NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

恒例の年越しダイビング!(誰がなんと言ってもダイビング!(笑))

2017年01月01日 (日) 17:09 | 編集
2016年の潜り納め、2017年の潜り初めは恒例の安良里へ。
お世話になるのは毎度毎度の安良里ダイビングサービスTATSUMIさん。

2017年は酉年ということで2016年にfbで友人になった方にお願いしてダチョウの玉子をみんなで食べてみることに。

鹿児島から送ってもらったダチョウの玉子、TATSUMIの皆さんにも期待通り(笑)驚いてもらって(^_-)-☆。

どうやって食べよう?ということでまずはシンプルに玉子自体の味を確かめてみよう!とTKGに。

まず玉子の殻を割るのが大変(^_^;)。
殻に印をつけてそれにあわせてトンカチと平たいへら(牡蠣を開けるのを使った)で殻を削っていく。
殻の厚さは1mmくらい。
外の殻が割れると内側には膜が。これまた厚い膜。
ダチョウの玉子を割ってみたinTATSUMI(2016/12/31) ダチョウの玉子を割ってみたinTATSUMI(2016/12/31)











膜をはがして器に中身を出す。
黄身がめちゃくちゃ固くてなかなか出てくれない。
出た黄身をTKG用にかき混ぜようと箸を突っ込むと、、、か、固い。
箸で割っても形が残ったまま。
ネットではやった冷凍玉子みたいに濃厚で固い。
ダチョウの玉子でTKG!(笑)inTATSUMI(2016/12/31)ダチョウの玉子でTKG!(笑)inTATSUMI(2016/12/31)








アツアツの白いご飯にかけたダチョウの玉子、白いご飯はネットリとした黄身をまとい、かき混ぜてもぷりぷり感が残る白身が黄身をまとったご飯を包む。
醤油ひとたらし。鰹節を追加。海苔を追加してあっという間にご飯3杯(*^_^*)。

美味しかった~(^_-)-☆。


TKGで元気もりもりで向かった2016年の潜り納めの地、黄金崎公園ビーチへ。

なんか大物でないかね~なんて話していたら、、、
ビシャモンエビ(2016/12/31 安良里黄金崎公園ビーチ)アカスジカクレエビ(2016/12/31 安良里黄金崎公園ビーチ)













出ちゃいました!(^_-)-☆
シロクマドリカエルアンコウ(2016/12/31 安良里黄金崎公園ビーチ)

なんとシロクマ!

ちょうどいいサイズでしかもつるつるできれいな白のクマドリカエルアンコウ。

年末にビッグプレゼント!!!!!


続く2本目でも黄金崎公園ビーチといえば定番(^_^;)のネジリンボウ。
ネジリンボウ(2016/12/31 安良里黄金崎公園ビーチ)


それに大物第2弾!
カスザメと2016年、最後の最後に「アタリ」年!(笑)。
カスザメ(2016/12/31 安良里黄金崎公園ビーチ)カスザメ(2016/12/31 安良里黄金崎公園ビーチ)









なんか夏みたい(笑)なビーチだけど、ランチの味噌煮込みうどんが年末だということを思い出してくれ(^_^;)
陽光(2016/12/31 安良里黄金崎公園ビーチ)お昼の味噌煮込みうどん(2016/12/31 安良里黄金崎公園ビーチ)












富士山の勇姿と、恒例年越しそば大会(笑)で2016年を締めくくったのであった(^_-)-☆。
2016年最後の富士山(2016/12/31 安良里黄金崎公園ビーチ)2016年の年越しそば大会inTATSUMI(2016/12/31)











2017年もよろしくお願いしま~す!(^_-)-☆



スポンサーサイト

日本橋 よもだそば よもだカレーと半たぬきそばセット

2016年03月08日 (火) 23:59 | 編集
大手町からちょっと歩いて東京駅に続くJRの線路をくぐると日本橋。

ここに行ってみたかった立ち食いそば屋さんがある。

よもだそば。

日本橋と銀座にお店があって、この日本橋が本店。


縁あって行くことができて、ちょっとはまった(笑)。

夜にしか行ってなかったのでこの日はお昼に。


ここのお店、立ち食いそばなのにカレーも有名。
日本橋 よもだそば よもだカレーと半たぬきそばセット(2016/3/8)
なのでカレーとそばのセットにしてみた。


カレーはスパイスが効いて後から汗が出てくるタイプ(なんちゅう言い方(笑))。
チキンカレーのチキンはスプーンでほぐれるくらい。

セットのそばは冷たいタイプに。
かえしが効いてこっちも美味い。

日本橋 よもだそば 店構え(2016/3/8)

ちょっと通うぞ~(*^_^*)。


ちなみに↓は違うときに食べた ばらのりそば。
山盛りのばらのりがそば汁に溶け込んでいってこれまた美味~い。

日本橋 よもだそば ばらのりそば(2016/3/7)

いつものところでいつものように(*^_^*)

2016年01月25日 (月) 09:39 | 編集
2015年、2016年の年末年始、いつものところでいつものように(笑)ダイビング

安良里での年越しももう何年になるんだろ?

