NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

スポンサーサイト

--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神保町 ボーイズカレー カレー付きしょうが焼き

2016年05月12日 (木) 23:59 | 編集
さてさて今週は文明の利器(笑)を使った遠征週間。
というか定期が切れるから最後は昼も使い倒そう週間ともいう(笑)。
昨日の竹橋からの神保町は意外に距離があった。
まあ、PlanBとして餃子なんか食べちやおうかな~なんて考えてもいたので竹橋ルートの意味はあったのだが(^_^;)。
今日は九段下からの神保町アタック(笑)。
昔通っていた頃はあまり行かなかった九段下寄りのエリア。
攻めてみるのも面白い。
全冷中の自称会員の僕、実はしょうが焼きニストでもある。
しょうが焼きンでもしょうが焼きマニアでもしょうが焼きラブでもなんでもいいのだが(笑)。
お店の名前は「ボーイズカレー」。
神保町 ボーイズカレー 店構え(2016/5/12)
カレーと付きながら一番はハンバーグだそうで、なおかつ「達人ジンジャーさんとゆく日本一のしょうが焼き」で大関獲得したそう。
よくよく考えるとなんだかカオスな話なんだけど、飲食をやっているとそういうこともあるんじゃないかと思う(笑)。
お店到着は12:16。
中は∪字型のカウンターのみ。壁の奥に厨房があってカウンターの中のおじさんとおばさんが接客している。
もちろん頼むのはしょうが焼きなんだけど、+200円でカレーが付けられる。
昨日のルー大盛りをしなかったことを思い出して(笑)、+200円してみた。
カレーは小さめのグレービーポットに入って出される。
しゃばしゃば系のカレー。昨日と違ってまた面白い。
しょうが焼きはロース肉が3枚。
たれがたっぷりかかって出されて、、、、ライスがない。
神保町 ボーイズカレー カレー付きしょうが焼き(2016/5/12)
他のカウンターにはとっととライスが出ているのに、料理が出てきているにも関わらずライスがない。
思わずメニューを見直していると、おじさんがこちらも振り返りもせずバックハンドでライスを2つ隣のカウンター席に置いた。
ちなみに1つ隣も2つ隣も空席になったばかりだ。
?と思っておじさんの後姿を見ると、顔をちょっとこっちに傾けてじろっと見てきた。
これはこの飯を自分でとって食えということだな。と思ってライスの皿をとった。
さて、揃った今日のランチはこれだ。
神保町 ボーイズカレー カレー付きしょうが焼き(2016/5/12)
カレーをライスにかけると、あらあら、しゃばしゃばのルーがライスの下に染みていく(笑)。
神保町 ボーイズカレー カレー付きしょうが焼き(2016/5/12)
スプーンで下のルーもすくう勢いで食べると、お、なかなかやるじやないか(*^_^*)。
しょうが焼きは、、、ちゃんと粉をはたいて焼いてくれているんだな、肉にたれがきちんと絡んで美味しい。
うんうん、と食べていたら、隣に来た人たちの前にとんと音を立てて置かれたものが、、。
カレーの付け合わせの青しそと福神漬。
よく見るとカレーを頼んでいる人、みんなの前には青しそと福神漬が。
僕も欲しいなと、「おじさん、僕にも福神漬とかください」と言ったらなぜか無視。
もう一回、大きな声で言ったら、またじろっと(笑)。
なんだこりゃ。
とりあえず出してはくれたものの、気持ちいいものではない。
とはいえしょうが焼きとカレーは美味しいのでまたいい気持になっていたところで、いきなり目の前で食器を放り出してくれるおじさん。
目の前がシンクなのはわかる。
でも、でもねえ。カウンターで丸見えなのに、手が届くのに投げ入れるのは乱暴じゃない?
カウンターの中の床はそのままゴミ箱のようで、お客さんが使ったナプキンとかそのまま皿から床に振り落とすしまつ。
美味しくなくなっちゃったよ。
スポンサーサイト

