NAOK!の心のゆとり度
  ふだんはいろいろ忙しくてメールぐらいしかできない。
  けど、ここが更新されているということは心にゆとりがあるということ、、そう自分に言い聞かせてみる(笑)

三島の鰻(桜家)

2006年01月27日 (金) 23:21 | 編集
 相変わらず三島なのである。
 ま、今の仕事は2008年1月までなので、当分の間、三島なのである。
三島広小路 桜家、店構え そして、久しぶりに鰻なのである。
 前回は去年の土用の丑の日だった。
 寒くなった時期に鰻を頬張るのも、また嬉しいのではないか。
 今回は、三島広小路の駅すぐの桜家さんで食べることとした。
 ここもおいしいと評判なのだ。しかも口コミだから安心。
 いつも夕方過ぎにしか前を通らないので暖簾が下げられていてさびしかったが、今回は客先訪問の後の遅い昼ご飯であった。
三島広小路 桜家 店内 格子戸を開けて店内に入ると外からは考えられない天井の高さ、入り口を入ってすぐに長椅子があって待合になっている。ありがたいことに先客は一組だけ。
 長いすに座って店内を改めて見回すとゆったりとした空間が広がっている。
 普通の食べ物屋さんと違って、机の間隔が広くゆったりとられていることに気がついた。
 のんびりゆっくり鰻が出来上がってくるのを待つ、昔からの鰻の楽しみをそのまま造りに残したといった空気が流れている。

 靴を脱ぎ、ちょっと急な階段を登り、3階へ。
 2階が中2階なので実質の2階か。宴会場に使うような大広間に通される。
 ここでも相席とは言いながら、他のお客さんとは間にゆったり空間をとってくれるので全然気にならない。

 メニューはうな丼、うな重、そしてなぜか天ぷら定食。
 うな丼は半身の切り分けたものを2枚から、うな重は4枚まで乗せられる。
 ちょっとだけ贅沢して(うな重2枚で2310円だから、すでに贅沢なんだろうが(笑))3枚のせ2940円税込みにした。
 待たされるかと思ったが、ちょっと遅いとはいえさすがにお昼時。
 お茶を一杯、喉を湿らせたところで重箱のお出ましとなった。

三島広小路 桜家 うな重(3枚のせ)

 味は、うむ、うむ、うむ!
 うまい。
 前評判を裏切らないおいしさだ。
 先客がかなりお年を召した方だったので、鰻大丈夫だろかい?なんて思っていたのだが、それも納得。
 鰻の身の柔らかさ。
 皮の香ばしさ。
 そして、そんな鰻の味を殺さないようなあっさりとしたたれ。
 こんなあっさりとしたたれのうな重は初めて食べた。
 白焼きではないけれど、鰻本来の味を丼やお重で食べさせてくれる。
 そんないいお店だ。

 食後、心から満足している自分に気がついた。
 お勧めである。
≫ "三島の鰻(桜家)" の続きを読む...
スポンサーサイト

土用の丑

2005年07月28日 (木) 23:25 | 編集
三島に出張しに来ているのである。
三島といえば「うなぎ」。
しかも今日は土用の丑の日。これは食さねばならない。
元祖うなよし うな丼 上

ということで「元祖うなよし」。悩んで「上」(笑)。

とてもおいしゅうございました。
お誘いいただいたMさん、ありがとう。感謝!

特上だとうなぎが二段重ねだとか、、いつかは食べてみたい(^_^;)
Powered by . / Template by sukechan.