この冬は暖冬、水温も19度とあったかい(!?(笑))。
その代わりなんとなく冬の海じゃないみたい(^_^;)(^_^;)。
もしかしてミネミズエビ?(安良里 2015/12/31)
お初のエビも見ちゃったし、もしかしてこれミネミズエビ!?
誰か教えてくださ~い!(笑)

毎度のごとく、Webサイトを更新してるのでよろしければ↓をクリック(笑)。
 
いつものところでいつものように(*^_^*)
 
元旦の富士山、朝から日の入りまでくっくり見えてきれいだった~(^_-)-☆
2016年最初の夕焼け富士

日本橋室町 そばよし 野菜天そば+半ライス(2015/11/27)

2015年11月28日 (土) 18:56 | 編集
面接終えたら、急に
ポロロロロロロロロロロ、ロ、ロ、ロン♪
腹が減った(笑)。
ポン
 
ポン!
 
 
ポンッ!! 
 
(笑)
 
ンマヤ~、ンマヤ~、ンマヤ~、ンマヤ~♪(笑)
脳内BGMに乗せられ、人形町から日本橋に足を伸ばす。
久しぶりの「そばよし」さんへ。
夏が終わってしまったので(いつの話だ(^_^;))、
納豆そばはなし。
 
野菜天そばに半ライス。
いや、半ライスに野菜天そば(笑)。
 
そうここは鰹節屋さんがやっているそば屋さんなのだ。
真っ白い暖かいご飯に鰹節の削るときに出る粉鰹をかけ放題なのだ。
もうかれこれ11年前からお世話になっている。

券売機で食券買ってカウンターで待つ。
 
と嬉しくない張り紙が。
日本橋室町 そばよし 残念なお知らせ(2015/11/27)
世の中にはどうしてこういうヤカラがいるんだろ(-_-;)。

気を取り直して半ライスと野菜天そば。
ライスにこれでもかとおかかをかけておかか一色(*^_^*)。
醤油をポタポタとかけていざ!(^_-)-☆
美味い!
日本橋室町 そばよし 野菜天そば+半ライス(2015/11/27)
ここはそばを茹でた後、きちんと水切りをしてからつゆを注ぐ。
これも出汁の味を損なわないため。いいよね~(*^_^*)。
かえしを変えたのか、つゆの味がちょっと変わっていて
僕好みの味になっていた。
 
これまたあっという間に完食。
美味しかった~(^_-)-☆


製麺所という飲み屋で

2015年05月05日 (火) 00:43 | 編集
 面白い店に行った。
 地元と言える範囲ぎりぎりの商店街にある蕎麦屋。

 でっかく「手打蕎麦」と縦書きの看板のあるお店。

 蕎麦だけかと思っていたら座ったカウンターにはおつまみのメニュー。
 蕎麦のメニューは横の席に小さく置いてあった。
   あれれ?蕎麦屋じゃないのか?(きっとここに意識の食い違いがあったのだろう(笑))
蕎麦メニュー(2015/5/4)

 飲む気はなかったので「蕎麦だけでもいいか」と聞くとOKとのこと。


 とりあえずどんな感じかわからないので四種盛りを頼む。

 しばらくして出てきた四種盛り。
   あれれ?量が、、おつまみですか?蕎麦を食わせる店じゃないの?(笑)
四種盛り(2015/5/4)
 蕎麦を茹でていた青シャツ店員はどれがどれって説明をしてくれた。
 でもそもそもどういう挽き方だとかの説明はない。



 とりあえず更級っぽい「外二」から。

 と、カウンターの後ろにあるテーブル席への接客している赤シャツ店員に通り過ぎる度に後ろから小突かれる。
 もともと狭いところだし、仕方がないかと隣の空席と同じになるまで椅子を引く。
 (かなり厳しい状況だ(笑))

 「御前挽き」に手を伸ばしていると、、、

 ?

 ??

だんだんカウンターが上がっていく感じがする。
   あれれ?

 そしてまた後ろからごつん。何も言われない。だからこちらも言わない(-_-;)。



 次に手を伸ばしているうちに蕎麦は肩くらいまで敷居が上がっていく。

 はっきり言って喰いづらい。
 蕎麦を手繰るのに頭の上まで手をあげなきゃいけない。
   あれれ?なんだこれ?どういうサービスだ?(笑)


 そしてまたまたごつん。


 これ以上椅子を引けないし食べづらいので椅子の横に立ち、蕎麦をすすり始めたら
こちらを見て青シャツ店員が「すみません。その椅子下がっちゃうんですよ(笑)」と言う。
 直しますからと言ってカウンターを回って椅子を伸ばしてくれた(笑)がもう面倒なので立ち食い。




 後ろのテーブルからは「ここの蕎麦、甘いよな~」って声が聞こえるが、
ごめんなさい。僕には蕎麦が甘いという感覚があんまりわからない。
 蕎麦掻きでなら蕎麦の風味がして美味しいというのがわかったことあるけど、、
蕎麦汁つけ過ぎるのかな?
 べらんめぇ、こちとら江戸っ子じゃねいやい。どっぷりつけるんでぇい(笑)。
 それにどうも蕎麦は喉越しというイメージがあってあまりもぐもぐしないんだよね(^_^;)。




 食べ終えたのでお勘定を頼む。
 青シャツ店員はテーブルの客と話していてこっちのことは聞いてない。
 面倒くさいので立ち尽くしたまま、千円札を振り続ける。
   あれれ?それでも金になびかないのは見上げた心構えだ(笑)。


 さすがにぐいと千円札を突き出すと気づいた。
 税込価格だった。80円は不要(笑)。


 「ご馳走様~」って店を出る。
 自転車、引っ張り出していたら後から出てきたお客さんの見送りに青シャツ店員が出てきた。
   あれれ?僕のときは声掛けもなかったのになぁ(笑)?