慈恵医大 二葉亭 生姜焼定食

2012年10月10日 (水) 23:59 | 編集

 職場の近くには慈恵医大病院がある。
 大学といえば学食があると思ったのでお安く食べれるかなと思った(笑)けど、なんか見ていると学生っぽい感じの人も外にぞろぞろ。

 外来病棟に食堂が2つあるみたいなのでとりあえずのぞいてみる。

 1つは地下にある日本そば食堂松寿庵。もう1つは8Fにある二葉亭。
 松寿庵は普通のセルフのそばうどん屋。ということでレストランっぽい二葉亭に。
愛宕 慈恵医大 二葉亭 店構え(2012/10/10)

 メニューは洋食から和食、ラーメン、カレーまでとなかなか手広い(笑)。
 中に見つけたのは生姜焼定食(笑)。900円。

 見つけたなら食べねばならない(笑)。

 オーダーして、、、、、

、、、、、、


、、、、、、



待つことしばし。というか20分経過。

 フロアのおばちゃんがやってくる。
 同行の人のオムライス、できなくなりました、だそう。
 こういうところはプロっぽくないなぁ(笑)。


 またまた待つことしばし。
 ようやく出てきた生姜焼き定食。
愛宕 慈恵医大 二葉亭 生姜焼定食(2012/10/10)愛宕 慈恵医大 二葉亭 生姜焼定食(2012/10/10)









 お、意外においしい。豚肉もそれなりに肉厚でたれもちょっと甘口だけど合格点。


 ただし、13時過ぎのがらがらの状態で30分も待つとなるとちょっとね(^_^;)。

穂里館 豚しょうが焼き弁当

2009年06月01日 (月) 23:58 | 編集
 大阪。
 来た来た大阪。食の都。あれ?違ったっけ?

 まず行ったのは穂里館。
 厚生年金会館近くの公園真ん前のきっちゃ店っぽいお店。
 店内にメニューの写真がでかでかと。これはいい(^_^;)。

 そして見つけました(笑)。豚しょうが焼き弁当!
穂里館 豚しょうが焼き弁当
 これでなんと680円。

 安い!うまい!早い!
 すごいご飯の量!

 大阪、いい出だしのようで(*^_^*)。
穂里館 店構え

カフェフルーク 塩ぶたのしょうが焼き丼

2009年03月23日 (月) 23:26 | 編集
 「あした旅にでかけたくなるカフェ」 だそうだ。
 以前からランチ後に散策しているとたまに見かけるお店だった。
 細い路地にメニューの三角ボードと自転車が置いてあって、視線を引き寄せる。
 ガラス張りの入り口はついつい中を覗いてみようという気にさせるのだけど、なぜかいつも反射が激しくて中が見えない。
 あんまり覗き込むと、きっと店内から間抜けな姿が丸見えだなと思うとちらっとしか見ることができずもどかしさにまた店の場所を覚えずに立ち去ってしまっていた。

 今日、ここに行こうと思い立ってググってみたものの、GoogleMapではへぎそばがポイントされる。
 その隣でもないしなぁ、よくわからんや、ともかく行ってみようと小さな旅にでかけたのであった(笑)。

 目的地は手前のうどん屋さん。あのあたりだったはずと思ったのだ。
 見つからなければ、うどんでもいいかと(^_^;)。

 そして見つけた。
 +Cafe Flug(カフェ フルーク)。
神保町 カフェフルーク 店構え

 ガラスの引き戸を開けると店内は80%の入り。
 微妙に入れない。どうしようかなと思っていると、店員さんが出てきて「テーブルをつけますから」。
 嬉しい心遣い。
 動かしてもらったテーブルにつき、オーダーをお願いしようと思うと急にしゃがむのでどうしたかと思ったら動かしたことで微妙にがたつくテーブルを察して足の長さを調節してくれたのだった。
 これまた嬉しい心遣い。

 オーダーは、あれば頼むぞしょうが焼き(笑)「塩ぶたのしょうが焼き丼」 900円。
 スープと食後の飲み物がついてくる(コーヒーか紅茶)。

 地球の歩き方をネタにエジプト話で盛り上がっていると、きましたきました。
神保町 カフェフルーク 塩ぶたのしょうが焼き丼
 肉厚の豚肉としっかりピリッとしょうがの味のするタレ。かなりおいしい(*^_^*)。
 量もカフェ飯ということを考えると問題ないし。

