NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイカラな人たちが集うお店の優しい冷やし中華(東銀座 萬福 冷やしそば(とりごま)+焼餃子4個)

2017年09月09日 (土) 23:59 | 編集
東銀座に気になる中華料理屋さんがある。
どちらも大衆中華の部類に入るお店だが、毛色が違うそれぞれのお店、今回は萬福さんに行くことにした。
冷やし中華2017第十九弾である。
かなり昔から東銀座の一角にお店を構えているらしく、店構えも、おっと思わせるレトロっぽくていい感じ。
東銀座 萬福 店構え(2017/9/9)
何よりでっかい看板がいい感じ。
中に入ると、これまたレトロっぽい、戦前にできたお店ってこんな感じかな?みたいな造りをしている。
他のお客さんがいたので店内の写真はないけど、これまた中華料理が粋な感じだった頃、着飾って銀座に遊びに来て、中華でも食べようかというのがおしゃれだった頃を想像できる感じの造り(笑)。
なんだかわからないね(笑)、自分でも何書いているのかわからなくなってきた(笑)。
一度、来てみるとああそうかとわかるかと(^_^;)。

頼んだのは夏季限定の冷やしそば(とりごま)。
なんと萬福さん、冷やしそばが通年で食べられるという貴重なお店だった。
ならばと夏季限定から攻めてみることにした(*^_^*)。
そして焼き餃子
6個が標準だけど、ちょっと減らして4個にしてみた。
待っている間もぽつぽつとお客さんが来る。
パリッと決めているご老人、近くの運送屋のお兄ちゃん、銀ブラしていたんだろう中年のご婦人連れ、ビールを飲んだり、定食を食べたり、静かだけど穏やかな活気のある雰囲気に浸っているとまず餃子、そして冷やしそば(とりごま)が出てきた。
餃子はよく焼きぷくぷく餃子
多めの油で仕上げたと思われる焼き上がりはいかにもかりっとしてそうで美味しそう。
口にしてみると、油切りがよくカリパリともちっとした皮のコントラストがいい。
東銀座 萬福 焼餃子4個(2017/9/9)東銀座 萬福 焼餃子4個(2017/9/9)








中の餡は肉と野菜のバランスもよく、皮の中にみっちり詰まっている。
頬張れるくらいのちょうどいいサイズが口に嬉しい。
 
餃子を楽しんだ後はいよいよ冷やしそば。
とりごまと言うだけあって、どーんと蒸し鶏が載っている。
もちろん、スープはごま味。
麺を引き出して一口。
美味い。
東銀座 萬福 冷やしそば(とりごま)(2017/9/9)東銀座 萬福 冷やしそば(とりごま)(2017/9/9)








ごまの風味がぴんとたって、酸味とか他の味はいい脇役として脇を固めている。
しっかり冷えたスープがしっかり冷やされた麺によく絡む。
鶏肉はしっとり美味しく、まさにとりとごまの2つが主役を張って皿を盛り上げている。
飲み切るのにちょうどいい濃さのスープとともにあっという間の完食(*^_^*)。
美味しかった~(*^_^*)。

一息ついて隣を見ると赤いチャーハンみたいなものを食べていた。
メニューを見るとどうやらポークライス。
チキンライスの豚肉版。
きっと豚の脂が染み出て美味しいんだろうな~。
中華にしては不思議な料理。
銀座だけに中華料理屋さんも時代の最先端を追っていたんだろうな~。
スポンサーサイト

世代を超えて愛される中華料理屋さんの冷やし中華と餃子(*^_^*)(南阿佐ヶ谷 えのけん 冷やし中華+餃子S(4個))