 蕎麦一枚であれれ?がたくさんの面白い店だった。





 この店、飲み屋が蕎麦を特色として打ち出している店だったんだろうなぁ。
 写真左下の粗挽き、どうせなら蕎麦掻きとして出してくれるときっともっと美味しいだろうに。
 酒のアテにもなるしなぁ。

 それにしてもボタンの掛け違いって怖い(笑)。

愛宕 MINATOYA 冷たい肉そば

2012年10月01日 (月) 23:59 | 編集

 今の職場、南からアプローチして新橋しか気にしていなかったので全然気づかなかった。
 なんとすぐ近くに「MINATOYA」さんが。

 2007年からの再訪。

 相変わらず行列のできる店だった。

 とはいえ、19時くらいならさすがに列はない。
愛宕 MINATOYA 夜の店構え(笑)(2012/10/1)

 でも鶏そばは売り切れ(笑)。

 ということで「冷たい肉そば」850円。
愛宕 MINATOYA 冷たい肉そば(2012/10/1)


愛宕 MINATOYA 店内(2012/10/1) ご時勢が変わったか僕の意識が変わったか、太いそば、ラー油入りつけ汁は珍しいものじゃなくなったけど、ちょっと肉の味が薄くなったかな?
 僕はその方がいいので嬉しい。

 次こそ鶏そばが食べたいけど、並ばないとだめかなぁ、、。
愛宕 MINATOYA 看板(2012/10/1)

夏の風物詩、納豆そば冷がけ(2012/5/29日本橋室町そばよし)

2012年05月30日 (水) 14:52 | 編集
 いつの間にやら暖かいというより、暑いが似合ってきたような今日この頃。

 日本橋室町の「そばよし」に納豆そばが戻ってきた。

 数年前、職場が近かったことから毎朝の食事がここだった。
 仕事が忙しくなると晩飯も(笑)。

 ここは鰹節問屋さんが鰹節自体の魅力の発信と鰹節の成形の際に出た削りくずの有効活用を考えて始めたそば屋さん。
 だしの旨さは開店当初から。
 使うそばやうどん(ゆで時間を考えてきしめんなのだ)も注文を受けてからゆでていったん冷やし、それから熱いものはまた湯に通し、冷たいものは水に通してから急速水切り機にかけてきちんと水を切って出してくれるというこだわり。
 天ぷらも店内で揚げているなど、そこらへんの立ち食いそば屋とは一線を画する。

 そんな「そばよし」で夏になるとメニューに加わるのが納豆そば。
 基本は冷がけなんだけど、注文時に言えば、普通の冷でもあつでもしてくれる。
 でも僕が好きなのはやっぱり冷がけ。
日本橋室町 そばよし 納豆そば冷がけ(2012/5/29)
 トッピングのねぎも自分で好きなだけのせることができるので写真は山盛り(^_^;)。


 それと忘れてはならないのがおかかごはん。
 ライス140円か半ライス70円を買っておいてあるおかかをかけ放題!
 もう、ご飯一粒一粒がおかかまみれになるまでかけても良し、茶碗の片隅をあけてそこに固めたおかかに醤油をかけて口の中に放り込めば、口いっぱいに鰹節の香りが膨らむ。
日本橋室町 そばよし 半ライス(2012/5/29)日本橋室町 そばよし おかかごはんPOP(2012/5/29)







 個人的にはこの組み合わせが最強!
 今年は納豆そばは430円、半ライスとあわせても500円とワンコインで大満足\(^o^)/
日本橋室町 そばよし 店構え(2012/5/29)
 他にもあなごの天ぷら、かき揚げ、季節物で生のりなんかもあって「そばよし」、いいお店です!!
≫ "夏の風物詩、納豆そば冷がけ(2012/5/29日本橋室町そばよし)" の続きを読む...

2009年の締め、、

2010年01月01日 (金) 15:33 | 編集
 2009年の締めは西伊豆安良里でダイビング
 12/30は2ボートで沖の根、黄金崎から御黄金のドリフト。
黄金崎公園ビーチ、2009年の潜り納めならず 最終日の12/31は黄金崎公園ビーチと思っていたのが、、、、西風びゅうびゅう12m!
 ビーチまで行くと波しぶきがびひゃあっと。
 すかさず「今日はパスっ!」。
 2ビーチの予定が温泉2回、インターバルにマッサージとビール(笑)に変更(^_^;)。

 残念ながらも、のんびりとした年越しに(^_-)-☆。
2009年の年越しそば、このところずっと冷そばです
 年越しそばは山盛り天ぷらにざるでわんこそば状態のそば。
 いやあ、お腹一杯の年越しになったよん。

 年末はそのまま、Dynamite!(笑)
 石井が弱いというより吉田がまだまだ強いんじゃない?
 魔裟斗は致命的なヒットがなかったから判官びいきなんだろうなぁ。

 2010年、年初も風は止まず。
 のんびりお雑煮食べてからの初詣となった。
簡単にお雑煮、お煮しめ、練り物、煮物で2010年の初詣へ

 さて、明日は風止むかなぁ。
≫ "2009年の締め、、" の続きを読む...