 こじんまりとしたお店だけあって食後の飲み物のタイミングもばっちり。

 「あした旅にでかけたくなる」というより「明日もまたきたくなる」カフェだった。



 そうそう、夜も23時までやっていて、アルコール類も出るみたい。
 軽く食べて帰宅するにはいいかもね。

三好弥 大ショーガ焼きライス

2009年02月05日 (木) 23:41 | 編集
専大前 三好弥 店構え
 昨日に引き続き、神保町グルメラリーからお店を選ぶ。
 ふだん、行かない方角である専大前。
 そこにぽつんとある「三好弥」さんだ。

 ここはとんかつ屋さん、マップの案内には「おいしいトンカツを食べに来てください。」とだけある。
 どんなお店かなぁっと行ってみると、いかにも昔からある食堂の店構えで僕たちを迎えてくれた。

 中に入ると、テーブルが3つ、あとは4,5人座れるくらいのカウンター。
 おじちゃんとその息子さんが厨房を切り盛りし、おばちゃんが注文、配膳をこなすというこれまた懐かしい感じのお店。

 メニューはカツライス、カツカレー、カツ丼とカツ系がずらりと。
 その横に3点(オムレツ、エビフライ、メンチカツ)のセットとショーガ焼き。
 おお、ここにもしょうが焼きが(笑)。
 お店の暖簾をくぐるまではカツライスの気分だった僕は、ここでいきなりショーガ焼きに変更(笑)。
 食べてみなければならんでしょう!あるならば!!(笑)

 メニューには「大」がついたものがあって、50円増しになっている。
 でもその横には「ライス大盛りは無料です。 ・・・・」とあるのだ。
 おばちゃんに聞くと、おかずの量が増えるとのこと。

 ふむふむ。それじゃあってんで、「大ショーガ焼きライス」 750円を注文。
 一緒に行った人たちが他のメニューを頼んでいたのでみていると結構なボリューム。
 すごいなぁと気を抜いていたら、どどーんときたーっ(笑)。
専大前 三好弥 大ショーガ焼きライス
 無料だからってご飯大盛りにしたら、ご飯もキターッ(笑)。
 久々見ました、強飯式みたいな飯の盛り方。しかも器も大きめなのよ(笑)。

 ショーガ焼きもきちんとたっぷりしょうがのタレで炒めてあって豚肉の旨みをしょうがの風味がぴりりと締めていておいしい(*^_^*)。
 なんか学生気分に帰ったみたいなランチでした。

 山盛りご飯はテーブルにあったごま塩でなんとか食べきりました。頑張ったのさ、ちゃんと。
 それにしても大盛りは、しなくてもよかったかな(昨日もそんなこと書いたような(^_^;))、学習能力がないというかなんというか(笑)。
 明日は普通盛りにしよう(^_^;)。

食彩家あおと 豚ニラ生姜焼き定食

2009年01月28日 (水) 23:55 | 編集
 まだまだ寒い日々が続いている。
 何か温かいものを食べたいと、昨日のペルソナの真ん前、「食彩家あおと」に行ってみた。
 店頭に出ているランチメニューを見ると、800円台までのメニューが並んでいる。神保町 食彩家あおと 店構え

 それでも親父系(笑)が頻繁に入っていくので、うまいのではなかろうかと思っていたお店である。

 12時ちょっと前にお店の前に到着。空いているかな~と引き戸を開けると、、
 おー、4人がけのテーブルが一つだけ空いていた。
 ラッキー。ありがとうございます(^O^)。

 テーブルに着いて改めてメニューを確認。
 今日のメニューは4種類。
 その中で、しっかり見つけてます(*^_^*)。
 「豚ニラ生姜焼き定食」 700円を注文。
 周りを見ると結構生姜焼き度が高い。
 しかもなんかすごいのかな?

