもSNSもない頃から細々とやってます(^_^;)。

羅臼シャチ紀行(笑)2015 (2015/5/28-6/4)

2015年06月06日 (土) 16:06 | 編集
 2015年5月末、久しぶりの羅臼にシャチに会いに行ってきた。

 今回もシャチ調査クルーズに乗船させてもらって1日中シャチ三昧(^_-)-☆。

 そもそものきっかけはバニラエアのキャンペーン。

「わくわくバニラSALE!!
東京(成田)発着
(JW900、914、909、911、913)
札幌 片道900円」

 こりゃ行くしかないでしょ(*^_^*)。
 ということでチケットゲット!!

 飛行機、バス、バスと乗り継いで羅臼到着~。

 調査クルーズは朝7時には出港して1日帰ってこないので午前だけ、午後だけなら一般の観光船でシャチに会いに行く。
 5/29の午前中は濃霧で観光船は欠航だったそうだけど、午後には霧も晴れて無事出港!

 一路、国後島目がけて進むこと30分。
 シャチ!
 今季初のシャチ~!

 お~、あっちにも、、、お~、右舷に張り付いた~、、、お~~、左舷にも、船内はどっち見ていいのかわからずバタバタ(笑)。
シャチin羅臼 201505(2015/5/29)シャチin羅臼 201505(2015/5/29)








 テールスラップや背泳ぎ、全部で20頭くらいの群れに囲まれてあっち向いてもこっち向いてもシャチシャチシャチ~。
 そのうち、日ロの中間ライン間近になってしまい、停まる僕らの船を置いてシャチ達は国後島目指して進んで行ってしまった。
 でも振り返ると30分もの間シャチまみれ(笑)、総時間2時間ほどの中の30分って考えると、、、(*^_^*)。

 スゴイよね~


 5/30、この日からシャチ調査クルーズ4日目から参加させていただくことに。
 毎度毎度、人の繋がりに感謝感謝!
 が、前夜の天気予報のとおり、濃霧警報真っ只中。
 有視界ではシャチどころか何も見えず(^_^;)、
 水中マイクを下ろして声を聞こうも声もせず。
 (写真は水中マイクを投入しているところ)
シャチ探索in羅臼 201505(2015/5/30)
 早めの帰港も港も霧の中に沈んでいた(笑)。
シャチ探索in羅臼 201505(2015/5/30)


 5/31、今日もシャチ調査クルーズに乗船。
 昨日に引き続き、濃霧で始まる。
 ロシアとの線引きのあたりで霧は晴れて船を流しながらシャチを探す。

 見つけた!
 って僕がじゃないけど(笑)
シャチin羅臼 201505(2015/5/31)
   さて、この写真、見つけてもらったシャチとミズナギドリが写っています。
   どこにいるでしょう?
   (ちなみに300mm望遠で撮っています。これを見つけるガイドさん達はすごい!!)
   背景は国後島です。あそこまでいければシャチに会えるのに~(^_^;)

シャチin羅臼 201505(2015/5/31)
   正解は上の○の中。見えますか~?(笑)


 こんな感じで始まったクルーズ。
 霧が晴れたと思ったら小雨になったり晴れたり。

 船を止めて気長に待っていると、、、
 来た来た、キターーーーーーーーーーーーーーーッ
シャチin羅臼 201505(2015/5/31)シャチin羅臼 201505(2015/5/31)







 羅臼側にシャチが来てくれて(^_-)-☆
 知床半島の雪山をバックにシャチ。
シャチin羅臼 201505(2015/5/31)シャチin羅臼 201505(2015/5/31)







 子供達が船に遊びに来てくれて、、、
 調査船船内もだんだんヒートしてきて(^_-)-☆
 船内はもうみんな右舷に走り、左舷に走り(笑)
 終わってみれば慌しくも喜びの声が止まないこの日のクルーズ(*^_^*)。
シャチin羅臼 201505(2015/5/31)シャチin羅臼 201505(2015/5/31)