2017年09月02日 (土) 23:59 | 編集
冷やし中華2017第十六弾。

一度、出かけていってあえなく休業だったえのけんさん。
南阿佐ヶ谷 えのけん 店構え(2017/9/2)今回は事前に電話してからの訪問となった。
食べログには通し営業のように書いてあるので3時のおやつと思っていたが、電話口で昼は3時まで、夕方は5時からだよと言われて慌てて滑り込んだ。
入り口右手にある券売機で買ったのはもちろん冷やし中華、それに餃子
カウンターに座ってできあがりを待つ。
餃子はS(4個)を頼んだが、1個1個が大きいのが見て取れる。
まだ熱くなっていない餃子鍋に餃子を放り込んだら鍋ふち近くまで水を入れて茄で始めた。
すごく水を使うなと餃子にかまけていたら、肝心の冷やし中華を作っているところを見逃した(笑)。
そして見逃していて、いきなりカウンターの前からでてきた冷やし中華がこれだ。
南阿佐ヶ谷 えのけん 冷やし中華+餃子S(4個)(2017/9/2)
まず、レタス。
そしてトマト。
コーンも載っていて中華サラダみたいな感じの第一印象。
次に目をひくのは立派なメンマ。
チャーシューも分厚い。
半分に割った半熟玉子が載っているのもラーメン屋さんの冷やし中華だな~(*^_^*)。
麺に箸を伸ばす前にメンマに(笑)。
柔らかく仕上げられていて変に油っこい味もしない、美味しいメンマ。
普通のラーメンもきっと美味しいんだろうな~と思いながら麺に箸を伸ばす。
南阿佐ヶ谷 えのけん 冷やし中華+餃子S(4個)(2017/9/2)
麺は思ったより太い。
軽くちぢれが入っていて茄で具合もいいせいか、のど越しがいい。
スープはちょっと甘めの醤油ベースのスープ。
酸味が柔らかでこれだけでも美味しく飲める味だった。
そして、お皿も麺もキンキンに冷えていて嬉しい。
これ、重要(笑)。
そんな冷やし中華。
あっという間に胃袋に直行(笑)、かと思われたが、その独走を止めるのが餃子だった。
南阿佐ヶ谷 えのけん 冷やし中華+餃子S(4個)(2017/9/2)
Sということで4個だったが、大きさ的には全然Sサイズではない。
たっぷりの水で茄で上げられた皮はもちもち、仕上げで結構焦げ目強くパリッと焼き上げてあるのでもうたまらん(笑)。
中の餡はキャベツ中心の野菜餃子。
なのにがぶりとやるとじゅわっと汁がほとばしる。
南阿佐ヶ谷 えのけん 冷やし中華+餃子S(4個)(2017/9/2)
しかもその汁が甘みがあって美味い。
酢醤油もいいけど、出された味噌だれがよく合う。
冷やし中華に餃子、どちらが主役でどちらが脇役ということなく、両方主役の美味しい競演だった(*^_^*)。

上野アメ横 昇龍 餃子+瓶ビール(2015/12/12)

2015年12月13日 (日) 14:21 | 編集
昨日はどうしてもはずせない用事があってお出かけ。
数日前に足を痛めて動けなくなったので(>_<)
どうしても外せない用事以外は全部キャンセルしているんだけど、、。
上野アメ横 昇龍 店構え(2015/12/12)
用事も無事済んで頑張った(笑)自分にお疲れさんということで「昇龍」さん。

以前にも何度か来ているんだけど、ここ最近ご無沙汰してた。

近くにあった大統領も支店が移動していたり周りがいろいろ変っている中、昇龍は安定の存在。
珍しく並んでいなかったのでするっとカウンターへ。

餃子に瓶ビール。ああ、おやじだな~(笑)。
上野アメ横 昇龍 餃子+瓶ビール(2015/12/12)

最近流行り?の酢コショウで食べてみるが、油少な目の蒸し焼き系の昇龍餃子には合わないかな?
ラー油と醤油を足して。
上野アメ横 昇龍 餃子(2015/12/12)
餡が昔より野菜マシになった感じもするけど、お店同様、安定の美味しさだった(*^_^*)。

吉祥寺 一圓 冷やし中華&餃子(2015/5/24)

2015年05月25日 (月) 00:42 | 編集
 
 
え~っと、、、
酔ってます(笑)。
 
今日は日本酒の会でした。
会は吉祥寺であったのですが、
解散後、
ふらふらと歩いていたら冷やし中華の幟を見つけてしまったのでした(笑)。
 
 
ちゃらら~ん♪
 
冷やし中華2015第五弾の始まり~♪(笑)
 
そもそも日本酒の会なのでお腹いっぱい料理を食べるわけでもない。
小腹は空いているのだが日本酒で酔っているの~(*^_^*)。
 
だからついつい餃子も頼んじゃうの~(*^_^*)。
 
餃子、でかいぜぃ!
でかいぜぃ!
吉祥寺 一圓 餃子(2015/5/24)
  でかいぜぃ、、
 
 
でかいんだけど、
 
たしかにでかいんだけど、、、
 
 
皮はモチモチ、、、というより、、、、水分、吸い過ぎ?
 