神田錦町 更科 冷やし納豆(大盛り)

2009年05月08日 (金) 23:19 | 編集
 あまり食べたいと思うものがなくて、神田錦町まで足を延ばしてみる。
 商店街には食べ物やさんがたくさんあるが、なんとなくどれも入る気がしない。

 その中で、ちょっと気が向いたのが更科。
 何やら飾りつけがしてあるな、と。
神田錦町 更科 店構え
 近寄ってみる。
 そういえばここのお品書きはちょっとシュールだ。
神田錦町 更科 お品書き
 なんで婚活なんだ?(SMAP中居が月9やってるからなんだろうけど、だからなんで?(笑))

 シュールさに負けて入店。
 ちょうど席が空いたとこ。タイミングよい。
 注文は「冷やし納豆 大盛りで」 850+100円で950円。

 ぶっかけタイプかと思いきや、ちゃんとつゆ入れがついてきた。
神田錦町 更科 冷やし納豆(大盛り)
 納豆には大根おろしが混ぜてある。
 おあげは辛めの味付け。
 海苔の下には天かすが隠れて。

 汁につけて手繰る。どっぷり漬けると辛いぞ(笑)。
 そば手繰り終えて残るはつゆ入れの中の納豆(笑)。
 蕎麦湯で納豆汁(ここは「じる」と読んでくだされ。他は「汁」と書いて「つゆ」ね(^_^;))を堪能してちゃちゃっと店を出る。
 蕎麦屋に長居は無用なのだ。
平成21年神田明神神田祭ポスター

神田錦町氏子町会
 路地裏に入ると氏子町会のお神酒所が。まだまだ準備中な感じ。
 そう、今晩からが本格的な神田明神 神田祭のようだ。

 お店の軒先、道の街路樹や街灯に提灯なんかがつるしてあったりしていい雰囲気。
 今晩、金曜日はどっかで屋台がでたりして平日昼間しかいないサラリーマン、OLのことも考えてくれていたみたい。
 法被を1枚500円でレンタルして神輿も担がせてくれるらしかったから、かなりいいんじゃない?
 残念ながら行けなかったけどね。もったいない、もったいない。

たかせ 桜海老天丼ご膳

2009年03月04日 (水) 23:52 | 編集
 昨晩気にしていた雪は朝になると全く無くなっていた。
 TVによると気温が1度以下にならなかったせいだそうだ。

 ランチに予約をとって行くことは今の職場ではかなり難しい。
 何時に行くかなんてみんな全く気にしていないからだ。

 職場の近くにお昼は予約が必要なお店があった。
 一時期、予約不要になって行きたいなと思っていたので、今日行ってみたらまた予約制に変わっていた(-_-;)。
 きっとまた当分行けないんだろう、、、。

 気を取り直して久しぶりの「たかせ」に。
 なんか前回も食べたような気がする「桜海老天丼ご膳」 1000円。
神保町 たかせ 桜海老天丼ご膳
 変わらず腰のある細いそば。
 桜海老のかき揚げはずっしりと重量があってご飯とよく合う。
 辛めの汁をちょっとだけつけて手繰っているとあっという間に食べ終わり。

だんだん大社。李白酒造と宍道湖巡り

2009年02月22日 (日) 23:59 | 編集
 さて、今日は天気が悪くなるとのことでしたが、朝のうちはまだ曇り。
松江 李白酒造
 人身事故なんかあって(>_<)、電車で行く予定がタクシーで米子から松江まで(8800円でした)。
松江 李白酒造 NHK朝ドラ「だんだん」のモデルなんです
 着いた李白酒造さんはちょうど放送していたNHKの朝の連続ドラマ「だんだん」のモデルとなった酒屋さん。
 ちゃんとポスターなんかも貼ってありました。
 聞けば、先週クランクアップして打ち上げがあったとのこと。
 もうちょっと早ければ、撮影風景の見学もできたかも(笑)。

 ここ、李白酒造さんは松江の城下町の中にあるので、狭い敷地を縦に使うようにしているんだそう。
 精米した米を3階建てのビルの3階に持ち上げ、3階で浸漬、蒸し、冷却をして、2階のもろみタンクにぶっといパイプで送り込む。
松江 李白酒造 自動蒸し器がんがん動いてます
 同じく3階で育てた酒母をあわせて仕込み、もろみを作っていく。松江 李白酒造 杜氏さんからもろみを注いでもらう

 説明してくれた杜氏さん、自らもろみを振舞ってくれて(*^_^*)。


 蔵見学が終わって、試飲タイム\(^o^)/。
 数あるラインナップの中から何種類かだしてもらう。
 軽い華やいだ感じの日本酒。
 午前から軽く飲むにはちょうどいいかな。
 (後で高瀬先生は李伯さんは酒が若返ったと言われてましたね。軽くて華やいだ、が「=若い」かというと全てが当てはまるとは限らないけど、李白さんについては若いという言葉があうような気がする)
松江 李白酒造 蔵見学に行くとこれが飲めるんだよね「絞りたて」(*^_^*)



 さて、蔵見学が終わって帰りの飛行機までは自由行動。
 半日あるので、せっかくだから出雲大社へ。
 一畑電車に乗って、松江しんじ湖温泉駅から出雲大社前まで、の予定がこれまた人身事故で途中からタクシーで出雲大社前駅まで。
 なにかあるんだろうか(-_-;)。
出雲大社にきました
 竹内まりあさんの実家の旅館を横目に、出雲大社までてくてく歩いて行きます。
 雨はしとしと降っているけど、かえって樹木がいきいきとしてるようでいい感じ。