 シャチ調査クルーズの最終日(6/1)。
 僕自身もこの日がシャチ最終日。
 最終日が一番いいというジンクスは続く(笑)。
シャチin羅臼 201505(2015/6/1)

 快晴、べた凪の中、すぐにシャチを見つける調査員たち(^_-)-☆
 それからは16時の帰港までお昼を食べる間もないくらいシャチシャチ!
(ごめんなさい、実はシャチを見ながらカップ麺ずるずるしてました(笑))
シャチin羅臼 201505(2015/6/1)
 時には船べりまで来てこっちを覗いたり、お腹を見せてくれたりとっても楽しい時間だった。
シャチin羅臼 201505(2015/6/1)

 齋野さん、はまなす船長・ガイドさん、調査員の皆さんありがとうございました\(^o^)/
≫ "羅臼シャチ紀行(笑)2015 (2015/5/28-6/4)" の続きを読む...

釧路沖、シャチ調査クルーズ船にのる、、、(2014/10/16-20)

2014年10月28日 (火) 15:03 | 編集
 釧路にシャチに会いに行った。
 台風19号、低気圧と海況に悩まされたけれど、見事に最終日、メイクドラマが!!

Orcinus orca in Rainbow(2014/10/19)

ちっそ酔いの戯れ言でどうぞ!!(^_-)-☆
動画での一コマはこちら


そして食が美味しい北海道。食べずにはいられない(笑)。
スパカツにエゾシカ、人気の回転寿司と食べてきました(笑)こちらも上記リンクから(^_-)-☆

http://naok.gnk.cc/p2014/p20141016/20141016.html

今日はいい日でした(*^_^*)

2014年10月19日 (日) 16:51 | 編集

夕暮れの釧路、幣舞橋です
どうなることかと思った釧路シャチクルーズ
最後の最後にとっても嬉しい結末となりました\(^o^)/

また来年、シャチクルーズに来たいと思います

さて釧路の夜の探検に行ってこようかな(笑)

シャチシャチシャチ~♪

2014年10月19日 (日) 12:59 | 編集

シャチの群れに遭遇!
かなり近くに寄ってくれてます~♪

べた凪過ぎて眠い(笑)

2014年10月19日 (日) 10:41 | 編集

羅臼と違ってここ釧路は一面の青い海
べた凪過ぎて眠いくらい(笑)

イシイルカにザトウクジラにオットセイ
飛んだマンボウは見損ねた~

そして肝心のシャチを求めて船は進むのであった~

さて海はどうでしょうか(^_^;)

2014年10月17日 (金) 06:33 | 編集

そろそろ出航です。
シャチに逢えるかな~(笑)

羅臼に行ってました(笑)(2014/6/19-25)

2014年07月08日 (火) 01:24 | 編集
 2014年、なんと2度目の羅臼行き(笑)。
 5月にもシャチ目当てのクルーズに行くも、残念ながらミンククジラとハシボソミズナギドリ、、

 でもそれ以上にヒトの輪がとっても広がったのが良かった(*^_^*)。
 このツナガリはこれから何かワクワクすることを予感させる。

 行ってよかった~♪

 しかししかし、やっぱりシャチには会いたい!
 それに羅臼の海を潜ってみたい!


 ということで6月も羅臼入りでした(笑)。

 日程は6/19から25までの7日間。
 シャチクルーズ2日半とダイビング2日に移動などなど。


 そして、


 ついにシャチに会えました~~~\(^o^)/

初シャチです!(2014/6/20羅臼)

 シャチ以外にもいろいろ楽しんできましたよぉ。
 詳しくはこちらで(笑)

http://naok.gnk.cc/p2014/p20140619/20140619.html


シャチ、きれい!もうそれだけ(笑)(2014/6/20 羅臼)

2014年06月20日 (金) 19:35 | 編集

やったー!!
(W杯でなくてごめん(^_^;))

個人的には三度目の正直。
午前の遊び具合と比べたら全然つれない(笑)らしいけど、
ともかくなにより初お目見え(*^_^*)