アンは野菜たっぷりしゃきしゃき、、、だけど、あっさりし過ぎ?
 
へるすぃ~ってヤツ!?
餃子にもコクというか多少の肉と脂を欲しがる僕にとっては、、、、
 
 
はっ!
吉祥寺 一圓 冷やし中華&餃子(2015/5/24)
ていうか、冷やし中華だったっけ(^_^;)。
 
 
餃子と一緒に出してね(^_-)-☆」と我儘聞いてくれて出してくれた冷やし中華
 
オールドソックス、いや、違ったオーソドックスなヤツ。
吉祥寺 一圓 冷やし中華(2015/5/24)
紅生姜の代わりに赤色担当でトマトが入っているのがさわやか~(*^_^*)。
もう少し酸っぱさ多めのスープだといいな~。
 
 
吉祥寺 一圓 店構え(2015/5/24)
 
 
お店は「一圓」さん。
餃子で有名なお店だそうですね~。

虎ノ門 ぎょうざ 立ち飲み めだか

2012年10月11日 (木) 23:59 | 編集
 今の職場からの帰り方、模索中(笑)。

 虎ノ門から帰ってみる。

 虎ノ門に近づくにつれ、飲み屋がたくさん並んでいる。

 その中でいつも人でいっぱいの気になるお店に1つが「ぎょうざ 立ち飲み めだか」。


 今日はなぜかがらがら。ということは「入れ!」というお告げでしょ(笑)。



 おかあさんとおねえさんでやっているみたい。

 シークワーサーサワーにおつまみをちょいちょいと。
虎ノ門 ぎょうざ 立ち飲み めだか(2012/10/11)
 枝豆の浅漬けになすの煮浸し。

 どっちもおいしい。

 ちなみにここのシークワーサーサワー、コンクじゃなくてちゃんと果汁を使っていて酸っぱくておいしい(*^_^*)。



 こりゃ店名にあるぎょうざも期待できるなぁ。
虎ノ門 ぎょうざ 立ち飲み めだか(2012/10/11)

 ぎょうざはぱりぱりの羽根つきだ。



虎ノ門 ぎょうざ 立ち飲み 店構え(2012/10/11)

 立ち飲みだし、さくっと飲んで、さくっと食べて、さくっと帰ろうか。



 いつもいっぱいなのもわかる気がするね。

餃子もうまいけど一番は親父だな(笑) 横浜野毛 三陽

2010年03月14日 (日) 22:43 | 編集
 3/13にCP+という展示会を見てきた。
 去年までのPhotoImagingExpoが分離して場所も横浜に移った展示会なんだけど、今年の僕的な目玉はEOS Kiss X4。
 2月に忙しかったうちに新商品が出ていたのに気づかなかったのだ。

 いろいろ触らせてもらって話をして物欲ばりばり(笑)。
 値段調べなきゃ(^_^;)。

 展示会見終わって桜木町の街をぷらぷら。
 どっか飲めるところがないかな、と桜木町の駅の裏手、野毛小路を。

 と、なんか派手な看板のお店が。
横浜野毛 三陽 楽しい店構え
 「入ってみませんか?」
 と聞くと、何やらTVでやっていたお店だとか。
 きたのミシュラン?とんねるずだから違うな(^_^;)
 ま、ともかくそんななんからしい。
 あんまりTVでやっていたお店なんか入りたくないんだけど、ここはなんか違っていて「ま、とりあえず餃子ビールで軽く終わらせて次行きましょ」なんてノリでお店に入ってみる。
横浜野毛 三陽 ロイヤルボックスに案内されました
 店内を覗くとマスターからまず一言!