 ちょうど「平成の大遷宮」の真っ只中。
出雲大社 御本殿の前にある仮本殿が遷宮の時の仮住まい
 仮本殿が御本殿の前に作られ、大国主神は今はそちらにお住まいだとか。
 そうそう、出雲大社は(イズモタイシャ)と読むのではなく、(イズモオオヤシロ)と読むのだそうだ。
出雲大社は今、平成の大遷宮の最中。奥に御本殿が見えます
 奥の御本殿は、これから「御修造」とのことで平成25年までその姿は見れなくなってしまうのだと。
 まだぎりぎり間に合ったというところだろうか。
 しとしとと降る雨の中、社の裏手の山々に霧がかかり、なんともいい雰囲気で境内のそぞろ歩きを楽しんだ。
 帰り際、神楽殿の大注連縄にみんなが小銭を投げて突き刺していたけど、見ていたら、なんかやらなくてもいいやってんで突き刺さずじまい。
出雲大社の注連縄。でかいです。みんな小銭を突き刺してます

 その代わり、観光センターで出雲そばを手繰って出雲大社を後にしたのだった。
出雲そば 八雲 三色割子
≫ "だんだん大社。李白酒造と宍道湖巡り" の続きを読む...

神田錦町更科 錦そば(大盛り)

2009年02月13日 (金) 23:59 | 編集
神田錦町 神田錦町更科 店構え
 神保町グルメツアーも終了。(景品交換しちった(^_^;))
 そこで神田錦町に遠征。
 更科に日本そばを食べに行くことにした。
 個人的には靴を新調したため、靴ずれしてて歩きづらくて遠出したくなかったんだけど、そばにつられて(^_^;)。

 店内は思ったより狭い。テーブルに相席かと思ったけど、運良く座れる。

 普通にせいろにしようかと思ったんだけど、錦そば(二色そば)が目に入った。
 更科に蓬入りのそばかな、青海苔かな、天ぷらつけるよりいいなぁ。
 ってんで、錦そば 850円を大盛り100円増しにして 950円 にした。
神田錦町 神田錦町更科 錦そば(大盛り)
 そばはいい喉越し。
神田錦町 神田錦町更科 錦そば(大盛り)
 変わりそばの方も、たぶん蓬?、いい風味を出していた。
 汁も辛味がたっている感じじゃなくて、更科の味によくあう。
 ちょっとそばが短いような気がしたけど、こんなもんか。
 つるつると手繰って喉越しと噛んだときの噛み応えと風味を楽しんでいるうちにあっという間に完食してしまった(*^_^*)。
≫ "神田錦町更科 錦そば(大盛り)" の続きを読む...

越後の地酒と日本海の魚 へぎそば こんごう庵 海鮮とろろ定食

2009年02月10日 (火) 23:49 | 編集
神保町 越後の地酒と日本海の魚 へぎそば こんごう庵 海鮮とろろ定食

 今日はちょっとだけ暖かかった?
 冷たいそばでも今日は大丈夫だろうと久しぶりにへぎそばのこんごう庵へ。
 へぎそばの1.5人前の気分だったのだが、なぜかとろろに惹かれて(^_^;)頼んだのが「海鮮とろろ定食」 945円。
 定食にはそばがつくんだけど、これを冷たいのに替えられたらいいのになぁ。

 このお店は各テーブルに雪のような揚げ玉というか天かすの丼がおいてあって自由に使うことができる。これは嬉しいな。

満留賀静邨 肉なんばん

2008年11月20日 (木) 22:38 | 編集
 寒いですね。東京はいい天気なんだけど急に寒くなって温かいものが食べたい気分になってます。
 これを書いている今も暖房つけて牛乳入り紅茶を飲みながら書いてます。

 静邨。
 本当は鍋焼きうどんが食べたいと思って行ったんだけど、なんと1300円。
 ちょっと高いなぁ。そう思って肉なんばん 900円。
神保町 満留賀静邨 肉なんばん
 ここで温かいそばを食べるのは初めて。ここのそばは白いそばなんだけど、そばつゆもあわせたかのように薄い色合い。
 けっこう厚い豚肉と短冊切りのねぎが温かさを増す。

 帰り道、冷たい風に吹かれながらも肩すぼめずに帰れたのでした。

 あー、でもそろそろ冷たい水じゃなくて温かいお茶とか出してくれると嬉しいな。

侘助 半カツ丼セット(もりそば)

2008年09月04日 (木) 23:59 | 編集
 専大前の交差点からちょっと北上、夜は飲み屋もやっているそば屋がある。
 今日は軽く(笑)そこにすることにした。
 12:30を回っていたので店内はのんびりとした空気が漂っている。
 メニューを開くといきなりおつまみのページ(笑)。そっちもおいしそうだがとりあえずお腹にたまるものを(^_^;)。
 半カツ丼セット 900円。ついてくるそばはたぬきかきつねか普通のそば。それぞれ冷たいのと暖かいのを選べる。
 僕はもりそばを選んだ。
神保町 侘助 半カツ丼セット(もりそば)
 そばは固めの茹で加減、汁は醤油の辛さが少し際立つ感じ。カツ丼はつゆだく。
 思ったよりそばの量が多く、軽くすますつもりが(カツ丼つけてどこが軽いんだ>オレ)しっかり昼ご飯となってしまった(^_^;)。
神保町 侘助 店構え

吉風庵 吉風(大盛)