連日のシャチ遭遇を止めないように、疫病神にならないように、
何気に一生懸命願った甲斐があったもんだ(笑)

(やっと食べ物以外の写真アップ(笑)、
これがメインの一つですからね!(^_-)-☆)
斎野さんにもお会いしたし、長谷川船長の爆裂トークも久しぶり(笑)

明日はこれまたお初、北海道でのダイビングで~す!!
念願のシャチ初対面!(2014/6/20 羅臼)
念願のシャチ初対面!(2014/6/20 羅臼)
念願のシャチ初対面!(2014/6/20 羅臼)
念願のシャチ初対面!(2014/6/20 羅臼)

帰りはいつも 小笠原2013-2014 (2014/1/3編)

2014年01月06日 (月) 01:07 | 編集
 2014/1/4、まだ年を打つのに2013年と指が動いてしまう僕(笑)。

 さて小笠原も最終日。午後にはおがさわら丸で父島を発つことになる。
 最終日、今まで一度も行けていない南島に行こうと思い立ち、ダイビングをキャンセルして南島観光ホエールウォッチングツアーに潜り込むことにした。

 ドルフィンスイムができるかもということでウェット、3点を持って集合場所へ。
 家族連れ中心に総勢35名(かな?)。MissPAPAYAは満員だ。

 PAPAYAさんのツアーは船で南島に上陸できる。泳いで上陸するツアーってカメラとかどうやって持っていくんだろう?










 が、最終日の4日、今までの西風、北西の風から一転南風に風向きが変わった。しかもかなり強い。
 二見港を出て南島に向かうのにかなりしぶきを浴びながらの航海。
 いやな予感はあたってしまった。


 南島上陸断念。

 うーん、神様はどうしても南島に上陸させてくれないらしい。
 そんなに悪さはしてないつもりなんだけどなぁ、、、、、(笑)。

 どうもここぞの一発というときの運の無さは直らない。いや、治らないか(笑)。
 (オーストラリアに行ったときもエアーズロックに登れなかったしなぁ(-_-;))

 船は反転して兄島瀬戸へ。
 北上するのは追い風だから楽チン楽チン。

 西島近くに着いたとき、それは始まった。

 オスとメスのザトウクジラのダブルブリーチ。
 しかも連発連発。

 大人のクジラのブリーチは迫力迫力。


小笠原 西島でのザトウクジラのブリーチ 動画でかいサイズで
 南下しながらのブリーチだったので船はばったんばったんとうねりに跳ねていたが、それよりクジラたちはざばんざばんと跳ねていた。


人丸島の由来、柿本人麻呂岩だそうです(2014/1/4 人丸島)
 迫力のブリーチの後は、人丸島の由来の岩を見たり、兄島瀬戸の宮之浦湾に親子クジラを探しに行ったり、キャベツビーチでシュノーケリングしたり(僕はしなかったけれど(笑))、半日コースであることを考えるとかなり盛りだくさんのメニューをこなした。
 最後は初寝浦で親子クジラを見て帰港。
お母さんクジラのブローははっきりしてます(2014/1/4 父島初寝浦)子クジラのブローはちいさくてかわいいね(2014/1/4 父島初寝浦)






 またまたうねり乗り越え、しぶきを浴びての帰港となった。




 そして、寂しいなぁ。
 出立の時刻となってしまった。

 おがさわら丸まで送ってもらう。
 乗船してAデッキ右舷に陣取る。

 タラップが外され、太鼓が鳴り響き、あっけなく桟橋を離れる。
 お見送りの人たちが制限ラインを超えて桟橋ぎりぎりまで来てくれて手を振ってくれる。
 大きな「いってらっしゃい」の旗が振られる。
いってきます!(2014/1/4 父島二見港)盛大なお見送り、嬉しいですね\(^o^)/(2014/1/4 父島二見港)