 「とりあえずビールに餃子にトリ。それでいい?」

 あはは、「いらっしゃい」もないなぁ。
 よくわからんけど「じゃあそれで!」といいながら席(笑)に案内してもらう。

 はは、ロイヤルボックスだ(笑)。

横浜野毛 三陽 突き出し、何かと思ったらニンニク揚げ ビールより前に突き出しででてきたのは、、、なんだ?

 おー、にんにくを揚げたもんだ(笑)。

横浜野毛 三陽 入ったとたんビールに餃子にネギトリ(笑) そして、ビールで乾杯っと。

 グラスの大きさがまた絶妙で大ビン1本でグラス2つがちょうど一杯(^_-)-☆

 こりゃ最初の注文だけじゃ帰れないなぁ(笑)。
 ということでビールもう1本っ!

 次に出てきたのは、ネギトリ。
 これがトリって言っていたやつね。
 これまた、柔らかパリパリでうまーい。
横浜野毛 三陽 名物ネギトリ、うまかった
 なんだかTVに出たとか関係なくうまいじゃん?
横浜野毛 三陽 餃子、デフォルトで
 そして出てきた餃子もこれまたうまい(*^_^*)。
横浜野毛 三陽 最強餃子包みマシン!
 ふと後ろを見ると、おばちゃんが何か黙々とやっている。
 ?
 おお?

 !?

 なんと初めて見たぞ!
 自動餃子包みマシンだっ!!

 なんかすごいぞ(笑)このお店っ!

 絶妙のタイミングで声をかけてくる親父がこれまたいい(笑)。
 ビールにホッピー、チューハイなんて頼んでいるうちにいつの間にやら僕らはすっかり「酒癖の悪いやつら」にさせらせて(笑)。
横浜野毛 三陽 ネギイタメ横浜野毛 三陽 お勧めクーニャン







 その親父にのせられて(笑)ネギイタメにクーニャンと頼んで僕らもいい気分(笑)
横浜野毛 三陽 楽しい店内(笑)
 それにしてもこのお店。
横浜野毛 三陽 飲み物メニューも笑える
 久々の大ヒットのお店だったねー。

 今回はチンチンラーメン、食べれなかったけど、次に行ったときには食べたいなー(笑)

餃子の王将 チャーハンセット+餃子追加(^_^;)

2008年09月22日 (月) 23:49 | 編集
 今日は用事があって水道橋まで足を伸ばした。
 水道橋といえば、とんがらし、と思ったんだけど、今日はお休み(>_<)。

 ならば安直に餃子。
水道橋 餃子の王将 チャーハンセット+餃子
 王将でチャーハンセットに餃子を1人前追加して 1134円。(ちょっと高くなってしまた(^_^;))
 いつ食べてもB級的においしい王将の餃子なのでした(*^_^*)。
水道橋 餃子の王将 店構え

天鴻餃子房 冷やし中華+半餃子

2008年08月12日 (火) 23:51 | 編集
 またまた暑さがもどってきて8月の熱い日々が続いている。
 会社の用事で自社に戻らなくてはならない日が続いていてちょっと疲れ気味。
 疲れたから酸っぱいものというわけでもないけど、冷やし中華
 餃子のお店なので餃子もつけましょ。
神保町 天鴻餃子房 店構え
 お店は満員。大盛況。

 TVではオリンピックが流れて、餃子屋で、店員さんも全員中国人、、、中国三昧(笑)。

神保町 天鴻餃子房 冷やし中華+半餃子
 冷やし中華は麺が少し柔らかめだけど、タレも冷えていておいしい。
 餃子はもちろん専門である餃子はちゃんとおいしい。

 お盆に入ったけど、休んでいるお店もそんなに多くなくランチ難民にならずに済みそうでうれしいな。

こんなところに餃子やさんが、、、ホワイト餃子だよ

2008年07月12日 (土) 23:04 | 編集
 ホワイト餃子は一度食べてみたいと思っていた餃子だった。
 しかし本店は千葉の野田市。
 餃子のためだけに行くかといわれると躊躇するのが本当のところだった。

 ところが最近の休日行動範囲に高島平が加わったので改めてネットで高島平を検索していたらホワイト餃子の文字が。
 いやいやこんな近くで食べれたとは。
 どうせならってことで、同じ高島平にある酵素風呂に入って汗を流してから食べに行くことに。