2008年08月28日 (木) 23:56 | 編集
 今日は昨日から一転ぐずついた天気になってしまったが、お昼は雨も降っていなかった。
 アンガーラが職場でプチブーム(笑)のため、アンガーラを経由して並んでなかったら(笑)そこに行こうとランチに出た。
 まあ、大方の予想通り、アンガーラは店内、店外合わせて5人並んでいたのでパス(^_^;)。
 そして、そのまま、以前から入ってみたかった十割そばのお店に向かったのであった。

神保町 吉風庵 店構え
 「吉風庵」。
 何ともすがすがしい名前だが、お店の雰囲気もどことなくすがすがしい。

 混んでいるかな、とのぞいてみると先客は3人。カウンターに席を陣取る。

 注文は、もりそば系の田舎そば。吉風と命名してあった。
 なんとなく予感がして大盛りで、それでも570円。

 厨房が見える位置に座ったのでぼーっと見ていると、丸めたそばがきの重さを量っている。
 へーっ。丸めたそばがきを何やら筒のようなものにいれ、、、(見えなくなった)
 がーっと機械の音。どうやら茹で鍋の上にパスタマシーンみたいなのがあるみたいでそばがきを機械のパワーで押し出して熱湯に落としているみたい。
 ま、それならつなぎとかなくても切れづらいなぁ。

神保町 吉風庵 吉風(大盛)
 予感はあたって、そばの量は少なかった。
 (隣に座っていた女性も大盛にミニご飯をつけていたし)
 ちょっと手繰ってみる。そばの香りは思ったよりしないが、喉越し、歯ごたえはいい。
 露はあまり辛くない。不思議と柑橘系の香りが残るような気がする。

 するするっと手繰ってあっという間にご馳走様。
 目の前をもりそばと掻き揚げが通っていったが、掻き揚げがおいしそう。
 次は掻き揚げをつけてみよう。

夏だ! そばだ! そばよしの納豆そばだっ!!

2008年06月25日 (水) 23:59 | 編集
 夏なのだ。
 日本橋室町のそばよしを知ってから、夏の時期の嬉しさが一つ増えた。

 それは、納豆そば。

 冷やかけで出てくるそれは、もうたまらない。
日本橋室町 そばよし 納豆そば
 そばは毎度ゆでたてをきっちりさらしてきりっと固め。
 ぷっくり黄身はぴかぴかに光って。
 鰹節はさすがに専門店、それだけ食べてもうまい。
 そして、納豆。贅沢に納豆パック1個を丸々のせてくれる。
 そいつらを締めるのがこれまたきりりと冷えたそばつゆ。

 とどめに載せ放題のネギに、これまたかけておいしい花かつおの粉。

 途中下車してまで食べに行きたい。てか行った(笑)。

 うまかったのだった。

日本橋室町 そばよし 夏のお知らせ(笑)

そうそう検索されるかもしれないから(笑)文字情報でも書いておこう。納豆そば 430円なのだ。

満留賀静邨 大盛りせいろ

2008年06月10日 (火) 23:25 | 編集
神保町 満留賀静邨 店構え
 すずらん通りを折れるとその看板は見えてくる。
 金ピカの文字で手打蕎麦とでっかく書かれていて、そのすごさになかなか入る気がしなかった(^_^;)。

 入ってみると、ごく普通の日本そば屋さん。どちらかというと庶民的な雰囲気。
 せいろも大盛りで750円。普通の値段だ。
神保町 満留賀静邨 大盛りせいろ
 でてきたそばはいかにも手打ちといいたげに太さが違う(笑)。それでもそば自体は固くなくだれてなく喉越し、噛み応えもいい。
 そばつゆはかなり辛い。そばを全部つけると辛すぎるくらい。最初、つゆの量が少なくてあれー?っと思ったがこれならちょうどいい。
 薬味にねぎ、わさび、紅葉おろし、うずらの玉子、そして小さなつぼに入ったごまだれがついてくる。
 いろいろ味を変えて楽しめるのだ。

 メニューにあった「替えそば」250円を頼んでみる。小さいせいろだが、普通に盛ってでてきた。気前がいい。
 おばちゃんの威勢もよく、もっと早くに入ればよかったと思ったお店だった。

水道橋 とんがらし 再訪

2008年05月28日 (水) 23:57 | 編集
水道橋 とんがらし 店構え
 職場が神保町になってから、一度来たかった店がある。

 それが「とんがらし」。

 前にも来ているのだが水道橋の駅を使わないもんでなかなか再訪の機会がなかった。
 (本当は先週、前を通ったんだけど店外まで行列ができていたので断念(>_<))
 今日は奇跡的に誰も並んでおらず、ささっと入店。(僕の分の天ぷらを揚げている間に後ろに7人も並んでしまったくらいなのだ)

水道橋 とんがらし かきあげ天そば 水道橋 とんがらし かきあげ天そばアップ(笑)

 前回何食べたかすっかり忘れていたので、基本のかきあげ天をそばで。
 玉ねぎにイカげそ、小えび、春菊と中身もたっぷり。
 もちろんボリュームも揚げたてが丼に入れられるときのジュッという音もカウンター越しでも聞こえるくらい。(だから油切れが悪いんだろうけど)

 そばとつゆはいたって普通の立ち食いそばで、特につゆは揚げたて天ぷらにあわせての味付けではあるんだろうけど、それにしても上にのる天ぷらでこんなに印象が変わるのは面白い。