 そしてダイビング船、観光船の一群がお見送りに伴走を始める。
 見送る側、見送られる側、ともに手をふり、挨拶を交わす。

 そしてお見送りダイブ!
 今回お世話になったウラシマンの森下さんはOtohimeの一番上からのダイブ!!
ウラシマントリプルダイブ!森下さんの髪が七三なのが(笑)(2014/1/4 父島二見港)
 彩乃ちゃん、常連のKさんのダイブもタイミングよく寂しいから楽しい気分に切り替えてくれた。




 というわけでその気持ちを最後の一文にしよう。

 「行ってきます!」

いよいよ出港です!(2013/4/30 羅臼 知床ネイチャークルーズ クジラ・イルカ・バードウォッチング)

2013年04月30日 (火) 11:56 | 編集

最終日が一番天気がいいというジンクス通り(笑)
やっと出航!

さてシャチには会えるのか?

乞ご期待!(笑)

2012年御蔵島ドルフィンスイム、始めました♪(2012/5/11-13)

2012年05月14日 (月) 15:17 | 編集
 2012年5月、いよいよ今年のドルフィンスイムシーズンの始まり!
 (御蔵島自体は3月からドルフィンスイムできるそうなんだけど水温16度、気温10度じゃあちょっとご遠慮したい(笑))
 今回もダイブキッズさんのツアーでのドルフィンスイムとなった。


 2012年5月11日、金曜日の22:20、さるびあ丸は竹芝桟橋を出航した。
 相変わらずの条件付き出航。
 天気自体はいいのだけど、北海道東沖のおっきな低気圧からのうねりが問題みたい。


 はたして5/12の御蔵島への下り便、うねりは桟橋ぎりぎり。
 船長は一回トライしてあっさり離岸。
 船内には「えーなんでー!?」の悲鳴があがる。
 (後で聞いたら御蔵島の人たちも接岸すると思っていて、あれれって感じだったとのこと(^_^;))

 かくして八丈島巡りの船旅は続く、、、。


御蔵島のイルカさん(2012/5/12)



 上り便も条件付き。今度はちゃんと接岸した。

 さっそく午後、ドルフィンスイムに。
 半分眠った感じで通り過ぎる群れに悪戦苦闘(^_^;)。
 島を一周して探しに探し、終わりごろの群れが、、遊んでくれましたぁ\(^o^)/

↑を大きいサイズで(^_^;)

 久しぶりのドルフィンスイムに満足して帰ってくると
ちょうど太陽が沈むところだけ雲がないってすごい!(2012/5/12)
吉祥丸クラブハウスの前では壮大な光景が!
御蔵島から見た海面に沈む太陽(2012/5/12)

 御蔵島に来て初めて海の中に没する太陽を見た!!
 ↑の写真を見てもらえばわかると思うけど、三宅島は雲がかかっておそらく雨。
 三本岳の奥に神津島、式根島新島が見えて、太陽が沈んでくるあたりは(ハレーションでとんじゃってるけど)ちょうど雲がない。
 期待通り、太陽は空を紅く染めながら海に没していった。
 太陽さんさようなら♪

 しっかり動画にも収めたけど、隣でプロっぽい機材で同じように撮影している人たちが、、、


よく見たら、フジテレビの「とくダネ!」に出ている天達気象予報士だった。
フジテレビとくダネ!の天達さんが取材に来てましたょ
 ミーハーにも一緒に写真を撮って(笑)

 きれいな日没を堪能した後はお待ちかねの晩御飯。
ダイブキッズRyoさん特製パエリア、うまい(*^_^*)(2012/5/12) クラブハウス泊まりは晩御飯は手作りBBQ!
 Ryoさんお手製パエリアから始まり、
吉祥丸クラブハウス特設BBQ部屋で腕を振るうダイブキッズRyoさん(2012/5/12)ドラム缶鉄板でダイブキッズRyoさんが腕を振るうは、焼肉、野菜炒め、たまには漁師さん差し入れの魚もあったりして、
イルカの話、クジラの話、海の話、御蔵島の話なんかで盛り上がりながらお腹いっぱいになるまでBBQを楽しんだのだった。