 ちょっと期待して出てくるのを待つ。

 そして、キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!(笑)
神保町 食彩家あおと 豚ニラ生姜焼き定食
 隣のテーブルは大盛りを頼んでいたのではなかった。
 豚コマだけど、肉の量はかなり多い。
 仕上がりもぱさぱさになっていなく、タレと絡んでちょうどいい感じ。
 少し味が薄いような気もしたけど、テーブルにはゆかりが置いてあって、白いご飯にぱらぱらとふりかけて食べるとこれまたちょうどあう。
 このマッチングの良さにバクバク食べるも、久しぶりにご飯が無くなってもまだまだお肉が残っているよぉ状態(*^_^*)。

 満足(^○^)の今日のランチだったのだった。

芋焼酎 黒豚 幻蔵 豚生姜焼き定食

2008年12月17日 (水) 23:47 | 編集
 雨が降ると近場になりがち(^_^;)。
 とはいえ、毎度咲くらでは能がない(^_^;)。

 ということで、以前、肉どうふがおいしかった幻蔵へ。
 味噌カツ丼、メニューの写真をよくよく見るとカツが少なそう(笑)。
 考えを変えてこれまた永遠のフェイバリット(笑)生姜焼きに。
 豚生姜焼き定食 880円。
神保町 芋焼酎 黒豚 幻蔵 豚生姜焼き定食
 さすが、店名の肩書きに「黒豚」が入っているだけのことはある。
 豚肉の量も多いし、仕上げも柔らかでジューシー。
 タレも生姜がちゃんときいている(ばりばりというわけではないが(^_^;)かなりいい方かと)。
 濃い目の味でご飯がすすんですすんで足りないくらい(*^_^*)。

 日替わりのメニューもおいしそうだし、ここはちょくちょく来るようにしよう。

もちぶたや 生姜焼き定食

2008年07月31日 (木) 23:44 | 編集
 昨日に続いて涼しい日だった。
 週末までこんな感じかな。

 ランチに魚を食べに行こうと思ってもなかなか食べに行けない日々が続いている。
 あ、「おいしい」魚ね(^_^;)。

 もともと夏場が旬の魚といえば、カツオとかはもが浮かんでくるけど、どちらも昼におかずで食べるものというイメージが僕にはない。夜の酒の肴のイメージの方が強いのだ。

 そして、今日も肉。関東では肉といえば、豚肉、らしいのだが、今日のお肉は板東もちぶた。
 豚肉といえば、生姜焼き(笑)。
 炭火で焼いた丼も気になったのだが、生姜焼き定食 950円。

 お店、でかいからか、でかいのでなのか、わからないのだが、回転率が悪い(長居ができる)。
 なおかつ、カウンターなんかも一人一人広々と使わせてくれる。
 のんびりするにはいいお店なんだろうけど、いかんせん今日は13:30から打合せ。12:30過ぎにいったのだが、待たされてしまった。
 「待ち時間は?」の問いに聞こえなかったかのように答えがない。(アララ、イラっと)そのくせ、先にメニューを渡され注文を決めろと。
 しかも、続々(笑)(ホントにゾクゾク(きっとテーブル7つ分くらい))お客さんが帰るのに狭い入り口の中で待てと。(邪魔だなぁ。それに僕は自動ドアマンじゃないんだけど(イライラっと))
 見事に7組20人程度のお客さんのドアマンをこなしても、まだ席に案内されない。(下げ膳でパニくってるんだろうなぁ。でもイライライラ(苦笑))
 席に着く前にメニューを渡しておくということは、席に着く前に注文を請けるぞということかと思ったが、そうでもない。(イライラはお腹減ってるんだろうなぁ)
 やっと席に案内されて、さあ注文と思ったら店員がいなくなる。呼んでも呼んでもなかなか来ない(-_-;)。

 ・・・

神保町 もちぶたや 生姜焼き定食
 でてきた生姜焼きは作り置きのようで、アツアツではなくあったかい。
 けどまあ、たまねぎも柔らかくちゃんとおいしくできてました。(それでも生姜の味は、、、やっぱり薄い(>_<)。)


神保町 もちぶたや 店構え
 普通においしかったけど、並んでまで食べたいという感じじゃなかったな。


 あと、一番は、ホールの男性のユニホーム。女性は上まできっちりボタンをかけているのに、びろんと開けている男性がいた。
 焼き場なら炭火で暑いとかわからないでもないけど、ホールでしょ。「クールビズで開けてます」なんてぇのはいただけないね。


 タレは甘辛だったけど、ブログは辛口でごめん。
 でも、昼間のフロアコントロールと、スタッフの身だしなみだけだから、さ。
 いいところもあるし、長居ができるとか、、、、(^_^;)(^_^;)。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。