 +40円で冷やしにできるようなので、次はうどんかひもかわの冷やしに盛り合せかな。

へぎそば こんごう庵 へぎそば

2008年05月15日 (木) 23:55 | 編集
 やっと天気がよくなりましたね。
 天気がいいと機嫌もよくなりますね。
 今日も日本そばです。
 神保町には日本そば屋さんも多くてちょっとうれしいです。
越後の地酒と日本海の魚 へぎそば こんごう庵 店構え
 今日のそばは新潟。
 へぎそばです。
 12時前に到着。
 まだ席は空いてましたが、オーダーをする頃には店内いっぱいに。


 へぎそばは1人前から0.5ずつの刻みで増やすことができます。
 今日は1.5人前 998円。
 サイドオーダーでミニ丼(315円)も頼めますが頼みませんでした。

越後の地酒と日本海の魚 へぎそば こんごう庵 へぎそば1.5人前
 1人前だと小さい器で出てきますが、へぎそばといったらやっぱりこれでしょう(笑)。
 ちょっと水切りが悪くて箸で持ち上げると水がしたたるのはいただけません。
 が、ちゃんと大きなつゆのお代わり壜をテーブルにおいてくれているので問題なし。
 テーブルには薬味としてすりごまと七味。もうひとつ真っ白な天かすの丼。
 シンプルなつゆ、山葵にねぎ、すりごま、たぬきと4通りの楽しみ方が(笑)。
 おかげでするするっと食べてしまいました。

 もう少し水切りをよくしてくれると、そばの香りがしてくれんじゃないかと思うけど、それでもおいしかったですね。

そば切り源四郎 神田神保町店 そば切り

2008年05月13日 (火) 23:33 | 編集

昨日の深夜から小糠雨。昼には止むとのことだったが、傘を持ってランチ。

山形のそばというとちょっと太目のこしが強いそばの印象があったが、その通り。
お昼のメニューはそば切り900円(大1100円)ときじ汁300円、きじそば1100円。
寒かったけど、そば切り(大1100円)を食す。
板そばだけに大きな器ででてくる。薬味はねぎのみ。大根おろしがサービスで付けられる。
そば切り源四郎 神田神保町店 そば切り

店内は4人がけテーブルが4つ。座敷が2つ。
店外からそばを挽いてうつところが見れるようになっている。

こしが強いのと、太いので、喉越しを楽しんでつるつる手繰るというよりも、ずばばっとすすってモグモグと食感を楽しむ感じ。
暗めの店内だがそばに集中するにはいいかも。

そば切り源四郎 神田神保町店 店構え

神保町 たかせ 桜海老天丼御膳

2008年04月30日 (水) 23:57 | 編集
神保町 たかせ 店構え

やっと、そばである。
日 ・ 本 ・ そ ・ ば。
しかも、職場のすぐ近くであった。

神保町 たかせ 桜海老天丼御膳

ネットで有名な店のようだが、特に並んでいることもなく、するっと入れた。
せいろがおいしそうなんだけど、ちょっと少なそう。

メニューに桜海老の文字があって、それに惹かれた(*^_^*)。

そばは、細身の固ゆで。するっとたぐって喉越しを楽しむ。
桜海老は残念ながら口の中では存在を主張してくれなかったなぁ。

次は変わりそばとせいろの二枚、かな。

そばよしとそば好

2008年04月03日 (木) 12:10 | 編集
てっきり同じ経営だとばかり思っていました。
実は2つの店は全く関係がないのですね。
情報ソースはインターネット。
自分で直接確認しないのは危険だということが今回わかりました。
僕のブログなんて見てる人は少ないと思うけど、間違った情報を公開するのはいけないことですよね。

なので、
そばよし店内に掲示されていたお知らせ

日本橋室町のそばよしに掲示されていた張り紙です。
しっかりクリアケースに入っているところを見ると長期戦で貼ってある気配が、、。
確かに、そばよしの出汁は夕方でも衰えないので、、、
まあ、多くは語りません。



そばよしの方が僕は好きですよ。
ただ、一駅とはいえなかなか離れていると行きづらいのが難点。

日本橋室町 そばよし 看板(鰹節やさんも)

ひやかけそば 人形町そば好(こう) 再訪

2008年03月20日 (木) 13:25 | 編集
昨日の昼ご飯に人形町のそば好へ再訪した。
ひやかけそばにしらすおろしご飯。
前回は?だったけど、やっぱりうまかった。
夜、閉店近くじゃやっぱりだしの香りがとんじゃうのかな。

ところで、「ひやかけ」。
不勉強ながらそばよしで初めて知ったのだが、これはうまいと思う。
ざると違って丼に麺を入れて冷えた汁をぶっかけて出される。

そばよしもそば好もこの汁がきんきんに冷やしてあって
ちゃんと押さえるところを押さえてる。
こういうところが値段に関係なく『いい』お店である証だと思う。
≫ "ひやかけそば 人形町そば好(こう) 再訪" の続きを読む...

人形町そば好 生のりそば+かき揚げ

2008年01月19日 (土) 13:42 | 編集

久しぶりに人形町をそぞろ歩き。
以前、会社の同僚に聞いた立ち食いそばの店を発見。
ここは日本橋室町の「そばよし」と同じ経営とのこと。
大間違いでした!全然別経営とのこと。(2008/4/2)
本当ならご飯もつけて、粉かつおをたっぷりかけて、なんだけど
今回は生のりに惹かれた。
そば好(人形町) 生のりそば+かき揚げ
生のりそば350円 かき揚げトッピング100円

入ったのは夕方7時半くらいだけど、4,5人の先客。
そこそこ入ってますねえ。

店は日本橋と変わらず。ベースは立ち食い、簡易スツールがいくつか。
でてきたそばは、、
あれ?
汁の香りが薄い、ような。

うーん、粉かつお、ぶっかけて食す。



次は夏に納豆そば、かな、
そば好(人形町) 店構え
≫ "人形町そば好 生のりそば+かき揚げ" の続きを読む...