 酵素風呂自体は全く香りも匂いもなくちょっと拍子抜け。セットでつけた蓬蒸しがどうにも熱くて熱くて蓬というかタマ蒸し(爆)になっちまうことだった。女の人はよくあんなの大丈夫だな。タマはなくともあっちくないんだろうか(笑)。

 さてさて、そんなこんなで汗かきまくりだったので、まずは生セット。
高島平 ホワイト餃子 まずは生セット
 ビール中ジョッキにもやしのつけもの付き。
 プリン体コンビなんだが、これがまたうまい!タマんない!!
 (なんか今回、タマだらけだな(^_^;))



 一息ついてからメニューを見る。
 焼き餃子は10個単位。1人前という注文ではなく、10個単位の個数で注文するみたい。
 ならばならば。
 どどーんと。
高島平 ホワイト餃子 焼き餃子20個
 20個並ぶと壮観だ!
 なんて書いてるけど、周りも定食以外の人はみんな20個以上。ここではごく普通の光景なのだった。
 高島平 ホワイト餃子 ほくほく焼き餃子の中は

 さっそく1つ頬張る。皮がかりっと中はほくっと。見た目から想像していたほど具は入っていない。
そこのほくほく感が個数があってもいける理由なんだろう。

 レモンサワーを追加して、ほくほく食べる食べる。
 酢醤油にラー油、それに一味唐辛子の油和えで食べる食べる。

 なんかあっという間に20個がなくなる。
 でもさすがにあと10個焼き餃子って感じでもないなぁ。
 (もちろん定食は入りません(笑))

 ということで水餃子。
 こちらは個数ではなく1人前、で頼むのね。
高島平 ホワイト餃子 水餃子1人前

 ポン酢と醤油でどうぞって、これまたポン酢とあっておいしいねぇ。
 焼きと同じ餃子を使っているんだろう、皮は水餃子にしては薄めだけどポン酢とはマッチしてる。
 つるつるっと食べて、満足感一杯でお店を後にした。


 あー、おいしかった(*^_^*)。
≫ "こんなところに餃子やさんが、、、ホワイト餃子だよ" の続きを読む...

天鴻餃子房 中盛定食

2008年06月13日 (金) 23:59 | 編集
神保町 天鴻餃子房 中盛定食 ここのお店は神保町に複数店を出しているみたいで、今回は駿河台の交差点に近いほう。
 午後1時になろうとしていた店内は僕の他はもう注文したものがきて食べている客だけという閑散とした雰囲気。
 だが、僕が中盛定食を頼んだときには、2、3のお客がきていた。正確には急いでいたので先に通そうと餃子屋だし、早いだろうと中盛定食(餃子が12個ついてくる)830円を頼んだのだった。
 が、いつまでたっても餃子が出てこない。後から来た客のオーダーがでてきて食べ始めているのに餃子が出ない。

 「まだ?」と聞くと、急に厨房で動きがある音が、、?
 10分程度待ってやっと中盛定食がでてきた。肝心の餃子はというと、まあ餃子屋を名乗るだけのことはあった。

 次は早く出てきてほしいものだ。

神保町 天鴻餃子房 店構え

餃子の王将

2008年03月24日 (月) 21:49 | 編集
20080324214948
中学生のときだったか、餃子の王将が関東に進出してきたのはすごいインパクトだった。
開店サービスで5人前食べればタダとか、1人前100円代とか、すぐにバラけるけど中身がいっぱい詰まった大きさとか、、、
5人前にチャレンジするためにチャリで新店に遠征したことも何度もあった。

それから何十年経っているのか、
それでもたまに無性に喰いたくなることがある。

今日がその日だった。
んーo(^-^)o ささやかだけど深い満足(^〇^)

銀座天龍(池袋東武) 餃子!