 明けて5/13はうねりは残るも凪はよく朝食をとってのドルフィンスイムとなった。
御蔵島のイルカさん(2012/5/13)
 前日と違って反時計周り。桟橋を出てほどなくして群れ発見。
 なんどかエントリーするもスルー率高し。
御蔵島のイルカさん(2012/5/13)
 島を半周してやっと遊んでくれる群れを見つけて遊ぶ。
 むー、体力不足をまざまざと感じる(^_^;)。
 ダッシュ力が落ちて、持久力も落ちた感じがする。もちょっと体力つけねば遊んでもらえない(^_^;)。
御蔵島のイルカさん(2012/5/13)
 最後はギブアップ気味で終わり。
 それでもとっても楽しかった。

盛大なお見送りでした、御蔵島また来ます(2012/5/13)
 上り便は当然のように接岸。盛大なお見送りの中、御蔵島を離れた。




 さるびあ丸はかめりあ丸と違ってレストランが高級っぽかったり、展望できるデッキが多かったりしてちょっといい。でも僕個人としてはいつでもレストランを開放してくれるかめりあ丸の方が時間をつぶしやすい気がする。

 さるびあ丸から見る日没は雲の中に、富士山も雲に隠れて見えなかったけど、竹芝桟橋に着いた僕らを迎えてくれたのは東京タワーだった。
竹芝桟橋に着くと東京タワーがお出迎え(2012/5/13)




 さて、今年のシーズン、御蔵島に何回行けるかな、、。

≫ "2012年御蔵島ドルフィンスイム、始めました♪(2012/5/11-13)" の続きを読む...

座間味で大迫力大興奮のホェールウォッチング!(2011/2)「はぴねす」!

2011年02月11日 (金) 23:18 | 編集
 2011年の春節にあわせて沖縄は座間味にくじらを見に行った。

 前回は2009年だったので2年ぶりのホェールウォッチング。
 お世話になったのは毎度毎度の沖縄リゾートさん。

 今まで何度もホェールウォッチングには行っていたけど、今回は今までになくとっても楽しいホェールウォッチングだった。

 さて、大迫力大興奮の原動力になった「はぴねす」。

「はぴねす」でクジラウォッチングする沖縄リゾートオーナー(2011/2座間味) 沖縄リゾートのWebではウェットスーツもレンタルと書いてあるけどウェットは不要だと思う。
「はぴねす」でクジラウォッチングする沖縄リゾートオーナー(2011/2座間味)
 実際に横の窓から覗き込むときには這いつくばって頭を出し、腕を海中に突っ込むことになるから上半身、少なくとも肩のあたりまでは濡れてもいいようにしておく必要があると思う。

 まあ、男なら上半身裸とか(実際にやってたけど(^_^;))、女性でも下はノースリーブとかにしてすぐ脱げるような感じがいいかと。
 脱がなくても寒いからって長袖だと海に腕を突っ込んだ後、かえって冷たい思いをするのでそこら辺を気をつけた方がいいと思う。
ザトウクジラウォッチングにて(2011/2座間味)ザトウクジラウォッチングにて(2011/2座間味)







 ↑片手でハコメガネ、片手でデジカメなんてやっていたので指先はご愛嬌(笑)

 下半身は防水仕様のパンツ(カッパでもいいけど)なら濡れたところに這いつくばっても気にならないし、移動中にしぶきがかかっても大丈夫かな。
 ハコメガネでも十分海中は見ることができるけど、カメラやビデオを海の中に入れたいと思うなら、シュノーケルとマスク、そしてタオルの準備がいいかも。

 ドライエリアは運転席下のトイレの部分だけだから荷物はコンパクトに。
 雨除けのテントはあるけど風除けはないので注意。天気良くてもしぶき除けにカッパ着用がいいなぁ。
大興奮の源!沖縄リゾートのはぴねす!!(2011/2座間味)

≫ "座間味で大迫力大興奮のホェールウォッチング!(2011/2)「はぴねす」!" の続きを読む...
Powered by . / Template by sukechan.