愛宕 MINATOYA 肉そば

2007年11月22日 (木) 21:57 | 編集
 むむむ。
 並んでいる。
 店の前に着いたのは11:46。開店時刻から16分たった時刻だった。
 すでに店先に15人程の列。すかさず並ぶ。
 店先の列が寒くないように電熱のヒーターがおいてある。
 こういうところは嬉しい。
MINATOYA (愛宕) 店構えと人の列
 さすがに立ち食いそばだけあって、列の進行は早い。
 12時頃には店の中に入れた。カウンターで注文。
 肉そばと鶏そばが有名とのことなので、今回は肉そば(850円)を注文。

 注文しても品物を受け取るまでまだ列が。
 店内はBGMにずるずるとそばをすする音、店員さんの威勢のいい掛け声。

 オープンキッチンなので大釜でそばをゆでているのから全てが見える。
 漬け汁に、ひー、そんなにラー油をいれちゃうの?
ってくらいラー油が入るのが見える。

 そしてやっと僕の番。時刻は12:09。
 これを並んだとみるか並んだとみないか。
肉そば(MINATOYA 愛宕)
 肝心の肉そば。そばの上に白ごまとのりがこれでもかってくらいかかっている。
 肉は?さぐるとのりとごまの下に肉があった。
 誤算だったのは肉。甘辛の味付けがついていて、それだけでおいしい。
 おいしいのはいいのだが、そばの味を殺してしまう。

 そばだけをすするとすごいコシの太麺。かみごこちも良し。喉ごしも良し。
 噛みしめるとそばの風味が口の中に広がる。

 うーん、もったいない。
 と思って最初は漬け汁につけずに食べていたが、
肉の味がそばの味を侵食してきて、えーいとばかりに漬け汁にざばっと。
MINATOYA (愛宕) 看板もおしゃれ(^_-)
 そばというよりそば丼汁だく(笑)。

 これはこれでおいしい。
 ラー油の跳ねだけ気にして後は猛然と(笑)。

 次は鶏そばを食べてみたい。
≫ "愛宕 MINATOYA 肉そば" の続きを読む...

神田 やぶそば

2006年05月16日 (火) 23:13 | 編集

 仕事での移動中、
ちょうど神田のあたりで昼時になったため、
神田のやぶそばに行ってきました。
神田 やぶそば 店構え 最初、お店の位置がわからずに
(丸の内線淡路町駅の看板の
地図は分かりにくい(^_^;))
うろうろしてしまったが、
街並みが古い町並みなので
それもまた楽しい感じ。

 やぶそばは道辻にあり、
これまたいい感じで敷地の小道に
導かれて店内に入っていく。

 風通しの良さそうな店内に
噂のオーダーの謡うような声が響く。
 そば一枚の量がわからないため、
せいろうそばを一枚だけ頼む。
神田 やぶそば せいろうそば
 ほどなく出てきたそばは
喉越しも歯ごたえも良く、
鰹と昆布?でとったそばつゆは
好みの辛口。
 つるつるっとたぐってしまうのが
もったいない(笑)。
 江戸っ子じゃないけど、
僕はそばつゆは少なめにつける方。
 そばつゆはそば湯で割って飲むのが好き。
 出されたそば湯でつゆを割ると
今まで感じられなかった鰹、昆布の
風味が鼻を抜けていく。

 ちょっと小腹がすいたときにきて
のんびりするのにはいいかなぁ。

 昼から一杯、はまた今度(^_-)。

天ぷらのうまい立ち食いそば とんがらし

2005年09月15日 (木) 23:45 | 編集
とんがらし 店風景ネットでいろいろなところで見かける立ち食いそば屋、水道橋とんがらし。
天ぷらのおいしい立ち食いそば屋、というと昔中目黒にあったお店を思い出すがそっちのお店はラインナップが多岐に渡っているお店であり、とんがらしはいつでも揚げたてが供されるお店。訪れたのは平日の18時半。お客は僕の他には1名だけとちょっと寂しい感じ。カウンター壁際に2+3席、店の真ん中のテーブルに2席。店内をぐるりと見渡すと、うーん、メニューが壁にぺたぺたと貼ってある。とんがらし そば類値段基本のかきあげを頼もうかと思ったが、盛合せについ目が(笑)。
麺はそば・うどんに加えてひもかわもある。次回はひもかわにしよう!
注文は「盛合せナスイカエビのそば」470円也。
おばさんに注文を頼むとおやじさんが天ぷらを揚げ始める。セルフサービスの水をとってきてしばし待つ。
きたっ!
とんがらし 盛合せ(ナスイカエビ)
小さめの丼とはいえ、あふれんばかりの天ぷら。カリカリ感がちゃんと感じられるように後乗せである。天ぷらの食感を味わってから、汁。辛目の好みの味だ。ずびずばつるつるばくっもぐもぐずずぅーっと猛然と食べ尽くしてしまった。
うまかった。
また来よう。
Powered by . / Template by sukechan.