2008年02月16日 (土) 23:58 | 編集

餃子で有名な天龍に行った。
池袋東武のスパイスに入っている。
銀座の本店はかなりでかい店構えらしいけど、スパイスの店舗は小さい。
席数40席程度。
通路に向けてガラス張りになっているので若干の開放感はあるよう。
店の人に聞くと「これくらいが客の顔が見えてちょうどいい」んだそうだ。
が、有名店だけあっていつでも店前に行列が、、。
とりあえず行ってみて踵を返すのが常になっていた。

が、土曜の8時だというのに列は2組。
おっと思って並ぶと前の2組は全員が揃ってなかったり、小さいテーブルはいやだ、と。
おおっ!?
なんと並ぶこと1分たらず。
こういうときもあるんですねぇ。

何はともあれ、餃子を注文。
「同じタイミングで持ってきてね。」とビールも頼む。
待つことしばし、来た来た、来ました。
銀座天龍(池袋東武) 餃子、といえばビールでしょ(笑)大きさは昇竜と変わらないくらい大きい。
何もつけずに一口目。
む、皮が薄い。
餃子を考えていないからだろうか。
もちもちっとしたいい食感の皮だ。

僕は薄い皮の餃子が好きな方。
しかし、皮が薄いと破れたりつなぎ目からほつれたりして肉汁がこぼれだすことが多いので、なかなか『おいしい』餃子にありつけなかったりしたのだが、、。

さすがに一口では食べきれないサイズなのだが、うまく食べると一滴も肉汁をこぼさずに食べることができる。
中の具もちゃんと食感が残る程度のみじん切り。
しっかり練ってあるんだろう。
口の中まで崩れることはない。

うまい。(^○^)
うまい。(*^_^*)
うまい。\(^o^)/
で、あっという間に食べきってしまった。

と頃合を見計らったようにサンマーメンの登場。
焼きそばも炒飯も捨てがたかったのだが、なにせこの日はダイビング帰り。
冷えた体があつあつとろとろを欲していたのかもしれない。
こちらも見事に完食。
銀座天龍(池袋東武) サンマーメン

汗かきながら家路についたのであった。
≫ "銀座天龍(池袋東武) 餃子!" の続きを読む...

餃子は密閉型が好き!

2006年01月14日 (土) 01:16 | 編集
神保町のスヰートポーヅ、店構え 時間があったので、神保町のスヰートポーヅに行ってみた。
 餃子好きとしては、やはり一度は食してみたいと思っていたのだが、
なかなか機会がなかったのだ。

 お店は神保町の駅のすぐ近く。午後2時に行ったのだが店外に1人並んでいる人がいた。
 むむむ、っと思ったのだが、店内を覗き込んでみるとちょうど食べ終わる人が。
 いやいや、Good Timin'! ありがとう。

 メニューは水餃子、焼餃子、天津包子のみ。焼餃子が定食となっていた。
 オーダーは中定食。焼餃子12個にライス、味噌汁、お新香で1007円。
 (焼餃子の個数には8個、12個、16個と段階あり)

 オーダーして品物が出てくる間、↓の能書きを読んでみる。

神保町のスヰートポーヅの薀蓄

 ふむふむ。なるほど。


 ほどなくして出てきた出てきた。おいしそう(^○^)。
神保町のスヰートポーヅ、餃子 中定食

 テーブルにはラー油が無い。酢、醤油、一味唐辛子となぜか練りからし。
 ラー油の辛さもおいしさの一つなのだが、無いとなるとこれは使わずに酢醤油のみでいただきましょう。
 一つ取り上げると!むむむ、餃子の両端が空いている。
 いわゆる筒型の皮の巻き方なのだ。これでは肉汁が、、、。

 何もつけずに口に放り込む。ショウガの風味が漂う。
 両端が空いているため、肉汁たっぷりというわけにはいかないが、これはこれで十分おいしいか。

 個人的に筒型のさみしいと思っているところは、皮が十分に蒸されない、もしくは、あっという間に硬くなってしまうところ。
 スヰートポーヅの餃子もやはり同じだった(^_^;)。どんどん硬くなっていく皮を惜しむようにばくばく食べる。急いだにもかかわらず、最後の1,2個は皮が硬い状態になってしまった。
 うーん、残念。
 水餃子があるから密閉型の餃子だと思っていたのになぁ。



結論:焼餃子は8個ずつ頼んで冷めないうちに食べるべし。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。