NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

キッチン南海 カツカレー

2008年04月16日 (水) 23:51 | 編集

神保町の第二弾。
久しぶりのキッチン南海
キッチン南海 夕方なのに並んでますです
カレーつづきでカツカレー(笑)700円
本当はひらめフライが食べたかったんだけど、
店頭にぺたんと「ひらめ 売り切れました」
むむむ。

どっちにしろ、ここのカレーは食べたことがないし、
キッチン南海 カツカレー
んで、改めて見ると本当に真っ黒。
ルーのとろみも辛さもごく普通。
普通においしい。

デカ盛の人たちとかに好評だけど、
普通盛でオーダーする分には一般人でも問題なし。

ごちそうさまでした(^_-)-☆

スポンサーサイト

なぜ懐かしい? 神保町 キッチン南海

2006年05月22日 (月) 23:24 | 編集
 神保町にある「キッチン南海」。
 以前、スヰートポーヅでご飯を食べたときに見かけたのだが、なぜか懐かしい気分に。
 それ以来ずーーっと気にはなっていたので、食べてみればわかるかと思って食べに行ってみた。
 カツカレーが魅力的(笑)ではあったが、クリームコロッケとしょうが焼の定食700円を注文。
 うーん?店内に入っても懐かしさ度は上がらない。
 注文の品が出てきてもやっぱり懐かしさ度は上がらない。
神保町 キッチン南海 クリームコロッケとしょうが焼定食

 しかし、うまい。大ぶりのクリームコロッケは中にたっぷりしっかりクリームがパンパンだ。何だこの日本語(^_^;)。
 (こんなことを書くのはエヌキの大江戸屋のものは中がしっかり空洞で激しく落胆したことがあったからなんだが、、。)
 しょうが焼もかなり厚めに切られた玉ねぎが絶妙の甘さと食感(柔らかいんだけど、ちゃんと歯ごたえもある)を主張していて、「豚のしょうが焼」というより、「玉ねぎのしょうが焼、豚肉入り」って感じ。
 付け合せがこれまたこういうお店では定番の伸びきったスパゲティと、これはすごい量のキャベツ。

 懐かしい気分はきっと学生時代に起因しているのだろうが、結局食べ終わっても懐かしさ度が上昇することもなく、古き思い出が甦ることもなかった。

 しかし、そういうのを差し置いてもうまい。
 また、機会をみて、、次はカツカレー650円だな。


   実は食べに行ったのが午後8時ちょっと前、食べている間に閉店しちゃって今回は店構えの写真は撮れなかったのだった。
≫ "なぜ懐かしい? 神保町 キッチン南海" の続きを読む...
Powered by . / Template by sukechan.